香川照之 父親。 香川照之の新彼女は永作博美似のホステス?画像や名前や年齢、再婚は?

香川照之(父親との復縁、歌舞伎、そして離婚)

香川照之 父親

確執あった父名義の豪邸生活、新しいパートナーの女性は? 昨年4月、都内の閑静な住宅街に新築された3階建ての一戸建てがある。 外壁はコンクリートの打ちっ放しで、外からは表札も郵便ポストも見えない。 それゆえに、玄関前の防犯カメラの存在感が際立つ。 訪れる者どころか仰ぎ見る者すら拒むようなその無機質な家の所有者は、歌舞伎俳優の市川猿翁(80才)だ。 土地の広さは約250平方メートルで建物は300平方メートル超。 相場で3億円は下らない新邸だ。 隠居名を襲名して早8年、傘寿を迎えるなかで、終の棲家として大豪邸を建てたのだろうか。 「昨年の夏だったかな、引っ越しのご挨拶に来たかたはいましたが、猿翁さんではありませんでした。 猿翁さんを見かけたことは一度もありませんね」 と語るのは、近隣住民。 誰が挨拶に来たのかと聞けば、 「息子のさん(54才)ですよ。 だいぶ年下のおきれいな女性と一緒にお2人でね。 再婚されたのかなという印象で、女性は半歩後ろで楚々とした雰囲気で立っていたのを覚えています。 昔は、向こう三軒両隣と言ったけれど、そういった風習を大事にしているしっかりとしたお2人だなと思いましたね」(近隣住民) 香川は1995年に国際線の客室乗務員だったA子さんと結婚し、2004年に長男、その後、長女にも恵まれた。 長男の團子くん(16才)とともに、香川が市川中車を襲名して梨園の世界に入ったのは2011年のことだった。 「それがA子さんの大きな負担になりました。 彼女は梨園とは無縁な人。 團子くんの梨園入りには賛成だったが、香川さんの梨園入りには反対でした。 それをよそに、香川さんはA子さんに事後報告で梨園入り。 歌舞伎役者の妻の仕事は多岐にわたり、心労も絶えない。 『私にこんな仕打ちをする人が、一門のことを考えてやっていけるとは思えない』とショックを受けていたのをいまでも覚えています。 この頃から徐々に2人の関係には亀裂が入っていったのです」(梨園関係者) 21年間連れ添った夫婦は2年の別居の末、2016年に離婚。 2人の子供は妻が育てることになった。 その後に香川が親しくなったのが、銀座のクラブでホステスとして働く女性、B子さん。 2018年9月には、香川の自宅に足繁く通うB子さんの姿が報じられている。 ただ、件の新築の豪邸については、梨園関係者の間でも知る人は少ない。 「猿翁さん名義の豪邸ですが、ご本人はだいぶ離れた地域のマンションに住んでいます。 健康状態は良好ですが、足が弱っているので車椅子で移動されることが多い。 3階建ての一戸建てにいまさら引っ越すなんてあり得ませんよ。 しかし、中車さんがそこに住むなんて不思議な話です。 あそこの親子の確執は燃えさかっては消え、消えてはまた燃える、因縁の強い2人ですからね」(別の梨園関係者) 恩讐の彼方にありがとう 猿翁と女優の浜木綿子(84才)が結婚したのは1965年。 その年の12月に香川が生まれた。 しかし、香川が1才のときに猿翁は舞踊家・藤間紫と駆け落ち同然の暮らしを始め、しばらくして離婚。 香川は、女手一つで育てられた。 「香川さんは物心がついてから、『自分は父に捨てられた』という思いを強く持った。 しかし、歌舞伎への道を望み始め、25才のときに猿翁さんに会いに行くのですが、『あなたは息子ではありません。 今後あなたとは二度と会わない』と、拒絶されている。 その後、長い時間を経て、紫さんの仲介や、團子くんの誕生などもあり、親子関係に雪解けの兆しが見え始めたのです」(舞台関係者) 團子くんの本名は政明。 「政」は代々、澤瀉屋の長男に受け継がれてきた文字だ。 それを息子に付けたのは、團子くんには生まれながらに歌舞伎の道に進ませたいという決意の表れでしょう。 猿翁さんにとっても、約150年続く偉大な名跡である猿之助を絶やすわけにはいかないという思いもあり、利害が一致したのでしょう」(前出・舞台関係者) 2011年9月、45年間親子関係を築けなかった2人が歴史的雪解けを発表。 猿翁は、前妻の浜に「恩讐の彼方にありがとう」とスピーチした。 親子が共同代表を務める事務所を設立し、親子三世代で同居を始めたことも明らかにした。 「しかし、同居していた期間はほんのわずかでしたよ」と美談で終わらせないのは、前出の梨園関係者。 「猿翁さんが香川さんとの生活に煩わしさを感じて飛び出したんです。 その後、しばらくはホテル住まいをして香川さんから距離を取っていましたが、いまも住んでいるマンションに落ち着いたんです。 香川さんとこの年になって一緒に住むということはあり得ないですよ。 猿翁さんは一時期より肉付きもよくなって、元気なのに一緒に暮らしたりなんかしたら卒倒しちゃうでしょう」 では、豪邸はなんのため? つらく当たってもなお、歌舞伎の道にしがみつき続けてくれた長男への贖罪の思いか。 それとも、もっと現実的な話、相続税対策なのだろうか。 税理士の西津陵史さんは、こんな見立てをする。 「相続税対策の可能性は考えられます。 猿翁さんがこの土地を購入したのと同じ日に、この土地を担保にして、猿翁さんと香川さんの事務所が2億円の根抵当権を設定しています。 これは会社の価値を下げる行為ですが、そうすることで相続税の圧縮を試みた可能性があります。 また、土地の広さが今回のような場合、諸条件が満たされれば、相続の際に家の評価額を最大で8割引き下げることができます。 これはかなりの節税効果になります」 一昨年にはアパレル会社を起業し、起業家としての一面も見せる香川にとって、財テクはお手の物ということか。 ただ、その家の魅力は資産価値だけではなさそうだ。 「新築の豪邸には、お稽古場も作っていて、稽古はもちろん、歌舞伎の映像資料を見ながらの勉強もできます。 團子くんもA子さんの家から足繁く通っているそうですよ」(前出・別の梨園関係者) しかし、團子くんが通う祖父の新邸には、香川とともに引っ越しの挨拶をした女性が同居している。 稽古場は父と女性の新居でもあるのだ。 「團子も、もう16才ですからね。 父親とは、仕事でつきあうときとプライベートで向き合うときとで距離感を変える努力はしています。 豪邸ゆえ稽古場は、生活スペースと離れた場所にあり、女性とは顔を合わせずに済むような配慮もされていると聞いています」(前出・別の梨園関係者) 6月下旬、霧雨吹き付ける梅雨寒のなか、團子くんを乗せた香川の車が自宅に戻ってきたところで、同居する女性について話を聞いた。 「新しいパートナーなんていませんから! 最初の記事が出された時点で終わった関係です。 もう何も関係なくなってます。 引っ越しの挨拶のときにはいた? それはいろいろありますから」 猿翁名義の家に香川が住む理由を聞いても、「ここは父の家ですが、それはいろいろと体調もありますし」と、歯切れが悪い答えを残し、日本舞踊の先生が待つ稽古場へと入っていった。 恩讐の彼方には何が遺るのだろうか。

次の

「うるせえカマキリ!」香川照之、息子・市川團子の暴言に大ショック

香川照之 父親

今回は、俳優の香川照之さんをクローズアップします。 俳優・香川照之は名バイプレイヤーであり、歌舞伎役者・九代目 市川中車(くだいめ いちかわ ちゅうしゃ)でもあります。 どちらか一つでもモノにするのは非常に難しいのに二足のわらじを履いています。 また、東大卒の「頭いい人」であり、ボクシングの解説者であり、昆虫について熱く語る「カマキリ先生」であり、アランチヲネ株式会社を経営する実業家でもあります。 こんなにたくさん極めているっていったいどんな人なのでしょうか。 やることなすことすべてが人並み以上の活躍ぶりです。 ただし、そんな香川さんでも、家族関係には複雑なものがあるようです。 二代目市川猿翁の息子であり、浜木綿子の息子であり、五代目市川團子の父であり、元キャビン・アテンダントの女性と結婚しましたが、離婚したことが報道されています。 いろんな顔を持つ香川さんの実像について、見てみました。 目次 プロフィール 名バイプレーヤー・香川照之とは 歌舞伎役者・九代目市川中車とは 複雑な家族との関係は? 目次• 二代目市川猿翁と浜木綿子の息子として、芸能一家に生まれますが、1968年(3歳)に両親が離婚、以降父親とは長く断絶が続きます。 1988年(23歳)東京大学文学部社会心理学科を卒業。 「親の七光り」で 俳優になることを決意したそうですが、ここからすでに「家族」への思いが複雑に存在しているように見受けます。 1989年(24歳)、大河ドラマ『春日局』で俳優としてのキャリアをスタート。 1995年(30歳)、元・日本航空のキャビンアテンダントの女性と結婚します。 2011年(46歳)、歌舞伎の世界に飛びこみ、九代目市川中車を襲名、「俳優・香川照之」と「 歌舞伎役者・市川中車」の二つの世界を歩むことになります。 ボクシングの熱狂的なファンであり、雑誌『ボクシング・マガジン』に連載を持ち、解説者としても活動。 2011年の映画『あしたのジョー』で丹下段平役を好演した際は感慨深かったようです。 大の 昆虫マニア。 カマキリの着ぐるみ姿で教育テレビでの番組化を熱望し、みごと『香川照之の昆虫すごいぜ! 』に主演。 「カマキリ先生」として昆虫の世界を熱く解説しています。 ちなみに着ぐるみは「メスのカマキリ」なので、「『お母さん』と呼びなさい」とのことです。 2018年には、 会社アランチヲネを設立。 昆虫のイラストを使ったアパレルなどの事業を起こしています。 名バイプレーヤー・香川照之とは 大河ドラマだけでも6作に出演している香川さんですが、私が遅まきながら香川さんを初めてじっくり見たのは、2009年の映画 『カイジ 人生逆転ゲーム』での利根川幸雄役でした。 大人気漫画の実写映画化として、すでにファンの間には明確なビジュアルがあったわけですが、香川さん演じる利根川は、原作とは見た目が違うけれど間違いなく利根川!という「蛇」のオーラをみごとにまとっていたのを覚えています。 映画の後半に登場するギャンブル「Eカード」では、狂気の沙汰を怪演され、原作ファンををも圧倒しましたが、メイキングシーンでは撮影の合間に「Eカード、もうやらん! 絶対やらん!」と宣言?されており、たいへんな演技だったようです。 ドラマでは、2013年の 『半沢直樹』で演じた、主人公に敵対する大和田常務役が白眉でしょう。 最後に渾身の土下座シーンをこれまた怪演され、変幻自在の表情とともに、なんだかただならぬ演技のできる怖い名バイプレーヤーぶりを世にしらしめました。 映画、ドラマに八面六臂の出演をこなされ、2017年までには国内外の各賞で助演男優賞を26個、主演男優賞も2つ受賞と、俳優として輝かしい業績を積んでおり、まちがいなく現代の名優と言える方でしょう。 歌舞伎役者・九代目市川中車とは 2011年(45歳)の時に、歌舞伎の世界に入り、九代目市川中車(くだいめ・いちかわ・ちゅうしゃ)を襲名した香川さん。 お父さんが歌舞伎役者・二代目市川猿翁であることから表面的には父親の跡を継いだことになります。 2018年(53歳)には、市川中車として第34回浅草芸能大賞奨励賞を受賞しており、その実力は折り紙つきですが、歌舞伎の世界に入ることは、決して平たんな道ではなかったようです。 複雑な家族との関係は? 両親の離婚後、幼少期から父・猿翁とは関係が断絶していた香川さんですが、1990年 25歳)に、猿翁の元を訪ねたことがあったそうです。 しかしその時は「息子でも父親でもない」と辛い言葉をかけられたとか。 これはそうとうに哀しい経験だったのではないかと思います。 その後、20年を経て歌舞伎の世界に入られた香川さんの胸中には、長く続いている歌舞伎界の血のつながりの中に自分も入りたいという思いがあったのかもしれません。 2004年(39歳)に授かったご長男・政明くんの誕生も、歌舞伎界入りへの大きなきっかけであったそうです。 両親の離婚による断絶を、父と自分と息子という世代のつながりとして回復し、歌舞伎の世界の中に生かしたかったのではないでしょうか。 父親と、父親の背負っている歌舞伎の歴史から切り離されてしまったこと、「息子でも父親でもない」と冷たく拒絶されたことが、いっそう血のつながり、歴史のつながりを強固に求めた結果に見える気がします。 ただし、その選択は、香川さんの結婚生活に離婚という結果をもたらしてしまったと言われています。 歌舞伎界では、役者の妻は、内助の功としての働きを強く求められます。 香川さんが歌舞伎役者の道を選んだことが、自動的に奥さんの仕事をも大きく変えてしまったということになります。 憶測の域ではありますが、元キャビンアテンダントという自立した女性にとって、古い慣習に引き込まれ、自分を変えねばならなかったことが重荷になり、それが離婚に至った原因ではないかという推察は、当たらずとも遠からじという気がします。 夫に従い、夫を立てて、古い伝統の中で強固なしきたりに従う生活は、なかなか難しいものがあったのでしょう。 また、香川さんのみならず、息子さんもまた歌舞伎界に入っていることを考えると、香川さんの決断が、結果的に妻と子両方の人生まで規定してしまったように思えます。 血のつながりは同時に家のつながりでもあった、その結果が離婚であったとすれば、それはひとつのつながりを得て、ひとつのつながりを失った、そんなふうに見える気がするのです。 まとめ 香川さんのキャリアどれもすでに十分すぎるほど輝かしいものです。 普通の人は努力してやっと一つ掴めるかどうかというところを、香川さんはいくつも得ています。 それでもさらに血のつながりをも求めた、というところに、拒絶され、のちに和解を得たというお父さんとの関係の影が色濃くあるようにみえてしまうのは、無責任な想像かもしれませんが、今回強く感じたところです。 一観客として、香川照之/市川中車をドライに楽しめばいいのかもしれませんが、ちょっと切なくもなった次第です。 以上、香川照之さんのご紹介と無粋な想像でした。

次の

香川照之

香川照之 父親

香川 照之は、日本の俳優、歌舞伎役者、及びボクシング解説者。 東京都出身。 身長171cm、血液型はAB型。 東京大学文学部社会心理学科卒。 名跡「市川中車」の当代、九代目 市川中車を名乗る。 屋号は澤瀉屋。 定紋は大割牡丹、替紋は片羽車。 コムスシフトを経て、ロータス・ルーツ所属。 : 1965年12月7日 51歳 : : 1995年から : 、 : 香川照之さんの数奇な運命に迫る 香川さん両親が有名な歌舞伎役者と元宝塚の女優さん、本人が若くして両親が離婚、母親一人に育てられています。 東京大学出身でそこから俳優の道へ。 俳優として演技力を評価され次々と注目作品に出演されています。 ご長男誕生を契機に歌舞伎界に復帰、現在はお父様の指導の元歌舞伎役者としても活躍。 ここ最近奥さんと離婚され注目されています。 香川さんの宿命の特徴は龍高星、この星は体験学習の星、自分の身体を使ってどんどん学びたい、習得したい方です。 そしてその星を支える従星は天胡星(病人の星)と天恍星(希望の星)どちらも感性の星です。 香川さんは習得したい、学びたいという欲と独自の感覚を武器に精力的に活躍されていると思います。 幼少期の場所に貫索星が輝きます。 この星は仕事の星、自己確立の星、マイペースの星です。 若いころから大人びた行動をとれます。 東京大学に入学、そして役者への道へとマイペースです。 香川さんは辰巳天中殺の方、ご両親が離婚していなければそのまま歌舞伎の世界に入ることになっていたはずですが離婚したためその必要がなくなりました。 辰巳天中殺は家系からはみ出すことが重要な天中殺、家系に縛られなくてよいのです。 幼少期の両親の離婚は陰転しません、ただし生年中殺がありますから逆に親を意識する方向に行きます。 歌舞伎の世界に復帰するのもその部分かもしれません。 (龍高星の体験欲の方が上でしょうが) 香川さんは大運が1歳運の方、年齢が11、21,31、と1の年で大きく運勢が変わります。 陽占でも仕事の場所は二つとも司禄星ですから仕事においては堅実に結果を積み上げた人です。 堅実に人気を得ることが経済的にも精神的にも満足出来ると星がでています。 しかし仕事で結果が出れば出るほどに(司禄星が稼働)中心星の龍高星をいじめます(土剋水)、要は成功すればするほどに体験学習の星がいじめられてうずきます。 欲求不満に。 ここ最近奥さんと離婚されました。 香川さんは本人が水の星龍高星、そして奥さんが座る場所が鳳閣星(火の星)です。 力関係として水剋火で自分の方が強い関係であり、香川さんが奥さんをいじめる、もしくはいじめやすい関係です。 この場合現実的にも奥さんに対し小言がうるさくなったり高圧的であったりします。 そしてそれが度を超すと関係が壊れます。 守護神をみますと丙(太陽)です。 香川さんは乙(花)ですから自己表現する(調舒星を稼働)することで運気が安定します。 彼は表現しながら(運気を上げながら)体験(龍高星)したい人なのです。 香川照之さんの能力分布(行動領域) 香川さんの行動領域をみますと、下に三角形が集中しています。 このように三角形が南方に集中する方は精神世界よりも現実世界向きと判断します。 現実的な行動で欲求を満たしていく方です。 中心は本人の性格(パワー) 香川さんは陽占で龍高星(中心)と鳳閣星(西)の水と火の葛藤を持っています。 この葛藤は算命学上最も激しい葛藤と呼ばれておりこの葛藤を持つ方は精神的に穏やかではいられません。 ところがこの葛藤はあらゆるひらめき、アイデアを生みだします。 葛藤が頭を研ぎ澄まし芸術面などでの爆発、才能発揮に繋がるのです。 ですがこの葛藤を人体図の場所でみれば香川さんの場合は奥さんとの葛藤、そしてプライベートの場所になりますので。 家庭内は穏やかにはいかなくなります。 香川照之さんの行動領域 宿命の注意点(生年中殺と辰巳天中殺) 香川さんは家系をはみだすことで陽転するはみ出し運、辰巳天中殺です。 幼少期から家系の影響をあまり受けず早くから独立することで運気が安定、開運しやすくなります。 現実的に逞しく生きることが重要なのです。 ところがここに生年中殺が加わりますと逆に家系を強く意識します。 本来は生年中殺を持つ方は家系から出ることが自然なのですが辰巳天中殺と合わさること意味が逆転します。 結果家系に縛られやすくなるのです。 香川さんは両親が離婚した後もお父さんを強く意識していました。 今回の歌舞伎復帰はこの仕組みが影響しているはずです。 香川さんの性格を表す人体図中心の星(龍高星)は改革の星、革命の星とも呼ばれます。 この星は多くの情報や文化、あらゆる要素を身体を使って吸収したい、体験したいと欲する星です。 この星を所有する方は自分で動いて吸収します。 そして吸収したことを自分の中でミックスし新しい物に作り変えていきます。 革命の星といわれる由縁です。 この星が陰転(悪い方にでる)しますとなんでもぶち壊したくなります。 今まで築いてきたもの(仕事や家庭)を安易に壊しやすくなるのです。 改革、革命が悪い方にでます。 注意が必要です。 健康面での注意点(子ー未の害) 香川さんは子ー未の「害」を持ちます。 「害」は魂が求める行動と、現実の行動の食い違いが生まれ、そのストレスが身体に出やすくなります。 香川さんは子ー未の「害」(北方水地の害)を持つため「膀胱」に症状が出やすいと言われています。

次の