ラジエーションハウス ネタバレ 81。 ドラマ【ラジエーションハウス】のネタバレ!原作漫画の結末、最終回は?

ラジエーションハウス【第78話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

ラジエーションハウス ネタバレ 81

ラジエーションハウス【第78話】のネタバレ 上田恭平の選手生命を終わらせないためにイオリ先生が動く! まさにイオリ、動きます、といった様相である。 イオリは食い入るようにCTスキャンの画像を見つめていた。 イオリはある一点に目をやった。 上田恭平選手が7カ月前にプレシーズンマッチで負傷した部分である。 上田恭平選手はプレーが切れたあと、いきおいあまった相手選手に追突されてしまったらしい。 その結果は腰の打撲、比較的軽傷で済んだようだ。 アンちゃんや辻村先生たちもそのことは知っていて、レントゲン写真を見たが、なにも異常は見つからなかったという。 イオリ先生は上田恭平選手が頭を打ったということから、脳のMRIの写真を見る。 イオリ先生は七カ月前の上田恭平選手の脳の画像と現在の脳の画像を見比べた。 七カ月前のMRIの写真と比べると小脳が下垂していると。 つまり、髄液が七カ月前から少しずつ漏れ続けて今の症状が発生しているのではないかと。 このケースは非常にまわりも自分も気づかないことが多く、上田恭平選手の場合、そのままプレーに復帰したから悪化したのではないかと。 ラジエーションハウス最新話を含めグランドジャンプをすぐに無料で読む 以上、ラジエーションハウス【第78話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。 U-NEXTを使えばグランドジャンプ2020年4号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 今回のラジエーションハウスの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 自分が今そうじゃないと言い切れないからこえーよ! 次回のラジエーションハウス【第79話】掲載のグランドジャンプ2020年6号の発売日は2月19日になります! まとめ 以上、ラジエーションハウス【第78話】のネタバレ・感想を紹介しました 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

ラジエーションハウス【第78話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

ラジエーションハウス ネタバレ 81

彼との結婚の話が順風満帆に進むにつれて今日子にはどうしても確かめておきたいことがありました。 それは母親や兄弟などが女性特有の乳がんや卵巣癌にかかっていたことです!有名な話で終わりますがそれらの病は遺伝性が高く、今日子も毎年発病していないか検査を受けていて今年の検診も五十嵐が放射線技師として勤務する甘春総合病院にて異常なしとの診断を受けて一安心で帰路につこうとしていました。 たまきに気になることが その頃、技師として働くたまきはある懸念があったのです。 マンモグラフィー検査を自主的に受けた結果、乳がんとは明らかに言えないまでもマンモグラフィーだけでは判断できないような検査結果で、超音波検査を必要とするものでした。 しかし、現実をなかなか受け止めることができずまだまだマンモグラフィーの検査に慣れていない新人の広瀬にイライラを当たり散らすことも。 あくまで友人の診断画像だと偽って同僚や先生に自分の胸のMRI画像を見せるがやはり全員が再検査を進める結果に。 どうしたものか、なかなか仕事にも集中できない状況が続いていました。 五十嵐はデンスブレストに気づく 通常の医師であれば、異常なしで終わってしまう診断結果に待ったをかけたのが五十嵐でした。 今日子の胸部の画像を見て彼女がデンスブレストであることを見抜きました。 それは乳腺密度が濃いことを意味して、マンモグラフィーだけでは全ての症状を把握できないのです。 それに加えて彼女の場合は親戚に乳がん患者がおり、母親も乳がんで命を落としており、五十嵐は必死の形相で再検査を帰り際の患者本人と担当医に直談判しました。 しかし、異常なしのお墨付きをもらった今日子は何が何だか分からず、担当医も自分の診断結果が信用ならないのかと怒ってしまう始末に。 幼馴染の杏も表面上は病状が確認できない事例に逐一対応していたら病院が回らなくなると否定的な見解。 ラジエーションハウス ネタバレ 今日子は超音波検査を受けることに 次の日、やはり再検査(超音波検査)を五十嵐に強く勧められたこともあって気になり、今日子が病院を訪れます。 そして、一通り今の自分が置かれている状況について説明を受けた後今日子は悔しがりました。 母親を乳がんで亡くしていることもあって人一倍乳がんについては勉強して検査を受けてきた。 しかし、デンスブレストの可能性を指摘されたのは初めてで今までマンモグラフィー検査しか行ってこなかったからです。 病院側もそのことを告知することは五十嵐をのぞいていませんでした。 もしこれで乳がんが見つかったら。 結婚も控えているのに、、、。 ひたすらに五十嵐と放射線科医の杏は頭を下げて超音波検査を受けることになりました。 たまきも同じタイミングで 強気な性格が災いして自分の病気と真剣に向き合おうとしてこなかったたまきですが、すべての事情を把握した技師長の小野寺の勧めもあって、建前上は広瀬の勉強と訓練も兼ねて同じタイミングで超音波検査を受けることに。 まさに同時並行で2人の女性にとって今後を左右する乳がん検査が行われることになったのです!果たしてその診断結果は?放射線技師としてずば抜けた才能を持つ五十嵐はより鮮明に超音波画像診断できるように数値を調整していく。 そして浮かび上がってきたのは黒い1つの点、、残念ながら悪性腫瘍だった、、。 雰囲気が一気に重くなり凍りつくラジエーションハウス。 一方のたまきは広瀬と技師長の診察により腫瘍が柔らかいものであるとわかり、良性腫瘍だとわかった。 大きく運命を分けてしまった2人。 乳がんは決して珍しい病ではない 診察を終えて乳がんであることを伝える五十嵐と杏。 当然のことながら結果を聞いて落胆の表情を隠せない今日子。 しかも結婚を控えていて、年下の彼にどのような説明をすればいいのか分からない、、。 結婚自体を取りやめてしまおうか。 五十嵐と杏は何も気の利いたことが言えないでいた。 影から覗き込んでいたたまき。 自分は良性腫瘍だったからといっていっぽ間違えれば彼女と全く同じ状況に陥っていたこともあって他人事とは全く思えなかった。 「乳がんだからなんだって言うんです!?」 たまきは今日子にそう伝えた。 現在において女性の13人に1人の割合で乳がんを発症していることもあり、決して珍しい病ではない。 それよりも一生を共に過ごしたいと思える相手に巡り会えた奇跡的な出会いの確率を大切にしてほしかったのだ。 今日子は泣きながら頭を下げた。 外見なんて関係ない!! 彼が心配して病院まで駆けつけてくれた。 恐る恐る乳がんであったことを彼に伝えた。 もちろんびっくりした表情になる。 でも今日子が手術をすれば治ることを伝えると安心していた。 今日子にとっては片方の乳房を失うことで彼に申し訳なく、そして女性としての自信も失っていたが、彼はそんな彼女にこう伝えた。 「外見がなんだって言うんだい?僕だってメタボになるかもしれないし、頭もハゲてしまうかもしれない。 元気になれるならそれ以上何も望まないよ」 この言葉を聞いてやっと今日子の表情に笑顔が戻り、2人は手を繋いで帰っていった。 後日、今日子はオペを無事に終えて職場に復帰した。 そして編集者として自身の体験を元に、「乳がん検診に伴うデンスブレストにおける超音波検査の必要性」について特集を組んだのだ。 この記事は多くの女性の関心を集めて、甘春総合病院には乳がん検診患者が殺到した。 これだけ多くの女性が患ってしまう乳がん。 自分と大切な人の未来のためにも乳がん検診の必要性と重要性を訴えた素晴らしい放送回となりました。 ラジエーションハウス 再放送 感想 ラジエーションハウスは、普段はあまり関心の寄せられない放射線技師の世界観をわかりやすく視聴者に訴えかけてくれるので大変勉強になります。 通常の医者の目線ではなく、もう少し患者の目線に近い距離感にいてくれるからこそ見えてくる世界もあるのではないでしょうか?第3話の乳がんがテーマの放送回も事実を明瞭に描写しているからこそ、視聴者の中にも私も受けて見なくちゃと一念発起して検診に向かう方も増えたかもしれません!そしてその中に、超音波検査でしか発見できなかった乳がんが見つかった方がいたのなら、このラジエーションハウスのおかげで命が救われたことにもなります。 たくさんの方に見て欲しい。 決して病気や事故は他人事ではなく、明日は我が身としての心持ちを大切にして毎日を過ごして行きたいですね!.

次の

【ラジエーションハウス】ネタバレ感想!最終回まで初回(第1話)から随時更新【~放射線科の診断レポート~ 窪田正孝主演ドラマ】

ラジエーションハウス ネタバレ 81

窪田正孝主演 フジテレビ月9ドラマ 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」第8話 見どころ 今回の見どころは、天才放射線技師・五十嵐唯織(窪田正孝)が、 放射線科医の免許を持っていることが判明し、 放射線科医・甘春杏(本田翼)にもそれがバレてしまうところです。 杏が、たびたび見せる頭をかすめる痛みも気になります。 そして、新人放射線技師・広瀬裕乃(広瀬アリス)が唯織に対する、 自分の気持ちに気づき始めます。 それでは「ラジエーションハウス」第8話のあらすじネタバレです。 9日前、甘春総合病院に救急搬送されてきた魚谷久美(稲垣来泉)6歳。 MRI検査の結果、けいれん発作を起こした原因は、 脳が木の枝のように光る「ブライトツリーアビアランス」と判明。 これは、二相性急性脳症の特徴であった。 カンファレンスで、再度MRIの撮影をおこなうと告げる杏。 唯織と目が合い、何となくぎこちなくなる2人。 その様子を見ていた裕乃は、心がモヤモヤして落ち着かないことに気づく。 先日、放射線技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)は、 唯織が放射線科医の免許を持っていることを聞いて、 複雑な思いでいた。 将来有望な整形外科医・辻村駿太郎(鈴木伸之)が、 杏に「今度映画でもどう?」と誘うが、 杏は頭を押さえて「最近頭痛がする」と訴える。 小児科では久美の提案で、季節外れのハロウィンパーティーの準備が 進められていた。 ラジエーションハウスにもハロウィン用の願い事を書くカードが、 配られて来る。 右下腹部の痛みで若井陽子(佐藤めぐみ)という31歳の女性が内科を受診する。 診察が終わると、夫の祐一(板橋駿谷)が駆けつける。 アルバイト中の夫に負担をかけないように「盲腸だから心配ない」と、 伝える陽子。 祐一は「じゃ、仕事に戻るから」と、病院をあとにする。 そこを通りかかった久美は、落ち込んでいるような陽子に、 ハロウィンの願い事カードを渡す。 陽子は、本当は子供が欲しいが経済的な理由から夫に言えないでいた。 願い事カードに『子供が欲しい』と書くが、ゴミ箱に捨てて歩いて行く。 それを拾った放射線技師・黒羽たまき(山口紗弥加)は、 陽子の後ろ姿を見つめる。 陽子のカンファレンスが行われる。 診察部長兼放射線科長・鏑木安富(浅野和之)は、 レントゲン写真を見て虫垂炎に間違いないと診断する。 唯織が「虫垂炎じゃないと思います。 再検査を」と口を挟む。 遅れて来た杏が、話しを聞いてレントゲン写真を確かめる。 杏と唯織の見解は、「虫垂腫瘍」と一致する。 杏は、陽子に説明をして再検査を促す。 MRI検査の結果、やはり「虫垂腫瘍」だと判明。 唯織は「早く手術をしないと将来子供が産めなくなる」と話す。 杏は、陽子に診断結果を説明する。 「今まで子供なんていらないって言ってきた罰が当たった」と嘆く陽子。 鏑木は、杏と唯織が再検査したことを知り、 「俺の顔に泥を塗る気か」と激怒する。 放射線科に、明日のハロウィンパーティー用のお菓子が届く。 入院中の子どもたちでも食べられるようにと、 栄養士が作ったお菓子だった。 久美が、MRIの検査を嫌がり病室からいなくなる。 杏が無事見つけて、2人でエレベーターに乗る。 その時、エレベーターが故障して止まってしまう。 久美が、けいれん発作を起こして倒れてしまい、 ラジエーションハウスのメンバーが必死でこじ開けようとする。 エレベーターの外から、久美の様子を聞きながら指示を送る唯織。 やっとドアが開いて唯織の顔が見えた時、杏はホッとするのだった。 久美は処置室へ運ばれ、ホッとした杏は倒れそうになる。 後ろから抱きとめる唯織は、杏を心配そうに見つめる。 杏は、「大丈夫です」と慌てたように歩き出す。 その後、久美は回復し、唯織からなぜ久美がハロウィンを、 したいと言い出したのかを聞く両親。 病気で自由にお菓子を食べられない子供たちが、 お菓子を食べられるようにと考えたものだったのだ。 陽子から、手術日が決まったと報告を受ける杏。 黒羽が、陽子に「大切な人には、本当の気持ちを話して」と諭す。 家で祐一に「本当は2人の子供が欲しい」と打ち明ける陽子。 祐一は「うん、絶対に幸せにするから手術を受けて」と言う。 ラジエーションハウスの前で院長と小野寺が、 唯織が放射線医師であることを話している。 それを、ドア越しに聞いてしまう杏。 杏は急いでその場を立ち去り、エスカレーターで上に向かうが、 意識を失ってエスカレーターから転げ落ちてしまう。 見ていた唯織が、急いで駆け寄る。 その時、杏の願い事カードが落ちる。 そこには『ずっと一緒に働けますように』の文字が・・・。 感想 杏の頭痛の原因は、いったい何なのか気になるところです。 唯織が、原因を見つけて放射線科医として、 手術することになるのかもしれませんね。 唯織は、こっそり「杏ちゃん」と呼んでいるのに、 杏は昔のことを全く覚えていないんですよね。 ここにも何か秘密がありそうです。

次の