財布 おろす 日 2020。 財布を使い始める時間帯はいつが良い?!2020年のベストなタイミングは?

3月で財布の使い始めに縁起のいい日はいつ?おろす日を見極めて金運アップ

財布 おろす 日 2020

Contents• 2020年財布をおろすのに、最適な開運日がこちら!! 『財布を買いたい』とか、『財布を買ったけど、まだ財布をおろしていない』という方は必見です。 ところで、『この3つの縁起の良い日って何?』と思われた方に、各々どんな特徴があるのか説明いたします!! 天赦日 てんしゃにち、てんしゃび 天赦日は、日本の暦の上では最高の吉日とされているようですね。 天が赦す ゆるす 日ということで、入籍、開業、引っ越し、財布の新調など、何かを始めるには最適な日になります。 この天赦日ですが、年間で約6日ほどあるのですが、かなり貴重な日になりますね。 一粒万倍日 いちりゅうまんばいび 一粒万倍日は、何事を始めるのに良い日と言われてますね。 特に仕事始め、開店、種まきやお金を出すことは「吉」。 漢字からも推測できますが、一粒のもみが万倍になる日なので「吉」となることを行うと、万倍の効果が期待できると言われてますね。 寅の日 寅の日は、最も金運の高い金運招来日と言われてますね。 「お金を招いて来てくれる日」ということで、財布の新調や財布をおろす日に最適な日といえますね。 2020年は「天赦日」、「一粒万倍日」と「寅の日」が同じ日に重なることはありません。 しかし、いつの日かこの3つの日が重なったスーパー開運日におろした財布は一生モノの財布になるかも知れませんね。 スポンサーリンク 財布をおろしてはいけない、絶対にさけるべき日っていつ!! 絶対にさけるべき日は、「不成就日」ですね。 何事も成就しない日で、すべてのことが「凶」となる日です。 2020年の「不成就日」がこちら!! 不成就日 1月 8日 水 、16日 木 、24日 金 、27日 月 2月 4日 火 、12日 水 、20日 木 、25日 火 3月 4日 水 、12日 木 、20日 金 、24日 火 4月 1日 水 、9日 木 、17日 金 、26日 日 5月 4日 月 、12日 火 、20日 水 、26日 火 6月 3日 水 、11日 木 、19日 金 、25日 木 7月 3日 金 、11日 土 、19日 日 、26日 日 8月 3日 月 、11日 火 、21日 金 、29日 土 9月 6日 日 、14日 月 、18日 金 、26日 土 10月 4日 日 、12日 月 、17日 土 、25日 日 11月 2日 月 、10日 火 、18日 水 、26日 木 12月 4日 金 、12日 土 、19日 土 、27日 日 財布は金運と結び付く物なので、出来るだけ縁起の良い日に新調したり、おろしたいですね。 ここまで、財布をおろす日について、開運日や不成就日について見てきましたが、古い財布を捨てる時は、天気に気をつける必要がありますね。 財布を捨てる日は、こんな天気の日だった!! 財布は、「雨の日」に捨てる。 『なんで、雨の日?』と思われるかもしれませんが、風水では「水の日」は金を増やすと言われているようです。 そのため、水に関する日に古い財布を捨てると良いとされてますね。 もちしるべです。 ドイツミュンヘンで2014年から生活してます。 13年間のサラリーマンライフに区切りをつけて、寿司を学びドイツに渡って現在に至ります。 日本のこと、ドイツのことなど、私が興味を持っていることについて発信してます。 詳しく知りたい方は今すぐ!! 今週の人気記事• Twitter カテゴリー•

次の

新しいお財布のおろし方で金運が決まるって本当?

財布 おろす 日 2020

みなさんはお財布を変えるとき、どんなことを気にされていますか? もしお財布を変えることで、金運がアップするなら最高ですよね。 2020年は風水的に「金(ごん)」の気を持つ年とも言われ、豊かさやお金を意識するには最適の年とされています。 毎日使うお財布を今一度見直して、自分にぴったりの色や形の財布を選び、さらに運気を上げませんか?今年おすすめの財布、金運の上がる財布の色や素材は?2020年の買い替え時、使い始めはいつが良い?財布の寿命、財布の捨て方は?など、風水にもとづいた金運アップの財布選びの方法をご紹介します。 金運が上がる財布学について学んでいきましょう! 【この記事の目次】• ずばり!今年おすすめの開運財布はこれ! 今年おすすめしたい最強の開運長財布は、こちらのがま口長財布!オススメポイント3つをご紹介します。 今年の運気を味方に出来る色で、金運アップにはぴったりのカラーでもあります。 黄色の中でも特にクリームイエローは楽しみごとの運気が強く、楽しく使えるお金が増えていきます。 さらにがま口など金具部分のゴールドも、お金を引き寄せるポイントに。 風水的にも縁起が良いと言われており、特にヘアカーフのような上質なものほどおすすめ。 合成皮革やナイロンなどは、革製品に比べてエネルギーが強くないため、やはり本革の財布を使のが良いでしょう。 また品質が良いものほど、持ち手によいエネルギーを強く与えてくれるのです。 せっかく新調するお財布。 品質はできるだけ良いものを選びましょう。 風水で言われている財布の寿命 そろそろ財布を買い替えたいけど、今の財布もまだ使えるし・・財布の替え時っていつなんだろう?と思っている人も多いのではないでしょうか。 風水では、財布の寿命は1,000日と言われています。 つまり約3年という期間になります。 何年にも渡って大切に使い続けることはとても良いことですが、財布も人と同じように寿命があります。 3年を過ぎると、徐々にお金が出て行きやすくなる、とも言われています。 また、3年経っていなくても、財布が汚れていたり、くたびれていたり、変色していたり・・・と、清潔な状態を保てない場合は、今すぐにでも新調を考えたほうが良いでしょう。 お金の出し入れがスムーズでないと、お金を生み出す力が弱ってしまうからです。 とはいえ、バックが小さいので折り財布でないと入らない、かさばる財布を持ち歩きたくない、という人もいるでしょう。 そういう場合はデザインがおそろいの長財布と折財布を用意して、両者を使い分けるのがおすすめです。 デザインをおそろいにするのは、2つの財布の間を行き来していることをお金に気づかせないようにするため。 この使い方であれば、ずっと長財布を使っているのと同じ効果を得られます。 ただし、メインの財布はあくまでも長財布なので、一定期間の間折り財布を使ったら、必ずしばらくの間は長財布に戻すようにしてくださいね。 開運におすすめ!花柄財布 さて、長財布と折り財布、ふたつの財布の使い方をご紹介しましたので、折り財布のオススメの柄もご紹介します。 折り財布のデザインは、長財布とおそろいのデザインだとお金を循環させ、遊び心のあるデザインはお金を呼び込んでくれます。 特に、ハートやリボン、花柄がオススメです。 花柄は結婚運をアップさせるモチーフであり、ワンポイントや型押しタイプでも効果があります。 逆に、猫や蝶、チェリーや馬などをかたどったお財布は、風水的には「火の気」に属するため、避けたほうがいいと言われています。 2020年、金運の上がる財布の色は何? 風水で色は意味があります。 ただ日本風水と中国風水では全く色の意味合いが異なります。 まずは日本風水をご紹介します。 ピンク色の財布 ピンクは幸せをもたらす、玉の輿に向いている色とも言われています。 金運だけでなく、恋愛運や結婚運、仕事運などが総合的にアップする色で、プレゼントをもらう、おごってもらうなど、「棚ぼた」的運気も受けやすくなります。 さらにピンクとゴールドの組み合わせはより運気をあげるといわれており、金具やロゴがゴールドだと、効果が倍増するのでおすすめです。 ビビットなピンクは楽しく使えるお金が増えていき、色が淡くなればなるほど、棚ぼた度がアップします。 また恋愛や出会いを通じて金運が高まるとされている色です。 黄色の財布 「金運にきく財布と言えば黄色!」と思っている方も多いのではないでしょうか?黄色は楽しみごとが増え、お金の動きが活発になると言われており、イメージ通り金運アップには効果があります。 ただし、お金の動きが活発になる=出ていくお金も増える、という傾向もあり、これを防ぐためにはクリームイエローなどの薄い黄色を選ぶと良いでしょう。 楽しくお金が使えるうえに、金毒を押さえてくれるのでお金が減りづらくなります。 黒色の財布 黒は今の運気や財を「守る」という力が強い色。 なのでお金をふやすというより、すでに一定の財力を手に入れた人が使うとお金の支出を抑える効果があると言われています。 赤色の財布 中国風水では、お金の出入りが非常に激しい色とされています。 日本では赤字になる色と言われ、NGな色としてよく知られています。 青色の財布 青色は水を表していて、お金を流す色と言われています。 そのため、日本風水ではこちらもNGな色と言われています。 緑色の財布 地道にお金を増やしていきたい人向け。 仕事でコツコツ財を築きたい人をサポートしてくれます。 色自体に大きな金運を呼び込む力はありませんが、着実に全ての運が伸びていく色と言われています。 また自分自身が頑張れば頑張るほど、それに見合ったものがやってくる財布の色と言われています。 ゴールド、シルバーの財布 ゴールドやシルバーといったメタリックカラーのお財布もお金を増やす効果があります。 ゴールドは財を築くとともにお金の循環をよくしてくれる働きがあるので、「パーッと派手にお金を使う」タイプの人に向いています。 シルバーはひっそりと知らないうちに少しずつお金が増えていく効果があるので、「使う」より「増やす」ことを重視したい人におすすめ。 これらは全て日本風水から見た財布の選び方です。 日本風水の他に、中国風水もあります。 中国風水による金運が上がる財布の選び方2020 中国風水について書いていきます。 まず「五行ってなに?」ってことですが、 風水学では宇宙・万物はすべて、木・火・土・金・水の気でできていると考えられています。 5つの気は「互いに影響を与え合い、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環する」という考えが風水の根底に存在します。 これを風水では、人間にも当てはめてその人の性格・相性などを調べて人間関係に活かしました。 じゃあ、どういう風に財布を選んでいるんですか?と言われているので中国風水の選び方を紹介したいと思います。 自分の五行から財布選びをしていくことが大切なのです。 自分がどの属性なのかは、「五行占い」などで検索してみてくださいね。 生年月日を入力すれば簡単に調べることができます。 〇五行の表す色 五行はそれぞれ色に例えられます。 牛革の財布 一番おすすめなのが、牛革。 牛革は土属性の属するので豊かさを表してお金を貯める効果があるとも言われています。 羊革の財布 こちらは火の属性となります。 火の属性の財布らしく活発で、人脈などの運気アップも見込めそうです。 ワニ柄(クロコダイル)の財布 トータル的に効果があるといわれています。 トレンドのアニマル柄の中でも、クロコダイル柄は最近人気なってきてますね! パイソン(蛇皮)の財布 蛇皮の財布は金に属する財布です。 しっかりと取捨選択能力がアップする財布素材といえそうです。 財布の購入日・使い始めはいつにする? 財布を購入したら、いつから使おうかな?どうしようかな?と思う人も非常に多いでしょう。 使い始めの時期を見ていきましょう。 春 春に財布を購入することは昔から縁起が良いとも言われています。 春だと張るという意味合いでお金もザクザク稼げるとも言われていました。 春は立春の2月4日~3月4日までの期間となります。 秋 秋といえば、収穫の時期になります。 そのため、この秋に財布を使うのも縁起がよいといわれています。 秋なら9月23日の秋分~11月24日までの期間となります。 誕生月 自分が生まれた月は、そのパワーがアップします。 ぜひ自分自身への誕生日プレゼントに財布を考えてみてはいかがでしょうか? 寅の日 「虎は千里往って千里還る」という諺があるように、虎は一日で千里もの道を往復できるということから、出て行ったものがすぐに戻ってくるという意味があります。 そのため、この日は旅立ちに良いとされ、「お金を使っても戻ってきてくれる」ともされているのです。 また、財布を新しくすると出て行ったお金が戻ってくる、などとも言われています。 「寅の日」はお金を呼び寄せ、さらに使ったお金を呼び戻すお金持ちには欠かせない日と言えるでしょう。 日本では弁財天の使い、または弁財天の化身だとする信仰が生まれ、金運に結びつく生き物だと言われており、蛇の夢をみると縁起が良いと言われるほどです。 この巳の日に、お金にまつわるお願いをすれば、蛇が使いとなって弁財天に届けてくれるそうで、金運・財運アップの日とされています。 この「弁財天」という神様、正式名称は「弁才天」です。 「才」は才能を意味するもので、芸術の神様として信仰する人もいます。 ちなみにこの日とよく似た日があり、それが「己巳(つちのとみ)の日」です。 巳の日は12日周期で訪れるのに対し、「己巳の日」は60日に一回訪れる貴重な日。 「己巳の日」は弁財天様の縁日であり、金運的には巳の日以上に吉日とされている日だそうです。 お財布を変えるにはもってこいの日ですね。 そのため何事を始めるにも良い日で、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされています。 どんなこともうまくいくような大吉の日なんですよね。 暦の中でも、かなり貴重な吉日です。 2020年は7日しかありません。 2020年の天赦日 1月22日(水) 2月5日(木) 4月5日(日) 6月20日(土) 9月2日(水) 11月1日(日) 11月17日(火) 最強の日 2020年、最強の日はこの5日! 1月22日 天赦日+一粒万倍 2月5日 天赦日+寅の日 4月5日 天赦日+寅の日 6月20日 天赦日+一粒万倍 使っていた財布の捨て方 ちなみに使っていた財布を捨てる場合は、そのままゴミ箱に入れる、リサイクルショップに持っていくなどが多いと思うのですが、一番は神社に持っていくのをおすすめします。 ありがとうという気持ちを持って、後は神社にお願いするのが良いかもしれません。 お財布金運アップ方法 財布を買い替えて、「よーし、私もこれで金運アップだ!」と思っているのではないでしょうか?いえいえ、まだまだこれから。 金運をアップさせる財布の使い方というのがあるのでお伝えしますね! お金の向きを揃えて頭から財布に入れる 財布の向きを揃えるのは常識ですが、これを頭から財布に入れましょう。 こうすることで財布からお金が出にくい状態を作ると言われています。 レシートを入れっぱなしにしない レシートを入れっぱなしにしないことが大切です。 できたら財布と別にレシート入れを持ちましょう。 お金を出す時は出し惜しみせずに「いつもありがとう」と心の中でつぶやく お金を出さないといけない時に渋っているとお金の流れを悪くしてしまいます。 そのため、お金を出す時は「いつもありがとう」と自分がお金を出せる状態に感謝しましょう。 財布を清潔な所に保管をしましょう 財布は清潔な場所に保管することが大切です。 財布の力を保つことができます。 サブ財布を持ちましょう 外出用と保管用の財布を持ちましょう。 外出時は必要なお金だけを外出用の財布に入れて出かけましょう。 帰ってきたら保管用の財布に全てお金・カードに入れ替えましょう。 保管用はお金がくつろげる長財布がおすすめです。 財布はいつも磨きましょう 財布を十分長持ちさせるためにも財布を常に綺麗に磨いていきましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 色や素材、使いはじめの時期など、参考にしていたただけますと嬉しいです。

次の

【2020年下半期】財布を買う日・使い始めはこの日が金運アップ!

財布 おろす 日 2020

今回はお財布の使い始めについてです。 いろいろ験担ぎがあるのでご紹介します。 お財布を買い換え時期に良い「 春財布・秋財布・締め財布」とは? 普段使っているお財布。 お金とは切っても切れない関係にあります。 そんなお財布を買い換えるとき何を基準に選んでいますか?• 新しい財布が出た時?• 欲しい財布が出た時?• 使っているのが壊れたとき? いろいろタイミングがあると思います しかし、財布をかうならただ買うのではもったいない。 実は買い換えの時期で金運アップにもつながるからです。 ではどのタイミングでかいかえればいいのか? 財布の換え時期は3種類あります。 春財布• 秋財布• 締め財布 それぞれ説明してきます。 春財布とは? まずは 「春財布」です。 「春財布」とは別名「 張る財布」とも言われ、縁起がいいとされています。 春は冬を越えて花や草木が沢山芽吹きます。 それにあやかり、財布がパンパンに張るという意味が込められています。 春財布の時期ですが諸説あります。 主に2種類ほどあり二十四節気で以下の期間が「春財布」の時期と言われています• 秋財布とは? 続いてご紹介するのが「 秋財布」。 「秋財布」とは秋というと同じ同じ音の言葉で「飽き」「空き」などがあります。 ネガティブなイメージがありますが、実りの秋に例え「 財布が実る」と言われています。 お金が貯まると秋財布も金運アップに良いとされています。 秋財布の時期も諸説あり、以下の2種類の時期が「秋財布」の時期とされています• 新嘗祭は秋を締めくくる五穀豊穣を感謝する為のお祭りです。 なので秋財布はこの時期までに買うのが良しとされています。 締め財布とは? 「秋財布」のシーズンで買い換え忘れてしまった! そんな人に朗報です。 実は 12月中に買い換えるのも有効なんです。 それが「 締め財布」と呼ばれる物です。 春財布・秋財布に比べ聞きなじみがないかも知れませんが、12月買い換えることを「 締め財布」といいます。 これは年末で「締まる」事から由来し、 財布が締まって余計な出費をしなくなる。 と言われています。 つまりお金が溜まりやすくなるという事なんですよね。 などの秋財布を逃してしまった方は「締め財布」もオススメです。 お財布の買い換えのタイミングは? お財布を買い換えるタイミングはいつがいいのか? 人によっては10数年使っていたり、1年で買い換えたりする場合があります。 お気に入りの財布は長く使っていたい物ですが、ここにもタイミングがあります。 まずは ボロボロの財布は使ってはいけないと言うことです。 風水的に見てもボロボロな物は金運が逃げやすくなってしまいます。 なので、買い換えのタイミングの 目安は3年と言われています。 3年に一度買い換えて金運のアップしていきましょう。 お財布の買い換え・使い始めにいい吉日 財布には買い換えの「時期」だけでなく、 買い換えるや使い始めに適した「日」があります。 いわゆる「吉日」と呼ばれる日です。 日本の暦には金運アップにいいとされる吉日が幾つかあります。 もちろん時期も大切なのですが、むしろ「吉日」の方が重要なんです。 中でも暦の上で購入とてもいいとされる日は以下4つ。 天赦日(てんしゃにち)• 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)• 寅の日(とらのひ)• 巳の日(みのひ) これらの日に「買い換え」や「使い始め」にすると金運アップに繋がります! それぞれ説明していきます 天赦日 (てんしゃにち) まずは「 天赦日」についてご紹介します。 「てんしゃにち」または「てんしゃび」といいます。 この天赦日がどんな日かというと この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。 () と言われています。 従って何をするにもいい日とされ、 婚礼、引っ越し、開業、財布の新調が特に良いとされている日です。 天赦日は1年に5~6日しかないので、この日に縁起を担ぐのはとてもいいことですね。 2020年の「天赦日」 1月27日(日) 1月22日(水) 2月5日(木) 4月5日(日) 6月20日(土) 9月2日(水) 11月23日(土) 11月17日(火) 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび・いちりゅうまんばいにち) 続いては「 一粒万倍日」をご紹介します。 「いちりゅうまんばいにち」または「いちりゅうまんばいび」といいます。 この一粒万倍日はどんな日なのかというと 「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。 一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。 但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされる。 と言われています。 一粒万倍日は「 お金が何倍にも膨らむ」と考えられています。 従って、この日にお財布を購入または使い始めるのがいいですね。 注意点は借金をすること。 この日にすると倍になってしまうので注意が必要なんです。 また、一粒万倍日は数が多いので他の暦注と重なりやすいのも特徴。 先ほど説明した「天赦日」と重なれば 効果は倍に、 逆に縁起の悪い日「不成就日」(後述します)とかさなれば 効果だと半減するそうです。 チェックが必要ですね。 2020年の「一粒万倍日」 1月: 10日・13日・22日・25日 2月: 3日・ 4日・9日・ 16日・21日・28日 3月: 4日・7日・ 12日・19日・ 24日・31日 4月: 6日・15日・18日・27日・ 30日 5月: 12日・13日・ 24日・25日 6月: 7日・8日・ 19日・20日 7月: 1日・2日・14日・17日・ 26日・29日 8月: 8日・ 13日・20日・25日 9月: 1日・6日・9日・ 14日・21日・ 26日 10月: 3日・9日・18日・21日・30日 11月: 2日・14日・15日・ 26日・27 12月: 10日・11日・22日・23日• 寅の日とは12日ごとに巡ってくる吉日のことです。 虎の黄金色の縞模様は金運の象徴と言われています。 なので、「寅の日」は吉日の中でも最も 金運に縁のある日とされています。 この日に財布を買うと 「 出て行ったお金を呼び戻してくれる」とも言われています。 また、古来より虎は一瞬で「千里を行って千里を帰る」チカラを持つとされています。 このことから「この日に旅行に出かけると安全に帰ってくることができる」といわれています。 ただ、気をつけたいのは単なる吉日ではないと言うこと。 1ヶ月に2~3回やってくる日なので、 仏滅などの縁起が悪い日にも当たりやすいです。 その場合は 大凶日となってしまうので注意が必要です。 2020年の「寅の日」 1月: 12日・ 24日 2月: 5日・17日・29日 3月: 12日・24日 4月: 5日・17日・ 29日 5月: 11日・ 23日 6月: 4日・ 16日・28日 7月: 10日・22日 8月: 3日・15日・27日 9月: 8日・ 20日 10月: 2日・ 14日・26日 11月: 7日・19日 12月: 1日・13日・ 25日• 赤字は大安と重なっている日です。 青字は仏滅と重なっている日です。 巳の日 「 巳の日(みのひ)」とは7福神の一人「 弁財天」にゆかりのある日。 弁財天は 芸術や財運の神さまと言われています。 鎌倉の銭荒井弁天をはじめお金にまつわる由来のある神社もありますよね。 また、弁財天はインドにおいて水の神としてあがめられていました。 その水がある「川」からイメージされ「蛇」を神の使いとしてあがめたそうです。 従って「巳の日」は弁財天に由来する日なんです。 「巳の日」は十二支の1日。 12日ごとに巡ってきます。 巳の日に弁財天のつかいである蛇(特に白蛇)に願い事をすると弁財天に届けられると言われています。 特に金運・財運にまつわる縁起のいい吉日。 「巳の日」の中でも60日に一度にやってくる「 己巳の日(つちのとみのひ)」は最も縁起がいい日とされています。 己巳の日は1年で6回ほどやってきます。 この日を狙って 弁財天にお願い事をしたり、宝くじや財布を新調するといいですね。 2020年の「巳の日」 1月: 3日・15日・27日 2月: 8日・20日 3月: 3日・ 15日・27日 4月: 8日・20日 5月: 2日・14日・26日 6月: 7日・19日 7月: 1日・13日・ 25日 8月: 6日・ 18日・30日 9月: 11日・23日 10月: 5日・17日・29日 11月: 10日・ 22日 12月: 4日・16日・28日• 赤字は大安と重なっている日です。 青字は仏滅と重なっている日です。 2020年の「己巳の日」• 1月27日• 3月27日• 5月26日• 7月25日• 9月23日• 11月22日 財布の買い換え・使い始めのいい日はここだ! お財布の縁起を担ぐには「 天赦日」・「 一粒万倍日」・「 寅の日」・「 巳の日」の4つの吉日をご紹介しました。 では、どの日にお財布を「買い」・「使い始める」といいのか? 吉日が重なる日に使うのがいいとされています。 残念ながら2020年は吉日が3つ以上重なる日がありません。 なので、いずれか2つが重なった日を使い始めとするのがいいですね。 また大安と組み合わせると効果がアップします。 以下の3パターンに分けてご紹介します。 超オススメの日• オススメの日• 使い始めNGの日 2020年で超オススメの日 まずはオリンピックイヤーの2020年で財布の買い換え・使い始めに超オススメの日をご紹介します。 2020年「超オススメの日」• 2020年1月22日 天赦日+一粒万倍日• 2020年6月20日 天赦日+一粒万倍日• 2020年2月5日 天赦日+寅の日• 2020年4月5日 天赦日+寅の日 2020年は吉日が三つ重なることはありませんでした。 しかし、いずれも天赦日と組み合わせがあります。 なかでも、 一粒万倍日との組み合わせはうまく利用したいですね。 2020年のオススメの日 続いて2020年でお財布の買い換え・使いはじめにオススメの日です。 超オススメと比べても遜色はありません! 2020年「オススメの日」 <一粒万倍日+巳の日>• 2020年6月7日 《一粒万倍日+巳の日》• 2020年7月1日 《一粒万倍日+巳の日》 <寅の日+大安>• 2020年11月22日 《巳の日+大安》• 2020年12月4日 《巳の日+大安》 注意点としては2020年は前年の2019年にくらべると、オススメの日が減っているところです。 なぜ減ってしまったのかは理由があります。 それを次の項目で説明します。 「不成就日」 とは? 縁起がいい吉日についてご紹介してきましたが、実はその逆もあります。 暦でも仏滅があるよう、お財布を買い換える上でも縁起の悪い日があります。 それが「 不成就日(ふじょうじゅび、ふじょうじゅにち)」と呼ばれる日です。 不成就日は名前の通り「 何事も成就しない日」とされています。 この日は財布の買い換えはもちろん、 結婚・開店・移転・願い事全てにおいて 凶とされています。 しかも、不成就日は他の吉日とも重なるので注意が必要です。 その場合は 大凶となることもあります。 従って、該当する日に財布の買い換えや使い始めはもってのほかですよ。 2020年の「不成就日」 1月: 8日・16日・24日・27日 2月: 4日・12日・20日・25日 3月: 4日・12日・20日・24日 4月: 1日・9日・17日・26日 5月: 4日・12日・20日・26日 6月: 3日・11日・19日・25日 7月: 3日・11日・19日・26日 8月: 3日・11日・21日・29日 9月: 6日・14日・18日・26日 10月: 4日・12日・17日・25日 11月: 2日・10日・18日・26日 12月: 4日・12日・19日・27日 2020年でお財布買い換え・使い始めにNGな日 それでは「2020年」で買い換え・使いはじめNGな日をご紹介します。 2020年「NGな日」• 2020年2月4日 《一粒万倍日・不成就日・大安》• 2020年3月4日 《一粒万倍日・不成就日・大安》• 2020年3月12日 《一粒万倍日・寅の日・不成就日》• 2020年3月24日 《一粒万倍日・寅の日・不成就日》• 2020年6月19日 《一粒万倍日・巳の日・不成就日》• 2020年7月26日 《一粒万倍日・不成就日・大安》 一粒万倍日と不成就日がかなり重なっているので注意が必要です。 特に3月は注意してください。 一粒万倍日・寅の日・不成就日の組み合わせは逆効果。 かなり警戒が必要ですよ。 財布を使い始める時間もこだわってみる お財布を使い始める日には適する日があります。 となると時間はどうのか? 時間にも使いはじめに適した時間。 適さない時間があるのではないか? そう思う方も少なくないでしょう。 実は使いはじめにも適した時間があるんです。 では、 使いはじめに良い時間はいつなのか? 時間の縁起を担ぐ上でかかせないのが「 陰陽五行説」。 中国発の自然哲学の思想です。 陰陽五行説は「木」・「火」・「土」・「金」・「水」の5つがありそれぞれに意味があります。 細かい説明は省略しますが、お金にまつわるのは五行のなかでも同じく「 金」です。 つまり「 金」に該当する時間に使い始めればOK。 金の時間はいつなのか? それが以下の時刻です。 15時~17時(申) 17時~19時(酉) 「申の刻」と「酉の刻」と言われる時間帯です。 この時間帯に使い始めればOKです。 逆に 使いはじめに適さない時間もあります。 それが「 火」の時間です。 火は陰陽五行説で相克関係(相手を打ち滅ぼす関係)。 火は金属を熔かすという意味で使いはじめにはあまり適さない時間帯です。 火の時間は何時なのかというと以下の時刻です 9時~11時(巳) 11時~13時(午) 「巳の刻」・「午の刻」と言われると時間帯です。 この時間での使用開始には注意したいですね。 使い始める日にこだわったら時間にもこだわるのもありですよ。 ベストな買い換え方法・縁起の担ぎ方は? ここまで買い換え・使い始めにいい吉日などをご紹介しました。 では、購入から使いはじめまでどうすればいいのか? 担ぐべき縁起が多くてわからなくなりますよね。 次の方法が一番ではないでしょうか? 1.吉日に財布を買う 2.縁起を担ぐ方法で寝かせる 3.次の吉日に使い始める 例えば2020年6月までにお財布を買う場合。 寅の日・巳の日などの吉日にお財布を買う。 縁起を担ぐ方法で寝かせる。 そして、4月~6月の一粒万倍日である以下の日から使い始める。 4月: 6日・15日・18日・27日・30日 5月: 13日・24日・25日 6月: 7日・8日・20日 中でもオススメなのは 2020年6月7日と6月20日です。 6月7日は一粒万倍日かつ巳の日。 そして、6月20日は 一粒万倍日かつ 天赦日です。 6月7日に購入して13日ほど寝かして20日に使い始めるのが理想です。 なお、2020年は不成就日が多いので注意が必要です。 暦のチェックを忘れずにしてください。 縁起の担ぎ方は別の記事で解説しています。 そちらをあわせて読んでみてください。

次の