グラサマ ハーク。 【グラサマ公式】ハークの評価・ステータス【グランドサマナーズ】

【グラサマ公式】ハークの評価・ステータス【グランドサマナーズ】

グラサマ ハーク

かなり序盤だと進化素材は不足しますが、プレイしていればよほどのことが無い限り、足りなくなるってことはなくなります。 序盤だけは我慢しましょう。 『虹竜神パラディソス』は大型イベントの「限定ミッション」でも入手可能 大型イベントだと、限定ミッションが設定されることがあります。 直近ですと、転スラコラボの時は新規ユーザーがグラサマに入ってきやすいよう、かなり手厚い報酬が設定されていました! まとめ:意外と入手手段は豊富 序盤に集めるのが大変なイメージの竜神ですが、複数の入手手段を上手に使えば、育成が効率的となるでしょう。 配置と攻撃順で勝敗が決する戦略ゲーム• 伝説傭兵"六魔星"がゲットできるドラフトクエストキャンペーン!• 複数コンテンツで利用可能なオート機能• 攻略が安定してくると毎週のダイヤ取得量が多い• キャラデザインがハイクオリティー 六魔星ドラフトクエストは初心者には入手・強化ともに難しい"六魔星"ユニットが強化済みの状態でゲット可能なキャンペーン。 ブラダスの自動周回機能に慣れると他のゲームのオート機能が物足りなくなります。 私のiPadは、ほぼブラダス専用機になりました。 『ブラウンダスト』.

次の

【グラサマ】ブレイカーおすすめランキング。ブレイクキャラと装備でブレイク力を極めよう!

グラサマ ハーク

敵に付与されている状態異常が多いほど奥義ダメージ・クリティカル率UP。 更に奥義では「敵に付与された状態異常が多い程奥義ダメージ・クリティカル率UP」が備わっている為、アビリティとの相性も高くなっています。 スキルでは敵の状態異常耐性も下げる事が可能なので、味方の状態異常付与効果も高めてくれるのも嬉しい点です。 そして、ダリアはブレイク力が比較的高く設定されている為、状態異常付与効果+回避率UPと並行して、ブレイカーとしの運用も可能なので無駄の無い戦闘が可能です。 特攻相手のカボシェルムについても、闇攻撃が有効な為、唯一付与可能な燃焼効果を与える事ができれば、ダリアの奥義ダメージ、クリティカル率UP効果も見込めます。 カボシェルムはハロウィンナイトメア含め、全ての攻撃が致命的になる物が多いので、サンストンのダメージカットとダリアの回避率UPは非常に有効的です。 人族キラーLv6と、高いキラーレベルも備わっているので、対人族の襲来イベントでも活躍が期待できます。 マイナス点は状態異常が無効、気絶のみ有効などの耐性がある強キャラ相手だと持ち味が出しきれないかもしれません。 ダリアは2019年5月31日に覚醒解放されました。 HP・攻撃力・防御の基本ステータスUPと合わせて、真奥義が追加されています。 状態異常さえ入っていれば、その数が多い程、味方全体のダメージが上昇していくため、 戦闘相手によっては、重宝する貴重なキャラクターになります。 しかし、強敵=状態異常付与が難しいというロジックになる為、状態異常耐性を下げる等の、作戦も重要となります。 その効果がハマった時の面白さもある為、ベンチ入りしていたダリアを覚醒させる価値はあると言えるでしょう。 キャラクター紹介 暗殺対象である神聖騎士団長を庇い、騎士団の前に立ちはだかった時、彼女の生き方は変わった。 それは暗器としての価値しか与えられず、ただ黙々と任務をこなしていた彼女に、自身の意志が芽生えた瞬間であった。 彼女にとって自らの信念のために引き金を引くことは、やがて誇りになっていった。 今宵も彼女は撃鉄を起こす。 大戦前期、魔族の諜報暗殺部隊に所属していた精鋭銃士。 幼い頃から殺人術を叩き込まれ、感情が削げ落ちている。 聖権守陣営を陥落させるため、ウーゼル暗殺を指示される。 彼女は刺客として見事居城への侵入に成功するも、神聖騎士団に追い詰められてしまう。 健闘むなしく捕らえられるが、彼女に深い同情を示した神聖騎士団長はまわりと衝突し、あろうことか彼女を連れて出奔したのだった。 心に目覚めた魔族の元暗殺者。 なぜ騎士団長に助けられたのか彼女には理解不能だった。 帰還するため何度も暗殺を試みるも、敵わず従うしかない彼女は、大切にされることに戸惑うばかり。 だがいつしか、そんな彼の存在に安らぎを感じるようになっていた。 だからこそ、追手から自分を守るために倒れる団長を見て、彼女は奮い立つのだった。 初めて大切だと思ったものを、その力で守るために。

次の

【グラサマ攻略】状態異常サポーター!「ダリア」評価ステータス!【闇】

グラサマ ハーク

15秒間、味方全体の攻撃に氷結効果を付与。 15秒間、パーティの水属性ユニットの被ダメージを10%軽減。 確率で相手を氷結状態にする。 ブレイク力2050 評価=当たり マルチバトル偏差値=89点 ハークは高い精霊族&人族キラーレベルを持った水属性物理アタッカーキャラです。 ハークの最大の特徴は精霊族、人族キラーレベルは6と高く、対象の相手には攻撃力が60%も上昇します。 【スキル】には確率で「氷結」効果を付与する能力が備わっているので、対象を氷結させて行動不可にさせる事ができます。 グラサマでは状態異常付与はポイントが高く、氷結は相手の動きを完全に止める効果となっているので、ハークの価値高くなります。 更に奥義、スキル共にブレイク力が高めなので、氷結できるアタッカーとして活躍が可能です。 グラサマでは炎属性相手のイベントが多めになっているので必然的に水属性アタッカーの需要は高めです。 マイナス点は奥義、スキル、攻撃力が低めなのと、アビリティ枠が1つしかないので寂しさを感じます。 精霊族以外との戦闘ではアビリティの存在が無意味なのでヨミやヴァイドの様にパワーアップ上方修正を楽しみに待ちましょう。 上記上方修正ですぐに落とされる事が無くなり、与えるダメージは大幅に上昇した為、元々備わっていたスキルの氷結効果も加わり、炎属性相手での戦闘ではマルチ、ソロ問わず使える当たりキャラとなっています。 覚醒したハークは 奥義の破壊力基本値が上がり、様々な上方修正以上の恩恵も受けています。 加えて真奥義の搭載、基本値の上昇により、更にバランスが取れた安定キャラになりました。 もともと相性のよい炎属性の人族との戦闘機会が多かったため、初心者にも嬉しい扱いやすい強キャラだと言えるでしょう。 名だたる英雄たちを差し置いてのNo1なので意外性も含め、嬉しいポイントです。 キャラクター紹介 巨人族の中でも稀少な海巨種を統べる王。 地上の巨人族との接点は少なく、普段は同族だけで静かに暮らしている。 しかし、同族に害が及んだ時の怒りは凄まじく、数多の船が彼により沈められたという。 神族と魔族の大戦が始まると当初は静観していた彼らだった が、巨人族の盟主の要請により参戦を決意。 海中での支配権をめぐり、友好関係にあった海竜種と激戦を繰り広げることとなる。 巨人族の中でも稀少な海巨種を統べる王。 大戦前、海中は彼の一族と竜族の中の海竜種で支配海域を二分していた。 二種は友好関係にあり種族を越えた婚姻も行われ、彼の母方の祖父も海竜種である。 それは身体的特徴にも現れているが、当時の両種にとってそれはごく自然なことであり、むしろそれにより強大な力を有するハークは尊敬されていたという。 しかし、その二種も大戦で敵となる。 巨人族の中でも稀少な海巨種を統べる王。 神族と魔族の大戦の際は巨人族の盟主の要請に従い魔族陣営に属することとなる。 交友関係にあった海竜種は神族陣営だったが、彼はその矛を迷うこと無く振るったという。 そのため、彼は海竜種の憎悪を一身に受けることになるが、彼の力を恐れてその侵攻は慎重なものとなる。 結果、両種の被害は極小であったが両種の遺恨は現在にも根強く残っている。 大戦期の海の覇者であり巨人族の稀少である海巨種の偉大なる王。 交友関係もあった母方の血族、海竜種を容赦なく攻め立てた彼に理由がなかったわけではない。 それは両種族の被害を最小限に抑えることであったのだ。 大戦の長期化と不吉な最後を予見していた彼は、自ら大暴れすることで海竜種を牽制し、また配下達の戦闘を避けたのだ。 恨みを恐れぬ彼の真意が歴史で語られることはない。

次の