新潟 ハッテン。 新潟市のハッテン場(発展場)でノンケの方とご対面

一部スーパー銭湯“ハッテン場化”にゲイも激怒

新潟 ハッテン

首都圏で展開するスーパー銭湯チェーン店の某店の男子浴室で、迷惑行為が頻発していることを受け、同店が公式ホームページで男性利用客へ注意喚起している。 同店はホームページに「男子浴室や男子トイレにおいて迷惑行為を行った方に対し、当店では身分証の提示を求め出入禁止処置と致します。 場合によっては警察に通報致します」との警告文を掲載。 店内でも「浴室・トイレ等での迷惑行為撲滅 見かけた場合はお近くの従業員までお声かけください」と書かれたティッシュまで配布している。 系列の別店ではこうした警告はされていないが、迷惑行為とは、どのようなものなのか。 同店の担当者は本紙に「簡単に言うと、男性同士のお客様が浴室内でお互いの肌を触り合ったりするなど、過剰な触れ合いをされることがあるのです」と話す。 30代のゲイは「普通はヤリたくなったらゲイ専用のハッテン場に行くものだけど、一般の銭湯やスポーツクラブなんかを利用する一部のゲイもいる。 (ゲイでない)ノンケや、その気がなくてたまたまお風呂に入りにきたゲイに出くわすのが刺激的みたい」と話す。 ハッテン場となっている銭湯では、その場で気に入った者同士が湯船に漬かりながら手コキをしたり、トイレで性行為や口淫などが行われることもあるという。 同店では、泡を発生させる装置によって湯の中が外から見えない浴槽では、装置を午後7時以降は停止するなどしている。 このような銭湯を偶然利用したノンケ男性は「サウナで隣に来て密着されたり、体を洗っていたらかがみ込んで股間をのぞこうとしてきたりする男の人がいて嫌な思いをした」という。 前出のゲイは「公共の場での迷惑行為は同性愛へのマイナスイメージにしかならないし、偏見を助長させるだけから、ゲイにとっても迷惑」と話している。

次の

【地域別】ゲイとの出会い方・ハッテン場情報まとめ

新潟 ハッテン

概要 [ ] かつて、夜の公園は「」と呼ばれる男女のが愛を育む場所として知られていたが 、「発展場」はその版であるといえる。 かつては男性同性愛者にとって出会いの場は殆どなく、といわれる店はあっても男性が異性愛者に接客するバーが全国に数店舗ある程度だった。 そのためゲイ男性にとっては「出会いの場所」が必要とされ、自ずと発展場ができていった。 発展という通称が男性同性愛者に認知される以前は、単に「公園」といったり、1960年代頃は発展トイレを「事務所」 と呼んだ。 語源 [ ] 異性愛者の男性で、女性関係や酒場などでの交友関係が広く盛んな人を指して「発展家(はってんか)」と呼ぶが、「発展場」に使用される「発展(はってん)」の意味合いと共通点が指摘されている。 ただし「発展場」という語が同性愛者たちに浸透していく年代と、この「発展家」という語が広く使用されていった年代 が重なるため、どちらが先に使われたかは不明である。 なぜ「発展」が当てられたのかについても定かでない。 また面識のない相手と「性行為に"発展"する」「恋愛に "発展" する」が語源という説など諸説ある。 古い例ではゲイ専用ページがあった『風俗奇譚』の1963年の1月-12月号などに「全国ホモのハッテン場」という記述が確認できる。 その後「」、「」、「」など、1970年代に創刊されたゲイ雑誌を通じて「発展(ハッテン)場」の通称は全国の同性愛者に広まり、現在に至っているとされる。 歴史 [ ] 江戸時代 初期にはと呼ばれるゲイバーが既にあり 、同性愛男性たちが集まっていた。 その為、ゲイ同士で発展行為が行われるような場所もあったのではないかとの説もあるが未検証である。 - 初期 発展場という言葉は使われていないが、戦前もやなどがゲイ男性の出会いの場になっていたといわれ、遅くとも大正期には発展場は存在していた (それより前は未検証)。 一例として『一寸法師』(昭和2年)には、浅草公園に深夜屯するゲイが出てくる場面がある。 また戦前の一時期、上野公園に男娼が屯していたことで知られている。 直後 - 戦後直後から1960年代頃までは、出会いや発展の場といえば野外の公園やトイレ(事務所)、映画館の暗がりなどが中心で、東京では「の森」といわれたを始め、、最寄りの権田原という公園のような場所が有名だった。 権田原は二丁目にゲイタウンができる前頃は、都内で最も有名な発展場だった。 大阪では(の近く)が男娼の森と呼ばれた。 上野公園ではある夜、が見回ったら、男娼の一人に殴られたというエピソードがあり 、日比谷公園は相手を求めるゲイで夜ごと賑わい、本部()に近かったこともあり、中には米軍人もいた。 また各地には発展できる映画館もでき始めていた。 違法性やゲイ討伐事件多発で減少へ [ ] 夜の公園やトイレ、海辺、映画館、公衆浴場、大きな鉄道駅やその近くの大型商業施設のトイレなどで発展行為が行われることがある。 発展場とされている公園などで、相手を求めに来ていると思われるゲイ男性同士で声をかけ、互いにタイプなら合意の上で性行為に及ぶ。 家やホテルに行くこともあるが、トイレや木陰などで性行為に及ぶこともある。 しかし近年は、近隣への迷惑なども考え、発展行為が行われないよう対策が講じられている場合も多い。 例えば、発展が多いとされている場所では、夜間でも照明を点灯する、公衆トイレを閉鎖する、の巡回を増やす、警告の張り紙を張るなどして発展行為の禁止が呼び掛けられていることがある。 に位置する(元庭園)の再整備にあたっては、不審者対策として公園全体の樹木や工作物を死角になりにくいよう疎に配置する、園路を減らす などの対策がとられた 路上生活者対策も含まれる。 公衆浴場は、一般的な入場規則として「他のお客様のご迷惑になる行為」を禁止している場合が多く、公然わいせつ行為を行わないとしても強制退店になったり、悪質な場合刑事罰の対象となることがある。 一部の異性愛者向け公衆浴場は、店員がやらせでゲイに近づき、わざと手を出させて追い出しているところもある(おとりホモ作戦)。 下節で触れる発展場でゲイを討伐する事件が相次いでいることや、室内発展場の増加、などの出会いツールの普及などで出会いが比較的容易になったこともあり、野外や公共の場での発展行為は減少傾向にある。 またゲイ狩りが相次いだこともあり、近年のゲイ雑誌は野外や公共の場における発展行為をしないように、呼びかけることもある。 ゲイ・バッシング [ ] 発展場に集まるゲイが狩りの対象になったり、ゲイを狙った虐待事件もしばしば起きている。 例えば、発展場として知られている公園へ来る男性が、露出度の高い格好をするなど、特に見分けがつくような身なりでもないのに、手当たり次第に少年グループに襲撃され現金を奪われるといった「ホモ狩り」事件や、撲殺事件も起きている。 過去にあった「芦花公園」で男性同性愛者が太ももをナイフで刺され殺害された殺人事件 は、犯人が逮捕され一応の解決を見たが、強盗殺人より罪状の軽い暴走族同士の抗争における「人違い殺人」として処理された。 こうした事件に男性同性愛者、あるいは同性愛者ではない通りすがりの男性が遭遇することは、過去に「」と呼ばれた男女のカップルが、夜の公園などで強盗事件や殺人事件の被害者となったことと似た現象だといえる。 そうした発展場を巡る経緯から、近年は公共の場所での発展行為は減少傾向にあるといわれ、各団体などは自分の身を守るため、公共の場での発展行為を自制するように呼びかけている。 出典 [ ] []• 日本映画『』 1958年 に「女性方面にご発展で」という台詞がある。 「風俗奇譚」(1963年12月号)「全国ホモのハッテン場:週刊誌に紹介された横浜の事務所」など。 オトコノコのためのボーイフレンド」(1986年、少年社)P58。 「同性愛と同性心中の研究」(1985年. 小峰研究所. 小峰茂之・南孝夫共著)「同性愛の一類型(男娼)について:戦前の一時期上野公園に屯した男娼群の観察を通して」• 『都会ロマン』「旭町の男娼・大阪男娼の森を訪ねて」(、1949年)。 この他、上野に限らず、男娼が米兵から強奪被害に遭う(読売新聞「米兵 男娼から強奪」1953年7月2日)、16歳の少年に男娼が殺される(読売新聞「十六少年の凶刃 "夜の男"を殺して高校生自首」1951年1月6日)、米兵が男娼に切り付けられる(「米軍属 男娼に切らる」読売新聞1953年11月12日)といったことも起きていた。 Badi1997年4月号「WALKIN Badi 26 名古屋PART2」。 「薔薇族」2001年2月号。 関連項目 [ ]• - での発展行為とそれを取り締まる刑事と彼によるゲイバッシングを扱ったの漫画。 - 公園での発展行為を扱った山川純一の漫画。

次の

ゲイにとって“ハッテン場”はどんな意味を持つのか。社会学者、石田仁さんに聞く

新潟 ハッテン

発展場 ハッテン場 って何? 意味・場所は? 男性同性愛者の出会いの場。 主に 公共施設 公園、駐車場、サウナ、映画館等 を指す場合が多い。 掲示板での募集や長年利用されている隠れスポットに口コミで集客されるケースが多い。 またマンションの個室や、ホテル、バー施設の一室で行われる 有料型のハッテン場も存在する。 有料版の場合は用途と様々で、 寝る為だけの入室、 他人の行為を鑑賞する目的、 複数で行為に及ぶ目的等多岐に渡ります。 こちらも口コミ等の情報でのみたどり着ける傾向が高い。 MEMO 暗黙のルールなので無視しても恨まれる事はありません。 またローカルルールかもしれませんが、 ロッカーキーを付ける位置で、タチかネコかを判断する形式も存在するとの事。 ゴムちゃん常備 有料の場所では用意されている事が多いですが、外ではもちろん用意されていないのでリスクヘッジの為 数枚持っておく事をオススメします。 ハッテン場の持ち物 基本は 手ぶらでOKと言われていますが、 施設によっては、 ゴムがない場所だったり、 ローションが有料のところもあるようです。 さらに不特定多数が利用する為、 衛生的に気がすすまない事もあるでしょう。 なので 屋内、屋外問わず用意するに越した事はないです! 使わなければバックに入れておけばいいので、 持っていくだけで安心出来きます。 コンドーム 感染リスクの高いバックプレイでは必須です。 用意されてる場所が多いですが、 万が一を考えましょう。 便秘にも使えるのでストックもありです。 タオル もう汗やらよく分からない汁が飛び跳ねるので、 タオル持参した方が安心です。 衛生面でも 自分が用意したタオルの方が気持ち良く顔を拭けますよね? 体調や 対戦回数によってはアレの 元気が出ない事が絶対あります! 元気が出ないと 雰囲気もムードも全てぶち壊しになります。。。 僕も女の子と対戦の際、疲れで元気が出ず めちゃくちゃ気まずい空間を作り上げた過去があります。

次の