トイレ 黒ずみ 予防。 トイレ便器の黒カビ黒ずみ!落とし方取り方や掃除方法に予防対策は?

トイレの床の黒ずみはどうやって落とすの?掃除方法をご紹介!

トイレ 黒ずみ 予防

トイレの黒ずみの原因 トイレの黒ずみの正体は、トイレの黄ばみに黒カビが生えたものです。 まず、トイレの黄ばみの原因は、だいたいが尿石です。 人間の尿にはタンパク質が含まれていますが、このタンパク質が固まると尿石として便器にこびりつきます。 家族が毎日使用しているトイレの場合は、こういった尿石が便器に付着してしまうことも決して珍しいことではありません。 この黄ばみの上に、黒カビが生えたものがトイレの黒ずみの正体です。 尿石はアルカリ性の性質を持っているため、掃除をする時には酸性の洗剤を使用するのが一般的です。 実際、ホームクリーニングのプロもトイレの尿石を落とす時には酸性の洗剤を使用しています。 掃除方法 水抜き 汚れがひどい場合は洗剤が薄まらないようにトイレの水抜きをしてから掃除を始めます。 水抜きの方法はトイレの説明書などにも載っていますが、灯油用ポンプを使うか雑巾にしみこませてバケツなどに絞って行うのが手軽です。 水は下水管からの悪臭をストップする役目があるため、すべて抜いてしまうと臭いが気になるかもしれません。 それが嫌だという場合は、ある程度は残しておくようにしてください。 洗剤をかけて掃除 水抜きをしたら汚れめがけてトイレ用洗剤をかけていきます。 必要な量をかけたらトイレブラシで軽くこすり、しばらく放っておいてください。 しっかり落としたいならトイレットペーパーを汚れの上に敷いて、そこに洗剤をしみ込ませるという方法もあります。 これを湿布法というのですが、この方法を使った場合はブラシでこする前に水を流してください。 そうしないとブラシにトイレットペーパーがブラシの隙間に入って後々面倒です。 湿布法を使うと洗剤が汚れに浸透して汚れを浮かせてくれるので、軽い力でも頑固な黒ずみ汚れを落とせるようになります。 放置する時間は30分〜1時間くらいが目安です。 この方法で頑固な黒ずみもきれいに落ちます。 ゴシゴシ擦る方が落ちると思いがちですが、傷がつくとそこにまた水垢や黒カビがこびりつきやすくなるので、洗剤で浮かせてから軽い力で掃除するようにしてください。 黒ずみを完全に落とすには酸性洗剤 黒ずみを完全に落とすには強力な酸性洗剤が必要です。 酸性洗剤も火傷の危険性があり、必ずビニール手袋をつけて使用しなくてはなりません。 扱いが不安な方、市販の洗剤では落ちない汚れの方はプロのクリーニングにお願いすると良いでしょう。 黒ずみの予防方法 また、きれいな状態を保つために、予防方法・汚さない使い方もしっかり覚えておきましょう。 汚れの予防には、やはりトイレの洗浄剤を使うのが一番簡単です。 タンクの上に置くタイプや便器に貼り付けるタイプなど種類も増えているので、使いやすいものを選んでください。 洗浄剤がない時や節約したい時には、掃除に使う洗剤をちょこっと垂らして水を流すだけでも予防効果が得られます。 さらに、タンク内部でカビが繁殖していると便器も汚れやすいので、定期的にタンク洗浄剤か重曹1カップを夜寝る前にタンクに入れておくと黒カビ対策になります。 それでも汚れがついてしまった時は、汚れが頑固に成長する前にすぐ掃除をすることも大切です。 プロにお願いする方法もある なかなか落ちない汚れは、プロにおまかせするのがおすすめです。 酸性洗剤の取扱でも述べましたが、頑固な汚れには酸性洗剤を使用する必要がありますが、取扱が危険なためにプロにおまかせした方が良いでしょう。 また、トイレをなかなか掃除をしたくない、掃除する時間がないという方にもプロのクリーニングはおすすめです。

次の

トイレの床の黒ずみはどうやって落とすの?掃除方法をご紹介!

トイレ 黒ずみ 予防

トイレは毎日使うものですが、進んで掃除をしたくない場所のひとつです。 掃除が面倒でサボっていたら、「黒ずみがびっしり…」なんて経験ありませんか? お出かけした際にお店のトイレが汚かったり、便器の黒ずみが目に入ると嫌な気分になりますが、意外と他人はよその家のトイレをよく見ているものです。 トイレを毎日清潔で快適に使い、突然の来客にも慌てないためにも、黒ずみができる原因と対処法をしっかり確認しておきましょう。 トイレの黒ずみはなぜできる? トイレの黒ずみは、便器の中の水たまりの上部や便座のふちに線のようにできることが多いですが、その原因は水垢やカビ、ホコリなどです。 密室空間であるトイレは、湿気がこもりやすく、雑菌が繫殖しやすい環境です。 また、水道水に含まれるケイ酸塩などが蓄積した水垢や、鉄分が多く含まれる場合に酸化を起こして、黒ずむ原因になることもあります。 黒ずみを放置したままにすると、色素沈着を起こしてますます落としにくくなります。 家庭用洗剤でこすった程度ではなかなか落ちないほど頑固な汚れですが、キレイに落とすにはどうすればいいのでしょうか。 トイレの黒ずみの効果的な落とし方は? 水垢やカビなどの汚れ由来による黒ずみを落とすには、「塩素系漂白剤」で溶かし落とす方法が効果的です。 塩素系漂白剤は、カビの胞子や菌に含まれるたんぱく質を分解して、汚れを落としやすくする効果があります。 洗剤をかけたら、汚れにしっかり染み込むまで数十分おいてから、こすり落とすようにして磨きましょう。 1回では落としきれないような頑固な汚れも、時間や回数を重ねることで、徐々に柔らかくなって落としやすくなります。 黒ずみと同様に厄介な汚れが「黄ばみ」です。 黄ばみ汚れは、水面の辺り、ふち裏、便座とフタのすき間などに付着しますが、原因は尿に含まれるカルシウムなどが固まった尿石です。 つまり黄ばみはアルカリ性の汚れなので、反対の性質である「酸性洗剤」を使って中和させると落としやすくなります。 トイレ用洗剤には、塩素系漂白剤と酸性洗剤の2タイプが頻繁に使われますが、どちらにも「まぜるな危険」の文字が目立つように表記されています。 まざると人体に危険な塩素ガスを発生するので非常に危険です。 掃除中にうっかり併用しないように気をつけましょう。 どうしても汚れが落としにくい場合、クレンザーを使うのもいいでしょう。 成分に研磨剤が含まれているため、汚れを物理的に落とすのに向いています。 ただし、便器の表面に細かなキズがつくため、水垢などの汚れがより付着しやすくなったり、便器を傷める原因にもなります。 くり返しの使用は避けるなど、頻度や使い方には検討が必要です。 トイレの黒ずみを予防する方法 トイレの汚れは便器部分だけでなく、尿はねなどで床や壁にも飛び散っている場合があります。 黒ずみや黄ばみができてしまった後では対処が難しくなるので、日頃からこまめなお手入れを習慣化して、予防することが大切です。 たとえば用を足した際、目に見える汚れに気づいたら「トイレシート」ですぐに拭き取ったり、便器内の水が流れる部分をブラシで軽くこすり洗いするだけでも、雑菌の繫殖を抑えられます。 時間をなるべくかけたくない場合は「置き型洗浄剤」が便利です。 便器の表面を洗浄液がコーティングして、汚れがつくのを抑えます。 ジェルを直接便器につける「スタンプクリーナー」は、水を流す度に洗浄成分が溶けて便器全体に行き渡るので、掃除がしづらく見落としがちな便器のふちなどの黒ずみ予防にも効果的なのでおすすめです。 こまめな掃除習慣で、いつまでも清潔で快適なトイレを保とう 週に1回、時間をかけて丁寧に掃除するのもいいですが、こまめに掃除する習慣がつけば、1回の掃除にかかる時間や負担は確実に少なく済みます。 また、汚い状態を前にすると掃除する気が失せる…なんてこともなくなります。 黒ずみや黄ばみなどの頑固な汚れは、時間が経過するほどに落としにくくなるので、できる前の予防こそが結果的に清潔で快適なトイレを保つための一番近道な方法です。 進んで掃除をしたくない場所だからこそ、楽して簡単にお掃除できる場所に変えてしまいましょう!.

次の

トイレの黒ずみはパックしてこする!たわし・やすりの掃除は逆効果?|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

トイレ 黒ずみ 予防

トイレ掃除にクエン酸が有効?どんな時に使えばいいの?おすすめの使い方紹介 トイレ掃除の黒ずみや水垢汚れを落とすにはズバリ、 クエン酸を使うことが有効なんです! ではどのようにクエン酸を使えばいいのか、 より詳しく説明していきますね。 まずは クエン酸のスプレーを作っていきましょう。 スプレーボトルに クエン酸25gと 水を500㏄入れて よく振って混ぜます。 するとクエン酸のスプレーが完成。 あとはこれを便器内にスプレーして、3分ほど待ち、 ブラシでこすっていけば、簡単な黒ずみ汚れや水垢なら、 すぐに落とすことが出来ますよ。 ただし、水垢や黒ずみが頑固にこびりついてしまった場合は、 クエン酸をパックしていくのが良いでしょう。 まず便器内の黒ずみや水垢などの汚れ部分に、 クエン酸をスプレーしたら、 その上からトイレットペーパーをかぶせて覆います。 そして更にその上からクエン酸をスプレーして、 30分から1時間ほどそのままにしておきましょう。 時間が経ったら、水を流して軽くブラシでこすれば、 水垢も黒ずみもキレイに落とすことが出来ますよ! トイレットペーパーでパックすることで、 より汚れにクエン酸が浸透するので、 汚れが落としやすくなるんですよね。 ということで、ぜひクエン酸を使って、 便器内をキレイにしていくようにしましょう。 ちなみに、トイレを使った後、 クエン酸を便器内にスプレーしておけば、 消臭するだけでなく、汚れ予防にもなるのでおすすめ! ということで、クエン酸スプレーは ぜひトイレ内に置いておくと良いでしょう。 そうすれば汚れもしっかり予防できて安心なんですよ! やっぱり汚れがこびりついてしまうと大変ですからね…。 そうならないためにも、クエン酸を駆使して、 汚れを予防していくようにしましょう。 ちなみに我が家でも 掃除にクエン酸は大活躍しているので、 かなり個人的にもおすすめですよ! スポンサードリンク トイレ掃除に重曹も使える?手軽で効果的な重曹を活用した掃除方法を紹介 重曹もスプレーを作ることで、 トイレ掃除に使うことも出来るんですよ! 重曹もクエン酸の時と同じように、 スプレーボトルに入れて重曹スプレーを作っていきましょう。 ただし重曹の場合はぬるま湯を使った方が、 溶けやすくなるのでおすすめですね。 スプレーボトルにぬるま湯を適量と 重曹を小さじ1杯ほど入れてよく振って混ぜていきましょう。 そして便器内にスプレーを吹きかけて、 5分ほど待ってからブラシでこすり落とすようにしてくださいね。 すると便器内の汚れもしっかり落とすことが出来ます。 でももっとおすすめしたいのは、 重曹とクエン酸の両方を使う方法なんです。 トイレの便器内の黒ずみなどの汚れがひどい場合は、 まずクエン酸と重曹を粉のまま、振りかけてしまってください。 量はだいたい適量でOKですよ。 するとモコモコと発泡してくるので、 そのまま20分~30分放置してから、 ブラシでこすって水を流しましょう。 そうすればより便器内がキレイになりますよ。 頑固な汚れもスッキリと落とせるので、 ぜひ試してみてくださいね! 私もこの重曹とクエン酸を振りかける、 という方法を試したことがあるんですが、 本当に汚れが落ちるのですごくおすすめ! あとは軽くブラシでこすれば良いだけになるので、 トイレ掃除もすごく楽になるんですよね。 ということで、トイレ掃除には重曹も役立つので、 ぜひ覚えておくようにしましょう! 重曹はトイレ以外にも掃除に何かと役立つので、 あるとすごく便利ですよ。 洗面所の汚れを落とすのにも役立つし、 重曹は消臭や除湿効果もあるので、 色々と使える場面が多いんです。 先ほど紹介したクエン酸と同じように、 重曹もスプレーを作っておき、 トイレに時々吹きかけておけば、 汚れの予防にもなるのでとっても安心。 重曹とクエン酸って、本当に掃除に役立つんですね! ちなみに重曹スプレーは、 トイレ内の床や壁に吹きかけてこすれば、 消臭効果も発揮するので、 トイレの嫌な臭いの予防にもなりますよ。 トイレ掃除はこまめにするべきですが、 重曹やクエン酸を使えば、便器内の汚れは、 予防をすることが出来るのでぜひ実践していきましょう。 もうトイレの便器内をブラシで 必死にゴシゴシこすらなくても良いので、 とっても楽になりますよ! しかもトイレの汚れが予防されれば、 臭いもなくなるのですごく快適なトイレになるでしょう。 汚れと臭いの予防のためにも、 クエン酸と重曹を常備しておくようにしてくださいね! まとめ トイレ掃除にはクエン酸や重曹を使ったスプレーが有効! 便器内にスプレーしてから時間をおいてこすれば、 とてもキレイになるのでおすすめなんです。 しかも、重曹スプレーは壁や床に使えば、 消臭効果も発揮するので便利ですよ! やっぱり重曹やクエン酸ってすごいですね! 私もこれから、トイレ掃除や汚れの予防に、 クエン酸や重曹をどんどん活用していきたいと思います!.

次の