子供 赤い発疹 熱なし かゆみなし 顔。 顔の発疹:医師が考える原因と対処法|症状辞典

皮膚の赤い斑点は病気?かゆみがあるなしでの7つの原因と対処法!

子供 赤い発疹 熱なし かゆみなし 顔

顔には皮脂腺や汗腺などの分泌腺が数多くあるほか、日光や化粧品などの刺激を受けやすいため、トラブルが起きやすい部位だと言えます。 また、気になって手で触れやすい部位でもあるため、症状が長引いたり繰り返し起こったりすることもあります。 特に、顔にはができることがあり、さまざまな原因が考えられます。 白い小さなが赤いに変化した• シャンプーや化粧品を変えてから肌の調子が悪い• ぴりぴりとした痛みがあった部位に、赤いや水ぶくれができてきた これらの症状が見られた場合、原因としてどのようなものが考えられるでしょうか。 顔に発疹が現れる病気 顔には皮脂腺や汗腺などが数多く存在しているため、が起きやすい部位だと言えます。 比較的頻度が高い病気の場合もあれば、注意が必要な病気の症状である場合もあります。 よくある顔の発疹 顔の発疹は、以下のような比較的よくある病気が原因のことがあります。 尋常性ざ瘡(にきび) いわゆる「」のことです。 毛穴に皮脂が溜まってできたを「白」、白にアクネ菌が感染して炎症反応が起こった状態を「赤」と呼びます。 症状の進行に応じて皮膚の隆起や赤みを生じ、重症化すると皮膚の陥没や色素沈着を起こすこともあります。 受診の目安とポイント 顔の発疹は比較的よく起こる症状であるために、わざわざ病院にいかなくても、見過ごしてしまうことも多い症状です。 しかし、中には重大な病気によって引き起こされている場合もあるほか、適切に処置をしなければ顔にあとが残ってしまう原因にもなりかねません。 特に、顔の発疹に出血や膿がみられる場合、顔以外の広い範囲にがみられる場合、皮膚症状のほかに気になる症状がある場合はなるべく早めに病院を受診しましょう。 受診に適した診療科は皮膚科ですが、小児の場合はかかりつけの小児科でも診てもらうことができます。 受診の際には、いつから皮膚の症状が現れたのか、ほかに症状はあるのか、現在治療中の病気はあるのかなどを詳しく医師に説明するのがポイントです。 皮膚の症状以外にも気になる症状がある場合には、医師に伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 顔の発疹は、日常生活上の好ましくない習慣が原因で引き起こされることがあります。 原因となる主な習慣とそれぞれの対処法は以下の通りです。 肌の乾燥 肌の乾燥は皮膚のバリア機能を低下させてが起こる原因となります。 保湿の不足や暖房などによる部屋の乾燥のほか、過度な洗顔も皮膚の皮脂を洗い流し、乾燥の原因となります。 乾燥を防ぐには 洗顔後は化粧水やクリームなどでしっかりと保湿をするようにしましょう。 暖房を使用する際は加湿器を使用するなど、部屋の湿度を十分に保つようにしましょう。 洗顔するときは過度に洗いすぎないように気を付け、熱いお湯での洗顔は避けるようにしましょう。 化粧品や洗顔料 化粧品や洗顔料が自分の肌に合っていない場合、の原因となりが現れることがあります。 また、洗浄が不十分だと毛穴に汚れが溜まり、の原因となることがあります。 発疹が出たら の原因となっていることが疑われる製品の使用を中止し、様子を見るようにしましょう。 使用を中止しても症状がよくならない場合は、製品を持参して医療機関を受診するようにしましょう。 よくならないときには 日常生活上の対処法を講じても顔の発疹が改善しない場合は、思わぬ病気が潜んでいる可能性があります。 軽く考えずに、なるべく早めに病院を受診して検査・治療を受けるようにしましょう。

次の

顔・腕・足・手・お腹・背中などのかゆくない湿疹の原因は?

子供 赤い発疹 熱なし かゆみなし 顔

顔には皮脂腺や汗腺などの分泌腺が数多くあるほか、日光や化粧品などの刺激を受けやすいため、トラブルが起きやすい部位だと言えます。 また、気になって手で触れやすい部位でもあるため、症状が長引いたり繰り返し起こったりすることもあります。 特に、顔にはができることがあり、さまざまな原因が考えられます。 白い小さなが赤いに変化した• シャンプーや化粧品を変えてから肌の調子が悪い• ぴりぴりとした痛みがあった部位に、赤いや水ぶくれができてきた これらの症状が見られた場合、原因としてどのようなものが考えられるでしょうか。 顔に発疹が現れる病気 顔には皮脂腺や汗腺などが数多く存在しているため、が起きやすい部位だと言えます。 比較的頻度が高い病気の場合もあれば、注意が必要な病気の症状である場合もあります。 よくある顔の発疹 顔の発疹は、以下のような比較的よくある病気が原因のことがあります。 尋常性ざ瘡(にきび) いわゆる「」のことです。 毛穴に皮脂が溜まってできたを「白」、白にアクネ菌が感染して炎症反応が起こった状態を「赤」と呼びます。 症状の進行に応じて皮膚の隆起や赤みを生じ、重症化すると皮膚の陥没や色素沈着を起こすこともあります。 受診の目安とポイント 顔の発疹は比較的よく起こる症状であるために、わざわざ病院にいかなくても、見過ごしてしまうことも多い症状です。 しかし、中には重大な病気によって引き起こされている場合もあるほか、適切に処置をしなければ顔にあとが残ってしまう原因にもなりかねません。 特に、顔の発疹に出血や膿がみられる場合、顔以外の広い範囲にがみられる場合、皮膚症状のほかに気になる症状がある場合はなるべく早めに病院を受診しましょう。 受診に適した診療科は皮膚科ですが、小児の場合はかかりつけの小児科でも診てもらうことができます。 受診の際には、いつから皮膚の症状が現れたのか、ほかに症状はあるのか、現在治療中の病気はあるのかなどを詳しく医師に説明するのがポイントです。 皮膚の症状以外にも気になる症状がある場合には、医師に伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 顔の発疹は、日常生活上の好ましくない習慣が原因で引き起こされることがあります。 原因となる主な習慣とそれぞれの対処法は以下の通りです。 肌の乾燥 肌の乾燥は皮膚のバリア機能を低下させてが起こる原因となります。 保湿の不足や暖房などによる部屋の乾燥のほか、過度な洗顔も皮膚の皮脂を洗い流し、乾燥の原因となります。 乾燥を防ぐには 洗顔後は化粧水やクリームなどでしっかりと保湿をするようにしましょう。 暖房を使用する際は加湿器を使用するなど、部屋の湿度を十分に保つようにしましょう。 洗顔するときは過度に洗いすぎないように気を付け、熱いお湯での洗顔は避けるようにしましょう。 化粧品や洗顔料 化粧品や洗顔料が自分の肌に合っていない場合、の原因となりが現れることがあります。 また、洗浄が不十分だと毛穴に汚れが溜まり、の原因となることがあります。 発疹が出たら の原因となっていることが疑われる製品の使用を中止し、様子を見るようにしましょう。 使用を中止しても症状がよくならない場合は、製品を持参して医療機関を受診するようにしましょう。 よくならないときには 日常生活上の対処法を講じても顔の発疹が改善しない場合は、思わぬ病気が潜んでいる可能性があります。 軽く考えずに、なるべく早めに病院を受診して検査・治療を受けるようにしましょう。

次の

子供に発疹・湿疹・蕁麻疹が出てるのにかゆみ・熱なし!原因と対策は?

子供 赤い発疹 熱なし かゆみなし 顔

ジベルばら色粃糠疹 ジベルばらいろひこうしん 薄いバラ色の斑点がお腹を中心とした皮膚に表れるのが、「ジベルばら色粃糠疹」です。 聞きなれないこの病気は、働き盛りの20~30代を中心として発症するという特徴がありま ジベルばら色粃糠疹の症状 「ジベルばら色粃糠疹」になると、始めは体幹部を中心として2センチほどのやや大きめの発疹が出現します。 最初の発疹から1週間ほどが経過したころには、小さな楕円形の発疹が胴体の一定方向に向かって広がっていくという特徴的な症状が見られるようになります。 発疹は次第に大きくなり赤みを増し、時間が経つと発疹の中央部が褐色になり爛れていきます。 この際に痒みを感じる人もいるようですが、痒みが出るかどうか、またその強さにも個人差があるようです。 ジベルばら色粃糠疹の原因 この病気の原因は、未だに特定されていません。 但し、他者に直接感染させてしまうということはないので、日常生活の上で感染について気を付ける必要はありません。 ジベルばら色粃糠疹の対処法 この病気は原因もはっきりとしていないため、治療薬も存在していません。 また、多くの場合は自然治癒していくことから、病院での治療は必要がない場合が多いようです。 但し、皮膚の症状が強い場合には皮膚科を受診し、適切な治療を行ってもらいましょう。 帯状疱疹 大人にとって一番恐ろしい皮膚の病気と言えば?と聞かれると、多くの人が「帯状疱疹」と答えるのではないでしょうか。 痒くはなくとも激しい痛みを伴う「帯状疱疹」について解説します。 帯状疱疹の症状 帯状疱疹の症状で、一番特徴的なのは病名の通り、帯状に出現する発疹とそれに伴う強い痛みです。 発疹が出現する1週間ほど前から、予兆として神経に痛みを感じる方もいます。 症状は3か月ほど続き、神経の痛み、発疹、水疱、爛れといった皮膚症状と併せて激しい痛みを感じます。 帯状疱疹の原因 帯状疱疹の原因は、幼少期に感染した水痘ウイルスによるものです。 水疱瘡が治った後も、関節内に水痘ウイルスが身を潜め、大人になってからストレスや疲労の蓄積によって体力・免疫力が落ちた時が注意です。 関節から神経に沿って水痘ウイルスが増殖していくことで発症します。 帯状疱疹の対処法 帯状疱疹になった場合には、必ず皮膚科にて治療を受けましょう。 帯状疱疹の後遺症による痛みに悩んでいる方は、ペインクリニックでも治療を受けることができます。 帯状疱疹は抗ヘルペスウイルス薬で治療を行います。 アトピー性皮膚炎の原因 アトピー性皮膚炎は、アレルゲンが皮膚に付着することで起こります。 元々アレルギー体質の方が、冬場の乾燥などにより皮膚のバリア機能が低下している際にアレルゲンと接触することで発症してしまうのです。 アトピー性皮膚炎の対処法 アトピー性皮膚炎かもしれないと感じたら、すぐに皮膚科にて治療を開始してください。 また、体の疲れやストレスが原因となりさらに痒みを増してしまうことがあります。 ですので、規則正しい生活とストレスの適度な解消、健康的な食生活を心掛けることも大切です。 汗疹 「汗疹(あせも)」は、どの年代でも起こりうるものです。 改めてその症状や原因について見ていきましょう。 汗疹の症状 よく見られる赤いあせもは痒みを伴いますが、稀に起きる白いあせもには痒みがありません。 この白く水ぶくれ状になったあせもは「水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)」というもので、症状がほとんどない為できても気づかない人も多いでしょう。 毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん) 二の腕や足にできる痒みのないぶつぶつは、「毛孔性苔癬」と呼ばれるものである可能性があります。 毛孔性苔癬の症状 「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」になると、二の腕やふくらはぎなどに、痒みも痛みも伴わない発疹ができます。 肌がざらざらになって不快、見た目が悪くて気になるという方も多いでしょうが、それ以外には特に困った症状はありません。 毛孔性苔癬の原因 この症状についての原因は解明されていませんが、特に若い年代の男女や妊娠中、または出産後に出やすいとされています。 肌のターンオーバーに異常が起こることでなる為、ホルモンバランスが影響しているのではないかと言われています。 毛孔性苔癬の対処法 毛孔性苔癬を予防するためには、皮膚の保湿を心掛け、皮膚の血行を促す必要があります。 抗酸化成分が配合された美容クリームなどで、二の腕や足をマッサージしながら保湿するのが望ましいでしょう。 接触性皮膚炎 「接触性皮膚炎」とは、皮膚に外的刺激が及ぶことで起きる蕁麻疹の総称です。 接触性皮膚炎の症状 接触性皮膚炎では、刺激を受けた部分に赤い発疹、丘疹、水ぶくれなどの症状が起こります。 痒みや痛みはケースにより異なり、まったく痛みや痒みを伴わないことも。 接触性皮膚炎の原因 原因は多様ですが、金属やアレルゲンとの接触、外傷、毒性のあるものとの接触などが挙げられます。 接触性皮膚炎の対処法 原因がアレルギー反応によるものだった場合には、皮膚科での治療が必要となります。 それ以外の外傷によるものの場合は、傷が治癒することで自然と治っていきます。 アレルギー以外のものでは、痒みの症状が続くことはあまりないでしょう。 機械式蕁麻疹 皮膚に機械的な刺激を与えることで起こる蕁麻疹を「機械式蕁麻疹」と呼びます 機械式蕁麻疹の症状 皮膚の刺激を受けた部位に、赤いみみずばれのような蕁麻疹が起こります。 痒みや痛みは少なく、短時間で症状が治まっていくのが特徴です。 機械式蕁麻疹の原因 この蕁麻疹の原因は、皮膚にかかる圧力が主です。 サイズの小さい下着による締め付けやベルトなどによる圧迫が主たる原因でしょう。 機械式蕁麻疹の対処法 この蕁麻疹によるかゆみや痛みは少なく、あっても短時間で終わるので治療等は必要としません。 機械式蕁麻疹を予防するためには、サイズの合ったものを身につけ、腕時計なども締め付けすぎなようにするなど工夫するようにしましょう。 貨幣状湿疹 丸いコイン状の湿疹ができていたら、それは「貨幣状湿疹」かもしれません。 貨幣状湿疹の症状 貨幣状湿疹は、コイン大の大きさの湿疹が下股に出来ます。 湿疹の中心部は赤く湿っており、湿疹自体はドーム状であるのが特徴です。 痒みや痛みには個人差がありますが、数日たっても治らず、その後急に強い痒みが襲ってくることもあります。 貨幣状湿疹の原因 元々の原因は、虫刺されや細菌感染などです。 それがなかなか治らず、いつの間にか貨幣状湿疹になってしまうのです。 貨幣状湿疹の対処法 この湿疹は皮膚科での治療が必要です。 抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬、ストロイド外用薬などで治療を行います。 症状が強く、また悪化してしまう場合にはステロイドを内服することもあります。 ニキビ 主に若い年代の男女に起こる「ニキビ」ですが、近年では年代を問わずにその症状に悩まされている人が多いようです。 ニキビの症状 ニキビは、赤・白・黒と色によってその症状が異なります。 ニキビの初期段階である白ニキビは痛みや痒みを全く感じません。 白ニキビから毛孔が解放されることで黒ニキビとなりますが、この際にも痛みや痒みはありません。 ニキビが炎症を起こし、赤色になると痒みや痛みが出てくるでしょう。 ニキビの原因 ニキビの原因は、ストレスや疲労、ホルモンバランスの乱れによる過剰な皮脂分泌です。 皮脂が毛穴に詰まることでニキビができてしまいます。 温熱じんましんの原因 温熱蕁麻疹の原因は、その名の通り温度の上昇にあります。 寒いところから急に暖かいところに移動した場合や、お風呂に入った時、ストーブや熱風によって皮膚の一部分が急に暖められた際にも発症します。 温熱じんましんの対処法 頻繁に温熱蕁麻疹の症状が出る方は、皮膚科にて治療を受けましょう。 この蕁麻疹は、血行不良や冷え性の方に起こりやすいので、食生活や生活習慣に気を付け体を内側から温める予防法も効果的です。 酒さ様皮膚炎(しゅさようひふえん) まるでお酒を飲んだかのように顔がほてり、赤みを帯びる皮膚炎を「酒さ様皮膚炎」と呼びます。 特に若い女性に多い皮膚の病気です。 酒さ様皮膚炎の症状 酒さ様皮膚炎になると、顔が火照り赤みを帯びるという特徴的な症状の他に、膿疱や皮疹もみられます。 酒さ様皮膚炎の原因 この皮膚炎は、副腎皮質ステロイドを長期間連用したことによる副作用によって起こります。 酒さ様皮膚炎の対処法 酒さ様皮膚炎になった場合、皮膚科による長期間の治療が必要となります。 副腎皮質ステロイドを断つことで一時的に症状が悪化し、入院が必要になるケースもあります。 日常生活では、体を温めない、顔を強く刺激しない、飲酒を避ける等の注意が必要です。 脂漏性皮膚炎 頭皮や顔といった部位に主に起こる皮膚症状の一つに、「脂漏性皮膚炎」というものがあります。 脂漏性皮膚炎の原因 大人が脂漏性皮膚炎になった場合には、その主な原因はマラセチアという真菌です。 この菌は人の皮膚にある常在菌ですが、皮脂の分泌が過剰になると、その皮脂を餌として増殖することで皮膚に炎症を起こしてしまうのです。 脂漏性皮膚炎の対処法 対処法としては、皮脂の分泌を抑えることと皮膚を清潔に保つことが有効です。 使用するシャンプーにも気を使わなければいけません。 市販の石油系界面活性剤を使用しているシャンプーは、頭皮のダメージを促進してしまう可能性が高くなります。 一例ですが、下記のような頭皮環境の改善のために開発されたものがおすすめです。 それに加えて、油分を控えたバランスのいい食生活、疲労を溜めすぎない、皮膚を清潔にした後は保湿を行うなどすることで、症状を和らげていくことが出来るでしょう。 薬疹 薬疹とは、読んで字のごとく薬の副作用で起こる発疹のことを言います。 薬疹の症状 薬疹の場合、その原因となる薬の服用から1~2週間後に発疹があらわれます。 この時の症状は多種多様であり、体の特定部位のみに発疹が出る人もいれば、全身に及んでしまう人もいます。 また、原因となる薬の服用から1か月以上、場合によっては1年以上経ってから薬疹が出てしまうこともあります。 薬疹の原因 原因は薬の服用ですが、この場合の薬は病院で処方されるものだけとは限りません。 市販薬や漢方薬、時にはサプリメントが原因となることもあります。 薬疹がでないという保証のある薬はありませんので、どんな薬でも薬疹の原因となり得ます。 薬疹の対処法 薬疹の場合、重症化することで命にも危険が及ぶことがあります。 薬疹が疑われる場合には、早期に原因となる薬を発見し、服用を中止しましょう。 薬疹の治療は皮膚科で行われます。 受診の際にはお薬手帳を持参の上、医師に相談してください。 動物アレルギー 花粉症のような症状が特徴の動物アレルギーですが、動物の種類によってはかゆみのない蕁麻疹が出てしまうこともあるようです。 動物アレルギーの症状 動物アレルギーの場合、アレルギーの原因となる動物と接触することで、目のかゆみやくしゃみ、咳、蕁麻疹といった症状があらわれます。 犬や猫などを原因とする動物アレルギーの代表的な物では痒みのある蕁麻疹が出ますが、ハムスターなどが原因の場合には痒みを伴わないものもあります。 動物アレルギーの原因 原因はアレルギーの元となる動物との接触です。 この際、直接的な接触はなくとも、その動物の毛やフケが付着したものとの接触も原因となります。 動物アレルギーの対処法 動物アレルギーを発症してしまったら、症状を抑えるためには残念ですがその原因となる動物との接触を断つほかありません。 それが現実的ではない場合には、病院にて治療を受けましょう。 また、アレルギーは疲労やストレスによって症状が悪化してしまうことがあるので、なるべく健康的な生活を心掛け、部屋を清潔に保つことも必要です。 まとめ 蕁麻疹には様々なものがありましたが、あなたの蕁麻疹に心当たりのある原因はみつかりましたでしょうか。 痒みに悩む多くの人が、皮膚科を受診する際にはすでに症状が重症化してしまっていることが多いようです。 ただの蕁麻疹と放置せず、気になる症状があればすぐに皮膚科を受診しましょう。

次の