クロマニヨンズ パンチ。 クロマニヨンズのライブから伝わる“生きる”ことへの希望ーー全国ツアー東京公演を振り返る

【アルバムレビュー】MONDO ROCCIA/ザ・クロマニヨンズ

クロマニヨンズ パンチ

変わらず響く、4人のロックンロール ロックバンド「」が10月9日、先行シングル「クレーンゲーム」を含めた13枚目のフルアルバム『PUNCH』をリリースします。 60年代から活躍する往年のUSロックバンドですら、時代に合わせて編成を変え、時には打ち込み系のサウンドでテクスチャーレベルから改革し、変化を続けています。 けれども、クロマニヨンズはいつも通り。 シンプルかつ武骨なバンドアンサンブルであります。 結成された2006年以来、1度もメンバーチェンジをせずにキャリアを重ねてきました。 彼らのライブの定番曲にしてデビューシングル「」と、最新シングルの「クレーンゲーム」を聴き比べても、印象が大きく変わることはないはずです。 ライブ会場ひとつ取ってもそれは言えるでしょう。 彼らは1回のツアーで膨大な数の公演をこなすのですが、開催地が実に幅広い。 やでライブを行うかたわら、「」や「」などでもほぼ同じセットリストを展開する。 限りなく生活感が漂う場所で演奏することがあります。 つまりは「家」。 ミーティアでも2017年に開催された『BIMBOROLL』の全国ツアーを取材させていただいた際、葛飾の「」でのライブにお邪魔しました。 今もこの時の様子をはっきり覚えているのですけども、やはり圧倒的なホーム感があったわけです。 下町情緒溢れる街で、武骨なロックンロールが鳴り響く。 生活とエンターテイメントが直結する感じが、いかにも「クロマニヨンズ」という気がしました。 先日約4年振りのLIVE映像「ザ・クロマニヨンズ ツアー レインボーサンダー 2018-2019」を発売し、その一部がYouTube上で公開されましたが、やはり撮影地に選んだのはZeppでもなんばHatchでもなく、なのでした。 どんなに自分の音楽的嗜好が複雑に変遷しても、振り返ればクロマニヨンズがいつもと同じ場所にいるわけです。 変わったのは、クロマニヨンズか、はたまた僕たちか。 けれども、全く変化がないわけではないように思います。 特に今回の『PUNCH』は印象がいつもと違うように感じました。 音の作りは間違いなくクロマニヨンズのそれです。 冒頭から述べているように、デビュー当時から一貫して彼らは彼らなのであります。 「リリイ」や「長い赤信号」にアコースティックな音色が使われているものの、「あぁ、クロマニヨンズだなぁ」と感じます。 歌詞もいつも通りナンセンス(本人の真意はさておき)であります。 が、なぜか今回は色々と想像力を働かせてしまうのです。 これについてしばらく考えていたのですが、それはすなわち、聴き手である我々が変わった可能性があり得るのではないでしょうか。 ダンスミュージックなど、言葉のプライオリティーが高くない音楽が台頭し、その反動で言葉に多くを求めるようになった。 変わらないことを選んだ筋金入りのロッカーが、変わらないことによって新たな局面に突入してゆくという…。 タイトルも「PUNCH」のみで非常でシンプルな分、想像力を働かせる余白となっているように思います。 まぁ、甲本ヒロト(Vo. )も真島昌利(Gt. )もいつも通り、「意味なんてないよ」と仰るでしょうけれど。 間もなくリリース日ですから、無事に本作を入手された皆さんもぜひ「いつも通り」聴いてみて下さい。 ちなみに、アナログ盤への愛はいつも通りであります。 60年代はレコードが純粋に尊いもので、ジャケットにも相応のクラフトマンシップが宿っていた時代でした。 僕たちがどれだけ変わってしまったとしても。 会ってすぐ全部 02. 怪鳥ディセンバー 03. ケセケセ 04. デイジー 05. ビッグチャンス 06. 小麦粉の加工 07. クレーンゲーム 08. ガス人間 09. 整理された箱 10. リリイ 11. 長い赤信号 12. ロケッティア <商品詳細>.

次の

クロマニヨンズのライブから伝わる“生きる”ことへの希望ーー全国ツアー東京公演を振り返る

クロマニヨンズ パンチ

シングル『』に続き、発売された本作『PUNCH』であるが、正直「いつものクロマニヨンズ感が拭えない」というのが率直な感想だ。 ゆえにレビューを書くのを中々躊躇していた部分もあり、加えてどのようなスタンスで書いて行くかという部分にも迷いが。 最近気づいたのだが、逆に海外ではクラッシュのラストアルバムについて、「ファン・評論家双方からこき下ろされ」という文言があったり、先日手に取った『』では、著者がジョン・メイオールの駄作を散々に避難していたりと、本音で意見を言うのが散見される。 個人的にも全てが最高と言っている人の推す名盤よりも、悪いもの・好きじゃないものをきちんと声に出している人の方が断然信用できる。 以前に『』のレビューでも書いたが、本当に好きだからこそ、本音で描くべきであると思うところなので、顔色を窺わない素のレビューを書いて行きたい次第だ。 「会ってすぐ全部」という言葉だけ切り取ると、切なげな良い文句であることは分かるが、どうにも繰り返しが多すぎる気が。 それ以外の言葉での彩が薄く感じられ、あまり具体的な光景も見えてこないのが残念。 怪鳥ディセンバー どこかで聴いたような聴いてないようなタイトルであるが、実際に聴いたらやっぱりそんな感じね、と言ったところ。 「長生き~」からのくだりは唯一メッセージ的な歌詞が登場するが、イマイチはっきりしない。 小学生ならば『ディセンバーかっこいいぜ!』と賛同するのかもしれないが、僕はそうは思えない・・・。 ケセケセ 裏打ちのスカなアレンジで始まるナンバーであり、「割れない瓶~」「消せない墨~」というらしい言葉も見え隠れする。 ただ全編を通して繰り返される「シネ、ケセ」のくだりが、いささか多すぎる印象。 蝉の声がそう聴こえる、という例えなんだろうが・・・。 デイジー 「酸性土の青いアザ」「ファリンゲティの街灯り」など随所にマーシー節が見られ、冒頭から聴いてきた中では個人的に一番良いかなと思うが、一辺倒なアレンジで曲を飛躍させられていない気が。 こんなことを言いだすと元も子も無いが、ビート作家「」の名前も出て来てることだし、アコースティックなアレンジを施し、ましまろで演奏してたらもっと映えてたように思える。 とはいえ、ましまろは稼働して無いのだが・・・。 ビッグチャンス タイトルからお察しシリーズその1。 もちろんそりゃあ大きなチャンスはみんな欲しいが、「だから何なのか?」という薄い言葉の羅列。 ビッグチャンスよりも、ビッグじゃなくて良いのでブルーハーツの美しいチャンスが聴きたい秋の今日この頃。 小麦粉の加工 マーシーらしいワードが映える一曲。 「季節の恐竜が首をもたげる」という表現は流石の一言だが、全体的にこの曲はヒロトの歌唱ではあまりマッチしてない気が。 「団地の子供」「サイダー」同様、本来ソロとして出した方がしっくりくる作品。 クレーンゲーム 先行シングルで先に聴いていたワケだが、こう言うのもなんだが、同曲を聴いてアルバムが「いつもの感じ」であることを察し、中々アルバムを聴く気になれなかった。 「とれそうでとれないクレーンゲームの冥利」を、人生やその他様々な事象と照らし合わせて考えて欲しいといった具合の内容だが、いかんせん掘り下げが浅いように感じて来る。 「生活のドアホ」という一節があるが、『』で「生活」というド直球な曲を出したりしているように、近年何かとマーシー曲において「生活」という言葉が散見される。 よっぽど生活における「しなければいけないこと」に不満や納得が行かなかったり、もっとしたいこと・やりたいことがあるのだろうかと、逆に心配になって来るレベル。 ガス人間 タイトルからお察しシリーズその2。 前作で言うと「」並みにじっと聴いているのが辛い単調なナンバー。 何かテーマがあるから言葉が浮かび、歌詞が組みあがって来てるのだろうが、リスナー置き去りでイマイチ何を言いたいのか分からない。 整理された箱 売れてない時代のバイトを思い出にした曲であるのは明白だが、心にグッと来るような暗喩があるわけでもなく、いかんせん描写がそのまんますぎ。 ヒロトマーシーに限らず、良い曲というものは「絵が浮かんで来る」と言う事ができ、たしかにこの曲は絵が浮かんで来るが、琴線に引っ掛かるような絵はとても見えない。 リリイ 近年のアルバムでどこか決まり事があるかのように収録されている、ヒロトのバラードナンバー。 前作であれば「」がこのポジションであったが、遥かにこちらの方が名曲。 とくに「同じ顔した別の春」という一節はなかなか痺れさせられる。 なおヒロトのバラード曲は総じてライブになると、マーシーが後から思いついたと言わんばかりにメチャクチャ泣けるギターソロを弾くので、ここ数年のライブの一番の見どころは、僕はそこになっている。 長い赤信号 同アルバムにおいて、一番心に響くナンバー。 言葉の面で特筆すべき点がいくつもあるが、とくに黄信号を「こぼれ落ちるレモネード」と表現するのが素晴らしい。 個人的にソロ曲『』における、「ミルクセーキに溶けてった」という表現も大好きであり、このような飲み物を用いたマーシーの表現技法には専ら弱い。 加えて、エンジニアの川口さんの趣向なのか知らないが、クロマニヨンズになってからやたらとコーラスワークにおいてエフェクトが多用され、いただけないポイントなのだが、同曲ではマーシーの素のままの声が聴ける。 マーシーのザラザラした声が絡みついて来るのが、加工された人工的な声よりも圧倒的に美しいと思うのだが・・・。 例えばハイロウズの『』における「見送り」のコーラスにエフェクトをかけていたら、興ざめも良いところだと感ずる。 新作という意味でマーシーの声を聴く機会が極端に減ってるため、コーラスで素の声が聴こえてくるだけで涙腺が緩むのは病気かもしれない。 ロケッティア 良い曲が2つ続いたところで、最後の締めくくりに流れていくわけだが、せっかくの良い余韻がかき消されてしまうに思える。 クロマニヨンズになってからは、ミックスにおける加工を極限まで無くし、ライブにおける演奏そのまんま状態で音源にするのが大半であったが、この曲では曲間にパーカッションを中心に様々なギミックが施された。 とはいえ、ブルーハーツ『』における「マイジェネレーション」のサンプリングや、『』における「ボコーダー」の起用とは本質的に異なり、思いつくままにただ楽し気に突っ込んだような印象を受ける。 ちょっと残念な締めくくりに感じざるを得ない。 ただ、昔の音楽雑誌を色々と収集してて思うのが、昔は日本でもわりと当たり前に好意的ではないレビューも目立つように載せたりしており、いつからか顔色を窺う好意的なレビューしか書かなくなったような印象を受ける。 例えばマーシーのソロ3rdアルバム『』発売時のロッキンオンでは、スピッツの草野マサムネ氏が「言葉が薄くなった~」という苦言を呈するコメントを寄せてたりする。 僕自身はそのアルバムは好きであるが、別に草野氏に怒りなんて感じないし、むしろ第一線で活動するミュージシャンの率直な感想が聴けて嬉しい。 逆に同氏は、『』について「この世で一番好きなアルバム」と評しているくらいなので、よほど言葉に信頼性が持てる。 自分を草野氏と同列に扱う気は毛頭ないが、本当に好きだからこそ、本当に思ったことを言うのが一番信頼できると思うところなので、そのスタンスは崩さないでいきたいと思う。 賛否あるかもしれないが、以上パンチのレビューとさせていただきたい。

次の

【アルバムレビュー】MONDO ROCCIA/ザ・クロマニヨンズ

クロマニヨンズ パンチ

クロマニヨンズの13枚目のオリジナルアルバム「PUNCH」の感想です!! * 今回も勢いのまま突っ走っており、痛快です。 12曲収録しているのにトータルタイムは40分ですからね、 1曲1曲が短くて無駄がありません。 そして進化とか新境地とかそんなものはおかまいなし!! いつも通りかっこいいロックがあり、いつも通りわけの分からない歌があり、いつも通り少しセンチメンタルを誘う歌があり。 マンネリといえばそれまでですが、新しい何かを付け足さなくても、楽しいものができることを形で示してくれています! それだけでとても大切なメッセージを受け取っている気がします。 今回のアルバムで見ると、 「会ってすぐ全部わかってたんだな」(会ってすぐ全部) 「怪鳥ディセンバー! 飛んでいけ!!」(怪鳥ディセンバー) 「ビッグチャンス ジャンボサイズ」(ビッグチャンス) 「何かに似てる 何かに似てる 何かにとても似てる」(クレーンゲーム) 「夕立がほらもうすぐそこなのに」(長い赤信号) 「おお ロケッティア」(ロケッティア) などです。 「会ってすぐ全部わかってたんだな」や「何かに似てる 何かに似てる 何かにとても似てる」はふと我に返って何かを考えさせられますし、「夕立がほらもうすぐそこなのに」は郷愁を誘い切なくなります。 その一方で「怪鳥ディセンバー! 飛んでいけ!!」はまるで特撮モノのようなノリのよさがありますし、「ビッグチャンス ジャンボサイズ」はその語呂の良さに思わずクスッと笑ってしまいます。 (たぶんあんまり意味はない) きっと長い歌詞なんていらないのです。 短くても刺さる言葉が一つあればいい。 耳に残るフレーズがあればいい。 そう思います。 * * * 以下、各曲の感想をぱらぱらと書きます。 「会ってすぐ全部わかってたんだな」という歌詞に何かドキッとするものを感じました。 でもたぶん僕自身にはそんな経験はなかったように思います。 恋愛でも、音楽でも。 それとも忘れているだけなのかな。 「ケセケセ」はシネシネ言っているので苦手です。 この曲だけは飛ばしてます。 「ビッグチャンス」はビールを飲みたくなります。 「労働後 うまいぜ缶ビール」は何のひねりもないのに魅力的なフレーズです。 「クレーンゲーム」は今作唯一のシングルです。 しかし最初聴いたときパッとしませんでした。 「クレーンゲームをする とれそうでとれないよ」って歌詞が、説明臭く感じたので。 でも聴いているうちにだんだんハマってきて、最近では仕事中に頭のなかでぐるぐると流れるようになりました。 「何かに似てる 何かに似てる 何かにとても似てる」……人生かな。 バックのギターのフレーズも好きです。 「小麦粉の加工」「整理された箱」というタイトルはあまりワクワクしないのでちょっと苦手です。 タイトルで損している気がします。 後半の「リリィ」「長い赤信号」はどちらもヒロトさんのハープが好きです。 郷愁を誘います。 こういうちょっとセンチな曲をしっかり聴かせてくれるのもクロマニヨンズの魅力だと思います。 それにしても「夕立がほらもうすぐそこなのに」とか「変わらない赤信号 長すぎやしないか」とか、シンプルな歌詞なのに心に響きます。 年なのか、涙腺にきます。 「ロケッティア」はCメロの盛り上がりが好きです。 ここ、もっと長くてもいいと思うのですが、盛り上がったー!と思ったらあっさり終わってしまうので、ちょっとさみしい。 * * * * クロマニヨンズは毎回、いまこの瞬間楽しいと思えるものを見せれくれるので好きです。 たぶん来年にはこのアルバムのことなんて忘れてると思います。 今楽しいものが明日も楽しいとは限らないから。 でもそれでいいと思うのです。 また新しい「楽しい」を求めて、一年後にはまた新しいクロマニヨンズのアルバムが届けられているはずだから。 そして、それはきっと同じように痛快なロックなわけで。 そうして「楽しい!」はずっと続いていくのです。 最高じゃん!!.

次の