ポケモン ドラパルト 対策。 【ポケモン剣盾】キリキザンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ドラパルトの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ドラパルト 対策

ドラパルトの基本データ HP 88 タイプ ドラゴン こうげき 120 ゴースト ぼうぎょ 75 特性 クリアボディ とくこう 100 すりぬけ とくぼう 75 夢特性 のろわれボディ すばやさ 142 ドラパルトの特徴 特性「クリアボディ」が強力 「クリアボディ」により、 相手からの能力ダウンの効果を無効化することができます。 「いかく」を受けてもこうげきが下がることはありませんし、「ダイホロウ」や「ダイドラグーン」を特性「ミラーアーマー」を持つアーマーガアに打ってもドラパルト自身の能力ランクを下げられることもありません。 非常に高いすばやさ ドラパルトのすばやさ種族値は 142であり、現環境においてトップクラスです。 大抵のポケモンに先制できるため、ダイマックスでの対面性能が高いポケモンです。 豊富な技の選択肢 ドラパルトは使用できる技が豊富であり、型の予想がしにくい点が強みです。 種族値に関してはこうげきが 120、とくこうが 100であり、 物理と特殊どちらで使っても強力です。 有用な物理技 ゴーストダイブ タイプ一致技。 まもるを貫通できる点が優秀。 ドラゴンアロー タイプ一致技。 まもられても隣に飛ぶ優秀な専用技。 ドラゴンクロー タイプ一致技。 単体で安定した打点が欲しい場合に。 はがねのつばさ 「ダイスチル」によるぼうぎょ上昇が強力。 とんぼがえり サイクルしながらダメージを与えられる。 そらをとぶ 「ダイジェット」ですばやさを上げたい場合に採用される。 アクロバット 素の威力は55と低いものの、「そらをとぶ」よりも扱いやすい。 「じゃくてんほけん」との相性が良い。 ダイビング 「ダイストリーム」のベースとして。 有用な特殊技 りゅうせいぐん タイプ一致技。 シャドーボール タイプ一致技。 かえんほうしゃ 「ダイバーン」でひでり状態になるので、味方のほのおタイプの技を強化できる。 10まんボルト 対ギャラドスに。 「ダイサンダー」でエレキフィールドを展開する。 たたりめ タイプ一致技。 「でんじは」や「おにび」と相性が良い。 また、ドラパルトは攻撃技だけでなく 補助技も充実しているため、自身の火力や耐久をあげたり、味方をサポートしたりすることも可能です。 有用な補助技 りゅうのまい こうげきとすばやさを上昇させることができる。 おにび 相手のこうげきを半減にできるが命中85と不安定。 まもる 大事に扱いたい場合に。 でんじは 高いすばやさで打てるため、味方のポケモンを動かしやすくなる。 サイドチェンジ ノーマルタイプのポケモンと横に並べるとより強力。 リフレクター 物理耐久を高めることができる。 ひかりのかべ 特殊耐久を高めることができる。 トゲキッスが このゆびとまれや あくびでサポートして、ドラパルトが りゅうのまいやダイマックスします。 逆に、 トゲキッスが じゃくてんほけん持ちでダイマックスをして、ドラパルトは でんじはや リフレクターなどでサポートをするパターンもあります。 様々な型の組み合わせを警戒する必要があります。 ドリュウズ シーズン1では ドラパルトが使用率1位、ドリュウズが使用率2位であり、汎用性が高い組み合わせです。 トゲキッスとも組み合わせることで、 トゲキッス+ドラパルト 、トゲキッス+ドリュウズ という強力な並びを2パターン作ることができます。 ウインディ ウインディは特性 「いかく」でドラパルトの耐久を補うことができます。 また、数は多くありませんがドラパルトがいる場合、 ふくろだたきを利用した特性 「せいぎのこころ」によるコンボを決めてくる可能性もあります。 注意しましょう。 ドラパルトの対策 ドラパルトのすばやさは現環境でトップクラスなので、 ドラパルトより先に攻撃するには「こだわりスカーフ」持ちのポケモンで攻撃しに行く、あるいはS操作技を使うことが必要となってきます。 技を受けて反撃する場合は、あくタイプやフェアリータイプのポケモンで対策するのがよいでしょう。 ヒヒダルマ 「こだわりスカーフ」を持つヒヒダルマであれば、ドラパルトに先制して 「つららおとし」で倒すことができます。 火力が高いので、ドラパルトがダイマックスしてきても耐久に振ってなければ乱数1発で倒せます。 バンギラス バンギラスはドラパルトの技をほとんど耐えることができます。 ドラパルトの攻撃を耐えた後、 「かみくだく」や 「ダイアーク」で返り討ちにしましょう。 ですがバンギラスがダイマックスをしない場合、 ドラパルトの「ダイスチル」には気をつけましょう。 また、ドラパルトは「じゃくてんほけん」を所持しているケースがあるので、ダイマックス中のドラパルトを弱点技でも倒せない場合はあえて別の技で削る立ち回りがよいでしょう。 オーロンゲ オーロンゲはタイプがフェアリー、あくであるのでドラパルトのタイプであるドラゴン、ゴーストを 半減以下で受けることができます。 また、 オーロンゲの 特性「いたずらごころ」による「リフレクター」や「ひかりのかべ」、「でんじは」でより安定して戦えます。 しかし、 「ダイスチル」には弱いので物理型である場合は注意が必要です。 特性かちき、まけんき 相手からステータスダウンの効果を受けると特性「かちき」であればとくこうが、特性「まけんき」であればこうげきが2段階上昇します。 これらの特性持ちのポケモンは ドラパルトのタイプ一致ダイマックスわざである「ダイホロウ」、「ダイドラグーン」をトリガーに自身の火力を高めることができます。 これにより、 ドラパルト側の動きをある程度抑制することが可能です。 「あくび」を使う ダイマックスしたドラパルトに対しては耐性があるポケモンによる 「あくび」が有効です。 ダイマックスターン中に引かせるか、突っ張った後眠ってしまうかの消極的な選択を迫ることができます。 さいごに ダブルバトルにおけるドラパルトの育成論と対策について紹介しました! みなさんのパーティ考察や育成の参考になれば幸いです。 記事内容は追加され次第更新していく予定です。 運営代表であり病弱でもある。 体力づくりのためにランニングをしているが、実はそれが原因で体調を崩していることに気付いていない。 すきなパーティはレヒレグロス。 <主な実績> ゲーム部門WCS2018、WCS2019 Day1出場 関連する記事• 2019. 10 目次 1. はじめに1. 世界大会Day1に出場しました1. 戦績2. 構築経緯2. 物 […][…]• 2020. 03 レンタルチームID: 0000 0001 KMXR GJ 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構 […][…]• 2020. 07 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. エース […][…]• 2020. 09 レンタルチームID: 0000 0004 4PHY NJ 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構 […][…]• 2020. 07 レンタルチームID:0000 0008 KLC6 VC 今回は2018年に世界大会でT […][…].

次の

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策【ソードシールド】

ポケモン ドラパルト 対策

きあいのタスキでダイマックス対策 もちものは行動保障のきあいのタスキと相性がよく、 不意のダイマックスに対して強いのが魅力です。 相手のダイマックスポケモンを1確できなかった場合でも、タスキから2確にできればこちらがダイマックスを切らずに対処することができます。 ダイマックスの殴り合いに強くなる「クリアボディ」 現環境で汎用性を取るなら、ダイマックス技の殴り合いになった時に有利がとれる「クリアボディ」がおすすめです。 ただし、パーティ構築上で壁構築や、みがわりが重いのであれば、「すりぬけ」を優先しましょう。 単体でギャラナット対策ができたり、C振りを調整すれば 見れるポケモンが更に増えるのが魅力です。 AにもCにも下降補正を入れないで最速にするためです。 環境にあわせて対策が可能 環境に増えているナットレイ対策に有用な型で、ダイマックス後のダイバーンでH振りナットレイを確1できます。 また、今後増えるであろうコオリッポ対策としても有効です。 パーティでギャラが重ければ Cに228以上振ってHD無振りのギャラドスを10万ボルトで確1にできます。 基本構成は両刀型とあまり変わりません。 ダイマックスとのシナジーが抜群 ダイマックスでHPが2倍になるのを利用し、 ダイマックスで効果抜群を受けつつ、火力を底上げする構成です。 技構成 H220... 16n-1 B180... A特化珠ミミッキュのじゃれつく確定耐え S28... 最速サザンドラ抜き C82... 最速100族抜き リザードンなど ドラパルトの強みである、 スカーフ以外のサザンドラの上を取れる素早さは最低限確保し、残りを耐久と火力に振った調整になります。 物理アタッカーに負担をかけるドラパルト アタッカーと思わせて、おにびで敵の物理アタッカーとの打ち合いを強化したドラパルトです。 Sを削って防御に振っている分、最速では抜けていたスカーフポケモンを抜けなくなる点には注意が必要です。 スカーフウオノラゴン、マンムーなど 足が速いおにび持ちというだけで、役割遂行能力が高く、ドラパルドを止めに来たパルシェンや、オーロンゲといった物理アタッカーの機能停止を狙うのが主な役割になります。 特性は一長一短 火傷ミミッキュのダイホロウを、 オボン込みで確定2耐えする調整のため、クリアボディにしていますが、攻撃が特殊型のため「いかく」耐性を持つ必要がなく、相手のみがわりに対して強く出れる「すりぬけ」、起点を作れる「のろわれボディ」も身代わりを持たせる場合にうまく機能することがあるので、どれも一長一短です。 特に素早さが 142と圧倒的に高いのが大きな特徴です。 環境にいるどのポケモンよりも元の素早さが高いため、 スカーフを持ちか、積み技、特性などでSが上がっていない限り抜かれず、確実に仕事をすることができます。 3つの特性がどれも優秀 いかく対策や、ダイマックスの打ち合いに強くなる「クリアボディ」や、アタッカーを阻害する みがわり、壁を貫通できる「すりぬけ」、こだわり系のロック、ドラパルトに関しては スカーフキラーにもなる「のろわれボディ」と、3つある特性のどれもが優秀です。 覚える技の範囲がとにかく広い 覚える技の範囲が非常に広いのも強力な部分です。 全18タイプの内、ドラパルトが打点にできるのは 10。 さらに、 A120、 C100の両刀もできる種族値を持つため、 物理、特殊技問わず火力を出すことが可能です。 今作は ダイマックスで威力を上げたり、攻撃に2ターンかかる技を即時攻撃にすることもできるため、あらゆる場面で有利タイプで上から殴れるのが大きな強みです。 主な覚える技 ドラゴンアロー、ゴーストダイブ、とんぼがえり、はがねのつばさ、だいもんじ、ハイドロポンプ、10まんボルト りゅうのまい、おにび、ひかりのかべ、などなど... 上記理由から型が読まれにくい ドラパルトの一番の強みといってもいいのは、その豊富な技範囲、特性から 異常に型が多い事です。 高いAを生かした 物理アタッカー型から、 大文字、10万などの打点を増やした 両刀アタッカー型、 ゴースト、ドラゴンのダイマックス技と弱点保険の能力上昇を生かした 弱点保険型、物理アタッカー抑止にもなる 鬼火祟り目型、起点作りの壁貼り型などなど.... ポケモン対戦では、 型が多い=読まれ辛い ため、それだけで大きな強みとなります。 ダイマックスをされなければ耐久は低いので、弱点技などで突破しましょう。 ただし、ダイマックス弱点保険型の可能性を考慮して立ち回る必要があります。

次の

ドラパルト

ポケモン ドラパルト 対策

弱保ドラパルトの育成論 特性 クリアボディ 性格 いじっぱり 持ち物 じゃくてんほけん 努力値 HP:76 攻撃:236 防御:148 特攻:0 特防:4 素早さ:44 実数値 173-187-114-x-96-168 技 ドラゴンアロー ゴーストダイブ アクロバット はがねのつばさ 持ち物:じゃくてんほけん タイプ相性で弱点の技を受けたとき攻撃と特攻を2段階上昇させる道具です。 耐久が大きく上がり倒されにくくなる ダイマックスと「じゃくてんほけん」は非常に相性が良いです。 ドラパルトは「つるぎのまい」や「わるだくみ」など 決定力を大きく上げる手段がないため、この持ち物で補うことができます。 この調整を施さなくとも基本的に対面から突破することは可能ですが、「こだわりスカーフ」持ちに上から2回殴られて負けてしまったりすることを防いだり、ダイマックスターンを節約することができるようになります。 今回のように物理、特殊ともに調整先が存在する場合は、まずHPを伸ばし必要努力値が少ないほうを耐えるようにします。 その後、もう片方の攻撃を耐えるまで防御または特防を伸ばすことで効率の良い配分を実現できます。 また、連続技なので「じゃくてんほけん」発動後であれば「きあいのタスキ」を貫通して倒すことができ、6世代のメガガルーラを彷彿とさせるような活躍を見せます。 ダイマックス技として使用した場合 相手の攻撃を下げる追加効果を持つので、「じゃくてんほけん」の安全な発動に貢献するほか、バンギラスとの殴り合いで相手の「じゃくてんほけん」を発動させずにダメージレースで勝利することを可能にします。 また、通常技として使用した場合1ターンの無敵があるため、相手の ダイマックスターンを稼ぐ技としても活用できます。 ただし、鋼タイプが弱点であるバンギラスやトゲキッスは「じゃくてんほけん」を持ちがちなので、「ダイドラグーン」や「ダイジェット」などで削ってから「ダイスチル」を使用しましょう。 ただし、元の技が 命中不安であることや、特防に努力値を割いたり 「タラプのみ」を持ったアーマーガアは突破できない点などデメリットも存在しますし、そもそも 「はねやすめ」で様子見された後に交代されるとほとんど活躍しないままダイマックスが切れてしまうため根本的な解決となっているとは言い難いです。 ダイマックスした時に 「ダイウォール」に変化する点も優秀ですが、ドラパルトの「じゃくてんほけん」が発動してかつ生存している場合はほぼ勝ちであることが多いので、 過剰な有利状況技であるとも考えられます。 弱保ドラパルトの対策 殴らずにやり過ごす• まともに殴り合って勝てるポケモンではないので、タイプや数値の高さを活かして受けることでダイマックスターンが切れるのを待つのがベストな対策です。 ただし、 「ダイホロウ」が防御を下げてくるため2匹以上受け流せるポケモンを選出し交代を混ぜ合わせるか、技「あくび」で連打を抑制するなど工夫は必要です。 ダイマックス+ミミッキュで倒しきる• 調整を見てもらえば分かる通り、このポケモンはダイマックス同士での殴り合いにかなり強いです。 しかし、こちらもダイマックスしないとただ高火力技で倒され反撃すらできません。 そこで、 撃ち合いで勝つことを諦め、ダイマックスポケモンで削り裏のミミッキュで倒しきるルートを取ることでなんとか対処します。 今回紹介したドラパルトは ダイマックスポケモンの撃ち合いにおいて非常に強く、上手く決まれば1体でゲームを制することができる性能を持っていました。 同じポケモン、 同じ持ち物でも開拓が進み技構成や配分が新たになることで大きく性能が変化することもこのゲームの面白さの1つですね。 新たな調整や型が発見され次第、随時紹介していくので最新情報をチェックできる公式アカウント のフォローをよろしくお願いします。 主催:ポケモンソルジャー 主催Twitter: 開催場所:関東 予定時刻:未定 12 2020年7月12日 13 2020年7月13日 14 2020年7月14日 15 2020年7月15日 16 2020年7月16日 17 2020年7月17日 18 2020年7月18日 19 2020年7月19日 20 2020年7月20日 21 2020年7月21日 22 2020年7月22日 23 2020年7月23日 24 2020年7月24日 25 2020年7月25日 26 2020年7月26日 27 2020年7月27日 28 2020年7月28日 29 2020年7月29日 30 2020年7月30日 31 2020年7月31日 1 2020年8月1日.

次の