高速バス 三重。 三重から東京ディズニーランド/TDR/TDL/TDSの行き方(高速バス)

西武高速バス 鳥羽線|西武バス

高速バス 三重

名古屋駅を経由すると、名古屋駅からは東京ディズニーランドへの直行便があり便利です。 また、東京方面行きも複数の路線があります。 高速バスの注意点は、地域によって乗車時間が約9〜10時間かかるので、慣れていないと体調不良になる可能性もあるので注意も必要です。 また、同じ姿勢で長時間の乗車になるため小さなお子様連れには不向きかもしれません。 格安高速バスなど路線によっては、座席が4列シートの狭いタイプの場合もあります。 (到着後のことを考えると、料金は上がりますが3列シートの落ち着ける独立タイプがおすすめです。 乗り換えと移動と乗車時間など含めると、TDLに約07時20分ごろ到着予定。 高速バスと電車を比較してみると、高速バスは鳥羽・伊勢・松阪・津などからは池袋行きの夜行便が運行しています。 また、夜行高速バスだと朝に到着するので一日を有効利用できます。 鉄道は名古屋駅経由で新幹線を利用すると時間短縮できて便利です。 新幹線のチケットはネットの「EX予約」などのサービスを利用することで割引価格で購入可能です。 <東京駅周辺から舞浜駅(ディズニーランドの最寄り駅)の行き方> 高速バスは東京駅以外の池袋などの周辺に到着する便もあります。 東京駅到着の便でも運行会社によって東京駅の降車場所が異なることがあります。 ・の詳細はこちらをご覧ください。 ・の詳細はこちらをご覧ください。 [ 電車を利用 ] ・三重から名古屋まで近鉄線やJR関西本線で行き、名古屋駅から東京駅まで新幹線を利用するのが時間の短縮も出来て便利です。 新幹線は時間も比較的早く発車本数も多いので利用しやすいです。 (*注意点としては約15分かかるので長く感じるかもわかりません。 ) 新幹線のチケットはネットのサービスを利用することで割引価格で購入可能です。 詳細は、のページをご覧ください。 ・(東京ディズニーリゾートの最寄り駅)の行き方の詳細はこちらのページです。 ・の詳細はこちらをご覧ください。 〇名古屋を経由すると、名古屋駅から東京ディズニーランドへの直行便が運行しているので利用すると便利です。 始発場所の鳥羽バスセンターを「約20時20分と約21時30分」に出発し、池袋駅に「約06時15分と約06時50分」に到着する便が運行しています。 料金は、鳥羽バスセンターからだと片道の通常運賃で約8,200〜12,000円となっています。 (曜日や繁忙期などで料金は変動します。 また、早割などの割引サービスもあります。 ) (伊勢市駅からは通常運賃で約7,400〜11,300円、松阪駅からは通常運賃で約7,200〜11,000円など、乗車場所によっても異なります。 始発場所の名張市役所を「約21時25分」に出発し、池袋駅に「約05時59分」に到着する便が運行しています。 料金は、名張市役所からだと片道の通常運賃で約7,400〜9,900円となっています。 (曜日や繁忙期などで料金は変動します。 また、早割などの割引サービスもあります。 ) (上野市駅からは通常運賃で約7,200〜9,900円、近鉄四日市からは通常運賃で約6,200〜9,900円など、乗車場所によっても異なります。 ・ドリーム号は、東京駅行きの路線です。 の詳細はこちらのページをご覧ください。

次の

高速バスへステップアップ

高速バス 三重

三重県の主要都市と首都圏を結ぶ夜行バス。 スーパーハイデッカー・3列シート車両を使用しています。 2号車以降は4列シートの場合あり 鳥羽発着路線のうち1往復は、地域子会社の三交伊勢志摩交通が運行を担当しています。 三重県北中部の各地を経由します。 西武観光バスとの共同運行。 三重県南部の各地を経由します。 西武観光バスとの共同運行。 伊賀地域と四日市を経由します。 また、鉄道での直行手段が無い名古屋・伊賀上野間にも路線を展開しています。 主にハイデッカー車両を使用し、白地に緑のV字ライン塗装が基本。

次の

高速バス|三重県バス協会

高速バス 三重

「無理のない運行スケジュールで安全運行」 三重交通は街でよく見かける緑と白の路線バスだけでなく、名古屋を中心に大阪・京都、東京などに向かう都市間高速バスを運行しています。 私が現在乗務するのは、三重県四日市市から大阪・京都に向かう高速バスです。 片道の乗務時間は2時間から3時間位です。 大阪線は休憩を1回はさみます。 どちらも日帰りの勤務になりますので、京都線は2時間位の休憩で四日市に折り返し運行、大阪線は余裕があり、6時間ほどの休憩時間を挟んで帰ってきます。 休憩時間は個室の休憩室でリラックス。 運転士は休むのも仕事ですから。 安全運行を第一に考えていますので無理な運行は一切なく、運転士は乗務に集中できるんですよ。 「先端技術と安全運転に対する強い意識」 高速バスというと乗務の殆どが高速道路の走行です。 スピードも出るしもちろん安全には充分に気を付けて乗務に就いています。 が、最新型のバスは様々な先端技術が投入されており、我々運転士を助けてくれるんです。 危険を察知・警告したり速度や車間距離を保つアシストがあったりと、以前とは比べ物にならないくらい技術が発達し、安全性が格段に向上しています。 もちろん、その技術に頼るだけではなく、安全運転への強い意識と技術向上への日々の努力は欠かせません。 常に変化する道路状況の把握や予測運転、早めの指示機器操作など高速バスを乗務するうえで大切な事はたくさんあります。 先端技術の安全性を引き出すのは我々運転士なんですよ。 「高速バス乗務というもの」 私の担当する「鳥羽大宮線」は、20:00に鳥羽バスセンターをスタート。 途中、三重県内の各バス停に立ち寄りお客様を乗せ、高速道路を走行。 横浜、新宿などの大都市を経由し、翌朝7:00頃に大宮に到着します。 折り返しの乗務は20:30から。 それまでは個室休憩室で休息をとりますので、無理なく乗務できるんです。 夜中の運転が多いので体調管理は大切です。 日頃より充分に休むようにしています。 また、高速走行は広く走りやすい道が多いとはいえ、スピードが出ます。 車間距離を充分にとる、急がない、常に余裕のある運転をする事も大切です。 運行は2名の交替制。 これは交代要員というだけでなく、何か対応が必要な時には互いに協力して対処できますので心強いです。 また、営業所も24時間稼働していますので、いざという時に頼りになります。 「憧れのバスに乗務する」 長距離高速路線を走る大型バスはトルクフルなエンジンや安心感のあるブレーキはもちろん、最先端の装備が満載。 私は20代の頃、営業所にある大型の高速バスとそれを操る先輩運転士に憧れていました。 「自分もいつかあのバスに!」って。 もちろん、都市間高速バスに乗務するにはそれなりの技量が必要です。 その目標に向かって、これまで以上に「安全運転」「丁寧な運転」を心がけ、お客様からも会社からも信頼される運転士を目指しました。 初めて乗務した時は、緊張もありますが喜びが大きかったですね。 「憧れのバスに乗っているんだ!」って。 運転士として技術的にも精神的にも成長しステップアップしていく為には、常に向上心と探究心を持つことと、目標を設定し、実行する強い気持ちを持つことが大切です。 都市間高速バスに乗務をすると全国各地を走る他のバス運転士さん達と道路ですれ違います。 内緒ですが「負けないぞ!」って思いますね。 (笑) 高速バスの運転席からは、また新しい景色(未来)が見えます。 ぜひ、運転士を目指す皆さんにも挑戦してもらいたいですね。

次の