山下 達郎 ラジオ。 radikoのタイムフリー機能で『山下達郎のサンデー・ソングブック』を聴く

山下達郎、気管支炎で『サンソン』代役立てる「27年の番組史上初めて」

山下 達郎 ラジオ

シンガー・ソングライターの(66)が14日、自身がパーソナリティーを務めるレギュラーラジオ番組TOKYO FM『山下達郎のサンデー・ソングブック』(毎週日曜 後2:00)の冒頭、気管支炎のためライブを中止したことを謝罪し、番組27年の歴史で初めてピンチヒッターを立てることを説明した。 山下は今月11日、気管支炎と診断されたため、12・13日に予定していた東京・中野サンプラザ2daysの中止を公式サイトで発表したばかり。 この日の放送も事前に収録されたもので、山下は「6月よりツアーがスタートいたしまして、おかげさまで声のコンディションはこの10年で最良でありまして、今年はいいライブができるなと思ったのも束の間、好事魔多し、風邪をひいてしまいました。 医者に行ったところ、気管支炎と診断されました」と自ら経緯を説明した。 続けて「長いライブ生活の中でこのようなことは今までにも何度かありまして、たいていの場合は何本かライブをやっている間に次第に回復してくるものだったのですが、今回は悪いことに症状がなかなか改善しません。 私は現役生活44年の間、風邪でライブを中止したことは今まで一度もありませんでした。 しかしながら、さすがに最近は回復力が落ちてきているようです」とも明かした。 ベストコンディションに回復するために「一定程度の休養が必要と判断しまして、大変心苦しく、残念ではありましたけれども、12、13日の中野サンプラザ公演を中止させていただくことになってしまいました。 楽しみにしておられた皆さん、誠に申し訳ございません。 心よりお詫び申し上げます」と2公演中止を陳謝した。 番組についても「声の調子が万全でありませんので、『サンデー・ソングブック』27年の番組史上初めて、ピンチヒッターをお願いすることにしました」とし、山下の長年の友人で、所属レコード会社ワーナーミュージック・ジャパンの宮治淳一プロデューサーをピンチヒッターに立てることを伝え、その後は宮治氏が代わりを務めた。

次の

山下達郎、ラジオ番組でヘヴィメタルバンド・インペリテリの曲を紹介しリスナー騒然|ニフティニュース

山下 達郎 ラジオ

英ラジオ局「NTS Radio」は、山下達郎の楽曲(29曲)を特集した約2時間のミックス音源を公開した。 近年のシティポップ・ブームで海外でも高い人気を博す山下達郎。 NTSの記事では「YouTubeのアルゴリズムには、これまで聴いたこともなかったレコードを数100万回再生に導く力があります。 山下達郎の1982年のLP『For You』はそのひとつです」と紹介。 【トラックリスト】 1. TATSU YAMASHITA Overture 2. TATSURO YAMASHITA Fragile 3. TATSU YAMASHITA Storm 4. TATSURO YAMASHITA Every Night 6. 山下達郎 Windy Lady 8. TATSURO YAMASHITA Magic Ways 9. TATSURO YAMASHITA Midas Touch 10. TATSURO YAMASHITA YASUO SATO mix Love Space 11. TATSURO YAMASHITA The Theme From Big Wave 12. TATSURO YAMASHITA メリー・ゴー・ラウンド Marry-Go-Round 13. TATSURO YAMASHITA Nightwing 14. TATSURO YAMASHITA Solid Slider 16. TATSU YAMASHITA Daydream 17. TATSURO YAMASHITA 好・き・好・き Sweet Kiss! TATSURO YAMASHITA 踊ろよ、フィッシュ Odoroyo, Fish 19. NIAGARA TRIANGLE ドリーミング・デイ 20.. SUGAR BABE Down Town 22. TATSURO YAMASHITA Interlude II 23. TATSU YAMASHITA Ride On Time 24. TATSURO YAMASHITA Misty Mauve 26. TATSURO YAMASHITA Sparkle 27. TATSURO YAMASHITA アトムの子 Atom No Ko 28. TATSURO YAMASHITA Plastic Love Live 29. TATSURO YAMASHITA 踊ろよ、フィッシュ.

次の

山下達郎、ラジオ番組でヘヴィメタルバンド・インペリテリの曲を紹介しリスナー騒然|ニフティニュース

山下 達郎 ラジオ

2020. 13 シンガー・ソングライターの山下達郎が12日、ラジオ番組「サンデー・ソングブック」(TOKYO FM)に出演し、新型コロナウイルスによって起きている社会や政治の不安について持論を述べた。 ネットでは発言を支持するコメントが多いようだ。 山下は自宅からテレワークで出演した。 番組の冒頭で「政治的な言説に深く立ち入らないようにしている」と前置きした上で「政治的な対立を一時休戦して、いかにウイルスと戦うかを、この国のみんなで、世界中のみんなで助け合って考えなければならないときです。 なんでも反対、なんでも批判の政治プロパガンダはお休みにしませんか。 責任追及や糾弾は終息後にいくらでもすればいい」とコメント。 「こういうときは冷静さと寛容さが何より大事。 静かに落ち着いて物事を語りましょう」と述べ「医療従事者や人知れず働く人々に思いを馳せ、我々は我々にできることを」と感染防止に努めるよう呼びかけた。 ツイッターでは「山下達郎のようなマトモな芸能人が居てることは救われるよね」「あまりにも真っ当な発言に物凄くホッとしたと同時に、物凄く嬉しかった」「さすが達郎」と共感を覚えたという投稿が相次いだ。 一方、緊急事態宣言が経済に与える影響について、経済的な余裕がある人気ミュージシャンだから言えるのだと冷めた見方をする人もいた。 また、「模範解答は山下達郎とかさだまさしだよ。 今は党派性を出す時じゃない」と、7日に新型コロナウイルスとの向き合い方についてインスタグラムで考えを述べた、さだまさしと並べて評価する声もあった。 社会的な不安が広がるなか、音楽界の重鎮が存在感を示している。 いや、こんな凄まじく酷い政治は批判して変えないと人が死ぬよ。 誰がトップだと思ってるんだよ、あの愚かで極悪な安倍さんなんだよ。 スガシカオさん、糸井重里さん、山下達郎さん。 あなた方の理想とする「冷静で寛容な人」が今まで何か国を良くしてくれたことがあるんですか? むしろそういう人達って壊れてく日本を黙って見てた戦犯なんじゃないですか?私の思う本物の「冷静な人」は全員政治的立場に関係無く政府を批判してます。 山下達郎の発言よりも、松尾潔の発言を支持する。 もちろん達郎の音楽は好きだし、あの人の作家としての才能や職人的ストイックさは 言を俟たないとは思うけど、昨日のラジオでの発言は何か違うと思った。 沈黙より批判を、迎合より改革を求めるのを止めたら、 それはもはや民主主義ではないと思うから。 山下達郎さんや三浦知良さんの「批判はやめよう」トークにモヤモヤしている皆さん、やっと判明しました。 これは、「トーン・ポリシング」という「話し方を取り締まる」「特権擁護の手段のひとつ」でした。 意識無意識に関わらず、これは罠です。 惑わされずひるまず権力批判を。 一応言っとく。 俺は山下達郎の作品は好きだよ。 彼は天才でありレジェンド。 ただ今回のあの発言はちょっとがっかりというか、党派性を超えた連帯を求めるなら誰しも前提とする信条があるはず。 それを問わずにする連帯に意味なんてある?権力を批判しながら連帯を呼びかけることこそ民主主義だと俺は思う 山下達郎氏「なんでも反対、何でも批判の政治プロパガンダ」 こういう事書かれるとホントバカにされてるのかなって思うよね。。。 まるで考えなしに反対し批判しているかのような物言い。 しかも「プロパガンダ」の使い方間違ってるよね。。

次の