札幌 地下鉄 乗り 放題。 札幌観光で使いたい!お得なフリーパス・1日乗車券 [札幌の観光・旅行] All About

札幌観光は地下鉄&路面電車&バスの乗り放題でお得に~北海道

札幌 地下鉄 乗り 放題

更新日:2020年4月13日 ドニチカキップ ~ドニチにチカテツ乗り放題のお得なキップ~ 「ドニチカキップ」は、土曜日・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)のいずれか1日にご利用いただける地下鉄専用1日乗車券です。 どうぞ、週末と年末年始は「ドニチカ」でお出かけください! 発売額 大人:520円 こども:260円 発売場所• 地下鉄駅券売機• 各地下鉄駅事務室• ご注意点• 払い戻しは未使用のものに限ります。 他の乗車券とは交換できません。 市電・バスへの乗継割引は適用されません。 地下鉄の元日0時00分~直近の終発(午前2時台)のご利用日は「12月31日」となります。 元日0時00分、1時、2時台に利用開始したドニチカキップは、元日の始発(午前6時)以降はご利用できませんのでご注意ください。

次の

お得な乗車券/札幌市

札幌 地下鉄 乗り 放題

札幌市営交通(地下鉄・市電)、ジェイ・アール北海道バス、じょうてつ、北海道中央バスで乗車券としてご利用いただけるICカードです。 地下鉄の改札機や市電(路面電車)・バスの運賃箱のカード読み取り部分にタッチするだけで、スピーディーに利用できます。 また、カード残額が少なくなった場合、チャージ(入金)することで、繰り返し使えます。 無記名SAPICA(大人用) どなたでもご利用できるカードです。 混雑時に長時間お待たせすることを避けるため、次の枚数を超える場合は予めへご連絡ください。 大通定期券発売所で購入の場合 20枚以上• 大通以外の定期券発売所で購入の場合 10枚以上 記名SAPICA(大人用・こども用) 記名人のみがご利用できるカードです。 購入時に、氏名・生年月日・性別・電話番号の登録が必要です。 こども用SAPICAの購入の際は、お子さま本人の公的証明書(健康保険証など)が必要です。 紛失した場合、再発行が可能です。 福祉割引SAPICA(大人用・こども用) 身体障害者手帳・療育手帳・養護児童割引証をお持ちの方及びその介護人(付添人)のみがご利用でき、福祉割引料金が適用となるカードです。 購入時に、氏名・生年月日・性別・電話番号の登録のほか、身体障害者手帳・療育手帳・養護児童割引証が必要です。 介護人(付添人)用福祉割引SAPICAの購入の際は、身体障害者手帳等を所持した手帳等保有者本人同行のうえ、介護人(付添人)本人の公的証明書(運転免許証など)(不特定介護人用福祉割引SAPICAは除く)が必要です。 介護人(付添人)用福祉割引SAPICAには、カードに氏名などを登録した介護人(付添人)のみが利用できる「特定介護人用福祉割引SAPICA」と、カードに氏名などを登録した手帳等保有者が指定した介護人(付添人)が利用できる「不特定介護人用福祉割引SAPICA」(大人用のみ)があります。 有効期限が設定されており、次回の誕生日まで使用することができます。 初回購入時は、次々回の誕生日まで使用できます。 (こども用の場合は3月31日)なお、有効期限は1カ月前から更新可能で、更新することにより、繰り返しご利用できます。 紛失した場合、再発行が可能です。 精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方につきましては、地下鉄・路面電車のみの割引となるため、福祉割引SAPICAは、購入できません。 SAPICA定期券 記名式のSAPICAに定期券機能を追加したカードです。 事前にチャージ(入金)しておくことで、定期券の区間外からの乗車、区間外への乗り越し分も、自動的に精算できます。 紛失した場合、再発行が可能です。 不特定介護人用福祉割引SAPICAには定期券機能は追加できません。 (「Kitaca」は北海道旅客鉄道株式会社、「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社、「PASMO」は株式会社パスモ、「manaca(マナカ)」は株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシー、「TOICA」は東海旅客鉄道株式会社、「PiTaPa」は株式会社スルッとKANSAI、「ICOCA」は西日本旅客鉄道株式会社、「はやかけん」は福岡市交通局、「nimoca」は西日本鉄道株式会社、「SUGOCA」は九州旅客鉄道株式会社の登録商標です。 デポジットは乗車料金には使用できません。 なお、デポジットは解約時に返金されます。 地下鉄専用又は市電(路面電車)専用の乗車券があります。 元日午前0時、1時、2時台に利用開始した一日乗車券は、元日の始発(午前6時)以降はご利用できませんのでご注意ください。 地下鉄専用1日乗車券 地下鉄が1日乗り放題でお得です。 【発売金額】大人830円、こども420円 【購入場所】地下鉄駅券売機、など ドニチカキップ 土曜日・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)にご利用いただくことができる地下鉄専用1日乗車券です。 【発売金額】大人520円、こども260円 【購入場所】地下鉄駅券売機、地下鉄駅事務室、など.

次の

札幌を効率的に回るための交通手段

札幌 地下鉄 乗り 放題

地下鉄の区数は、乗車する発着駅間のキロ程によって下表のとおり区分されます。 各駅間の区数は、からご確認ください。 「さっぽろえきバスナビ」で料金検索 出発地から目的地までの料金等を調べるのに便利です。 地下鉄とバスの乗継料金は、ジェイ・アール北海道バス、じょうてつバス、中央バス、ばんけいバス及び夕鉄バスに適用されます。 乗継料金の適用がないバス路線もありますのでご注意ください。 市電(路面電車)とバスの乗継料金はございません。 (にのみ設定しております。 ) 「」または「」のページでご確認いただくか、札幌市交通案内センター(電話011-232-2277)までご連絡ください。 乗車料金の割引 大人料金とこども料金の区分 大人 中学生以上 大人料金 こども 小学生 こども料金 幼児 1歳以上6歳未満 (6歳でも小学校入学前は幼児とみなします) 無料の場合と料金をいただく場合があります。 小学6年生が小学校を卒業した場合、3月31日までをこども料金の適用期間とし、4月1日以降を大人料金とします。 こども同伴割引 大人と小学生以上のこどもを保護者とし、保護者1名につき幼児4人が無料となります。 ただし、いずれも乗車区間が同じ場合に限ります。 詳細は「」をご覧ください。 組み合わせ 料金 組み合わせ 料金 大人1人と幼児4人 大人1人分 こども1人と幼児4人 こども1人分 大人1人と幼児5人 大人1人分 + こども1人分 大人2人と幼児5人 大人2人分 大人1人とこども1人と幼児5人 大人1人分 + こども1人分 幼児1人 こども1人分 ご利用されるバス会社により、取扱いが異なります。 詳しくは、下記のページをご覧ください。 身体障がい者、知的障がい者及び同行の介護人が福祉料金で地下鉄及び市電(路面電車)をご利用の際は、身体障害者手帳または療育手帳をお持ちください。 なお、市電(路面電車)をご利用の際は、降車時に手帳を乗務員にご提示ください。 地下鉄をご利用の際は、駅員から手帳の提示を求められた場合にご提示くださいますよう、お願いいたします。 (通学定期券をご購入の場合は、上記手帳のほか、学生証も必要となります。 介護人は、乗車する区間を同じくして同行する方に限ります(原則として、介護を受ける方1人につき、介護人は1人となります)。 地下鉄専用1日乗車券、ドニチカキップ、どサンこパスには割引料金の適用はありません。 上記のほかに、を受けられる場合があります。 詳しくは札幌市保健福祉局障がい福祉課(電話011-211-2936)または札幌市の各区役所保健福祉課にお問い合わせください。 がございます。 (内容は上記掲載のものと同様となります。 精神障がい者及び同行の介護人が福祉料金で地下鉄及び市電(路面電車)をご利用の際は、精神障害者保健福祉手帳をお持ちください。 なお、市電(路面電車)をご利用の際は、降車時に手帳を乗務員にご提示ください。 地下鉄をご利用の際は、駅員から手帳の提示を求められた場合にご提示くださいますよう、お願いいたします。 詳しくは、「」のページをご確認ください。 (通学定期券をご購入の場合は、上記手帳のほか、学生証も必要となります。 介護人は、乗車する区間を同じくして同行する方に限ります(原則として、介護を受ける方1人につき、介護人は1人となります)。 地下鉄専用1日乗車券、ドニチカキップ、どサンこパスには割引料金の適用はありません。 上記のほかに、を受けられる場合があります。 詳しくは札幌市保健福祉局障がい福祉課(電話011-211-2936)または札幌市の各区役所保健福祉課にお問い合わせください。 がございます。 (内容は上記掲載のものと同様となります。 養護児童及び同行の付添人が福祉料金で地下鉄及び市電(路面電車)をご利用の際は、養護(保護)施設の長が発行する割引証をお持ちください。 なお、市電(路面電車)をご利用の際は、降車時に割引証を乗務員にご提示ください。 地下鉄をご利用の際は、駅員から割引証などの提示を求められた場合にご提示くださいますよう、お願いいたします。 (通学定期券をご購入の場合は、上記割引証のほか、学生証も必要となります。 付添人は、乗車する区間を同じくして同行する方に限ります(原則として、付添を受ける方1人につき、付添人は1人となります)。 地下鉄専用1日乗車券、ドニチカキップ、どサンこパスには割引料金の適用はありません。 がございます。 (内容は上記掲載のものと同様となります。

次の