サンライズ出雲 乗車記。 【乗車記】サンライズ出雲に乗って出雲の国へ。予約方法・車内の様子や時刻表・停車駅・座席表や観光地などをご案内。

JR 寝台特急 サンライズ瀬戸 東京〜高松 乗車記

サンライズ出雲 乗車記

サンライズ出雲A寝台シングルDX 室内の様子 サンライズ出雲A寝台デラックスはいわゆるビジネスホテル仕様の客室となっています。 部屋に入った瞬間は、 思ったより狭っ!! と思いましたが、慣れれば快適そのもの。 ドアを開けたらすぐにベッドがあります。 ベッドの向かい側には洗面所と、デスク代わりになる棚。 イスに座ってくつろぐこともできるし、荷物置き場としても十分なスペースです。 他の客室も訪問してみるとわかりますが、スーツケースなどのちょっと大きめの荷物も余裕で置くことができて、ベッド以外に座るスペースがあるのは最高。 テーブルで食事をしたり、PC開いて作業をしたりもできます。 そして室内に洗面所付きというのは女子にとって大変ありがたい。 ドア横には洋服をかけておけるハンガーが備え付けられていました。 そーよね。 子供はすぐ手が汚れる。。 小さな子供と同室予定なら、A寝台シングルデラックスおすすめです。 トイレは部屋にないのでそれだけが難点 サンライズ出雲A寝台シングルDXのベッド 子供と添い寝もOK 今回は子供 3歳児 と同室なので、1つのベッドで添い寝することになります。 A寝台とはいえ、やはり一人用個室なのでシングルベッドになります。 一晩過ごすのに狭くて寝心地悪かったら嫌だな~と思っていましたが、全然平気でした。 寝てる最中にベッドから落ちたら困るので、娘を壁側にして寝ましたが、特に狭さも感じず快適に眠ることができました。 女性一人で眠るには申し分ない広さ。 プラス子供と添い寝でもなんとかなります。 ただし、添い寝でもOKなのは3~4歳くらいまでかな・・と。 サンライズ出雲A寝台シングルデラックス専用シャワールーム 列車に乗り込み、おやつを食べたりして小休憩が済んだところでシャワーに向かいます。 サンライズ出雲ではA寝台客室限定で利用できる専用シャワー室があります。 シャワーを利用する際に必要となるのがこのシャワーカード。 A寝台はシャワーカードがアメニティに含まれているので別途の購入は不要。 付属のシャワーカードにもちゃんとA個室用と書かれています 我が家は子供もまだ小さいので、子供をいつも通り早めに寝かせるべく、シャワーも早めの時間に済ませてしまいたいところです。 サンライズ出雲のシャワー室は、 誰でも使える3号車と A寝台客室専用の4号車の2ヶ所になります。 つまり、A個室専用のシャワールームは6部屋の人だけで利用することができます。 なので、専用シャワールームも他の方とかぶることなく自由な時間に使うことができました。 やっぱりA寝台シングルDXは優遇されてる! A寝台以外の共用シャワー室 3号車 は時間によっては順番待ちをしている人がいました。 多くの方は乗車と同時にシャワーカード購入のために並び、先着順でシャワーカードを購入していましたが、A寝台シングルデラックスはシャワーカード付 個室料金に含まれています なので慌てる必要はありません。 シャワーの利用は6分以内 シャワールームはこんな感じでした。 脱衣スペース・シャワールーム共にそんない広いスペースではありません。 大人1人、もしくは親子利用でいっぱいな広さです。 もちろん内側からカギがかけられます。 カード挿入口にシャワーカードを入れるとシャワーの利用ができるようになります。 1枚のカードで利用できるシャワー時間は6分間。 シャワー隣でわかりやすく残り時間がカウントされるようになっています。 スタートとストップボタンがあり、水を出している間だけ時間がカウントされます。 洗っている間は水をとめておけば慌てる必要はないのですが、なんだかドキドキしてしまいますね。 子供と一緒に利用したり、女性でシャンプー&トリートメントする方は時間配分をよく考えて使用した方がよさそうです。 私はクレンジングと洗顔は部屋で済ませてから来ました。 やっぱり部屋に洗面台がついててよかったー。 シャワールームにはボディソープとリンスインシャンプーが備え付けられていました。 ドライヤーもシャワールームに備え付けられています。 ドライヤーの風量はイマイチなので髪を乾かすのに若干時間がかかりますが、部屋にはドライヤーがないのでシャワー室で髪をしっかり乾かす必要があります。 ドライヤーは時間制限なく、自由に使用することができます。 シャワー室の利用は1人30分以内でお願いしますとドアに書いてありました シャワーカードは1回使ったら、たとえ残り時間があまっていようとシャワー室のドアを開けた時点でカードが無効になります。 家族で同じカード使用する場合、みんな一緒にシャワー室に入らなければいけません。 ・料金が高い ・個室内にトイレがない A寝台シングルDX客室は広くて快適です。 せっかくの電車での旅、1人で使うにはもったいないくらい。 今回は別室に泊まっている家族と集まってお話をしたりして楽しみました。 A寝台限定でアメニティがついているし、専用のシャワー室を利用することもできて快適に過ごすことができました。 個室内に洗面所がついているので、スキンケアやメイクも部屋からでることなくできて、女性的には特に嬉しいポイントでした。 ホテルではないので、個室内にトイレはありません。 子供と一緒に乗ったのでトイレが部屋にあれば最高だったのにな・・と思いました。 シングルデラックスの寝台料金は13730円と他の個室に比べると高めの料金設定になっています。 でも、 高い料金支払っても乗る価値ありです。 まとめ サンライズ出雲A寝台シングルデラックスに乗車して、快適な環境でゆったりと電車の旅を楽しんでくることができました。 サンライズ出雲では車内販売が一切ないので、車内で食事 夕食・朝食ともに をしようと考えている方は事前にお弁当や飲み物を購入してから乗車するのを忘れずに。 飲み物の自動販売機は車内にもありました。 親子同室 添い寝 でサンライズ出雲に乗車しようと考えてる方には特にA個室寝台シングルDXをおすすめします。

次の

【寝台特急サンライズ出雲】A個室寝台シングルDX 子供(添い寝)と一緒に乗車レポ(体験記)

サンライズ出雲 乗車記

サンライズ出雲のB個室ソロ乗車レポート後編!個室の電気を消すとそこには綺麗な月夜と星空が!! 写真ではうまく伝えられませんが、サンライズ出雲のB個室ソロの上段はとても窓が広いので夜空がよく見えていい感じ。 普段乗り慣れている電車から空を眺めるとなると窓に覗き込む必要がありますが、B個室ソロならベッドから見上げるだけで空を眺めることができます。 山奥の小さな駅で特急やくもと列車交換。 携帯の電波も通じないような区間です。 個室の電気を消してベッドから空を見上げると、そこには綺麗な月夜と星空が。 あまり天気がよくなかったので満点の星空とまではいかなかったが、それでもすごく綺麗。 まるで秘密基地みたい!とテンションが上がります!! ZONEの名曲「secret base 〜君がくれたもの〜」を聴きながら星空観測。 最高すぎる時間でした。 またサンライズ出雲に乗るなら出雲市から乗りたいな。 東京から乗ると、伯備線の区間は完全に朝なので星空を眺めることができないです。 真っ暗な明石海峡大橋を眺めてついにダウン・・・ まったり夜空を眺めているうちにあっという間に「大都会」岡山に到着。 岡山駅で、高松からやってきたサンライズ瀬戸と連結。 東京まで一緒に走ります。 岡山すぎたら車窓の見所は明石海峡大橋ぐらいなので、それまで頑張って起きることに。 1時間以上走らせて姫路に到着。 明石海峡大橋まであと少しだ。 誰もいないロビーでうとうとしながら待ってみるw 明石海峡大橋は見えましたが、ライトアップはすでに終わっており真っ暗な橋しか見えませんでしたww 明石海峡大橋は0時頃通過です。 zzzZZ 気がつけば朝の4時半。 静岡の手前、大井川を渡ってました。 ロビーで東海道線の通勤ラッシュがいかにすごいか眺めることにw まだ6時台なのにあの混雑度は凄すぎる。 ロビーで諸々の作業をしているうちに 横浜に停車。 東京まであと少し。 川崎・品川を通過し、いよいよ終点の東京。 到着時の車窓を動画に撮ってみました。 出雲市から950キロ、所要時間12時間ほど。 7時過ぎに終点の東京に到着! 長かったようで短かったサンライズの旅もこれでおしまい! いやー楽しかった! あとがき いかがでしたでしょうか? 博多から東京への移動を旅に変えてみました。 移動を旅に変えるだけですごく楽しい。 新しい発見の連続です。 今度から福岡に帰省する際はサンライズを利用したい! を使えば、現地での滞在時間を長くしつつサンライズに乗ることができます。 やはりネックは料金の高さでしょうか。 出雲市から東京への片道運賃・特急券(15,230円)に、各種個室の料金(僕が乗ったソロなら6,480円)が加算されます。 それでもサンライズの旅は最高でした! 寝台特急北斗星の定期運用がなくなった今、サンライズ出雲と瀬戸は唯一の寝台特急です。 機会があれば是非乗ってみてくださいー! その際にら僕の乗車記が参考になればとても嬉しいです。 では、今回はこの辺で。 東京からサンライズ瀬戸に乗った際の乗車レポートもあわせてどうぞ!.

次の

鉄旅写真報告: 寝台特急「サンライズ出雲」シングルツイン乗車記

サンライズ出雲 乗車記

西九条で関空快速を降りて、阪神西大阪線に乗り換える。 阪神西九条駅は難波延伸工事の真最中であり、線路の車止めの向こうは工事用のフェンスで囲まれている。 ここから先に線路が延びる日が、そのうちやってくる。 そして、尼崎で、連絡している高速神戸行きの急行に乗り換える。 予想通り、この時間帯の阪神電車は空いており、JRと大違いである。 途中から乗っても、ゆったりと座っていける。 三宮到着。 三ノ宮付近には飲み屋は多いのだが意外にもコンビニが少ない。 地図で調べると、ポートライナーの高架下まで行かないと無いことになっていたのだが、実はJR三ノ宮中央口海側、日本旅行の隣にHeart-inがあった。 灯台下暗し。 ここで、明日の朝食と睡眠薬とを調達する。 改札を抜けて、エスカレータを登り、睡眠薬を飲み干す。 この時間帯に、三ノ宮駅1番ホームに立つのは昨年11月以来である。 ホームには、多くの乗客が群れている。 なんでも、三ノ宮、灘間で線路に人が立ち入った影響で、上り下りとも10~15分ほどの遅れが発生しているとのこと。 ったく、自殺志願なのか、酔っぱらいなのか、置石魔なのかは知らないが、本当に迷惑な話である。 ところが、件のサンライズ瀬戸・出雲は、ほぼ定刻に三ノ宮に到着した。 複々線の外側を走るので、影響が少なかったせいだろうか。 全く偶然とは言え、阪神電車で三宮まで逆行して正解だった。 もし、JRを使っていたなら、逆行途中に列車遅延に巻き込まれ、サンライズに乗り遅れた可能性がある。 ともかく、12号車に乗り込み、ノビノビ座席の自分の区画を探し、鞄を置き、クッションをひいて、空気枕を膨らまし、手許灯を消す。 サンライズ瀬戸のびのびシート。 ベッドメイキングが完了した頃に、車掌が検札にやってきた。 前回、サンライズ出雲で眠れなかった経緯もあり、直ぐに眠ろうとするのではなく、しばらく俯せになり、夜の車窓を眺めて過ごすことにする。 ノビノビシート上段だと、駅を通過する時に、ホームの明かりがモロに入ってくるので、眩しいことこの上ないのだが、一番楽な姿勢で車窓を楽しめるのは、サンライズならではである。 そのうち、睡眠薬が効き出してきたので、尼崎駅通過を見届けて、カーテンを閉め、アイマスクを着用し、眠りに就く準備に入る。 淀川を渡り、程なく大阪到着。 何名かが、ここから乗車する。 いつもなら、数分停車の後、直ぐに発車するのであるが、今宵は、やけに停車時間が長いようだ。 おそらく、遅れている快速や普通列車との接続を取っているのだろう。 大阪駅を発車したころ、急に気が遠くなる。 入眠.... 翌朝、恐らく、富士を過ぎてしばらく走った辺りで目が覚める。 極めて熟睡したようで、4時間半しか眠っていないが、スッキリとした目覚めである。 しかし、これはこれで、よろしくない。 どこかで二度寝をしないと、昼間まで持たない。 睡眠薬と併せて補給する水分が、若干不足していた様である。 喉が乾いている。 枕元にある紙パックのお茶を飲み干し、もう一度眠りに就こうとするが、目覚めが素晴らしく良く、眠れない。 トイレに行って、少し早い朝食を摂っていると、沼津に停車し、すぐに発車した。 前回、サンライズ出雲に乗車した時、大阪から、ここまで眠れなかったこと、しかし腹を満たすと眠れたことを思い出した。 食後、再びアイマスクをして、眠ろうとした矢先、ガクンとショックがあって、次の停車駅に止まった。 多分、三島だろう。 この運転手、ブレーキのかけ方が下手くそである。 客車寝台でも、もうすこしスムーズに停車するのに。 と、この時は思っていた。 とは言っても、目を閉じていると。 ずいぶんと気持ちよくなってきた。 しかし、サンライズは止まったまま、なかなか発車しない。 ぼやーとした頭で、どうせ、東京近辺で何かあって、東海道線がトラブっているのだろう。 いつものことだ。 今朝は、特に会議など無いので、少々遅れてもいいかな。 揺れないのでゆっくり眠れそうだと、暢気に、動かないのをむしろ歓迎していた。 しかし20分、30分と時が経過すると、さずがに気になってくる。 カーテンを開けると、ここがたしかに、三島であることが確認できた。 駅名票は見えなかったが、何度となく通っている東海道なので、景色を見るとすぐ分かる。 しばらくすると、例の3点チャイムとともに、この列車が三島駅で人身事故を起こし停車中であること。 運転開始の見込みが発たないので、新幹線への振替輸送も検討中であることが放送された。 その後、再度、放送があった。 9両目付近で作業を行うので、一度パンタグラフを下ろさなければならない。 このため、車内の電源が完全に遮断されるので、洗面所の使用は今の間に済ませておくように、とのこと。 であった。 窓の外を見ると、駅員、ブルーシートを持ったレスキュー隊員とおぼしき人物や警官(婦警もいた)が、"現場"へ向かっている。 写真を撮るのは不謹慎かと思われたが、これも旅の記録として伝えたい。 と、報道カメラマンのような心境になり、レリーズする。 これは、完全にグモである。 2階建て車両のサンライズは、元々床が低いはず。 その下を6両分、引きずられたのだから、さぞかし、悲惨な状態になっていることだろう。 よりによって、2階建てのサイランズに飛び込むとは、余程の決意があったのだろうか。 小生は、若い頃から旅する機会が多かったものだから、3度、現場に遭遇したことがある。 最初は、名古屋駅で新幹線の下から引きずり出された、上半身のみの轢断死体。 2度目は、近鉄名古屋線の線路脇で、額から血を流して倒れている老婆。 3度目は、名鉄知立付近の踏切に放置されていたシートにくるまれた物体。 どのような事情があったのかは、人、それぞれだろうが、グモると、どんなに悲惨な状態になるか。 あのような死に方だけは、絶対、避けたいものである。 今回、偶々乗っていたサンライズがグモったものの、小生は12号車であったので、何も見ずに済んだ。 しかし、階下個室の乗客は、さぞかし、いやな思いをしたことだろう。 床下から音が聞こえたはずである。 "ブレーキのかけ方が下手"と思ったのは、実は精一杯の"急ブレーキ"であった。 しかし、急ブレーキにしては、緩やかに感じたのは、運転手の思いやりだったのか?? パンタを下げたので、冷房も止まり、車内は次第に蒸し暑くなってくる。 扉は既に開かれているので、ホームに出て待とうとしていた矢先、新幹線振替が可能になったので、急ぐ人は降りるように指示される。 次のこだまは、7時02分発である。 幸いにも三島始発なので、着席はまず大丈夫だろう。 それにしても、まだ、7時にもなっていないのに、新幹線ホームには人がたくさんいる。 恐らく、大半は新幹線通勤のサラリーマンと思われるが、平日朝の新幹線三島駅にこれほど多くの乗客がいるとは、全く思いもよらなかった。 首都圏の通勤事情は生半可ではない。 できるだけ空いている車両に乗りたかったので、敢えて、15号車を選んだが、それでも、熱海で座席はほぼ埋まり、小田原では立客が出る始末である。 乗車して30分程度で新横浜に到着。 ここで、通勤ラッシュの横浜線に乗り換えるが、これもなかなか大変である。 事故がなかったら、東京から始発の中央線快速で悠々座って通勤できたはずが、今回ばかりは仕方がない。 大きな荷物を抱えて、満員電車に乗ることだけは、絶対避けたかったのだが。 長津田まできて、なんとか席にあり着けた。 後、30分とにかく眠ろうとしたのだが、駅毎に混雑は激しくなり、座っていても落ち着いて眠れる状態ではない。 結局、横浜線でも一睡も叶わず、8時30分頃終点八王子に到着。 そして、路線バスに乗って9時に出社。 三島で1時間半ほどロスタイムがあった割には速かった。 いざというときに、頼りになるのは、やはり新幹線である。 振替乗車の効果は大きかった。 会社で顔を洗ってさっぱりとはしたが、精神的にも肉体的にも、重苦しい週明けになってしまった。 本日は早めに仕事を切り上げて、休養することにしよう。 持ち物リストを見る• 旅スケジュールを見る•

次の