ストリンダー パン クロック。 ストリンダー(ハイ)育成論 : 【麻痺撒き+α】耐久振りストリンダー【先発】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

パンクロック

ストリンダー パン クロック

ストリンダー パンクポケモン ガラルNo. 311 ぜんこくNo. 849 高さ 1. 6m 重さ• 0kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Toxtricity タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 30で、「いじっぱり」「やんちゃ」「ゆうかん」「わんぱく」「のうてんき」「うっかりや」「なまいき」「せっかち」「ようき」「むじゃき」「がんばりや」「すなお」「きまぐれ」のいずれかの性格の『エレズン』から進化• 3倍になる。 また、自分が受ける音系の技のダメージが半減する。 特性『プラス』か『マイナス』のポケモンが戦闘にいると『とくこう』が1. 5倍になる。 5倍になる。 威力の変動する技や、威力が修正された場合は修正後の威力で判定する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる。 変化技を使えなくする Lv. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 第6世代は命中率:90 Lv. 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 1倍未満は40、2倍未満は60、3倍未満は80、4倍未満は120、それ以上は150。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 3倍の効果もさらに加わる。 相手全体を『まひ』『どく』状態のいずれかにする。 選ばれた状態異常が無効の場合は効果がない 『でんき』タイプは『まひ』状態に、『どく』『はがね』タイプは『どく』状態にならない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。

次の

ストリンダー(ハイ)育成論 : 【麻痺撒き+α】耐久振りストリンダー【先発】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ストリンダー パン クロック

この育成論ではHABCDSなどの略称を用います。 個体値は全て理想個体を前提としています。 ダメージ計算はポケマネを使用しています。 どうもこんにちは、になです。 2度目の投稿となりますよろしくお願いします。 さて今回ですが、あのストリンダーをなんと物理アタッカーとして採用してみました。 これが意外と強いんです。 よければ最後まで見ていってください。 はじめに ガチかネタかと聞かれたら普通にガチです。 皆さんは、 ストリンダーは中速特殊アタッカーというイメージが根付いているかと思いますが、今回はそれをうまく使っていきます。 ストリンダーとは H75 A98 B70 C114 D70 S75という種族値で、なにかに特化しているという訳でもなく、平均的で安定したポケモンです。 これだけみれば普通に特殊アタッカーですよね。 ギアチェンジについて この技は自分のAを1、Sを2段階上げる殻を破るのような技です。 この技は今作ではしか覚えません。 これを使って高速物理アタッカーにします。 採用理由 かみなりパンチ タイプ一致の物理技です。 麻痺出ればおいしい。 毒づき こちらもタイプ一致。 確率で毒にできます。 ダストシュート 毒づきより威力は高いですが、命中がやや不安です。 毒づきと好きな方を。 じたばた タスキ発動してからが強いです。 最高火力は200。 がむしゃら 積んでも削り切れない相手への打点。 後続の耐久ポケに強いです。 タマゴ技なので少々手間がかかりますが、個人的にはおすすめです。 ほのおのパンチ 殴れる相手の範囲が広がります。 ドレインパンチ 自身の回復が可能です。 じたばたとの相性は悪いです。 じごくづき こちらも範囲が広がります。 ドラパルトへの打点になります。 H4ドラパルト 割合:96. ギアチェンジ後に殴りつつ火力を上げられます。 これを採用するなら特性はテクニシャンです。 味方の後続へのサポートができます。 これもテクニシャンの方がいいです。 差別化 かみなりパンチ HB特化腕白ギャラドス 割合:97. H244トゲキッス 割合:101. 被ダメ• タイプ一致で打てる電気と毒を半減以下で受けてくる地面タイプが厄介です。 こちらは地面タイプに抜群をとれる技がないので、交代するか受けてからがむしゃらを打つといいです。 自分HP1で相手HP100• 相手がダイマックスしてHP200• 自分ががむしゃら使う• ダメ計には載せていますが、対パルシェンになると襷耐えからの氷の礫で負けてしまうので、での相手をしたい場合はメジャーな特殊型でほっぺすりすりからのオーバードライブがいいでしょう。 襷で受けることが前提のため、先制技持ちや天候を変えてくるダイマックス技などに弱いです。 確定でない選択技としてグロパンを入れている現状だと、特性も確定欄はパンクロックにしておいて、選択技のコレを使うならテクニシャンの選択肢もあるよ程度の記載なら齟齬がなくなるかと思います。 パンクロックを採用しない理由は特性のところに追記しましたが、相手の音技を半減してしまうと 特に がむしゃらを使いにくくなってしまうからです。 しかし、グロパンやほっぺすりすりを使わないのであればプラスでも問題ないので、無理に夢特性を粘る必要もないです。 それを全て考慮して最も相応しいのがテクニシャンと判断しましたので、テクニシャンとしています。 が、実際に音技を打つ相手はいないと思うので、どれもそこまで変わらないと思っていますが、私の説明不足で申し訳ありません。 改善しました。 ご指摘ありがとうございます。 ドラパルトの方は修正しておきました。 パルシェンの方は納得はできるのですが、パルシェン戦を想定した時、受け出しはまず勝てません。 パルシェンが受け出しでくることもほぼ無いでしょうし、こちらが相手を倒してからパルシェンが出てきた時は氷の礫で落とされるかと思います。 対面の場合、初手でお互いに積み合ってからパルシェンが襷で耐えてこちらだけ落とされる、といった感じでパルシェン相手にはメジャーな特殊型でないと勝てないと思います。 とはいえ参考程度に連続技を打てるポケモンのダメ計だけしてしまったのは申し訳ないです。 不利なポケモンのところに追記しておきます。 相手にはギアチェンジする暇もなく襷貫通でしばかれ、相手は相手が襷だったら負け、相手も無理、ダメ計に書かれているも地震打たれたら砂で倒されるのでギアチェンジ積む暇無い。 努力値もAS252、ギアチェンジでSが2段階上昇するのでSが過多だと感じます。 調整先も明記されていません。 総じて非常に考察不足でとても弱そうです。 考察不足とか言う前にちゃんと中身読みましょうよ、中を読まずに評価するのは荒らしと同じです。 まあそれはそれとして素早さがちょっと気になる点は同意しますが。

次の

【ポケモン剣盾】ストリンダーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ストリンダー パン クロック

目次(Contents)• 【ストリンダーVMAX】のキーカード 《ストリンダーVMAX》 今回のデッキのメインアタッカーです。 進化元の《ストリンダーV》はどちらもパンチに欠けるため、この《ストリンダーVMAX》で攻撃を仕掛けていくことが基本的な動きです。 ワザ『キョダイライオット』は素で「160」ダメージと、「非ポケモンV・GX」を倒すには十分な火力を持ちます。 相手のバトルポケモンが「どく」状態になっているなら「240」ダメージと非常に高い火力を出すことが出来ます。 また、《エレキパワー》を組み合わせれば、「TAGTEAM」も一撃で沈める火力を手に入れられるようになります。 《ダストダス》 《ストリンダーVMAX》の相方となるポケモンです。 スタジアムが必要なものの、手軽に「どく」状態を与えられる特性『どくだまり』が強力です。 《キョウの罠》と違い、このポケモンとスタジアムが場にいる限り何度も使用できるので、《ストリンダーVMAX》が相手に依存することなく継続して「240」ダメージを出せる点が優秀です。 《ダストアイランド》 《ポケモンいれかえ》や《マオ&スイレン》等によってポケモンを入れ替えた時に、「どく」状態を引き継がせるスタジアム。 《ダストダス》とは相性がよく、また相手にはポケモンを逃がしたり、進化させたりすることを強要できます。 ただし、自分も同じように「どく」を引き継ぐことになるのでミラーマッチの時には注意。 【ストリンダーVMAX】のサンプルレシピ 今回は《ストリンダーV》を2種類2枚ずつ採用し、「どく」要因に《ダストダス》を入れてみました。 他に、ベンチの《ダストダス》を守ることが出来る《そらのはしら》もアリだと思います。 構築次第では《無人発電所》や《戒めの祠》も強力です。 スタジアムをサーチするカードとしては、 ・《スピード雷エネルギー》や《大きなおまもり》も同時にサーチ出来る《グズマ&ハラ》 ・《デンジ》からサーチでき、最大2枚のスタジアムをサーチ可能な《スタジアムナビ》 を1枚ずつ採用しました。 《ストリンダーVMAX》はエネルギーを合計3つ必要としています。 序盤はエネルギーを付けていき、盤面を整えましょう。 《ストリンダーV(ローのすがた)》はワザ『たいでん』によってエネルギー加速を自ら行うことが出来ます。 《ストリンダーV(ハイなすがた)》はエネルギー加速が出来ませんが、ワザ『どくづき』によって相手のポケモンを「どく」に出来ます。 上手くいけば《ストリンダーVMAX》でそのまま大ダメージを狙うことが可能です。 ワザ『キョダイライオット』は相手が「どく」ではなくても「160」ダメージと最低限のダメージを出すことが可能。 「非ポケモンV・GX」や《デデンネGX》は一撃で倒せますし、「ポケモンVMAX」も2パン圏内に収めることが出来ます。 しかし、一度完成してしまえばHP「320」という耐久力をもつポケモンが「240」以上のダメージをひたすらに連発してきます。 こうなったら 拡張パック「反逆クラッシュ」のキャッチコピー通りに「止まらない、止められない」状況になります。 止まるんじゃねぇぞ… 弱い点:動けるまでは我慢が必要 進化ポケモンが中心となるデッキであり、デッキのスピードが遅いです。 そのため速攻型のデッキや、弱点を突かれる闘タイプのデッキには不利が付きまといます。 《ストリンダーV》も打点が低く、《ストリンダーVMAX》に進化できないと一方的な展開になってしまうこともあります。 《ダストダス》は毎番、こちらのポケモンを「どく」にしてくるので放置していると厄介です。 《ボスの指令》を使ってバトル場に引きずり出し、倒してしまいましょう。 そうするだけでも【ストリンダーVMAX】側に立て直しを要求することができ、戦いやすくなると思います。 ダメカンをばら撒けたり、ベンチ攻撃が出来るポケモンを採用しているなら、そちらのワザを使って直接倒しに行ってもいいですね。 《イワーク》で弱点を突く 《イワーク》が持つワザ『ランドクラッシュ』は、無色4つで使うことが出来ます。 エネルギー加速が得意なデッキなら《イワーク》を採用して対策するのもアリです。 【ピカチュウ&ゼクロムGX】の弱点も突くことが出来るので、雷タイプが流行っているときには1枚差し込んでおくと有効に働きそうです。 まとめ 今回は拡張パック「反逆クラッシュ」の目玉カード《ストリンダーVMAX》をメインアタッカーにしたデッキを紹介しました。 準備期間こそ長いですが、補って有り余るリターンを見込めるデッキタイプです。

次の