汐留 日テレ 屋。 価格.com

価格.com

汐留 日テレ 屋

手越祐也はジャニーズ事務所を退所した。 ジャニーズ事務所は専属契約を合意解除している。 その後2度目の飲み会が報道されジャニーズ事務所が芸能活動の自粛を発表し先週金曜日に退所となった。 ジャニーズ事務所はこれまでにも手越祐也の行動に対し警告を行っていたが聞き入れなかったという。 サンケイスポーツは「契約解除については双方が弁護士を立てて交渉した」、「手越祐也氏の反省はなかった」などと報じた。 日刊スポーツは「スタッフなどと話し合うことなく協議していた」、「早く次に進もうとしている雰囲気だった」などと報じた。 スポーツニッポンは「これまでも週刊誌などでの女性スキャンダルから守ってきた経緯があるだけに失望も大きかった。 」と報じた。 スポーツ報知は「手越祐也は取材に対し『僕は今後絶対にファンを裏切らないし、応援してくれるファンは絶対幸せにする』と話していた」と報じた。 スタジオでは「弁護士が登場するのは敷居が高いある程度準備が必要だった。 」とし活動自粛に入る前から退所に向けた協議の準備を進めていたのではないかと報じた。 情報タイプ:商品 URL:• ・ 先週金曜日の夕方に芸能界に衝撃が走った。 「NEWS」手越祐也さんのジャニーズ事務所退所の電撃発表が合った。 突如17年半のジャニーズ人生に終止符を打った手越祐也さんの裏になにがあったのか、4つのポイントとともに謎に迫るという。 手越さんは明るくやんちゃなキャラクターで人気を博す一方で女性スキャンダルで週刊誌を騒がしていた。 1度目はチャリティーユニットのメンバーから外され、2度目の報道で事務所から活動自粛処分を受けた。 それから約3週間が経ち、契約解除となり、1時間後に手越さんはTwitterアカウントを新設してコメントを発表した。 芸能リポーターの井上公造さんは満了で辞めなかったことに対して「待ちきれなかったのでは」と話している。 手越さんは元々独立志向があったか聞かれると、井上公造さんは「独立志向はあったと思います。 かねて考えの行動だと思います」と話している。 井上公造さんが聞いている話では今回きっちりした話をメンバーとはしてないという。 ジャニーズ事務所を退所し、今後手越さんが目指すと言われているのが、YouTuberだという。 現在YouTuberとして活躍する雨上がり決死隊の宮迫博之さんをサポートしている人気YouTuberの手を借り、YouTuberとして活路を見出すという。 街の人はバラエティーで見たいなど話していた。 井上公造さんは「芸能界に残ると思います。 芸能界に残るからこそ、記者会見をするという意思表示をしていると思います」と話している。 デビュー当初は9人でスタートしたNEWSだったが、脱退が相次いで、手越さんの退所で3人体制となった。 小山慶一郎さんは「これまでのNEWとしての形を守ることができませんでした」などコメントしている。 加藤シゲアキさんは「何度も形が変わってきたNEWSを応援してきてくれたファンの皆様には再びこのような報告をしなくてはならないことを大変心苦しく思っています」と話した。 増田貴久さんは「僕たち3人、そして新たなを行くメンバーをこれからも見守っていただけるとうれしいです」と話している。 会見について手越さんは「この件に関しましては週明けに渡しの口から直接、メディアの皆さまにお伝えする場を設けさせていただく予定です」とコメントしている。 会見の運営事務所は「日程と会場はすでに決まっていて間違いなく会見は行います。 本人が質問に応じる予定です」と話している。 手越祐也はジャニーズ事務所を退所した。 ジャニーズ事務所は専属契約を合意解除している。 その後2度目の飲み会が報道されジャニーズ事務所が芸能活動の自粛を発表し先週金曜日に退所となった。 ジャニーズ事務所はこれまでにも手越祐也の行動に対し警告を行っていたが聞き入れなかったという。 サンケイスポーツは「契約解除については双方が弁護士を立てて交渉した」、「手越祐也氏の反省はなかった」などと報じた。 日刊スポーツは「スタッフなどと話し合うことなく協議していた」、「早く次に進もうとしている雰囲気だった」などと報じた。 スポーツニッポンは「これまでも週刊誌などでの女性スキャンダルから守ってきた経緯があるだけに失望も大きかった。 」と報じた。 スポーツ報知は「手越祐也は取材に対し『僕は今後絶対にファンを裏切らないし、応援してくれるファンは絶対幸せにする』と話していた」と報じた。 スタジオでは「弁護士が登場するのは敷居が高いある程度準備が必要だった。 」とし活動自粛に入る前から退所に向けた協議の準備を進めていたのではないかと報じた。 情報タイプ:企業 URL:• ・ 先週金曜日の夕方に芸能界に衝撃が走った。 「NEWS」手越祐也さんのジャニーズ事務所退所の電撃発表が合った。 突如17年半のジャニーズ人生に終止符を打った手越祐也さんの裏になにがあったのか、4つのポイントとともに謎に迫るという。 手越さんは明るくやんちゃなキャラクターで人気を博す一方で女性スキャンダルで週刊誌を騒がしていた。 1度目はチャリティーユニットのメンバーから外され、2度目の報道で事務所から活動自粛処分を受けた。 それから約3週間が経ち、契約解除となり、1時間後に手越さんはTwitterアカウントを新設してコメントを発表した。 芸能リポーターの井上公造さんは満了で辞めなかったことに対して「待ちきれなかったのでは」と話している。 手越さんは元々独立志向があったか聞かれると、井上公造さんは「独立志向はあったと思います。 かねて考えの行動だと思います」と話している。 井上公造さんが聞いている話では今回きっちりした話をメンバーとはしてないという。 ジャニーズ事務所を退所し、今後手越さんが目指すと言われているのが、YouTuberだという。 現在YouTuberとして活躍する雨上がり決死隊の宮迫博之さんをサポートしている人気YouTuberの手を借り、YouTuberとして活路を見出すという。 街の人はバラエティーで見たいなど話していた。 井上公造さんは「芸能界に残ると思います。 芸能界に残るからこそ、記者会見をするという意思表示をしていると思います」と話している。 デビュー当初は9人でスタートしたNEWSだったが、脱退が相次いで、手越さんの退所で3人体制となった。 小山慶一郎さんは「これまでのNEWとしての形を守ることができませんでした」などコメントしている。 加藤シゲアキさんは「何度も形が変わってきたNEWSを応援してきてくれたファンの皆様には再びこのような報告をしなくてはならないことを大変心苦しく思っています」と話した。 増田貴久さんは「僕たち3人、そして新たなを行くメンバーをこれからも見守っていただけるとうれしいです」と話している。 会見について手越さんは「この件に関しましては週明けに渡しの口から直接、メディアの皆さまにお伝えする場を設けさせていただく予定です」とコメントしている。 会見の運営事務所は「日程と会場はすでに決まっていて間違いなく会見は行います。 本人が質問に応じる予定です」と話している。 情報タイプ:ウェブサービス URL:•

次の

つるまる 日テレプラザ店

汐留 日テレ 屋

概要 [ ] 再開発建築群の一角であり、世界的が基本構想を手掛けた。 施工は。 建物外部四隅に柱を露出させた理由は、容積率緩和措置を受けるため。 その他、地上2階の受付前フロアを自由通路とすることによっても容積率緩和措置を受けている。 建物の構造は上層と下層で分かれる。 下層はスタジオなど番組制作の機能が集中し、フレキシブルな構造で床を取り払っても支障がない。 スタジオの増築やオフィスへの転用も可能となっている。 これは、汐留への本社移転が決定した際に、当時日本テレビ社長だったが「 将来テレビ局という業種はなくなる。 その時のために新社屋は貸しビルにできるような構造にするべき」と提唱したためである。 上層はオフィスビルとなっているが、最上階にもスタジオがある。 なお、19階から24階は一般のテナントビルとして賃貸しており、19階には日テレグループ各社やNBCなど海外テレビ局の東京支局、20階から24階には過去に一般企業が入居していた。 現在はすべて日本テレビグループの企業が入居している。 実際、同系列の・(ytv)の東京支社が2009年11月にから日テレタワー20階に移転し、在阪準キー局の東京支社が在京キー局の本社に同居する唯一の形となった。 また、の系列局である(RNB)の東京支社も同じフロアに置かれている。 2014年3月にはBSデジタル局の本社が日テレタワー23階に移転した。 建設前の社屋敷地(跡地)では、『』・『』における長期ロケ企画のロケ地として使用されていた。 また、麹町からの移転直前には、『』の「」オープニングとスペシャル料理の選択権を決めるゲームも行われた。 前述したビルの構造上、の稼働率が非常に高いため、混雑時にはエレベーターの待ち時間が長くなるほか、場合によってはタレントと一般人が混乗することがあるという。 『』のフリートークでエレベーターへの不満を話題にしたところ、後日、日本テレビ総務局から番組宛にエレベーターに対する回答が寄せられた。 日本のの中でも32階と総階数が大きいビルである。 また、日テレ汐留移転を以って、在京民放キー局は5局全て港区に本社を構えるようになった。 スタジオ [ ] S1スタジオ(211坪)・S2スタジオ(138坪) 13階にあるスタジオ。 バラエティ・報道・情報番組向けの収録および生放送に対応。 『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』などで使われる。 『』や『』など大型番組の親サブとしても使用される。 スタジオ入り口のドアの色は、S1スタジオが赤、S2スタジオが黄。 S3スタジオ(148坪)・S4スタジオ(148坪) 9階にあるスタジオ。 報道・情報番組向けの生放送の帯番組などが使用。 生放送対応を前提としているため、HD収録機がS1・S2の様に常設されていない。 S3スタジオは『』(セット部分を『』でも使用)『』、『』、S4スタジオは『』、『』で使用。 スタジオ入り口のドアの色は、S3スタジオが青、S4スタジオが緑。 NEWSスタジオ(130坪) 5階にあるスタジオ(報道局と隣接)。 報道番組専用で『』(セット部分を『』でも使用)および『』で使用。 バーチャル設備にも対応していて(ニュースサブ1と3が対応)、隣接する報道フロアからも放送できる。 報道局フロア(約455坪) 5階にあるおよそ1500平方メートルという報道局フロアは「スタジオ」として設計されており、フロア内にはカメラや音声などのケーブルを接続できる端子板が壁面や床面など各所に設置されていて、放送も出来る。 "NNN"の大きなロゴが設置され、電飾されていたが東日本大震災後の電力事情によりしばらく消灯して対応した後、程なくしてロゴの上からオレンジのカラーリングが施された同じ形の"NNN"ロゴを張り付けていたが、2017年3月27日から再び電飾が復活している(震災前はロゴ自体が光る形だったが、2017年以降はロゴの周囲が光る形に変更された)。 東日本大震災前の電飾のカラーバリエーションは曜日ごとに変えられていて、月曜: ホワイト、火曜: イエロー、水曜: ライトブルー、木曜: グリーン、金曜: ピンク、土曜・日曜: ブルー、年始(主に元日): レッドと変化していたが、2017年3月27日の電飾復活後はホワイトに統一している。 また、2013年以降は日テレのロゴが変更されたことに合わせ、報道局フロアのロゴも「0テレ(0の中に斜め線)」に変更されている。 報道局フロア内には下記の番組制作・送出設備が備わっている。 ニュースサブ1(地上波ニュース用) ニューススタジオの駆動及び、報道局フロア内カメラ等の駆動• ニュースサブ2(専用) ニュースサブ1と2は相互補完機能を持たせており、どちらか一方に障害が発生した場合は、すぐに切り替えて運行を継続できる。 ニュースサブ3(素材送り用) 通常は系列局など外部からの素材を受けたり、NTVから各局への所謂を行うために特化した運用を行っているが、ミニニュースなど通常番組での対応も可能である。 麹町旧社屋でのEサブとFサブの相互補完機能を踏襲した運用形態となっている。 地上波用顔出しブース(ニュースサブ1 スペース内) 『』(週末版)、『スッキリ』『ヒルナンデス! 』『』(読売テレビ制作)のニュースコーナー、『』などで使用。 日テレNEWS24専用ブース(ニュースサブ2と隣接) 『NNNストレイトニュース』(平日版)でも使用。 この他に、天井移動カメラ(通称「レールカメラ」)も設置されている。 なお、報道局フロアにあるニュースサブの一連の更新工事が2016年度に行われていて、2016年7月31日から、ニュース2サブの機能である「日テレNEWS24」用のスタジオとマスター(主調整室)がSKYスタジオとサブ(副調整室)、それに、報道局フロアーに仮設されたスタジオで代替運用が始まり 、次いで、8月中に、地上波で放送されているニュース番組の送出ができるように、ニュース2サブにてその工事を行い、2016年9月5日から11月末まで、ニュース2サブにて、地上波で放送されるニュース番組の送出が行われ、そのニュース1サブから更新工事を行っていた。 11月28日から新ニュース1サブの運用開始し、ニュース2サブの更新工事が開始された。 また、ニュース3サブの運用が12月に開始している。 SVスタジオ(71坪) 13階にある。 (日テレはグリーンを使用)のホリゾントが常設され、『』などで使われていたが、中規模のスタジオとして普通にセットを組んで番組を収録する事も多々ある。 スタジオ入り口のドアの色は、紫。 SKY1スタジオ(31坪) SKY2スタジオ(31坪) 15階にあるスタジオ。 ガラス張りで、都心の眺望が特徴である事から、パノラマスタジオとも呼べる。 スポーツ中継や『』、『スーパースポーツマガジン』(BS日テレ)などで使用。 タワートップスタジオ 最上階、32階にあるスタジオ。 SKY1・SKY2スタジオと同じく一部がガラス張りになっていて、都心の眺望が特徴。 『』などで使用。 また、各メディア向けの記者会見の場に使われることもある。 マイスタジオ(92坪) 詳細は「」を参照 ゼロスタジオ(22坪) 社屋外の通路に隣接し、1階レベルにあるオープンスタジオ。 地下2階レベルから伸びる支柱で支える構造であり、浮かんでみえる。 通路に面していない三方面がガラス張り。 専用のサブはなく、マイスタジオのサブから駆動する。 当初はカメラやマイクなどの常設機材もなかったが、同スタジオをレギュラー使用する番組の立ち上げに伴い、常設機材を用意し現在に至っている。 『PON! 』終了時のセットもテーブル以外はすべて撤去され空の状態である。 では日本テレビアナウンサーによる番組などで使用された。 前述のマイスタジオ(サブ設備)から駆動する。 リモートサブ(1, 2) 8階にあり、外部からの中継を受けるための(サブ)のみの送出設備。 「リモート」という言葉には、中継車など外部で制作される番組を本社で 遠隔制御するという意味がある。 主にプロ野球中継、サッカー中継などスポーツ中継で使用している。 なお、制作・情報系で内部スタジオを使用しない場合は、S1〜S4の副調整室を使用することが多く、報道系で内部スタジオを使用しない場合はNEWS1サブを主に使用するとのことである。 スタジオ以外の施設 [ ] 大屋根広場 メディアセンター 7階にある放送の運行・送出を行うマスターコントロールルーム。 日本テレビの放送を支える中枢を担うセクション。 関東一円と全国のネットワーク各局、またBS日本・CS日本へも毎日の番組を送り出している。 送出VTR・番組サーバ・CMバンク・データ放送・文字字幕放送の送出設備を擁し運行・送出を行っている。 BS日テレの送出マスターもメディアセンターに設置されている。 また、OAデータ・APS Automatic Programming System の運行データ作成・変更を行う「放送進行」もキー局としての重要なセクションである。 回線センター(SDC・SOC・回線ブッキング) 生中継に欠かせない自営マイクロ回線(マイクロ基地局)の運用・保守、及び局内回線分配系の運用・保守、SNGの管制・運用・保守を行うセクション。 自営マイクロ回線の運用を行う「SDC」、SNG回線の管制・運用を行う「SOC」またNTT回線の運用を行う「回線ブッキング」の3つに運用セクションが分かれている。 汐留AX(SHIODOME-AX) 1階にあったオープンスタジオ、イベントスペース、。 日本テレビが運営していたライブハウスの姉妹版として、アイドルイベントやアーティストライブ、お笑いライブやトークショーなどに使われていた。 の期間中は連日アイドルイベントが開催されており、それ以外の期間でものように定期的に公演を行うグループがあった。 ステージ内容にもよるが、収容人員は200 - 400人程度。 元々「クリスタルホール」という名称で展示会やイベントが可能なスペースとしていた。 2007年、『』の開始と共に観客が中に入ることができる公開型のオープンスタジオ「テレビバ」に改修し、『』(第2部)でも使用され、外の通路から番組収録を見ることができた。 2010年に「汐留AX」に改められてからはテレビ番組の収録は殆ど行われず、2012年閉館。 その後は特に名称がつけられていないが、クリスタルホール時代と同様に不定期にイベントで使用されている。 日テレホール 2階にある、講演・会議やイベント展示などに使用される多目的ホール。 、番組収録にも対応。 全国大会組み合わせ抽選会の会場としても使われる。 大階段・大屋根広場 地下2階から続く地下1階へと続く大階段と地上1階の大屋根広場は日本テレビタワーと汐留タワーの間にある公共空間。 大屋根広場からは『』でとが天気予報を伝えている。 汐留店 地下1階・2階にある店舗。 株式会社日本テレビサービスが運営し、日本テレビの番組やマスコットキャラクター等の各種グッズを販売している。 アンパンマンテラス 地下2階にある店舗。 のグッズを販売している。 子供向けのプレイコーナーも併設している。 2012年9月23日閉店。 地下2階にあったラーメン店。 日本テレビ開局50年企画として誕生した。 2011年8月末日閉店。 2in1 デンタルクリニック 日テレプラザ 地下1階にある歯科クリニック。 その他、各種飲食店(等)が出店している。 旧社屋との関係性について [ ] 2004年に日本テレビの本社機能はデジタル放送に対応するため、開局以来本社を置いていた千代田区二番町(通称:)から港区東新橋(通称:)に移転した。 しかし、移転後に本社機能・番組収録を全て旧社屋から新社屋にシフトしたTBSやフジテレビとは違い、日本テレビは2004年時点で麹町社屋がさほど老朽化していなかった事や、新社屋の敷地面積が他の在京民放の社屋より狭いことなどから、本社機能と報道・情報番組制作、一部のバラエティー番組制作が『日本テレビタワー』にシフトする一方で、バラエティ番組の多くが『』で2019年の稼働終了まで制作されていた。 2019年からは隣接地に建設した『日本テレビ番町スタジオ』での番組制作を始めている。 こうした機能分散の例は六本木ヒルズ社屋完成前の時代(アークヒルズのスタジオ建設や本社機能移転)などがある。 逆にBS日本とCS日本の本社・送出マスターが麹町にあった頃は『日本テレビタワー』で制作したBS・CSの番組は『麹町分室』に光ファイバー転送されてそれぞれのマスターを経由して放送されていた。 汐留・麹町間はスタッフ専用ので結ばれている(六本木再開発時代のテレビ朝日も同様)。 参照 [ ]• - (2016年3月5日アーカイブ分) 脚注 [ ]• 『僕がテレビ屋サトーです 名物ディレクター奮戦記』(著、)• スポーツニッポン 2017年5月29日• : ()、: 、、:()、:日テレ()• 2016年10月11日閲覧。 2016年10月11日閲覧。 2016年12月29日閲覧。 面積を含めた設備諸元は、雑誌「放送技術」2004年6月号及び7月号から一部引用。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

タコベル 日テレプラザ店 (TACO BELL)

汐留 日テレ 屋

概要 [ ] 再開発建築群の一角であり、世界的が基本構想を手掛けた。 施工は。 建物外部四隅に柱を露出させた理由は、容積率緩和措置を受けるため。 その他、地上2階の受付前フロアを自由通路とすることによっても容積率緩和措置を受けている。 建物の構造は上層と下層で分かれる。 下層はスタジオなど番組制作の機能が集中し、フレキシブルな構造で床を取り払っても支障がない。 スタジオの増築やオフィスへの転用も可能となっている。 これは、汐留への本社移転が決定した際に、当時日本テレビ社長だったが「 将来テレビ局という業種はなくなる。 その時のために新社屋は貸しビルにできるような構造にするべき」と提唱したためである。 上層はオフィスビルとなっているが、最上階にもスタジオがある。 なお、19階から24階は一般のテナントビルとして賃貸しており、19階には日テレグループ各社やNBCなど海外テレビ局の東京支局、20階から24階には過去に一般企業が入居していた。 現在はすべて日本テレビグループの企業が入居している。 実際、同系列の・(ytv)の東京支社が2009年11月にから日テレタワー20階に移転し、在阪準キー局の東京支社が在京キー局の本社に同居する唯一の形となった。 また、の系列局である(RNB)の東京支社も同じフロアに置かれている。 2014年3月にはBSデジタル局の本社が日テレタワー23階に移転した。 建設前の社屋敷地(跡地)では、『』・『』における長期ロケ企画のロケ地として使用されていた。 また、麹町からの移転直前には、『』の「」オープニングとスペシャル料理の選択権を決めるゲームも行われた。 前述したビルの構造上、の稼働率が非常に高いため、混雑時にはエレベーターの待ち時間が長くなるほか、場合によってはタレントと一般人が混乗することがあるという。 『』のフリートークでエレベーターへの不満を話題にしたところ、後日、日本テレビ総務局から番組宛にエレベーターに対する回答が寄せられた。 日本のの中でも32階と総階数が大きいビルである。 また、日テレ汐留移転を以って、在京民放キー局は5局全て港区に本社を構えるようになった。 スタジオ [ ] S1スタジオ(211坪)・S2スタジオ(138坪) 13階にあるスタジオ。 バラエティ・報道・情報番組向けの収録および生放送に対応。 『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』などで使われる。 『』や『』など大型番組の親サブとしても使用される。 スタジオ入り口のドアの色は、S1スタジオが赤、S2スタジオが黄。 S3スタジオ(148坪)・S4スタジオ(148坪) 9階にあるスタジオ。 報道・情報番組向けの生放送の帯番組などが使用。 生放送対応を前提としているため、HD収録機がS1・S2の様に常設されていない。 S3スタジオは『』(セット部分を『』でも使用)『』、『』、S4スタジオは『』、『』で使用。 スタジオ入り口のドアの色は、S3スタジオが青、S4スタジオが緑。 NEWSスタジオ(130坪) 5階にあるスタジオ(報道局と隣接)。 報道番組専用で『』(セット部分を『』でも使用)および『』で使用。 バーチャル設備にも対応していて(ニュースサブ1と3が対応)、隣接する報道フロアからも放送できる。 報道局フロア(約455坪) 5階にあるおよそ1500平方メートルという報道局フロアは「スタジオ」として設計されており、フロア内にはカメラや音声などのケーブルを接続できる端子板が壁面や床面など各所に設置されていて、放送も出来る。 "NNN"の大きなロゴが設置され、電飾されていたが東日本大震災後の電力事情によりしばらく消灯して対応した後、程なくしてロゴの上からオレンジのカラーリングが施された同じ形の"NNN"ロゴを張り付けていたが、2017年3月27日から再び電飾が復活している(震災前はロゴ自体が光る形だったが、2017年以降はロゴの周囲が光る形に変更された)。 東日本大震災前の電飾のカラーバリエーションは曜日ごとに変えられていて、月曜: ホワイト、火曜: イエロー、水曜: ライトブルー、木曜: グリーン、金曜: ピンク、土曜・日曜: ブルー、年始(主に元日): レッドと変化していたが、2017年3月27日の電飾復活後はホワイトに統一している。 また、2013年以降は日テレのロゴが変更されたことに合わせ、報道局フロアのロゴも「0テレ(0の中に斜め線)」に変更されている。 報道局フロア内には下記の番組制作・送出設備が備わっている。 ニュースサブ1(地上波ニュース用) ニューススタジオの駆動及び、報道局フロア内カメラ等の駆動• ニュースサブ2(専用) ニュースサブ1と2は相互補完機能を持たせており、どちらか一方に障害が発生した場合は、すぐに切り替えて運行を継続できる。 ニュースサブ3(素材送り用) 通常は系列局など外部からの素材を受けたり、NTVから各局への所謂を行うために特化した運用を行っているが、ミニニュースなど通常番組での対応も可能である。 麹町旧社屋でのEサブとFサブの相互補完機能を踏襲した運用形態となっている。 地上波用顔出しブース(ニュースサブ1 スペース内) 『』(週末版)、『スッキリ』『ヒルナンデス! 』『』(読売テレビ制作)のニュースコーナー、『』などで使用。 日テレNEWS24専用ブース(ニュースサブ2と隣接) 『NNNストレイトニュース』(平日版)でも使用。 この他に、天井移動カメラ(通称「レールカメラ」)も設置されている。 なお、報道局フロアにあるニュースサブの一連の更新工事が2016年度に行われていて、2016年7月31日から、ニュース2サブの機能である「日テレNEWS24」用のスタジオとマスター(主調整室)がSKYスタジオとサブ(副調整室)、それに、報道局フロアーに仮設されたスタジオで代替運用が始まり 、次いで、8月中に、地上波で放送されているニュース番組の送出ができるように、ニュース2サブにてその工事を行い、2016年9月5日から11月末まで、ニュース2サブにて、地上波で放送されるニュース番組の送出が行われ、そのニュース1サブから更新工事を行っていた。 11月28日から新ニュース1サブの運用開始し、ニュース2サブの更新工事が開始された。 また、ニュース3サブの運用が12月に開始している。 SVスタジオ(71坪) 13階にある。 (日テレはグリーンを使用)のホリゾントが常設され、『』などで使われていたが、中規模のスタジオとして普通にセットを組んで番組を収録する事も多々ある。 スタジオ入り口のドアの色は、紫。 SKY1スタジオ(31坪) SKY2スタジオ(31坪) 15階にあるスタジオ。 ガラス張りで、都心の眺望が特徴である事から、パノラマスタジオとも呼べる。 スポーツ中継や『』、『スーパースポーツマガジン』(BS日テレ)などで使用。 タワートップスタジオ 最上階、32階にあるスタジオ。 SKY1・SKY2スタジオと同じく一部がガラス張りになっていて、都心の眺望が特徴。 『』などで使用。 また、各メディア向けの記者会見の場に使われることもある。 マイスタジオ(92坪) 詳細は「」を参照 ゼロスタジオ(22坪) 社屋外の通路に隣接し、1階レベルにあるオープンスタジオ。 地下2階レベルから伸びる支柱で支える構造であり、浮かんでみえる。 通路に面していない三方面がガラス張り。 専用のサブはなく、マイスタジオのサブから駆動する。 当初はカメラやマイクなどの常設機材もなかったが、同スタジオをレギュラー使用する番組の立ち上げに伴い、常設機材を用意し現在に至っている。 『PON! 』終了時のセットもテーブル以外はすべて撤去され空の状態である。 では日本テレビアナウンサーによる番組などで使用された。 前述のマイスタジオ(サブ設備)から駆動する。 リモートサブ(1, 2) 8階にあり、外部からの中継を受けるための(サブ)のみの送出設備。 「リモート」という言葉には、中継車など外部で制作される番組を本社で 遠隔制御するという意味がある。 主にプロ野球中継、サッカー中継などスポーツ中継で使用している。 なお、制作・情報系で内部スタジオを使用しない場合は、S1〜S4の副調整室を使用することが多く、報道系で内部スタジオを使用しない場合はNEWS1サブを主に使用するとのことである。 スタジオ以外の施設 [ ] 大屋根広場 メディアセンター 7階にある放送の運行・送出を行うマスターコントロールルーム。 日本テレビの放送を支える中枢を担うセクション。 関東一円と全国のネットワーク各局、またBS日本・CS日本へも毎日の番組を送り出している。 送出VTR・番組サーバ・CMバンク・データ放送・文字字幕放送の送出設備を擁し運行・送出を行っている。 BS日テレの送出マスターもメディアセンターに設置されている。 また、OAデータ・APS Automatic Programming System の運行データ作成・変更を行う「放送進行」もキー局としての重要なセクションである。 回線センター(SDC・SOC・回線ブッキング) 生中継に欠かせない自営マイクロ回線(マイクロ基地局)の運用・保守、及び局内回線分配系の運用・保守、SNGの管制・運用・保守を行うセクション。 自営マイクロ回線の運用を行う「SDC」、SNG回線の管制・運用を行う「SOC」またNTT回線の運用を行う「回線ブッキング」の3つに運用セクションが分かれている。 汐留AX(SHIODOME-AX) 1階にあったオープンスタジオ、イベントスペース、。 日本テレビが運営していたライブハウスの姉妹版として、アイドルイベントやアーティストライブ、お笑いライブやトークショーなどに使われていた。 の期間中は連日アイドルイベントが開催されており、それ以外の期間でものように定期的に公演を行うグループがあった。 ステージ内容にもよるが、収容人員は200 - 400人程度。 元々「クリスタルホール」という名称で展示会やイベントが可能なスペースとしていた。 2007年、『』の開始と共に観客が中に入ることができる公開型のオープンスタジオ「テレビバ」に改修し、『』(第2部)でも使用され、外の通路から番組収録を見ることができた。 2010年に「汐留AX」に改められてからはテレビ番組の収録は殆ど行われず、2012年閉館。 その後は特に名称がつけられていないが、クリスタルホール時代と同様に不定期にイベントで使用されている。 日テレホール 2階にある、講演・会議やイベント展示などに使用される多目的ホール。 、番組収録にも対応。 全国大会組み合わせ抽選会の会場としても使われる。 大階段・大屋根広場 地下2階から続く地下1階へと続く大階段と地上1階の大屋根広場は日本テレビタワーと汐留タワーの間にある公共空間。 大屋根広場からは『』でとが天気予報を伝えている。 汐留店 地下1階・2階にある店舗。 株式会社日本テレビサービスが運営し、日本テレビの番組やマスコットキャラクター等の各種グッズを販売している。 アンパンマンテラス 地下2階にある店舗。 のグッズを販売している。 子供向けのプレイコーナーも併設している。 2012年9月23日閉店。 地下2階にあったラーメン店。 日本テレビ開局50年企画として誕生した。 2011年8月末日閉店。 2in1 デンタルクリニック 日テレプラザ 地下1階にある歯科クリニック。 その他、各種飲食店(等)が出店している。 旧社屋との関係性について [ ] 2004年に日本テレビの本社機能はデジタル放送に対応するため、開局以来本社を置いていた千代田区二番町(通称:)から港区東新橋(通称:)に移転した。 しかし、移転後に本社機能・番組収録を全て旧社屋から新社屋にシフトしたTBSやフジテレビとは違い、日本テレビは2004年時点で麹町社屋がさほど老朽化していなかった事や、新社屋の敷地面積が他の在京民放の社屋より狭いことなどから、本社機能と報道・情報番組制作、一部のバラエティー番組制作が『日本テレビタワー』にシフトする一方で、バラエティ番組の多くが『』で2019年の稼働終了まで制作されていた。 2019年からは隣接地に建設した『日本テレビ番町スタジオ』での番組制作を始めている。 こうした機能分散の例は六本木ヒルズ社屋完成前の時代(アークヒルズのスタジオ建設や本社機能移転)などがある。 逆にBS日本とCS日本の本社・送出マスターが麹町にあった頃は『日本テレビタワー』で制作したBS・CSの番組は『麹町分室』に光ファイバー転送されてそれぞれのマスターを経由して放送されていた。 汐留・麹町間はスタッフ専用ので結ばれている(六本木再開発時代のテレビ朝日も同様)。 参照 [ ]• - (2016年3月5日アーカイブ分) 脚注 [ ]• 『僕がテレビ屋サトーです 名物ディレクター奮戦記』(著、)• スポーツニッポン 2017年5月29日• : ()、: 、、:()、:日テレ()• 2016年10月11日閲覧。 2016年10月11日閲覧。 2016年12月29日閲覧。 面積を含めた設備諸元は、雑誌「放送技術」2004年6月号及び7月号から一部引用。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の