デジタル ピッキング。 ピッキングシステムとは?|ITトレンド

ピッキングシステムとは?|ITトレンド

デジタル ピッキング

デジタルピッキングシステム デジタルピッキングシステム Digital Picking System:DPSは、主として商品や部品のピッキング指示システムに利用される意味の和製英語になります。 米国ではすでに1970年代に同様のシステムが利用されており、正式名称はピックトゥライトシステム Pick To Light System:PTLと呼ばれて実用化されています。 DPSと同様の方式で部品の払い出しでも、ランプとスイッチをシーケンサー(Programmable LogicController:PLC)に接続して部品払い出しを支援していたシステムが1960年代に国内の某自動車メーカーでランプガイドシステムとして利用されていました。 DPSは当初は在庫型物流センターDCで商品のアイテム数と出荷先件数が多い量販店向けのオーダー別ピッキングシステムなどに採用されていました。 また製造工程での部品の払い出しシステムとしても採用されていました。 一方、商品や部品のピッキングや払い出し作業(ピッキング)だけでなく、商品のオーダー別仕分け作業(アソーティング)作業でも採用され、特に通過型物流センターTCでは、ベンダーから商品が入荷次第に仕分ける作業に威力を発揮しました。 アソーティングに採用されるシステムは、和製英語ではデジタルアソーティングシステム Digital Assorting System:DAS、欧米ではプットトゥライトシステム Put To Light System:PTLと呼ばれています。 従来、出荷指示リスト(ピッキングリストや仕分けリスト)を手に持って読んで作業するリスト方式に比べて、それぞれ平均して2倍以上の生産性と10倍以上の精度が実現できるとして、いずれも物流作業の効率を大幅に向上できる手段として高く評価されています。 作業ミスを防止 人の作業の生産性では、DPSやDASの優位性が示されているが、人間作業系でミスを防止するには作業スピードを落とすことになります。 作業スピードを維持してミスをなくすために、• ピッキングしながらPOS検品するピックアンドチェックシステム• 作業者の手の位置を検知して間口の間違えをチェックするポカヨケスクリーン• 間口個々の表示器にゲートを備えて作業ミスを防止するポカヨケゲート• 仕分け棚の間口個々に重量検品装置を設置してネットワークで連携することで、仕分けしながら重量検品するウェイトアソートシステム と商品や部品の属性と物流の諸特性に応じて投資効果に配慮したシステムを選択していただけるよう、さまざまなソリューションでお客様のニーズに対応しています。 環境保全と省エネへの観点から、家電製品のみならず電気・電子機器の省電力化が進められています。 また、表示媒体としての使い捨てになる紙の消費を削減すべく、電子ブックなどの製品がネットワーク技術の進化と相俟って脚光を浴びています。 消費電力の低減に向けて、従来使用してきたLED表示器 JWシリーズ、他に代えて、電子ペーパー表示器 ePモジュールを開発しました。 その結果、消費電力の大幅な低減と合わせて、表現力が向上し、数字や文字以外にバーコードや画像なども表示できるようになり、デジタルピッキングシステム以外に様々な用途にも活用の道が開かれています。 商品棚や仕分け棚のロケーションの変更に合わせて表示を書き換えることで、棚番ラベル、商品ラベル、出荷先ラベルなど、従来は必要の都度、紙に印刷して棚などに貼付していたラベルが要らなくなり、ここでも使い捨てではなく、ペーパーレスでスマートな表示システムが実現しました。 表示器のフリーロケーションとモバイルのニーズに応えて、無線通信方式の表示器システムも開発しています。 従来の7セグLED表示では消費電力の問題で、毎日のように充電せざるを得ないことがネックになっていましたが、いち早く電子ペーパーを採用した省電力型表示器を開発していた結果、単三電池3本のフル充電で約1ヵ月使い続けることができる無線表示器 NWシリーズを実現することに成功しました。 無線表示器はフリーロケーションでの利用はもとより、移動しながら作業指示が提示できるというモバイルシステムとしても利用の道を広げることになりました。 作業生産性と精度向上のために進めてきたペーパーレスが、結果としてプリンターレスにもつながり、省資源・省エネがキーテーマとなっている今日的ニーズにも対応できるという一石二鳥の技術を実現しました。 製造と物流を司るお客様からのニーズと現場のニーズに対応し、デジタルピッキングシステムのみならず、作業支援システムの進化をアイオイ・システムは今後も進めていきます。

次の

無線デジタルピッキング機器

デジタル ピッキング

[カテゴリ]• 病院、食品センター、雑貨店、量販店へ導入したデジタルピッキングシステム(DPS)の導入事例から、デジタルピッキングの特長や利点などメリットを紹介いたします。 デジタルピッキングにすることで、精度向上、効率向上、教育コスト削減、行程の数値化を実現できます。 自社の物流倉庫にて下記の問題を抱えていませんか。 デジタルピッキングで解決できます。 解決策の一つとしてデジタルピッキングの導入をご検討ください。 物流倉庫のよくある問題 ・在庫が合わなくて困っている。 ・荷主・売主・ユーザーの要求精度が高い。 ・ベテラン作業員に作業を依存している。 ・残業時間が多くて困っている。 ・パート作業員の定着率が悪い。 ・出庫・仕分け作業の時間がかかって困っている。 ・間違いが多く、出荷品質が悪くて困っている。 ・作業者に余剰人員が多くて困っている。 リストピッキングとデジタルピッキングとの作業比較 デジタルピッキングシステム導入の効果・メリットとして、様々な用途に合わせたデジタルピッキング表示器(ライトモジュール)により伝票・指示書無しのペーパーレス化を実現できます。 複雑な行程をデジタルで処理できるため、作業者はピッキングすることだけに集中できます。 作業の生産性と精度を大幅に向上させることが可能です。 同時にピッキング後のPOS方式の出荷検品システムも導入しています。 大幅な業務効率化に成功した事例です。 より詳しくはお問い合わせください。 導入のポイント ・スーパーからベンダーに対しての精度要求とコスト削減に答える必要性があった。 ・導入までの期間が短納期であったが、パッケージソフトをベースにしての対応が可能だった。 改善 ・従来のリストでのピッキングに比較し、作業スピードが2倍にUP。 店舗向け雑貨ケース、バラ品のDPS(デジタルピッキングシステム)導入事例 ネット通販の企業が物流作業を3PLに外部委託している現場に、アイテムの出庫作業にデジタルピッキングシステムを導入を導入しました。 商品数が多く混乱している物流倉庫の出荷精度向上と、業務の最適化を実現しました。 作業者の教育コストも大きく削減できました。 デジタルピッキングの相性が良かった事例です。 より詳しくは、お問い合わせください。 導入ポイント ・表示器の間口割付けを自動的に割り付けるため、物流の波動の増減にも対応。 ・シンプルな仕組みのため、作業者教育の負担が低減。 改善 ・ピッキング精度が10倍以上UP。 また、人員の削減と適正配置が実現し、コスト削減に成功。 チルド日配センターでの食品DAS(デジタルアソートシステム)導入事例 大手スーパー向けチルド日配品(惣菜、お弁当、デザート等)のデジタルアソートシステム5度帯/15度帯の2ヶ所で使用しました。 21時頃から1~3便の店別仕分けを実施(24時間ほぼ稼働)した事例です。 導入ポイント ・仕分けスピードが向上し、仕分けミス削減により荷主からの信頼度があがった。 ・仕分け作業を行わない時間帯は、架台を移動しスペースを有効活用が可能となった。 改善 ・仕分け精度とスピードの向上。 精度(ミス率)は1/100,000まで削減に成功。 従来1バッチあたり、5時間掛かっていた作業が3時間に短縮。 また、作業者の作業負荷が減り、職場環境が改善された。 病院内での手術機材用複数人数同時DPS(デジタルピッキング)導入事例 病院内手術準備室での手術器材(カテーテルや糸、針など)のピッキングにデジタルピッキングシステムを導入しました。 医療現場におけるピッキング精度は、何よりも重要です。 ピッキング精度向上のほかに、手術器材の細かい在庫管理が可能になり、医療過誤や医療ミスに繋がるヒヤリ・ハットをデジタルで大幅に減少できました。 導入ポイント ・手術器材の準備に時間を要することがなくなった。 (導入前はリストピッキング) ・表示器ランプを5色で色分けすることにより、5人同時にピッキング作業が可能。 改善 ・術式毎に使用する器材の判別がしやすくなり、ピッキングミスが大幅に減少した。 ・在庫管理システムとの連動を行なうことにより、在庫状況の即時確認・把握が容易になった。 おすすめ記事•

次の

無線デジタルピッキング機器

デジタル ピッキング

概要無線デジタルピッキングシステムは、株式会社タカハタ電子が開発した無線表示器 「TK-735」を使った仕分け作業支援システムです。 無線対応のため、表示器の設置および商品の配置換えに合わせた移動が容易です。 「レイアウトフリー」の実現により、柔軟に仕分け作業の運用方法の構築や整備を行えます。 無線表示器「TK-735」 従来の仕分けリスト用紙を作業者が手に持って仕分けを行う作業方法では、リストとの照合による読み間違いや、商品知識がないことで商品を探す時間がかかるなど、様々な課題がありました。 無線デジタルピッキングシステムは、商品が保管されている棚などに設置された表示器が仕分け商品や数量をボタン点灯により指示するため、リストが不要になりペーパーレス化を実現できます。 また、作業者は点灯しているボタンの商品を指定数量ピッキングするだけなので、仕分け作業の大幅な業務効率化が見込めます。 イーソルは、物流現場の業務向けに、長年にわたり優れたやを開発・販売してまいりました。 これらの耐環境向け製品は、様々な業務シーンで多数採用されています。 とタカハタ電子の無線デジタルピッキングシステムの組み合わせにより、仕分け業務に加えて、など、物流現場の一連の業務を効率化するシステムをご提案します。 特長 リスト不要、仕分け作業経験や商品知識がなくても使える優れた仕分け作業支援システム• 表示器のボタン点灯および数量表示に従って作業するため、仕分け作業リストの持ち歩きは不要• 作業者は表示器の点灯しているボタンに従い仕分けを行うため、必要な商品の位置をすぐに認識でき、仕分け作業の経験がない初心者や、商品知識がない方でも作業が可能 表示器の設置・移動が容易、さらに既存の台車のピッキングカート化を実現• 無線システムのため、商品の配置換えに合わせた表示器の移動が容易• 既存の台車に取り付けることでピッキングカートとして流用でき、コスト低減に貢献 複数の作業者による仕分けの同時進行を可能にし、仕分け業務を効率化• 5色のボタンで作業者の担当分けをすることにより、複数名での同時の仕分け作業を可能にし、大幅な業務効率化を実現 冷凍倉庫でも使える優れた耐環境性• 充電器は低温・結露状況下でも充電できる非接触方式を採用 表示器には高輝度LEDセグメントを採用、高い視認性を実現• 無線デジタルピッキングシステムは、パソコン上に用意されたピッキング指示データを、タカハタ電子製アクセスコントローラ「TK-726FF」を通し、子機となる無線表示器「TK-735」 上で作業者および数量を指示する仕分け作業を支援するシステムです。 表示器 TK-735は、アクセスコントローラ 1台に対し最大50台まで同時接続できます。 ピッキング作業イメージ 表示器 TK-735には5色のボタンがあります。 作業者は、自身が担当する色が点灯している表示器 TK-735に表示されている数量を取り出し、担当色のボタンを押すことで、該当商品のピッキング完了となります。 担当色ボタンが点灯している商品全てにこの作業を行うことで、一連の仕分け作業をスムーズに行えます。

次の