コンパス お 問い合わせ。 コンパスのゲームでデータが消えて復旧できた方に質問したいのですが、問...

お問い合わせ|コンパス

コンパス お 問い合わせ

代表取締役社長 林 雅則 便利のその先へ 我が国の購買行動の起点として、スマートフォンが占める重要性はますます高まっています。 ネット通販のようなEコマースの分野から広がり、スマートフォンを活用した金融サービスも拡大しつつあります。 実際にスマホ1台あれば、銀行や証券取引ができるだけでなく、FinTechの登場により従来の金融機関の役割が分解(アンバンドリング)され新しい金融サービスが登場してきました。 また、複数の金融機関の情報が1つのアプリで管理できるPFM(Personal Financial Management:個人金融管理)という非常に便利なサービスも登場、既に1,000万人以上の方に使われており今後のさらなるユーザー数の拡大が見込まれます。 このように、便利なサービスや革新的な金融サービスが次々と登場しているのに、老後2,000万円問題が大きな話題となったように、日本では将来のお金に対し今までにも増してより多くの人が不安を抱いているようです。 最新のデジタル技術だけでは、人々の「不安」には十分な対応をすることはできないということです。 当社が金融機関や事業会社(以下、提携先といいます)と提携して提供する「おかねのコンパス」は、最新のFinTechテクノロジーを駆使するサービスではなく、既にある便利なサービスを、ユーザー目線でリバンドル(再構成)し、そこに提携先とそのお客さまを結びつけることで、「資産を管理しているだけ」の状態から、ユーザーが安心して「資産を活用できる」ことを可能にするサービスです。 デジタルだけでは解決しない「便利のその先」を、提携先のお客さまの「しあわせな未来につながるサービス」を、ともに造り続けていきたいという思いで業務に取り組んで参ります。 会社概要 2020年1月現在 商号 株式会社 マネーコンパス・ジャパン (Money Compass Japan Co. , Ltd.

次の

コンパス~山と自然ネットワーク~

コンパス お 問い合わせ

代表取締役社長 林 雅則 便利のその先へ 我が国の購買行動の起点として、スマートフォンが占める重要性はますます高まっています。 ネット通販のようなEコマースの分野から広がり、スマートフォンを活用した金融サービスも拡大しつつあります。 実際にスマホ1台あれば、銀行や証券取引ができるだけでなく、FinTechの登場により従来の金融機関の役割が分解(アンバンドリング)され新しい金融サービスが登場してきました。 また、複数の金融機関の情報が1つのアプリで管理できるPFM(Personal Financial Management:個人金融管理)という非常に便利なサービスも登場、既に1,000万人以上の方に使われており今後のさらなるユーザー数の拡大が見込まれます。 このように、便利なサービスや革新的な金融サービスが次々と登場しているのに、老後2,000万円問題が大きな話題となったように、日本では将来のお金に対し今までにも増してより多くの人が不安を抱いているようです。 最新のデジタル技術だけでは、人々の「不安」には十分な対応をすることはできないということです。 当社が金融機関や事業会社(以下、提携先といいます)と提携して提供する「おかねのコンパス」は、最新のFinTechテクノロジーを駆使するサービスではなく、既にある便利なサービスを、ユーザー目線でリバンドル(再構成)し、そこに提携先とそのお客さまを結びつけることで、「資産を管理しているだけ」の状態から、ユーザーが安心して「資産を活用できる」ことを可能にするサービスです。 デジタルだけでは解決しない「便利のその先」を、提携先のお客さまの「しあわせな未来につながるサービス」を、ともに造り続けていきたいという思いで業務に取り組んで参ります。 会社概要 2020年1月現在 商号 株式会社 マネーコンパス・ジャパン (Money Compass Japan Co. , Ltd.

次の

#コンパス攻略

コンパス お 問い合わせ

代表取締役社長 林 雅則 便利のその先へ 我が国の購買行動の起点として、スマートフォンが占める重要性はますます高まっています。 ネット通販のようなEコマースの分野から広がり、スマートフォンを活用した金融サービスも拡大しつつあります。 実際にスマホ1台あれば、銀行や証券取引ができるだけでなく、FinTechの登場により従来の金融機関の役割が分解(アンバンドリング)され新しい金融サービスが登場してきました。 また、複数の金融機関の情報が1つのアプリで管理できるPFM(Personal Financial Management:個人金融管理)という非常に便利なサービスも登場、既に1,000万人以上の方に使われており今後のさらなるユーザー数の拡大が見込まれます。 このように、便利なサービスや革新的な金融サービスが次々と登場しているのに、老後2,000万円問題が大きな話題となったように、日本では将来のお金に対し今までにも増してより多くの人が不安を抱いているようです。 最新のデジタル技術だけでは、人々の「不安」には十分な対応をすることはできないということです。 当社が金融機関や事業会社(以下、提携先といいます)と提携して提供する「おかねのコンパス」は、最新のFinTechテクノロジーを駆使するサービスではなく、既にある便利なサービスを、ユーザー目線でリバンドル(再構成)し、そこに提携先とそのお客さまを結びつけることで、「資産を管理しているだけ」の状態から、ユーザーが安心して「資産を活用できる」ことを可能にするサービスです。 デジタルだけでは解決しない「便利のその先」を、提携先のお客さまの「しあわせな未来につながるサービス」を、ともに造り続けていきたいという思いで業務に取り組んで参ります。 会社概要 2020年1月現在 商号 株式会社 マネーコンパス・ジャパン (Money Compass Japan Co. , Ltd.

次の