アイコス 吸い殻。 アイコスのシケモクが吸えるか試してみたよ

アイコスで火事の心配は?燃えるゴミに捨てる時の3つの注意点

アイコス 吸い殻

2019年1月29日から発売開始となった、JTの新しい喫煙デバイス「プルームテックプラス」と「プルームS」。 プルームSは、ライバルの「アイコス」の同じように高温加熱式で、専用のたばこスティックを加熱して喫煙するモデルである。 1日使ってみたところ、あることを思いついてしまった。 それは、 1回喫煙したたばこスティックを、もう1回吸えるんじゃないのか? 論より証拠! 試せばわかる!! ということで、 実際に挑戦したところ、驚きの結果にッ! ・アイコスはブレードで加熱 アイコスとプルームSは、いずれも高温加熱式ではあるが、加熱の方法が異なっている。 アイコスはホルダーの内部にブレード(芯)があり、ヒートスティックにこれを刺して加熱している。 吸い殻を見ると、スティックの中心部分が焼け焦げているのがわかる。 加熱状況やヒートスティックの状態にもよるのだが、しっかりと熱が伝わっている場合は、ヒートスティックの外側の紙が焦げていることもある。 したがって、 アイコスの場合はヒートスティックの2回吸いをしようと思うと、焦げ臭くて吸えないのである。 ・プルームSは容器で加熱 続いて本題のプルームS。 こちらも高温加熱式ではあるものの、たばこスティックを挿入する容器全体を加熱する方式だ。 ブリティッシュアメリカンタバコのグローと同じ加熱構造のはずだ。 芯で加熱しないので、吸い終えたたばこスティックが焦げることはない。 見た目だけなら、未使用のたばこスティックとほとんど変わらない。 ・いざ、2回目のたばこスティック! 今まさに吸い終えたばかりのたばこスティックを、再びプルームSに挿入する。 そして本体上部のボタンを押して、加熱スタート。 40秒の加熱時間を経て、実際に吸ってみよう。 そんなに都合よく、たばこスティックの再利用ができる訳ないか……。 もう1回吸えたら、1箱20本で40本分味わうことができてしまう。 そんな訳ないよな……。 煙が出る! しかも、1回目に吸った時よりも2回目の方が煙が多く出ている気がするんだけど。 少なくとも2回目もまずくないのは驚きだ。 吸える! 吸えるじゃないか!! ただし、味は格段に落ちている。 1回目の美味しさの半分程度の味わいしか感じることができない。 だが、2回目でも吸えるのはたしかだ。 私はこの2回目のたばこスティックを「しけもく」と呼びたい。 紙巻きたばこだけでなく加熱式たばこにも、しけもくは存在した……。 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

アイコスのシケモクが吸えるか試してみたよ

アイコス 吸い殻

フィリップ・モリス社から登場しているiQOS(アイコス)は、匂いが少ない電子タバコとして人気を得ています。 煙や匂いが少ないため、部屋の中でiQOS(アイコス)を吸っても匂いが残らないといわれていますが本当なのでしょうか。 今回はiQOS(アイコス)を部屋で利用した時に、匂いが残るのかどうかについて詳しく調べてみました。 タールは、タバコを吸った時によくいわれる「ヤニ臭さ」の原因ですので、タールが大幅に削減されている分、いわゆるタバコ特有のヤニ臭さも減っています。 また、部屋が黄色くなったり窓が汚れたりする原因も、こびり付いたタールが原因となっていますので、iQOS(アイコス)はタバコを利用した時の匂いや汚れを同時に減らすことが出来ています。 アイコス買ったら部屋の中で吸えて最&高 — 〈おちんちん〉TSK oretomikarika このように、紙タバコ特有のヤニ臭さがないiQOS(アイコス)を、自分の部屋で利用している方もいます。 その匂いは、人によって感じ方にも違いがありますが「焼き芋のような匂い」「焼けたパンのような匂い」などと表現されています。 また、iQOS(アイコス)独特の匂いは好き嫌いがはっきりと分かれており、好きな人にとっては全く気にならないという匂いでも、嫌いな人にとっては悪臭のように感じることがあるようです。 アイコスは臭くないとか言ってるけどあの匂いほんとやだ たばこ吸ってる人って匂いあるのほんとわかんないんだね — びくたー める主 sketchbooktopen しかも、タバコの匂いにも不慣れな非喫煙者ほどiQOS(アイコス)の匂いを敏感に感じているようで、実際にiQOS(アイコス)を利用している人が全く匂いが気にならない場合でも、非喫煙者である周りの人が「iQOS(アイコス)は臭い」と感じることも多くなっています。 匂いの感じ方には個人差がありますが、自分が気にならないからといって、周りの人々も全く気にしていないかといったら、そんなことはないようですね。 元々喫煙者の方の場合iQOS(アイコス)を利用すると、ヤニ臭さを感じなくなるため、「匂いがない」と思ってしまう方が多いようです。 そのため部屋でiQOS(アイコス)を吸っても、部屋に匂いが残らないという感想が多くなっています。 そもそもヤニと呼ばれているタールには粘着性があるため、一度付いた匂いは非常に落ちにくいです。 しかし、iQOS(アイコス)の場合は出ているのがほとんど水蒸気ですので、匂いが付いてもタールに比べれば落ちやすいとはいわれています。 しかしいくらiQOS(アイコス)の匂いが落ちやすいとはいえ、タバコ嫌いな人は不快感を感じている可能性が非常に高いのです。 iQOS(アイコス)を利用する方は「ヤニ臭さがないから」と安心して室内で利用せずに、特に他人の部屋では気を使って外で利用することをおすすめします。 iQOS(アイコス)を吸うと部屋に匂いが残るかどうかのまとめ 紙タバコに比べて含まれるタールの量が少ないiQOS(アイコス)には、一般的にいわれている「ヤニ臭さ」というものがなく、元々喫煙者だった方は匂いがほとんどないと感じる方も多いようです。 一方でタバコを元々吸っていない方にとっては、ヤニではない別の匂いを感じるようで、iQOS(アイコス)の匂いを「クサい」と感じている方もいます。 部屋でiQOS(アイコス)を利用した場合、タールのような粘着性がiQOS(アイコス)の水蒸気にはないため、いつまでもiQOS(アイコス)の匂いが強く残るということはないようです。 しかし吸った直後しばらくは、敏感な方なら気になるくらいにiQOS(アイコス)の匂いが残ります。 「iQOS(アイコス)にはタールがほとんど含まれていないから部屋で吸っても大丈夫」と安心している方もいるようですが、喫煙者以上にタバコを吸わない方は匂いに敏感な面があります。 そのため、いくらiQOS(アイコス)といえども自分以外の人の部屋の中で吸う場合には、かなり気を使った方が良さそうです。 iQOS(アイコス)だからと気を抜かずに、最低限のエチケットは守るようにしましょうね。

次の

iqos(アイコス)とタバコの違いはこれ!吸い殻ってやっぱり臭うの?

アイコス 吸い殻

目次 アイコスの吸い殻をゴミ箱に捨てて火事にならない? iqos アイコス は火を使うのではなく 熱で暖めますね。 そして 煙は水蒸気です。 火を使わない・・・いわゆる燃えていないのだから吸い終わった後、発熱する可能性ってどうなんでしょうか? 実をいうとiqos アイコス を吸い終わった後のヒートスティックは、とても 高温になっています。 もちろん吸い終わるにと温度はどんどん下がってくるのですが、それでも すぐにゴミ箱へポイは 危険です。 もし 吸い終わる途中でヒートスティックを外した場合は、もっと高い温度のままになっている可能性もあります。 結論としましては、 火事になる可能性はあるという事になります。 ゴミ箱の中のゴミに燃えやすい物が一緒に入っていたとしたら・・・と思うと少し怖いですね。 iqos アイコス は、火を使わないとは言えども 吸い殻はやはり灰皿へ。 紙タバコのようにしっかり消火させてからゴミ箱へ捨てた方が安心安全という事になります。 iqos アイコス での発火事故はある? iqos アイコス を使用して発火した!そういった事故は今のところ起きていないようです。 ただ充電の回数が多すぎで アダプターが燃えたというケースはありました。 充電しないと次に使えないiqos アイコス なので本体やアダプターからの発火事故が起きないとも限りません。 ヒートスティックからの発火事故も無いのですが、 ごみ箱に捨てた場合にビニールが焼けたというケースはあります。 紙などに燃えうつる可能性は低いとはいえやはり 最後は灰皿へ捨てる方がマナーとしても安心面でも適切ではないでしょうか。 まとめ 爆発的な人気のiqos アイコス。 これからますます愛煙家も増えてくると思います。 確かに煙もでないし、紙タバコと比べると臭くないしとメリットが目立つ加熱式タバコの代表となりましたが、安心し過ぎると思わぬ事故につながってしまうかもしれません。 余談ですがアイコスの水蒸気を一気に吸い込むと 喉やけどを起こす事があります。 水蒸気も高温ですからゆっくりと楽しみたいものですね。 火事の可能性も低く安全性が高いと言われるアイコスですが、やはりタバコはタバコなのですぐにゴミ箱へ直行するよりは灰皿へいってもらった方が安心ですね。 完全に熱が冷めるまで外さず放置しておき熱が冷めたら外してゴミ箱へという人の意見もありましたよ。 灰皿がない場合などは ヒートスティックを冷ましきる。 もしくは水で濡らしたからゴミ箱へ捨てるのであれば安心かもしれませんね。 自分なりのスタイルで楽しむiqos アイコス。 吸わない人の配慮やマナーも忘れず楽しみたいなと思います。

次の