パーシヴァル コンボ。 【グラブルVS】パーシヴァル参戦決定!コマンド・技表と性能!【グランブルーファンタジーヴァーサス】|ゲシピ

【グラブルVS】Sランクパーシヴァル使いから見たダイヤグラム

パーシヴァル コンボ

・解放奥義:パーシ通常奥義、回り込み ・タックル めり込みは5A確定。 タックルに基本通常技勝てない。 辛うじて2C相殺。 後は垂直JB,JC ・波動:A版は未着ガードで近A確定、B版はグラン有利になるが、2段技で間に隙間があり回り込みやC昇竜を出せる。 ・キャンセル波動:c昇竜 簡易が楽 ダッシュ2a:中段or垂直or置き技 ・5b:間合い外5b,5c差し返し ・5c:間合い外5Cor発生勝ち 昇竜も横狭く、距離あれば垂直JCで勝てる。 垂直JCいいかも。 出しすぎると見てからグランのCタックルに狩られる。 パー様の遠Bがギリギリカタリナ遠B、2Bより長いため、その距離を保つ。 ・5B:遠B差し返し。 ・2B:めっちゃ強い。 遠B差し返し。 かJC。 ・波動:近いとカタリナ不利だが、カタリナの遠Bなどから出されるとカタリナ有利。 ただ距離が離れるため仕切り直し。 ガード後に遠め距離で直ぐに遠B、遠C出すとカタリナの遠Cに狩られる。 一拍置いて差し返すか、JCで切り返す。 後は波動見てからC昇竜を当てていく。 ・突進 A版は少しめり込むと遠B確定 B版は少しめり込んでも確定無し。 遠Bで切り返す。 C版は少しめり込むと遠B確定 全て密着くらいまでめり込むと近B確定。 ・昇竜 ガード後近C or遠C確定 ・奥義 3段目ガード後近C確定、2段目後に最速避けで近C確定。 ・解放奥義 ガード後近C確定。 飛びもC百鬼も2Cで勝てる。 ・タックル:ガード後5B。 でガード確定。 飛びも無理。 バックジャンプJCもあり。 B版は2C置き、c版は足払い置き ・連続攻撃:A版ならガード後5Aor5B,B版なら5B、c版はシャル有利。 4派生の下段以外は回り込みで対処可能。 もしくはしゃがで中段以外対処可能。 昇竜は全てに勝てる。 波動や行進モーションみえたら押せば確定。 ・遠C:回り込みで反確、キャンセルしなければガード後遠C確定、空振りを殴れる ・遠B:回り込みで不利にできる。 ・行進B:避けで反確? ・解放奥義:近ければ回り込み後近C、画面端はダメ。 最後の逃げムーブを読んだ場合は、C行進Cで狩れる ・空中斜め下突進:対空潰し。 垂直JCchする ・連続攻撃:ガード後に有利で切り返せるが、遠Bはジャンプ間に合ってしまう ・当身:詐欺行ける?後は攻撃後回避など。 A派生 横 はガード後遠B確定、B派生 振り上げ も遠B確定だがビタ。 タイミング遅れると攻撃くらうため、大人しくガードか。 ・波動:開幕距離くらいであれば当たってもガードしても有利になるため、ガンダッシュで詰め寄るのはあり。 回り込みも良いがB版がカウンターするとダウンしてしまうため注意。 C波動は確定でダウンとなる。 ・JD ホッピングにやつ :空対空は厳しく置きJC以外は勝てない。 最大3回出せる。 端起き攻めに場合は高めだとめくりで昇竜が当たらず、低めだと詐欺になるため昇竜で読み合うのが難しい。 また避けや回り込みも狩られる。 基本ガードで着地後の下段だけ注意。 また、Dホッピング後のファジー近A暴れでガードしながらスカし下段を潰せる動きが出来る。 ・遠A:パー様より短い。 ・2A:パー様より長い。 ・遠B:近目ガードで遠B確定。 波動だしても遠Bと相打ち ・2B:遠Bより少し短いが硬直は短め。 ・遠C:判定強い。 同タイミングだとパー様の遠B遠C負ける。 回り込みも意外と硬直なくA確定しない。 ブンブンしてたら基本差し返しや波動で対処。 ・2C対空:JDでずらしてつぶせる。 めくりも落とせる性能だが発生がそこまで速くない。 ・奥義:突進技だが出始め無敵で弾無敵無い。 解放奥義暗転返しで勝てる。 ガード後か避け後に近C ・解放奥義:斜め上突進技。 出始め無敵で弾無敵無い。 またA波動置きも有効。 奥義は相打ちだし、キャンセル波動に突進技も勝てないっぽい。 5Cに回り込み、ゼファーに2C置き、逃げゼファーや空中波動にはダッシュやJCを狙っていく。 対空は弱めなのでJD、めくりJBで近づくのもあり。 端逃げゼファーは空投げ狙うのもあり。 弾を回避してトロイをためたい。 ガード可能なため、攻撃を出さずに垂直等も混ぜると、 相手が対空スカしてしまった時に攻めれる上にガードも出来る。 ・後ろダッシュ:C行進C ・突進:ガードすればローアイン不利なので反撃する。 ただし突進後当身を出すローアイン使いもいるため読み合い。 ジャンプとか投げとか間に合う? ・ロボビーム:ガード ・ロボミサイル: ・2人登場:バックジャンプJC? ・当身:基本読んだら投げ。 ・足払い:一番厄介。 遠BとJCを混ぜて、JCをガードさせてからスタート。 というかフェリ有利?距離的に遠Cだすと逆に負ける。 ・対空:深めJDで潰す ・行進Aの反撃が5Aしかない? ・ジジ設置起き攻め:昇竜、回り込み?。 とにかく我慢してジジ設置して攻めてきたときに読み合うのもあり。 2A2Aガード等混ぜて足払いを誘う。 ・ラリアット:動作中は攻撃出すとパー様の食らい判定が広がって確定でchなる。 動作終わり側に近Cが間に合う。 余裕なければ近Aでも可 ・奥義:ハートが出たら打撃、何もないのが投げ。 投げは密着だと確定だが、少し離れていればジャンプや昇竜間に合う。 ・遠B:地味に優秀。 そこまで食らい判定が前に出ていないので2C等の置き技で潰すのは厳しい。 基本差し返し。 ・踏み付け:三段まで出せる。 ガードで有利にはなるが、キャンセルタイミングがファスティバ次第、暴れは無理。 一応三段の技の合間に割り込めるので昇竜を擦る。 ワンチャン解放奥義も出せるが難しい。 ・D移動投げ:ピロリンって聞こえたらジャンプだ! ・パー様の解放奥義はファスティバに奥義で確定なので注意 ・対空:ファスティバの対空はめくりも落とせるが、手を出さなければスカる。 のでC行進Cをさせる間合いを維持したい。 バザラガ側はそれに対して通常技や波動を出してくるのでJCや遠Cで差し合い。 波動などを食らってアーマーつけられる場合は、パー様もトロイして様子見。 アーマ技は基本的に高空のキャラには当たらないので、 ハイジャンプで位置入れ替えるなどやガードなどで消費させる。 ・波動:強い、読んでJCガードさせて攻めに転じよう。 ・タックル:先端ガード後はバザラガ有利だが、立ち回りだと調整が難しいらしく基本暴れても良さそう。 アーマ付与状態の場合はC波動 強化 で潰せる。 深めガードで確反?あとは読んでJCを置くなどをする。 波動:こちらも基本C版使ってくる。 ジャンプ、ジャンプJD、回り込み、引きつけ奥義などを散らして対応。 氷連撃三段:どこでやめてもガードでランスロ不利なので2A,5Aで暴れる。 ただし、 ランスロ側がディレイもかけれるため読み合い。 基本1回目、2回目で暴れよう。 また端コン火力が高いが中央はそれほどでもないため、端に行ったらガンガードしてジャンプや攻撃で端を脱出しよう。 ・居合:A版はガード後5C確定、B版は固め中のキャンセルで出してくる場合はファジー遠B暴れ ・連続斬り:A版は5F確反なので遠Aや近A、B版は遠Bや近B確反、C版は遠A確定 ・裏周り攻撃:ガードボタンを活用しよう。 ・納刀遠B:リーチ長め。 パー様遠Bより少し短い。 カタリナ遠B位? ・納刀2B:リーチそこそこ パー様遠Bより短く、2Bより長い 、上段技。 ・納刀足払い:2Bとリーチ同じくらい。 ガード後5B入る。 キャンセル出されると負ける。 ・斜め上に強い技が少ないため、置きJCは機能しそう。 2Bにも行けるし。 B様子見でA居合出させてガードもあり。 遠Bで組み立てる。 空中ダイブ多めにきた昇竜で落とす。 ・空中ダイブ:リターン重視で2C対空。 安定ワンボタン昇竜。 回り込みもAは微不利、Bは当たる ・なぎ払い:反確無し。 不利だが距離が離れる。 リーチはパー様遠C 終わり際に少しだけくらい判定が前にでる 通常攻撃からのキャンセルなぎ払いは昇竜で割れる。 ・遠C:キャンセル無ければ遠B確定 ・ブラックホール: 暴れるとカウンターするので暴れるなら昇竜にする。 ガードするとバブ側有利。 昇竜か避けで対応。 C行進Aとかで潰せはする。 ・ワープ:近Bで対応 ・遠B、遠C:パー様の遠Bより短い ・ダッシュハイジャンプJDで近づくと、波動、なぎ払いに勝ち、対空ずらしにもなる。 あとジャンプも混ぜてく。 早めJCがソリッズ側落としづらそうだが、 対空リターンは高いため注意。 ジャンプが横移動距離が少なく弱いため、パー様波動で色々制御できるか。 ・遠A 下段。 発生も早め。 近距離の暴れ潰しや攻めの起点で使用してくる。 ・遠B 主力牽制。 スカッたのみてからジャンプしても対空間に合う。 遠B基本差し返しか。 ・遠C 判定が上に強いので、しゃがんでるとスカりやすい。 2D置きや遠B発生勝ちで対応。 タイミングが合えば回り込みで確定行けるがリスク高い ・2A 攻め継続で刻んでくる。 リーチもそこそこ。 ・2C 対空、めくりもきっちり落とせる。 早めJCで発生前につぶせることがある。 ・当身 D ダメージは普通に入ってる模様。 奥義はロックされるからか返せない。 投げも通る。 返されるとソリッズ有利になるので下手に暴れない。 見てから奥義出来ればめっちゃいい。 ただソリッズ側有利のため、パー様が遠Bや遠C出すと潰される。 ソリッズ側は遠Corダッシュor突進パンチのどれかしてくるので、 基本ガードしながら2D擦ると大体勝てる。 C版はノックバック少ないのと、出した後ニュートラルだと何故かポーズ決める。 ・連続パンチ A、B版はソリッズ微不利 C版はソリッズ有利 ・蹴り上げ A版、C版は遠A、2B、2D確定 B版は近Cまで確定 ・地面突き パワーゲイザ A版ソリッズ不利だが確定は無い B版C版はソリッズ有利。 B版は隙間が少しあるので暴れられなくはないが・・・ ・奥義 ガード5C確定、1段目と2段目の間で遠B暴れは出来る。 近C暴れはダメだった ・解放奥義からの解放奥義 脱いでからの鉄拳。 リーチ短い ガード不能で暗転後に避けや昇竜や暗転返しも出来ない。 ・D ジャンプかかと落とし 2D、2B、2Aが潰される。 確定は無いがジータ不利。 ・波動 A版、B版は近目ならガード後パー様有利。 C版はジータ有利 ・連続斬り 基本ジータ側が不利になる。 A版:2回目も3回目も遠Aで確定。 3回目は2B、2Dも確定。 B版:2回目確定無し、3回目は2B、2D、遠B確定。 ・奥義 ガード後遠C確定、避け後近C確定 ・解放奥義 ガード後近C確定、避け後近C確定 [2回].

次の

『グラブルVS(GBVS)』の奥義&解放奥義集、コンボ集、戦術解説動画を一挙公開!

パーシヴァル コンボ

出現頻度の高い2つのギミックに対応できるため、多くのクエストで活躍できる。 貫通タイプでスピードも約300あるため、地雷回収役としても使いやすい。 砲撃型の超強貫通ホーミング12 進化の友情は超強貫通ホーミング12。 砲撃型のため通常時より1. 4倍威力が高く、雑魚処理とボスのダメージ源として活躍ができる。 ステータスが低い アビリティと友情が優秀なため、全体的なステータスは低めに設定されている。 特にHPは約2万のため、パーティに入れる際は高HPのキャラと一緒に組ませるのがおすすめ。 地雷、ブロックと出現頻度の高いギミックに対応できるため、活躍できるクエストの数が多い。 雑魚処理として優秀な友情 神化の友情は超強貫通ホーミング12と気弾。 トータルの火力が高く、雑魚の多いステージ等では雑魚処理役として優秀な働きをする。 瞬間火力を出せないSS 神化のSSはふれる度に爆発する爆弾を最初の敵にセットするというもの。 継続的なダメージは見込めるが、SSを使ったターンは爆弾のダメージが入らない。 そのターンで状況を打破できるわけではない。 パーシヴァルの総合評価と使い道 進化、神化共に汎用性の高いアビリティが特徴なキャラ。 特に進化は砲撃型の超強貫通ホーミング12を持つため、通常降臨の周回などに役立つ。 一方の神化は高難易度クエストでの出番が多い。 00 タス後限界値 23816 23874 387. 1 タス後限界値 20726 18469 300. 65 タス後限界値 14160 11807 272.

次の

【グラブルバーサス】アケコン版パーシヴァルの立ち回りとコンボ

パーシヴァル コンボ

基本的な立ち回り 相手の攻撃をガードした後の隙を突く、立ちガード・しゃがみガードにそれぞれ対応していない技で攻めるなどで相手にダメージを取っていきましょう。 隙の大きい技やアビリティの連打は相手に多く隙を見せる事となるのでおすすめできません。 基本的には相手を 画面端に追い詰めた際に大きなコンボが繋がりやすいので、まずは如何に相手を画面端に追いやっていくか、という点を考え、少しずつ実践していけるのが理想です。 相手を大きく吹き飛ばす技を持っているキャラクターは、画面中央コンボの最後にその技を組み込む事で一気に画面端へ運びやすくなります。 ガードの種類 ガードには立ちガード、しゃがみガードとあり、それぞれカバー出来ないガード範囲があります。 1つのコンボが安定して使えるようになれば、その コンボを他の始動技で応用、 1つ1つを組み合わせるなど発展させていく事が出来ます。 最後をアビリティで締めている場合は、そこを奥義に置き換えるとより大ダメージになります。 主要キャラの初心者用おすすめコンボ 方向キーの入力は1P側(自分が左)の際のものです。 位置が入れ替わると左右の入力が反転します。 グランのコンボ グランの得意な間合いは近距離ですが中~遠距離技も使用出来ます。 コンボはやはり近距離が多いです。 しゃがみガードの相手や若干距離がある場合に接近しつつ行えます。 火力が高く、中央から端まで運ぶ力もあるので有利な立ち回りを展開しやすくなります。 浮かせた後を基本コンボではなく奥義などに置き換えるとよりダメージが高くなります。 若干工程は多いですが、その分大ダメージを狙えるコンボです。 弾幕を張るような攻撃なので一発目が当たらずとも二発目に期待出来ます。 射程距離が長いので、状況によってはどちらもガードされた場合でも反撃を受けづらいという特長があります。

次の