食料品 消費税。 〔消費税〕どんなものが8%で10%? 軽減税率の対象品目まとめ

【軽減税率】食用と掃除用で重曹の消費税に違いはあるか?種類別おすすめ商品もご紹介!

食料品 消費税

消費税の増税に伴って実施される「軽減税率」のルールとは?「『オロナミンC』は8%なのに、『リポビタンD』は10%」「ホテルの冷蔵庫内の飲み物は8%だけど、ルームサービスは10%」など、わかりづらい部分もたくさんあるので、整理しておこう! ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL! 」で毎号紹介している。 しかし、この「軽減税率」の適用の範囲やルールは複雑で、わかりにくい部分が多い。 また、大手の外食チェーンの「軽減税率」への対応方針も紹介。 そこで、10月以降も消費税が8%のままのケースを整理してみた。 基本は、家で食べる食料品と新聞だけが8%と理解しておけばいい。 食料品に酒類は含まれないのでお酒は10%になる。 間違えやすいのが「みりん」だ。 みりんはアルコール成分が1度以上あるので酒類扱いとなり、10%に。 一方で、みりん風調味料やノンアルコールビールはアルコールが1度未満なので8%だ。 本物だけ10%に上がるのは何か釈然としないものがあるが、酒税法上はそういうことになる。 生活必需品でも、食品以外は10%に。 同じ紙でも新聞は8%だが、トイレットペーパーは10%、洗剤やシャンプーも10%になる。 なお、ペットボトルの水は飲料水なので8%だが、 水道水は洗濯やお風呂にも使うので10%だという。 また、 医薬品は10%になるが、医薬品ではない健康食品やサプリメントは8%だ。 同じ栄養ドリンクでも、「オロナミンC」などは8%だが、医薬部外品の「リポビタンD」や「アリナミンV」は10%になる。 テーブルや椅子のある場所での飲食は原則10%! ただし、場合によっては8%になるケースも…… 「軽減税率」でよく話題になるのが、レストランでの飲食だ。 テーブルや椅子のある場所での飲食は10%なので、店内で食べると10%だが、 持ち帰りや宅配サービス、出前なら8%になる。 10月以降は、持ち帰り比率の高いファストフード店やコーヒーチェーンでの会計時に、「軽減税率」を最も実感するだろう。 お客もレジ担当の販売員も混乱しそうだが、ケンタッキーフライドチキンはいち早く、 店内飲食も持ち帰りも税込価格を統一することに決めた。 オリジナルチキン単品はどちらも税込250円に。 松屋も税込価格に統一するが、スターバックス、モスバーガー、吉野家は税別価格になり、価格は統一されない。 このように、外食各社の対応が真っ二つに割れるなか、注目はファストフード横綱のマクドナルドとゼンショー(すき家)の動向だが、この大手2社は8月初旬現在、方針を決めていない。 また、コンビニのイートインで食べると10%ということになっているが、実際はどうなるのか。 コンビニでの会計時に「持ち帰りですか、イートインで食べますか?」などと聞かれることはまずない。 どうやって判断するのだろうか。 コンビニ大手のセブン-イレブンやローソンは、お客さんのほうから自主的に「イートインで食べていきます」と申告があった場合は、消費税10%で精算するとしている。 ちなみに、レストランでもコンビニでも、 持ち帰るつもりで会計を済ませた後に、やっぱり気が変わって店内で食べたとしても、基本的に店側は消費税の残り2%分は請求できない。 逆もしかりで、店内で食べ始めた矢先に「急用ができてしまい、持ち帰ります……」となっても、消費税2%分を返してもらうことはできないと思っていたほうがいい。 ほかにも、外での飲食は複雑なケースが多い。 映画館や野球場でポップコーンや焼きそばを買って席で食べる場合は8%。 しかし、VIPルームでメニューを見て注文する場合は10%だ。 まんが喫茶のレジ横で販売されているカップ麺を買った場合はどうなるのだろうか? 国税庁に問い合わせてみたところ「ケースによって解釈が異なります」と明確な答えは得られなかった。 テーブル・椅子のある場所での飲食で特例となるのが「老人ホーム」と「給食」で、8%のまま据え置きになる。 新聞は紙の新聞の定期購読だと8%、電子版は10%! 食料品と雑貨をセットにした贈答品など、判断しづらいものも…… なぜか、食料品以外で唯一8%に据え置きになった新聞だが、種類はいろいろ。 朝日新聞や読売新聞などの一般紙のみならず、スポーツ新聞や政党紙に至るまで、この範囲に含まれていれば8%だ。 ただし、それらを駅の売店で買う場合や電子版で買う場合は10%になる。 ダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「【最強日本株】2019年・夏の陣」! 波乱含みの相場環境でもアナリストなどのプロが有望視している銘柄を、「10万円株」「5万円株」「高配当株」「大型株」「新興株」「10倍株」といったジャンルに分類して、たっぷり紹介している。 ほかにも、「最新決算でわかった好スタート株12銘柄」「忙しいサラリーマンの副業トレード術」「そろそろ仮想通貨をはじめよう」「毎月分配型投信100本の利回り」「老後のおかねの設計図を作ろう」など、今月もお役立ち情報が満載! 別冊付録は「元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資を徹底調査」。 クレジットカードの利用などで貯めたポイントを活用して投資をする方法を、基礎的なところから解説。 運用&投資できるポイントの種類や、編集部おすすめのポイントなども紹介しているので、ポイントの有効活用に興味がある人なら必見! また、本誌の人気連載「恋する株式相場!」でも、マンガでわかりやすくポイント投資について解説しているので、併せてチェックしよう。 ダイヤモンド・ザイ10月号は、全国の書店や・で好評発売中! 【2020年7月2日時点】 【証券会社おすすめ比較】 手数料、取引ツールetc. 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。 楽天スーパーポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。 また、取引から情報収集、入出金までできる トレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。 ツール内では 日経新聞の記事も無料で読むことができる。 さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、 長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。 小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。 米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。 多彩な注文方法や 板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。 中でも、日本株、米国株、先物取引について ロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。 毎月5000円の掛金から始められる 低コストなiDeCoサービスも行っている。 買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると 業界最低水準の売買手数料となっている。 スマホに特化した証券会社でパソコンから取引には対応していない、その分、アプリの取引画面はシンプルで初心者でも直感的にわかりやすいデザインになっている。 また、300銘柄に限って1株単位での売買が可能で、その売買手数料が日中なら約定金額の0. 05%と 単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。 現物株は、1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」でなら、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円。 さらに、 信用取引の売買手数料はなんと0円で、 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 com証券のおすすめポイント】 国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、 最大のメリットは売買手数料の安さ。 1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、 約定金額が大きいほど割安度が高い。 また、 売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。 取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。 スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、 初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。 2019年2月からIPOの取り扱いもスタート。 委託販売のみなので割当数は少なめだが、 口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。 新規口座開設で1カ月間手数料無料。 また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。 口座開設手続きが期間に迅速で、 最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】 ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 頼藤 太希(2020. 10)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. 15).

次の

【軽減税率】食用と掃除用で重曹の消費税に違いはあるか?種類別おすすめ商品もご紹介!

食料品 消費税

消費税の軽減税率制度について 2019年10月の消費税率10%への引上げと同時に、飲食料品(お酒・外食を除く)等の購入に係る税率については8%とする軽減税率制度が実施され、仕入税額控除のために保存が必要となる請求書等が変わりました。 農業者の皆さんに特にご留意いただきたいことをまとめましたので、是非ご活用ください。 <軽減税率の実施スケジュール> 令和元年(2019年)10月から消費税が10%に引上げられ、飲食料品と新聞に対する軽減税率(8%)制度が実施されました。 これに伴い、仕入税額控除要件は「区分記載請求書等保存方式」となります。 <軽減税率対象品目> 軽減税率の対象品目は、 ア 「酒類及び外食を除く飲食料品の譲渡」、 イ 「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞の譲渡」です。 <適用税率の判定> 消費税の適用税率は、原則、「売り手」が販売時点で判定します。 「買い手」の用途は適用税率の判定に関係ありません。 また、売上げと仕入れは別の取引です。 農業者の場合、売上げの大半が軽減税率の対象、仕入れの大半は標準税率の対象となると考えられます。 <農協等への農産物委託販売に係る課税売上げの計算方法の変更> 軽減税率制度により、飲食料品の譲渡は軽減税率(8%)が適用される一方、農協等の販売手数料には標準税率(10%)が適用されます。 今後、農協等を通じて委託販売を行う際、実際の販売額を課税売上げ(8%)とし、販売手数料を課税仕入れ(10%)として、それぞれ計上する必要があります。 課税売上げの計算方法が変更されることにより、基準期間の課税売上高が1,000万円を超える場合には、事業者免税点制度が適用できなくなり、免税事業者から課税事業者となる可能性がありますので、ご自身の経営を再確認しましょう。 <消費税の仕入税額控除> 消費税は、「売上税額」から「仕入税額」を差し引いて納税額を計算します。 軽減税率制度の実施により、仕入税額控除のための要件が変わりました。 <請求書の記載と保存> 軽減税率制度の実施により、帳簿や請求書に、軽減税率の対象品目である旨の印等を記載する必要があります。 <簡易課税制度の見直し> 軽減税率制度の実施に伴う影響を考慮し、簡易課税制度における食用の農林水産物の販売に係る事業のみなし仕入率が70%から80%に引き上げられています。 簡易課税制度においては、個々の取引ごとに事業の種類を判定するため、例えば、自ら生産した農産物を使用して食品の製造・加工も行っている農業者については、その事業が「農林水産業(食用)」(第二種事業:みなし仕入率80%)に当たるのか、それとも「製造業」(第三種事業:みなし仕入率70%)に当たるのかを整理し、それぞれ区分することが必要となります。 <軽減税率各種情報>• 農水省では農業者の皆様へ軽減税率制度を周知するためにパンフレットを配布しています。 軽減税率制度の概要や 政府全体の対策の内容はこちら(政府広報オンライン)• 軽減税率制度に関すること(国税庁HP)• 軽減税率電話相談センター フリーダイヤル 0120-205-553 専用ダイヤル 0570-030-456• 事業者支援制度 フリーダイヤル 0120-398-111 専用ダイヤル 0570-081-222 農林水産省のお問い合わせ先.

次の

業界別!消費税の増税・軽減税率の影響と対応について【食品製造業界編】

食料品 消費税

今回軽減税率によって8%の税率に据え置かれるものの一つとして、「酒類・外食を除く飲食料品」があります。 購入する食品は軽減税率に当たるものの「飲食店での食事」や「酒類」は生活に欠かせないものではないとの判断されており、軽減税率の対象外として税率10%が適用されることに。 しかしながら、同じ飲食店が提供する商品であっても、テイクアウトや宅配・出前などいわゆる「中食」に分類されるものは軽減税率の対象になります。 テイクアウトや弁当などは「加工食品」と判断されているからです。 この線引きにより、飲食店の店内で食事をする場合は「外食」なので10%、同じ飲食店でも、弁当を買って持ち帰って食べる場合は「テイクアウト」なので8%というように、同じ商品でも税率の変化が起きます。 現場で混乱が生じないように、今一度、自店の取扱商品が何に分類されるか確認しておきましょう。 飲食店にとってもう一つ注目しておきたいのが、仕入れる食材や飲料の税率です。 仕入れる食材・飲料によって税率が変わるため、実施後は仕入れに消費税8%と10%が混在するようになります。 例えば8%に据え置かれるとされているのは、「提供する食事の原材料」。 米・肉・魚・野菜・調味料(塩・コショウ・醤油など)などがこれにあたり、仕入れの食材の多くが軽減税率の対象となることがわかります。 ただし、「みりん」は「本みりん」と「みりん風調味料」で異なります。 「本みりん」はもち米・アルコールなどで作られ、14%前後のアルコールが含まれていますが、「みりん風調味料」はブドウ糖や水あめなどの糖類・米などを調合して作られ、アルコール度数は1%未満とほとんど含まれていません。 さらに、ペットボトルに入った水は飲食料品にあたるため、8%の対象になりますが、水道水は調理だけでなく、風呂や洗濯にも使えるため食品とは言い切れず、10%の対象となっています。 食材の仕入れの多くが軽減税率の対象となりますが、手放しで喜べるわけではありません。 例えば飲食店が納税する際には、納税する金額は「収入に対する消費税」-「経費に対する消費税」と考えられます。 仕入れ額が200万円で売上額が500万円とし、仕入れの税率が仮にすべて8%と考えると、計算は以下のようになります。 つまり、仕入れ額の税率が据え置きの8%でも、売上にかかる税金は10%に増税されているため差額が発生し、結果税負担が大きくなると考えられます。 差額分はお客様からの預かり消費税から支払いをすることになるため、実質的な飲食店側の負担とは違いますが、価格の据え置きを検討している場合は自店の負担も増えるため、今一度確認するようにしましょう。 増税を機に、仕入れやメニューの見直しを図ることも有効です。 忙しい飲食業界。 それだけに、気付くと消費増税、軽減税率スタートまで残り数ヶ月ということにもなりかねません。 メニュー表やレジの対応、仕入れの見直しなど、前もって計画的に準備を進めるのが望ましいでしょう。 「飲食店. COM 食材仕入先探し」では、こだわりの食材を扱う仕入れ業者をたくさんご紹介しています。 食材の仕入れ先をお探しの方は、をご利用ください。

次の