ホテル マラケシュ。 ホテル マラケシュ, モロッコ

マラケシュの高級5つ星ホテルを宿泊予約

ホテル マラケシュ

旧市街は世界遺産にも登録されていたりします。 マラケシュはモロッコの中でもかなりウザいと評判で不安でしたが、実際はそこまでウザくありませんでした。 むしろモロッコ自体それまで苦手意識が強かったのが、マラケシュに来て少しモロッコが好きになりましたね。 街並みも今までと違いかなり栄えていてよかったです。 今回は、そんなモロッコの世界遺産の街マラケシュのメディナ(旧市街)と新市街でおすすめの観光場所とホテル宿を紹介したいと思います。 モロッコのマラケシュでおすすめの観光場所 先ずはモロッコのマラケシュでおすすめの観光場所を紹介します。 ジャマ・エル・フナ広場 マラケシュに来たら、絶対に外せないのがジャマ・エル・フナ広場。 世界遺産であるメディナ(旧市街)の中にあります。 夜には多くの屋台がひしめき合い、活気がものすごく溢れています。 ジャマ・エル・フナ広場を見て回るだけでも面白いです。 昼間は夜に比べると静かですが、ヘビ使いがいたりとそれはそれでまた楽しい。 住所:Derb Chtouka, Marrakech 40008 モロッコ 2. スーク(マーケット) スーク(マーケット)は、フナ広場の北に位置するマーケット。 食べ物から日用品、雑貨、洋服までたくさんのお店が立ち並んでいます。 日本へのお土産を買うには最適な場所。 スーク(マーケット)を見ているだけであっという間に時間が経ちます。 猫もすやすやお昼寝中。 ロバもいてかわいらしかったです。 住所:Souk Semmarine, Marrakech 40000 モロッコ 3. ル・ジャーディン・シークレット ル・ジャーディン・シークレットは、メディナ(旧市街)の中にある植物園。 ごちゃごちゃしたメディナ(旧市街)の中にあるのが驚くほど静かです。 テラスはカフェになっており、そこから植物園を見下ろせます。 名前の通りシークレットな植物園でした。 住所:121 Rue Mouassine, Marrakesh 40000 入場料:50ディルハム(約540円) 営業時間:9時30分~19時00分 4. ジャーディン・マヨレル ジャーディン・マヨレルは日本では「マジョレル庭園」とも呼ばれている、モロッコのマラケシュで人気の庭園。 ジャーディン・マヨレルは旧市街ではなく新市街にあります。 中はとても綺麗でリラックスできましたね。 中にいた猫が可愛かったです。 写真に写っている通り、人気の観光スポットなので、ある程度時間に余裕を持って行きましょう。 大人だけでなく子どもも要注意。 迂闊について行ってはダメです。 写真を撮ったのがバレるとお金を請求されることもあるので、こっそり撮るのがおすすめ。 また宿泊したホテルの人たち皆に言われたのですが、ジャマ・エル・フナ広場でオレンジジュースなどのジュースを買うとお腹を壊すそうなので、よほどの自信がない限り別の場所で買うようにしましょう。 道を聞く場合も、声をかけてきた人に聞いたらお金を請求される場合があるので、お店の人に聞くようにしましょう。 モロッコのマラケシュで泊まって良かったおすすめのホテル宿 続いてモロッコのマラケシュで泊まって良かったおすすめのホテル宿を紹介します。 居心地抜群のホテルに泊まるなら「Riad Dar Dialkoum」 「Riad Dar Dialkoum」は、旧市街のフナ広場から徒歩15分程度のところにある4つ星高級ホテルです。 リヤド(木が植えられた庭)があるモロッコ風の内装がめちゃくちゃおしゃれ。 トリプルルームだけあって部屋もかなり広いです。 スタッフさんも親切だし居心地抜群! この中がマラケシュなら良かったのにと思いました(笑) 今回はトリプルルームに泊まったので値段は少し高めでしたが、快適に過ごせました。 「Riad Dar Dialkoum」は、マラケシュで居心地の良いホテルに泊まりたい人におすすめです。 住所:40000, 317 Derb Nakhla, Marrakech 宿泊料金:一泊1,350DH(約16,200円) 2. フナ広場近くに泊まるなら「ホテル リヤド アート プレイス マラケシュ」 ホテル リヤド アート プレイス マラケシュは、フナ広場直ぐ横にある4つ星高級ホテル。 モダンでラグジャリーな内装も素敵だし、屋上のテラスからフナ広場を少し眺めることができます。 値段は高めですが、それ以上のサービスが受けられます。 Wi-Fiもモロッコ観光した中で一番速かったです。 クレジットカード支払いも可能。 そして朝食がめちゃくちゃ美味しかったです! 「ホテル リヤド アート プレイス マラケシュ」はフナ広場近くに泊まりたい人におすすめ。 フレンドリーなホテルに泊まるなら「Riad Dar Najat」 「Riad Dar Najat」は、フナ広場から徒歩10分ほどのところにあるホテル。 ここのホテルはスタッフさんがとてもフレンドリー。 屋上にはかわいい犬もいます。 値段も1万円ちょっとで上記2つと比べて安いのが特徴。 住所:Derb Lalla Chacha, Marrakech 宿泊料金:一泊10,315円 4. 新市街のホテルに泊まるなら「イビス マラケシュ サントル ガール」 マラケシュの新市街のホテルに泊まるなら「イビス マラケシュ サントル ガール」がおすすめ。 マラケシュ駅の隣にあるので立地は最高。 ホテルもヨーロッパの雰囲気の部屋の格安で泊まれます。 Wi-Fiもサクサクだしクレジットカード支払いも選択できます。 「イビス マラケシュ サントル ガール」は、新市街で立地の良いホテルに泊まりたい人におすすめ。 住所:AV HASSAN II, PLACE DE LA GARE, Marrakesh 40000 宿泊料金:一泊558DH(約6,696円) モロッコのマラケシュのホテル宿を格安で予約するならホテルズコンバインドがおすすめ! モロッコのマラケシュのホテル宿を格安で予約しようと思われているなら、 「ホテルズコンバインド」と言うサイトを使うのがおすすめです。 ホテルズコンバインドは、 ・Booking. com ・Expedia ・Hotels. com ・Agoda ・じゃらん ・楽天トラベル などのホテル予約サイトを一括で比較して、 最安値で泊まれるプランを提供してくれるサイトです。 一つ一つ検索する手間が省けるので楽チン。 僕自身もホテルズコンバインドを使ってホテルを予約しています。 ホテルズコンバインドを使えば、モロッコのマラケシュだけでなく世界中のホテル料金を格安で調べられるのでおすすめです。 モロッコのマラケシュにはいい人もいる! アフリカのモロッコに来る前はとても不安ですよね。 僕もそうでした。 世界一周で一度はルートから外したくらい。 モロッコで初めて上陸した都市タンジェでは客引きの多さに、ぶっちゃけ初めはモロッコが嫌いでした(笑) マラケシュでも偽ガイドがいて、案内されそうになったんですが、近くにいた地元民じいさんが助けてくれて、偽ガイドを追っ払ってくれました。 全員が悪いわけではなくて、優しい人もいるんですよね。 それは日本でも一緒。 このことがあってから、モロッコがちょっと好きになりました。 モロッコは距離も遠いし文化も違う、大変なこともあると思いますが、あなたのモロッコ旅行が最高の思い出になることを願っています。

次の

マラケシュの高級5つ星ホテルを宿泊予約

ホテル マラケシュ

どんなリアド? 高級感溢れるリアドで、特にハネムーナーやカップルでの記念のご旅行におすすめです。 観光の中心となるフナ広場までも徒歩15分ほどの距離のため、ショッピングやお食事を気ままにお楽しみいただけます。 客室内はモロッコらしい調度品により、それぞれ雰囲気の異なるこだわりの装飾になっているので、お部屋に入るまでの楽しみになるでしょう。 また、充実したスパ施設も人気の理由のひとつです。 どんなリアド? 世界的に有名なアマンリゾートの、アフリカ大陸で最初に誕生したホテルで、その名は「平和なる楽園」という意味を持っています。 ピンクのロマンチックなスルタン宮殿様式のつくりで、ハネムーンやご夫婦での特別なご旅行におすすめ。 プライベートがしっかり確保された広々としたお部屋をはじめ、一流リゾートで優雅で贅沢なひとときをお過ごしくださいませ。 プールに入って、スパをして、おいしいレストランで料理を食べて…。 何をしても格別です。 このページには掲載されていないエコノミークラスのリアドの場合、こじんまりとしていたり、お部屋の装飾などもシンプルです。 せっかくの機会ですので、ちょっと豪華な雰囲気であったり、お客様の好みに合う内装のリアドでのご滞在がおすすめです。 元が住居であったことから、多くのリアドは部屋数が限られるため、アレンジをご希望の際は、早めのお申し込みがベストです。 より素敵なモロッコ旅行にするために、ぜひリアド泊をご検討ください。 STWモロッコツアーの仕組みと、 ご希望のリアドへの宿泊方法 STWのモロッコツアーは、フェズ、マラケシュでの宿泊は、「エコノミーリアドまたは3ツ星ホテルのいずれか」という選択式プランで、最低価格設定となっております。 ツアー代金にリアドアレンジ料金を追加いただくことで、ご希望のリアドにご宿泊が可能です。 是非ご検討ください!.

次の

ラ マムーニア(La Mamounia):モロッコ、マラケシュ :ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド(The Leading Hotels of the World)

ホテル マラケシュ

とにかくマラケシュらしい雰囲気を一番近くで味わいたい!そして安全が一番、という方向けのエリア。 フナ広場周辺エリアです。 フナ広場は大きな広場で、陽が暮れるとたくさんの種類の屋台が出現します。 おそらくマラケシュに観光に来た外国人でここに立ち寄らない人はまずいないでしょう。 観光客だけでなく、現地の人も屋台で食事をします。 その時々によっておすすめの屋台などはあるようですが、現地の人が多く座っている屋台は当たりが多いと聞きますね。 とにかく大勢の人が集まり、何か露店でパフォーマンスをしている人なんかもいて、とてもにぎやかです。 そのフナ広場の周辺にはいくつか宿泊先(ホテルや、古い豪邸を宿泊施設にしたリヤドなど)があります。 人も多く、にぎやかなので夜でもあまり危険はなく、 夜にフナ広場の楽しさを安全に、存分に楽しみたい人にはまずおすすめできるエリアです。 フナ広場のおすすめホテル「Riad Dar Najat」 フナ広場のおすすめホテルですが「 Riad Dar Najat」がおすすめです。 マラケシュ内おすすめの宿泊エリアその2。 フナ広場にも近いですが、何よりもリーズナブルな宿泊先が多い、いわば安宿エリア。 フナ広場北東側エリアです。 大きなフナ広場周辺はメディナ(旧市街)と言って迷路のような細い道にたくさんのお店が軒を連ねる街並みが広がっています。 フナ広場から北東にある道を進むとすぐに、周辺は安宿エリアとなります。 この周辺は宿泊先のチラシを持っていたり、道行く観光客に声をかけ、安宿を勧めるモロッコ人に多く出会います。 世界中を旅するバックパッカーの方など、多少清潔でなくてもそれに慣れていたり、自分で工夫出来る人にとっては、フナ広場は近く、とても安く泊まれるので長期滞在もでき、非常に魅力的なエリアと言えるでしょう。 しかし、どこでもそうですが、宿泊先に案内されたら、 まず部屋をしっかり確認し、自分の基準に合わない場合は部屋を変えてもらったり、宿泊そのものを断ることも大切なことです。 旅の醍醐味と思い、声をかけてくる人をしっかり見定めることもしてみてください。 マラケシュおすすめエリア3:メディナエリアのホテル マラケシュ内おすすめの宿泊エリアその3。 実は私はここが一番おすすめのエリアになります。 フナ広場周辺にあるメディナ(旧市街)エリア。 モロッコらしい古い町並みは、道が高い壁で覆われていて、その壁のところどころに窓や扉があり、人の家や学校、お店、宿泊先などがあります。 昔の地域情勢上、その道も入り組んで迷路のようになっていて、日本の街並みとはずいぶん違います。 そんな中に、 昔の豪邸を改装して宿泊先にしたリヤド、と呼ばれるものが点在していて、外観こそ壁と扉だけですが、ひとたび中に入ればイスラム様式のとても素敵な内装を見ることが出来ます。 豪華さは値段に比例しますが、結構幅があり、自分の予算にあったリヤドを見つけることも出来ると思います。 そしてこのエリアのおすすめのポイントのひとつとして言えるのが、 とても静かだということです。 フナ広場からは場所によりますが5~15分(入り組んでいたりするので)と比較的近く、でも喧騒からは離れているのでとても静かです。 その分あまり夜遅くまでうろうろは少し不安もありますが、民家もあり、街灯もきちんとあるところを選べばそんなに危険ではありません。 それでも心配な場合は、可能な限りフナ広場から近い場所を選ぶといいと思います。 メディナエリアのおすすめホテル「Le Riad Monceau 」 このエリアのおすすめは「Le Riad Monceau 」です。 5つ星ながら1万円代で泊まれるコスパ・立地ともに申し分ないホテルです! シャワーが多いマラケシュのホテルの中でバスタブ付きの部屋も。 riad-monceau. インテリアも素敵で、外の喧騒と離れた静かな時間を過ごすことができます。 テラスや中庭にいたるまでこだわりを感じ、日本とは離れた別世界を感じることができますよ。 暑い夏の昼は、中庭のプールやテラスでのんびり過ごすのももおすすめです。 イスラムの魅力がぎゅっと詰まったマラケシュ 日本の様式も素敵ですが、日本では見ることの出来ない素敵なイスラム様式の建築物、街並みを楽しむことが出来る街です。 にぎやかさも、おそらくモロッコでは一番でしょう。 そのぶん観光地化も進んでいて、物売りの人たちも巧みに声をかけてきます。 しかし、にこやかに、しっかり断ることで自分も相手もそんなに嫌な思いをせずにすむことも多いです。 私たち日本人の気質とは違う、人懐っこく声をかけてくるモロッコの人たちと、ぜひあまり構えすぎずに交流してみてください。 アフィリエイトで家族で旅する生活を叶えています こんにちは、SUMIKIKI編集長の阪口です。 企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。 そのライフスタイルを「 パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をする生活をはじめました。 このSUMIKIKIの運営をはじめ、インターネット広告を活用したWEBメディアを個人で運営しながら、妻と娘、3人暮らしの生計を立て、国内外を旅する生活を叶えています。 現在はコロナ期間ということもあり、僕ら家族も旅行は自粛していますが、PC一台あればできる仕事ですので、今は自宅でサイト運営の仕事や次の旅行準備をしながら、世界情勢が落ち着くことを待っています。 WEBサイト運営は旅行とも非常に相性が良く、各地を旅したり、お気に入りの場所に暮らす自由を叶えたいという人にとっては、良い選択肢なのではないかと思います。 僕が旅行資金と生計を立てている手法は、運営しているオンラインスクールでお伝えしています。 現在運営6年目、常時350名程のメンバーが在籍しており、働き方の自由化を叶えたメンバーも106名になりました。 *今月は6月20日-22日の3日間募集いたします。

次の