一人暮らし 部屋 干し。 【一人暮らし向け】洗濯物の干し方を工夫しよう!

一人暮らしの部屋干しガイド!臭やカビを防いで綺麗に干そう!

一人暮らし 部屋 干し

広告 もちろん、のすべてが一人暮らし というわけではありませんが、一人暮らしの方の方が 他の同居人の了解を得なくて良いぶん、 やがはかどる傾向にあります。 一人暮らしののメリット 独身あるいは一人暮らしならば、ミニマルなおにして損はありません。 物をたくさん持っていると、 どんなに広いおでも満足できません。 でも持ち物が少なければ、居住空間が狭くても 物にスペースを取られないので、精神的に負担が少なくなるんです。 テーブルは1つあるだけで作業場所にできますし、 パソコンが一台あればテレビやラジオ、オーディオ代わりになります。 布団()は言うまでもなく、硬い床で眠らずに済む唯一の方法ですね。 カーテンと照明は、に付属している場合はそれを使いましょう。 の位置によっては、カーテンがまったく必要ない場合もありますし、 照明はわざわざ買う必要がないおうち(備え付けのもので十分)もあります。 家電のなかで最低限必要なのは、 冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機の3つ。 冷蔵庫は重くて邪魔という声もありますが、 食品を腐らせず、作り置きなどをして食費を 安く抑えるためにも必須のアイテムです。 小さめのものなら購入費用も電気代も少なく抑えることができます。 電子レンジは食べ物を温めたり、解凍するのに重宝するアイテム。 冷蔵庫と同じく、一人暮らしの方は コンパクトなサイズがおすすめです。 最近では電子レンジで目玉焼きや蒸し料理が 作れる雑貨も登場しており、 電子レンジ一台で調理の手間が省けるのも魅力的。 最後の洗濯機についてですが、 「コインランドリーでも良いのでは?」という さんも少なくありません。 しかし実は洗濯機はにとって 無くてはならないアイテムなんです。 ミニマルライフを送るにあたって、 衣類の枚数を減らしていくほどに服の回転が速くなります。 枚数が少ないほど、頻繁に洗濯をしなければなりません。 特に夏場はたくさん汗をかくので、インナーやハンカチ、 靴下などは頻繁に洗うことになります。 そうなるとコインランドリーでは間に合わなくなり、 やっぱり洗濯機が必要ということになります。 洗濯機と乾燥機の問題 洗濯の回数が増えると同時に問題になるのは、 洗濯物をどうやって干すか?ということ。 干ししても素早く乾けば良いのですが、 梅雨や台風の季節はジメジメとして、なかなか乾いてくれません。 かといって外に干すわけにもいかないので、 室内はいつも乾かない洗濯物で溢れかえったままになってしまいます。 一つの対処法としては、洗濯物を乾燥機で乾かす方法があります。 洗濯機はドラム式にして、効率良く乾燥できるものを選ぶと良いでしょう。 大きな布団などは晴れた日に外に干すか、 クリーニングサービスを使うと良いと思います。 (布団乾燥機を買うと物が増えてしまうのであまりおすすめはできません) 浴室に乾燥機が付いているお宅なら、 思い切ってそちらを使った方が乾燥の手間が省けます。 干しをするとなんとなく室内が雑多な印象になりますが、 乾燥機や浴室乾燥で乾かす方法なら、 物で溢れかえる心配がなく快適に過ごせます。 干し特有のいやな生乾きのニオイもないので、 キレイに乾かしたい方はぜひ干し以外の方法を検討してみてください。 趣味の物は極力溜めこまない 一人暮らしは気楽なぶん、ついつい趣味の物をに溜め込みがち。 しかし物を増やすと収納が必要になり、 さらに収納を置くスペースが必要になる=が手狭になるので、 書籍やCDなどかさばる物は極力デジタル化をおすすめします。 楽器やスポーツなど、専用の用具を使う趣味を持っている方は、 の中に用具を置く定位置を作ると良いでしょう。 あちこちに散らかすとどんどんに物が増えて、 あっという間に広さが変わってしまいます。 一人暮らしをしていると、他の人の目がないぶん 掃除もも適当になりがち。 しかしちょっとした工夫や心掛け次第で、 ミニマルな環境をキープすることも可能です。 に置く家具や家電のムダを省き、 の中は常に物を少なくして、趣味の物を増やさないこと。 これだけでもおがすっきり片付いてみえますよ。

次の

一人暮らしの洗濯、どうしてる? 部屋干しにオススメの場所とコツ

一人暮らし 部屋 干し

清潔で気持ちよく洗い上げたい。 でも、一人暮らしの洗濯には悩みがつきもの。 みんなはどうしているのかアンケートで聞きました 一人暮らしの洗濯では「日中部屋にいることが少ないから、外に干せない」「夜遅く帰ってきて、朝早く出ていくから、いつ洗濯したらいいかわからない」といった悩みがあります。 狭い部屋で部屋干しをすると、なかなか乾かず、いつも部屋に洗濯物が釣り下がった状態だったり、しまいにはニオってしまうなんてことも。 一人暮らしのみなさんは、どんなふうに洗濯と付き合っているのでしょうか。 そこで今回は、洗濯の疑問について、一人暮らしのみなさん35名にアンケートでお伺いした回答をまとめてお届けします。 梅雨時必見の部屋干しテクニックも披露してもらいました。 洗濯機はどこに置いていますか? 最近は洗濯と言えども、全自動洗濯機が基本ですので、ぽいっと放り込んで、ぴっとスイッチを押せば、洗いあがるまではそれほど手を煩わせることもないですよね。 ただ、洗濯機が屋外にあると、真夏や真冬の暑さ寒さは大変。 私も以前住んでいたところでは、ベランダに洗濯機を置いていたので、冬はちょっぴり憂鬱ではありました。 アンケート結果を見てみると、圧倒的に「室内」にあるとお答えいただいた方が多かったです。 部屋選びではつい他の条件に気をとられがちですが、洗濯機置き場がどこにあるかはぜひチェックしてほしいポイントです 「屋外」とお答えいただいた方に、何かトラブルがなかったかお伺いしたところ、「洗濯槽にカビが生えないように開けたままにしているのですが、時々、虫が入ってきたり葉っぱが入ったり…。 寒いときに洗濯すると、水道管が凍っていたなんてこともありました(ひむか・30歳・女性・一人暮らし暦5年)」とのこと。 屋外であってもベランダなど他の人が触れられない場所ならいいですが、玄関前など誰もが通るような場所にあると、水を出しっぱなしにされたり、洗濯中に洗濯物泥棒に遭ったりするといったトラブルも聞きますので、注意してくださいね。 また、ごく少数ですが、「持っていない」と答えていただいた方に、普段の洗濯はどうしているのか聞いてみました。 慣れればラク。 めちゃくちゃ不便です。 水道代電気代があまりかからない上、衣類も傷みにくいからいい。 (アキ・26歳・女性・一人暮らし暦4年).

次の

梅雨どきの部屋干し、湿気とニオイを防ぐテクニック [一人暮らし] All About

一人暮らし 部屋 干し

除湿機は部屋の湿度を一気に下げてくれるので、洗濯物が乾きやすくなるだけではなく、部屋の中も快適に保つことができます。 画像のシャープ製プラズマクラスター除湿機は、幅が30cm程度なので一人暮らしの狭いアパートやワンルームでも場所を取らずに乾かせます。 天馬のスタンド式物干しは、高さが高すぎないので、一人暮らしの女性でも楽々と洗濯物を干すことができます。 また、大きすぎないので室内を圧迫することもありません。 パラソル部分の高さが調節できるので、洗濯物が接触せず素早く乾かすことが可能です。 物干しメーカーで有名なエカンズの3連物干しは、洗濯物の種類ごとに分けて干すことができる便利な室内干しグッズです。 広げ方が6通りもあるので、洗濯物別で干し方を工夫することもできます。 「大きくて邪魔になりそう」と思うかもしれませんが、畳めるのでいらない時はしまっておけます。 ビーワーススタイル製の布団干しは、室内はもちろん、屋外でも使用することができます。 また、布団だけではなく普通の洗濯物干しとしても使うことも可能です。 布団干しというだけあって、サイズはやや大きめです。 アパートやワンルームでは部屋が狭くなってしまうので、部屋が広めのマンションに住む人におすすめです。 ライフハイトのランドリードライヤーは、浴槽にかけるタイプのコンパクトさが魅力のアイテムです。 浴室専用なので、部屋のスペースが洗濯物で埋まることもありません。 大量に干すことはできませんが、少し干すスペースが足りなくなったという時に活躍するグッズです。 これと併せて、浴室の乾燥機能を使って素早く乾かしましょう。 ビエルタのクロスドライヤーは、おしゃれな欧州デザインのインテリア映えする室内干しグッズです。 高さがそれほどないので、タオル類を干すのに適した物干しです。 調節のしようによっては、小さいタオルだけではなくバスタオルも干すことができます。 女性の一人暮らしにおすすめです。 山善の突っ張り物干しは、天井と床を突っ張り棒で固定して洗濯物を干すタイプです。 木製でおしゃれな上に、賃貸でも安心な穴開け要らずの物干しです。 高さがあるので、洗濯物が床に付かず衛生的でもあります。 使わない時にしまっておけるのも便利ですよね。 ワイヤー物干しとは、壁に取り付けて反対の壁にワイヤーを掛けて洗濯物を干す物干しです。 ハウスソリューションの物干しロープは、シンプルなデザインと強い耐久性が魅力のグッズです。 壁に穴を開けて固定することもできますが、接着剤でも付けることもできます。 アイリスオーヤマのサーキュレーターは、コンパクトかつシンプルなデザインなので、おしゃれなマンションから狭いワンルームまで幅広い家にマッチします。 扇風機で乾かすと場所を取りますが、コンパクトなサーキュレーターなら洗濯物の下に置けるので邪魔になりません。 音も静かなので、アパート暮らしにも最適です。 アンブラの突っ張り棒は、一般的な白い突っ張り棒とは違い、デザイン性にも優れた物干しです。 なので、部屋干し用だけではなく服を掛けるインテリア用としても使えます。 穴開け要らずでおしゃれなこの突っ張り棒は、賃貸でもおしゃれな部屋にしたいという人にぴったりなグッズです。 やや耐久性が弱い部分もありますが、一人分なら余裕で干すことができます。 IPOWの伸縮ハンガーは、肩幅の部分がスライド式になっていて洗濯物の大きさで調節することができる上に、1,000円弱で買える優れ物です。 伸縮機能で女性物から男性物まで幅広い衣類をかけることができる上に、固さがあるので壊れにくいのも特徴です。 デザインもシンプルなので、色々なインテリアにマッチします。 窓枠やちょっとした溝に引っ掛けるだけで、ハンガーをかけることができます。 また、フック部分に物干し竿を掛けて使うことも可能です。 穴が開けられない賃貸暮らしの人にもおすすめです。 コモライフの室内物干しは、1,000円以内の価格で耐久性もあるアイテムです。 サッシに掛けるだけなので、女性でも簡単に取り付け可能です。 その名の通り、エアコンに引っ掛けて風を使って乾かす一石二鳥なアイテムです。 平安伸銅工業のエアコンハンガーは、2、3,000円程度で耐久性がしっかりしているので、1つ持っておくととても便利です。 取り外しも簡単なので、要らない時は収納しておけます。 アイセンのハンガーは、小さなフックも付いているので、タンスやドアの取っ手などにも掛けられるアイテムです。 このハンガーなら、部屋が狭い人も賃貸で壁が開けられないという人も安心して部屋干しすることができます。 その上1,000円弱で買えるコスパ最強アイテムです。 カイホウのポータブル乾燥機は、カバーに入れた衣類を4時間程度で乾かしてくれるグッズです。 価格は4,000円程度と若干高めですが、短時間で洗濯物を乾かしてくれる他にも靴の乾燥にも使えるので、コスパがとても良いグッズです。 時間のない一人暮らしのお助けアイテムです。 アパートはマンションに比べると部屋が狭いところが多いので、湿気がこもっても安心な浴室がおすすめです。 浴室がないという場合は、エアコンの近くがおすすめです。 室内が広ければ部屋の中央でも良いですが、狭い場合は、光の当たる窓際が良いでしょう。 しかし、洗濯物を干す場合は、窓やカーテンに直接触れないよう注意してください。 部屋が広いマンションなら、リビングの中央で干していても邪魔にはなりません。 また、エアコンの風で乾かすスピードを速めることができます。 さらに、エアコンをつけると乾燥しがちですが、洗濯物があることで適度に湿気を与えてくれます。 しかし、あまり量を干し過ぎるとカビが発生する原因となるので、賃貸暮らしの人は特に注意してください。 狭いアパートでも、ドアノブやサッシなどを使えばスパースを取ることなく部屋干しができます。 しかし、こうした場所を利用する場合は、賃貸暮らしの人は特にフックなどを掛けて洗濯物を壁から遠ざけて干すようにしてください。 特にズボンや厚手の衣類は、広げて干すと空気の通り道ができて乾きやすくなり、生乾き防止にもなります。 以下の記事でも、生乾きや部屋干し臭の取り方が紹介されているのでチェックしてみましょう。 先ほどから言っているように、エアコンの風を利用すると普通に干すよりも早く乾かせます。 エアコンがないという場合は、扇風機やサーキュレーターでも大丈夫です。 便利な一人暮らしの部屋干しグッズで雨の日も快適に過ごそう! 一人暮らしの部屋干しグッズには、アパート向けからマンション向けまで色々なデザインの物があります。 また、部屋に穴が開けられない賃貸向けの便利グッズもあるので、自分の部屋に合った部屋干しグッズを見つけて、雨の日でもストレスフリーに過ごしましょう。

次の