スナップえんどう保存。 スナップエンドウの保存方法と賞味期限まとめ

スナップエンドウの保存方法と賞味期限まとめ

スナップえんどう保存

薄くてもぐにゃぐにゃ曲がるものは鮮度が落ちています。 収穫された時の切り口を見て、茶色くしぼんでしまっている物は時間が立っているものなので避けましょう。 豆がふくらんでいるものはもう硬くなっていると考えて良いでしょう。 さやがみずみずしい緑色をしているものを選びましょう の場合は豆が成長して大きくなっても美味しい品種なので、豆がきちんと端から端まで詰まっているもの、緑色が澄んでいるもの、表面に傷や茶色く変色した部分などが無い物を選んでください。 乾燥しないようにビニールかポリの袋などに入れ、野菜庫に入れておきます。 下茹でした物は密封容器などに入れ冷蔵庫かチルドに入れておきましょう。 この時、よく水気をきり、それぞれが重ならないように広げて冷凍し、凍ってから密封袋などに入れて冷凍しておくと使いたい時に必要な分だけを取り出しやすくなります。 使う時は流水にさらすかレンジで解凍します。 炒め物の場合は凍ったままでも出来なくはないですが、他の材料などの温度が一気に下がるのであまりお勧めはしません。 まず先の方の端をつまみ、反っている内側に向けて枝に付いていた方に向かって引っ張るようにちぎると筋が付いてくるように取れます。 次に枝に付いていた方の端をつまみ、指先でちぎるようにして反対側の反っている外側に向かって先の方まで引っ張ると筋が付いてくるように取れます。 柔らかいものだと、内側しか筋が取れないものもありますが、念の為両方の筋を取るようにしてください。 食べた時に筋が口に残るのはいただけません。 でも、熱が取れたらそのままま浸けっぱなしにせずすぐにあげて水気を切ってください。 炒め物など、更に加熱調理する料理に使う場合は、30秒程度で大丈夫です。 要するに、加熱しすぎると大切な食感が一気に落ちてしまうので、加減が大切と言う事です。 煮物はどうしても茶色っぽいものが多くなりがちですね。 そこに綺麗なグリーンのサヤエンドウが加わると一気に華やかになります。 炒め物の場合は生のまま炒めることもできるが、下茹でしたものを仕上げにさっと加える方が美味しく作りやすいです。 下茹ではしたものでもいいですが、しなくても大丈夫です。 さっと洗ったら粉をまぶし、数枚ずつまとめて衣の液を絡めて揚げます。 また、洋風の肉料理や魚料理などに添える場合は下茹でしたものに軽く塩胡椒を振りバター化オリーブ油を絡めて添えることも多いです。 綺麗な黄緑色と心地よい食感が活かせます。 オランダえんどうは大きいので細切りにして加えてもいいです。 参考にされると良いでしょう。

次の

スナップえんどうの下ごしらえ(筋とり/ゆで方/ゆで時間など):白ごはん.com

スナップえんどう保存

スナップえんどうの筋の取り方 スナップえんどうは絹さやよりも、 筋が太く、筋の取り方もより丁寧に行う必要があります。 また、ヘタを除いた部分からゆでる時に水が入ってしまうので、 ゆでた後の水気の切り方もポイントに。 そのあたりもぜひ参考にしてみてください。 まず、スナップえんどうは 先端がとがっている側面に太い筋があるので、ヘタをポキっと折って、先端まで引っ張って太い筋を取ります。 続いて、 ヘタ側の筋を除いた所と反対側に爪を立て(こちらは細めの筋が取れることがあるので)、同じく先端にむかって筋を取ります。 つまり、スナップえんどうは 両側の筋を取る必要があるのですが、スタート地点がどちらもヘタ側から筋を取るようにすると、(筋がある場合は)きれいに取れると思います。 筋も同様で、先端よりもヘタ側が硬めで太い筋になっている場合が多いかと。 そういった意味合いでも、ヘタ側から筋を取ったほうが良いと感じています。 冷えたら水を切るのですが、ざる上げしただけだと、下の写真左のように スナップえんどうの中の空洞に水が残っていることが多々あります。 これが料理を水っぽくさせるので、ざるで水気を切ることに加え、 スナップえんどうを数本手に持ち、ヘタ側を下にして勢いよく振って水気を切るとよいです。 水気を嫌う料理の場合は、さらにさらしやキッチンペーパーでヘタ側を下に軽くたたき、水気を吸いとるなどしてもよいと思います。 水気がしっかり切れたら、料理に合わせて必要があればスナップえんどうを半分に切るなどして使用します。 冷蔵保存なら2日ほど日持ちします。 【補足】スナップえんどうの開き方など レストランなどでスナップえんどうを開いて、サラダやパスタに使うこともあります。 食べやすくなり、見た目にも動きが出やすく、かさも増える、味も絡みやすい、そんな理由もあってのことだと思います。 開き方は、ゆでたスナップえんどうのカーブした部分に爪を入れ、そこから開くと中に入っている豆も半分にきれいに分かれてくれます。 ここからは参考までの情報ですが、 水が入りやすいならゆでた後に筋を取れば?とも思いますよね(実際うちの妻がそう質問してきました)。 しかし、スナップえんどうをゆでた後に筋を取ろうとすると、筋は取れるものの、自然とスナップエンドウが開いてしまいます。 ゆでる前に筋取りすると不思議とくっついたままなのです。

次の

スナップえんどうの冷凍に失敗しました。助けて下さい!先日、ス...

スナップえんどう保存

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の