エルメス アップル ウォッチ ベルト。 アップルウォッチバンド/Applewatch band レザーベルト 38mm/40mm エルメスカラー :W1

高級感漂う。エルメス風のAppleWatch用 本革ベルトのレビュー

エルメス アップル ウォッチ ベルト

アップルウォッチが発表された時に、知人の高級時計店スタッフが 一番驚愕したのは時計本体ではなくこのバンドでした。 彼曰く「ヤバイ」とのこと 笑。 時計本体よりもバンドに技術やコストのかけ方が出ることが多く、 高級ブランドでは本体以上にバンドに力を入れるところもあるとのことです。 確かに、腕に巻いた時に本体よりもバンドのほうが肌への接地面大きいですからね。 アップルの説明では、 9世紀末にミラノで生まれたデザインを現代的に解釈しました。 イタリア製の特殊な機械を使って織り込まれたなめらかなステンレススチールメッシュが、流れるようにあなたの手首を包みます。 とあり、まず金属なのにこの滑らかさ。 スペースブラックにはダイヤモンドライクカーボンがコーティングされており 無垢の金属よりも肌触りが良いです。 難点は充電する時にバンドに潜らせなきゃいけないこと。 ちょっと面倒くさいです。 ホントにちょっとですけど 笑。 "スポーツバンドは、専用の高性能フルオロエラストマーで作られているので耐久性が高く、強靭。 それなのに驚くほどソフトです。 " と公式サイトに説明されていますが、なんのこっちゃですよね。 素材のエラストマーというのは弾力ゴムの総称で、ロレックスが2015年に発表したラバーバンド「オイスターフレックス」にコーティングする「ブラック エラストマー」というゴム状の高分子物質としても使われています。 フルオロエラストマーでもランクがあり、これは上級品質のものを使っているため、まず 衝撃的に柔らかいです。 それにサラッとした肌触り、適度な高級感もありながら5,800円(税別)というどうなってるんだ価格......。 ヴォー・バレニア フォーヴとこのスポーツバンドさえあれば もうほかのバンドいらないんじゃないか疑惑を今でも持ち続けています。 パテック フィリップが開発したトロピカルバンド、ロレックスが開発したオイスターフレックスに匹敵する傑作ラバーバンドだと思います。 やはりこれが1位になってしまいました。 カラーはフォーヴ、素材はヴォー・バレニアで これぞエルメス!って感じですね。 初めはマットな質感なのですが、使い込むにつれて飴色に近くなり艶も出て、 十人十色のバンドになります。 エルメスバンドを買うときはまずはじめにこれを買いましょう。 このバンドを持っていれば、怖いものなし!でも、汗に弱いので美しいエイジングを考えると夏は休ませたほうがいいかもです。 とっても人気があるので、 なかなか買えない隠れ入手困難アイテム。 販売店は、オンラインブティック、エルメス銀座店、エルメス御堂筋店、エルメス 名古屋三越栄店、エルメス 大丸神戸店、エルメス 髙島屋横浜店、エルメス 髙島屋京都店、エルメス 西武池袋本店、エルメス ジェイアール名古屋タカシマヤ、エルメスヒルトンプラザ店、 エルメス 大丸札幌店、エルメス 博多阪急のエルメス各店舗。 あとアップルストアとかですかね。 スペースブラックもステンレススチールも素晴らしい出来ですが、このゴールドステンレススチールケースのアップルウォッチが個人的には 断然素晴らしいと思いました。 まず色。 ハツラツとしたゴールドアルミニウムとは違い奥行きのある落ち着いた色合いは、ピンクゴールドをもう少し薄くしたものをイメージしてもらえればわかるはず。 光の加減でシルバーにも見えるのは、ドイツの超高級時計ブランド 「A. ランゲ&ゾーネ」が開発したハニーゴールドを思わせる絶妙な調合だと思います。 また曲面ガラスとケースの一体融合感。 時計を芸術品としてではなく プロダクトとして突き詰めたデザインは使い勝手もさることながら、 溜息が出る美しさです。 正直、個人的には「リューズの赤のリングは必要なのか?」とも思いますが、それもまた愛嬌。 まだ触れたことが無い方は是非、手にとってみて欲しいです。 という感じで、アップルウォッチを持っている人もこれから買う人もバンド選びの参考にしてもらえれば嬉しいです!まず最初は、 エルメスバンドかスポーツバンドの購入がおすすめですよ!.

次の

【小技】15万円のアップルウォッチエルメスを9万円で買う方法。評判のエルメスバンドのみ購入でもっとお得に。【どこで買えば安い】

エルメス アップル ウォッチ ベルト

通常版のGPS+Cellularモデルは、56,800円(税別)に対してHERMES版(エルメス版)は149,800円(税別)で 93,000円(税別)の価格差があります。 通常版のApple Watchやナイキ版でもエルメス版専用の文字盤(専用ウォッチフェイス)を使いたい!と思っている人は多いのではないでしょうか? Zakkiも「通常版でもエルメス版の文字盤を使いたい」と強く思い、すべてのアプリを実費テストしてこの方法をやっと見つけ出したので紹介します。 日本中のどのサイトにも情報がなかったので Zakkiが人柱となってまとめました。 通常版のApple WatchではHERMES版(エルメス版)の文字盤は使えない HERMES版(エルメス版)は高すぎて変えないけど通常版のApple Watchやナイキ版のApple Watchでエルメス版専用の文字盤(専用ウォッチフェイス)を使いたい!と思っても普通は使うことが出来ません。 理由は、文字盤で差別化を図って高い値段になっているので普通の値段で購入した人には使わせないようになっているからです。 Apple Storeから文字盤を追加することもApple Watchがリリースされた2015年から4年経っている2019年でも実現出来ていません。 ベルトが主な値段差がある要因ですが、それでも93000円(税別)の違いは大きすぎると Zakkiは思っています。 通常版とエルメスのApple Watchの4つの違い 通常版のApple WatchとHERMES版(エルメス版)のApple Watchの違いは主に「文字盤」「バンド」「本体裏のモデル名表示」「パッケージ」です。 他にも細かい違いがありますが、大きな違いは以下の4つです。 文字盤• バンド• 本体裏のモデル名表示• パッケージ(化粧箱) 画像出典: HERMES版(エルメス版)の価格はバンドの値段が多くを占める HERMES版(エルメス版)のApple Watchが通常版と比べて値段が高い理由はエルメスの革バンドの価格が高いからです。 単体で購入しても約5万円近く値段が高くなることになります。 (Apple Watchのエルメスベルトの単体販売価格) (Apple Watchの通常版のベルトの単体販売価格) 参照元: HERMES版(エルメス版)文字盤は4万円の付加価値 それでも4万円以上高いのはHERMES版(エルメス版)パッケージと文字盤の値段ではないかと想像できます。 HERMES版(エルメス版)も通常版もパッケージの製造にかかる費用はほぼ同じなので エルメスの文字盤に4万円の付加価値があるといってもいいでしょう。 しかし ここで紹介する方法を使うと600円程度でエルメス化できてしまいます。 HERMES風(エルメス風)ベルトはAmazonや楽天で入手できる HERMES版(エルメス版)のベルトは本物を購入すると高いですがよく似たベルトがAmazonに1000円〜2500円程度の安い価格でたくさん出ています ベルトもエルメス版のようにしたい場合はAmazonなどで購入するのがおすすめです。 本体価格が安いので本物のエルメスベルトのように気を使わなくて済みますし気軽に使えるのがメリットですね。 この方法を使うと、周りの人にエルメス版ではないのにエルメス版を使っていると思わせることができますよ! 文字盤は本物と比べても全く差はないので Apple Watch本体裏のモデル名表示を確認しない限りわかりませんので堂々と使えます。 HERMES(エルメス)化用のアプリは「Jing Watch」 さて、Apple Watchをエルメス化するには「」というアプリを使います。 この「 Jing Watch Face」を使うとiPhoneやApple Watchを脱獄(Jailbreak しなくても文字盤を追加・変更することができるので安全に使えるのがメリットです。 ほぼ本物のエルメス版Apple Watchと同じように使うことができます。 他のApple Watchの文字盤を追加するアプリはすべて Zakkiが人柱となって実費で試しましたが「 Jing Watch Face」以上にできの良いアプリはありませんでした。 このアプリをiPhoneにダウンロード&インストールしてからApple WatchにWatchアプリから「 Jing Watch Face」をインストールすることでエルメスやロレックス、ナイキや公式ではないようなオリジナルの文字盤も追加することができるようになります。 文字盤は大量に用意されているので自分だけのオリジナルのApple Watchを作ることができるのがメリットでもあります。 Apple Watchのエルメス化の全体の流れ 簡単に通常版のApple Watchやナイキ版をエルメス版化するための全体の流れは以下のようになります。 けっこう手順がありますが最初だけ1度行ってしまえばあとは同じ手順をしなくても使えるので最初だけ頑張ればOKです。 iPhoneのSafariで「」を開く• 「Installation」のボタンをタップする• 「Jing Watch Face」をiPhoneにダウンロードする• アプリを信頼する• 「Jing Watch Face」のユーザー登録をする• 「Jing Watch Face」アプリで通貨をチャージする• HERMES(エルメス)の文字盤をダウンロードする• Apple Watchに「Jing Watch Face」をインストールする• 「Jing Watch Face」アプリでHERMES(エルメス)の文字盤を選択する• 完了 「Jing Watch Face」の招待コードはいらなくなり誰でも使えるように 「Jing Watch Face」は以前はFacebookを利用した「Invitation Code 招待コード 」を取得しないとダウンロードも利用も出来ませんでした。 これが結構手間でハードルが高かったんです。 2019年現在は「Invitation Code 招待コード 」がなくても誰でもダウンロードをして利用できるようになりました。 「Jing Watch Face」はエンタープライズアプリ 通常アプリは、App Storeで配布されるアプリと企業などの会社が使うためのエンタープライズアプリの2つに別れています。 この「Jing Watch Face」は内容がグレーなのでApp Storeで配布するための審査に通過できないためApp Storeを使わないでインストールできる「エンタープライズアプリ」となっています。 「エンタープライズアプリ」とすることでアップルから正式に認証されて使えるようになっているので安心して使えるものです。 検証で使っているApple WatchはApple Watch4 ナイキモデル 今回 Zakkiがこの記事を作成するのに検証で使っているApple WatchはA1978 ナイキの44mmケース Apple Watch4になります。 A1978 ナイキの44mmケースはアルミケースなのでエルメスの文字盤が表示されていても見る人が見れば本物のエルメス版では無いことは簡単にわかります。 銀メッキのカバーをかぶせて使っています。 ナイキ版なのでナイキ専用の文字盤があり「 Jing Watch Face」を使わなくても使えるのがメリットです。 (A1978はナイキの44mmケース Apple Watch4) Apple Watchの設定アプリの一般からモデル名を確認することができます。 Apple Watch4のナイキの44mmモデルなのでモデル名はA1978です。 エルメス化用のアプリ「Jing Watch」の入手方法 通常版のApple Watchやナイキ版をエルメス版化するために必要な「Jing Watch Face」はiPhoneのSafariから「」を開き、 「Installation(安装静静表盘)」ボタンをタップするとインストールされます。 エルメス化用のアプリ「Jing Watch」のインストール 「 Jing Watch Face」のアプリ名は以前は「Jing Watch」だったのですが2019年8月に「Jing Watch Pro」も追加になっていてどちらのアプリでも同じことができます。 通常は「Jing Watch」で問題ありません。 後で「Jing Watch Pro」のインストール方法も紹介します。 2019年現在は「Invitation Code 招待コード 」がなくても誰でもダウンロードをして利用できるようになりました。 ポップアップした表示の 「インストール」をタップする 何事もなくiPhoneにインストールされますがエンタープライズアプリなのでもうひと手間加えないと使えません(簡単です) このまま起動しようとしても「 信頼されていないエンタープライズデベロッパ」とポップアップが表示されます。 これを解決するためにiPhoneの設定アプリを開きます。 設定アプリ- 「一般」をタップして開きます。 設定アプリ-「一般」- 「プロファイルとデバイス管理」をタップして開きます。 「Zhuhai Hengqin Bright Scholar Management Consulting Co. ,Ltd」をタップします。 アプリをインストールした時期によって「Zhuhai Hengqin Bright Scholar Management Consulting Co. ,Ltd」の名前が他の名前に変わっている場合がありますが同じように進めてもらえれば問題なく使えます。 「Zhuhai Hengqin Bright Scholar Management Consulting Co. ,Ltdを信頼」をタップします。 ポップアップの「信頼」をタップします。

次の

アップルウォッチ

エルメス アップル ウォッチ ベルト

ある程度いい大人でビジネスでも使うしと思うと迷いは消えてしまい即購入でした。 apple watch 本革ベルト開封 外箱の見た目はなんというか某高級ブランドの箱にそっくりです。 (笑) と思って裏面を見てみると、本家から1文字変えた名前の商品名が書かれていました。 なんだろう、弱そうに感じる。 とか思いながら 外箱から中身を出してまじまじみると割といい感じ。 amazonのイメージ画像ではベゼルがシルバーのapple watchで本革ベルトの金具もシルバーでその部分がマッチしていたのですが、私のアップルウォッチのベゼルは黒だったのでシルバーの金具とあうかが心配でしたが全然自分的にイケてる感じでした。 腕にapple watchをつけた感じはビジネスでも普段使いでも全然いけそうです。 最初は値段も値段なのでダメだったらと思って購入して、外箱をみたときには失敗したかもと思いましたが、商品は良いものでした。 サービスもしっかりしていて、amazonの購入では18ヶ月保証付きでした。 最後に購入した本革ベルトは¥1,599(送料無料)でした。 価格分以上のコストパフォーマンスだと思います。 私は、デフォルトのスポーツバンドがブラックだったこともあり本革ベルトはブラウンを購入しましたがブラックもあるのでapple watchの交換バンドを本革ベルトに変えようかなと思っている方にはBRG For apple watch 本革ベルトseries 2 series 3対応をおすすめします。

次の