生命保険 試算。 価格.com

ガン保険シミュレーション

生命保険 試算

遺族の支出は現在の支出を基に考えます。 現在、生活していてかかっている費用から亡くなられた後不要になる費用を引きます。 次に遺族の収入を引きます。 夫が加入している年金から遺族年金などを受け取れ、妻が働いている(または新たに働く)なら収入が見込めます。 仮に遺族年金と妻の勤労収入で月々20万円見込める場合は、遺族の支出から月々20万円を引きます。 必要保障額を求める際の注意点としては、亡くなられた後の支出も収入もあくまで見込み額であることです。 支出も収入も、その時の状況によって大きく変わる可能性があります。 より適正な必要保障額を求めるには、亡くなられた後の生活をなるべく具体的にイメージする必要があります。 もし夫が亡くなったら、どこに住むのでしょうか? 年金はいくら受け取れるのでしょうか? 家族構成や収入が同じであっても必要保障額が同じとは限りません。 安心できる備えをしておくには適正な必要保障額を知る必要があります。 では、必要保障額がどのくらいなのか、もう少し細かく見ていきましょう。 必要保障額の計算の仕方を具体例でチェック 必要保障額を計算するために遺族の支出や収入をひとつずつ確認していきます。 万一のときは夫の固有の支出が減るので、現在の生活費からその分を引いた額になりますが、計算が難しい場合は、現在の生活費の70〜80%と仮定して計算しましょう。 いつまでの生活費を備えるかは、いくつか考え方があります。 「末子が独立するまでの生活費を備えたい」「夫が得ていた収入の代わりになるので夫が定年退職するはずの年まで備えたい」「妻の老齢年金が受け取れる65歳まで備えたい」などです。 下表は幼稚園から高校まで公立と私立に通った場合の年平均の費用です。 学習費総額は教育費・給食費・学校外活動費の合計です。 どの費用もかかるものでしょうから、計算の際は学習費総額を使うとよいでしょう。 学校種別の学習費総額(平成30年度の年間平均額) 学習費総額 教育費 給食費 学校外活動費 公立幼稚園 223,647円 120,738円 19,014円 83,895円 私立幼稚園 527,916円 331,378円 30,880円 165,658円 公立小学校 321,281円 63,102円 43,728円 214,451円 私立小学校 1,598,691円 904,164円 47,638円 646,889円 公立中学校 488,397円 138,961円 42,945円 306,491円 私立中学校 1,406,433円 1,071,438円 3,731円 331,264円 公立高校 457,380円 280,438円 176,893円 私立高校 969,911円 719,015円 250,860円• 出典:文部科学省「平成30年度 子供の学習費調査 1. 学校種別の学習費」• 学校外活動費には、家庭内学習費、学習塾費、習い事の費用などを含む。 たとえば、公立幼稚園に3年通園し、小学校から高校まで公立の場合の学費は、総額約540万円になります。 高校卒業後、大学や専門学校に進学する場合は、学費がさらにかかります。 また、ひとり暮らしをする場合には、住居費用などについても考えておく必要がありますのでご注意ください。 葬儀関連費用・・・葬儀関連費用は本人や家族に特別なこだわりがなければ200万〜300万円程度で設定します。 夫が厚生年金に加入していれば遺族厚生年金(遺族基礎年金を含む)を、国民年金に加入していれば遺族基礎年金を受け取れます。 は今まで払った年金保険料などによって異なりますが、目安となる金額は下記の通りです。 死亡した会社員の夫の平均標準報酬月額は30・38・50万円、加入期間を25年(300か月でそのうち平成15年4月以降が168か月)と仮定して計算しています。 平成15年4月以降は総報酬制の適用を受けますが、ここでは賞与総額が全月収の30%として計算しています。 妻は40年間国民年金に加入し、老齢基礎年金を満額受給するものとして計算しています。 妻の経過的寡婦加算は含めていません。 すべての条件を考慮しているわけではないので、実際の年金額とは異なる場合もあります。 個々の具体的な年金額については年金事務所などで直接確認してください。 たとえば、夫の平均標準報酬月額が30万円で、子供が2人なら遺族年金は月額約14万円受け取れます。 必要保障額が月々24万円なら、そのうち遺族年金で14万円備えられるので、自助努力(生命保険など)で不足分の月々10万円を備えることになります。 なお、遺族年金にはそれぞれ受給要件(加入状況や子供の有無など)があるので、内容を十分に理解しておくことが重要です。 遺族年金・・・亡くなられたときには、勤務先から死亡退職金や弔慰金などを受け取れる可能性があります。 制度内容は企業によって異なるので、いくら受け取れるのかを知りたいときは、社内規定などを確認してみましょう。 そのほかに住宅ローンを使ってマイホームを購入しているなら、団体信用生命保険に加入している可能性が高く、亡くなられたときには保険金によってローン残債がなくなることも考えられます。 このような収入(支出の減少)も考慮しておくとより適正な必要保障額を算出できます。 ここまで見てきた「遺族の支出」の各項目の合計から「遺族の収入」の各項目の合計を引くと必要保障額の目安がわかります。 死亡前の 条件 配偶者の年齢 歳 (a) 子供(末子)の年齢 (まだ生まれていない場合は0、将来生まない予定の場合は18を入力) 歳 (b) 基本生活費 (食費+光熱費+衣服+消耗品+電話代) 月額 万円 (c) 死亡後の 支出 基本生活費 (食費+光熱費+衣服+消耗品+電話代) 末子が独立まで月額: 14万円 末子が独立後、月額: 10万円 (d-1) (d-2) 借金総額 (住宅ローン、自動車ローンなど) 万円 (e) 住居維持費 (賃料、修繕積立費、管理費など) 月額 万円 (f) 自動車関連費 (駐車場代、ガソリン代など) 月額 万円 (g) 教育費 (学費、塾、積立など) 月額 万円 (h) 葬儀費用 万円 (i) そのほかの支出 (そのほか、予備費など) 月額 万円 (j) 死亡後の 収入 配偶者の収入 (すぐに働く場合) 月額 万円 (k) 遺族年金 (厚生年金や国民年金の加入者が一定要件を満たした場合に遺族厚生年金・遺族基礎年金・中高齢寡婦加算・老齢基礎年金などを受け取れます。 ) 年額 万円 (l) 勤務先の福利厚生 (死亡退職金、死亡見舞金があれば) 万円 (m) 相続資産(相続税込み) (預貯金、有価証券、その他資産) 万円 (n) そのほかの収入 (そのほか、恒常的な収入があれば) 月額 万円 (o) 支出の合計 万円 収入の合計 万円 不足額(必要保障額) 万円• 末子が独立後の基本生活は、現在の生活費の5割で試算。 一般的に保障額が大きく保険期間が長いほど支払う保険料は増えていきます。 保障は組み合わせていくこともできるので、必要保障額にあった保障の形を考えて、加入する生命保険を検討することが重要です。 生命保険についてのご相談やお客様に合った保険のご提案は、保険コンサルタントが無料で承ります。 詳細は「」をご覧ください。

次の

ガン保険シミュレーション

生命保険 試算

保険料計算基準日: ・商品によっては年齢・性別によりお選びいただけない場合がございます。 また商品の組合せによっては、同時にお申込みいただけない場合がございます。 ・医療保険 新キュア・レディの「七大生活習慣病入院給付特則」は、郵送・インターネット申込みでの取扱いはございません。 ・「医療保険 新キュア」「医療保険 新キュア・レディ」「死亡保障付医療保険リリーフ・ダブル」のうち複数商品をお申込みの場合は、入院給付金日額が合計10,000円以下となる組合せのみ取扱います。 ・同一の被保険者において、先進医療給付のある当社特約の重複加入はできません。 ・同一の被保険者において、先進医療給付のある当社特約の重複加入はできません。 選択された商品の一つにあらかじめチェックを入れております。 他の商品への付加をご希望の場合は、チェックを変更してください。 ・クレジットカード払の場合は、保険料が10万円以下の取扱いとなります。 ・掲載していない商品については、フリーダイヤル0120-679-390までお気軽にお問合わせください。

次の

価格.com

生命保険 試算

遺族の支出は現在の支出を基に考えます。 現在、生活していてかかっている費用から亡くなられた後不要になる費用を引きます。 次に遺族の収入を引きます。 夫が加入している年金から遺族年金などを受け取れ、妻が働いている(または新たに働く)なら収入が見込めます。 仮に遺族年金と妻の勤労収入で月々20万円見込める場合は、遺族の支出から月々20万円を引きます。 必要保障額を求める際の注意点としては、亡くなられた後の支出も収入もあくまで見込み額であることです。 支出も収入も、その時の状況によって大きく変わる可能性があります。 より適正な必要保障額を求めるには、亡くなられた後の生活をなるべく具体的にイメージする必要があります。 もし夫が亡くなったら、どこに住むのでしょうか? 年金はいくら受け取れるのでしょうか? 家族構成や収入が同じであっても必要保障額が同じとは限りません。 安心できる備えをしておくには適正な必要保障額を知る必要があります。 では、必要保障額がどのくらいなのか、もう少し細かく見ていきましょう。 必要保障額の計算の仕方を具体例でチェック 必要保障額を計算するために遺族の支出や収入をひとつずつ確認していきます。 万一のときは夫の固有の支出が減るので、現在の生活費からその分を引いた額になりますが、計算が難しい場合は、現在の生活費の70〜80%と仮定して計算しましょう。 いつまでの生活費を備えるかは、いくつか考え方があります。 「末子が独立するまでの生活費を備えたい」「夫が得ていた収入の代わりになるので夫が定年退職するはずの年まで備えたい」「妻の老齢年金が受け取れる65歳まで備えたい」などです。 下表は幼稚園から高校まで公立と私立に通った場合の年平均の費用です。 学習費総額は教育費・給食費・学校外活動費の合計です。 どの費用もかかるものでしょうから、計算の際は学習費総額を使うとよいでしょう。 学校種別の学習費総額(平成30年度の年間平均額) 学習費総額 教育費 給食費 学校外活動費 公立幼稚園 223,647円 120,738円 19,014円 83,895円 私立幼稚園 527,916円 331,378円 30,880円 165,658円 公立小学校 321,281円 63,102円 43,728円 214,451円 私立小学校 1,598,691円 904,164円 47,638円 646,889円 公立中学校 488,397円 138,961円 42,945円 306,491円 私立中学校 1,406,433円 1,071,438円 3,731円 331,264円 公立高校 457,380円 280,438円 176,893円 私立高校 969,911円 719,015円 250,860円• 出典:文部科学省「平成30年度 子供の学習費調査 1. 学校種別の学習費」• 学校外活動費には、家庭内学習費、学習塾費、習い事の費用などを含む。 たとえば、公立幼稚園に3年通園し、小学校から高校まで公立の場合の学費は、総額約540万円になります。 高校卒業後、大学や専門学校に進学する場合は、学費がさらにかかります。 また、ひとり暮らしをする場合には、住居費用などについても考えておく必要がありますのでご注意ください。 葬儀関連費用・・・葬儀関連費用は本人や家族に特別なこだわりがなければ200万〜300万円程度で設定します。 夫が厚生年金に加入していれば遺族厚生年金(遺族基礎年金を含む)を、国民年金に加入していれば遺族基礎年金を受け取れます。 は今まで払った年金保険料などによって異なりますが、目安となる金額は下記の通りです。 死亡した会社員の夫の平均標準報酬月額は30・38・50万円、加入期間を25年(300か月でそのうち平成15年4月以降が168か月)と仮定して計算しています。 平成15年4月以降は総報酬制の適用を受けますが、ここでは賞与総額が全月収の30%として計算しています。 妻は40年間国民年金に加入し、老齢基礎年金を満額受給するものとして計算しています。 妻の経過的寡婦加算は含めていません。 すべての条件を考慮しているわけではないので、実際の年金額とは異なる場合もあります。 個々の具体的な年金額については年金事務所などで直接確認してください。 たとえば、夫の平均標準報酬月額が30万円で、子供が2人なら遺族年金は月額約14万円受け取れます。 必要保障額が月々24万円なら、そのうち遺族年金で14万円備えられるので、自助努力(生命保険など)で不足分の月々10万円を備えることになります。 なお、遺族年金にはそれぞれ受給要件(加入状況や子供の有無など)があるので、内容を十分に理解しておくことが重要です。 遺族年金・・・亡くなられたときには、勤務先から死亡退職金や弔慰金などを受け取れる可能性があります。 制度内容は企業によって異なるので、いくら受け取れるのかを知りたいときは、社内規定などを確認してみましょう。 そのほかに住宅ローンを使ってマイホームを購入しているなら、団体信用生命保険に加入している可能性が高く、亡くなられたときには保険金によってローン残債がなくなることも考えられます。 このような収入(支出の減少)も考慮しておくとより適正な必要保障額を算出できます。 ここまで見てきた「遺族の支出」の各項目の合計から「遺族の収入」の各項目の合計を引くと必要保障額の目安がわかります。 死亡前の 条件 配偶者の年齢 歳 (a) 子供(末子)の年齢 (まだ生まれていない場合は0、将来生まない予定の場合は18を入力) 歳 (b) 基本生活費 (食費+光熱費+衣服+消耗品+電話代) 月額 万円 (c) 死亡後の 支出 基本生活費 (食費+光熱費+衣服+消耗品+電話代) 末子が独立まで月額: 14万円 末子が独立後、月額: 10万円 (d-1) (d-2) 借金総額 (住宅ローン、自動車ローンなど) 万円 (e) 住居維持費 (賃料、修繕積立費、管理費など) 月額 万円 (f) 自動車関連費 (駐車場代、ガソリン代など) 月額 万円 (g) 教育費 (学費、塾、積立など) 月額 万円 (h) 葬儀費用 万円 (i) そのほかの支出 (そのほか、予備費など) 月額 万円 (j) 死亡後の 収入 配偶者の収入 (すぐに働く場合) 月額 万円 (k) 遺族年金 (厚生年金や国民年金の加入者が一定要件を満たした場合に遺族厚生年金・遺族基礎年金・中高齢寡婦加算・老齢基礎年金などを受け取れます。 ) 年額 万円 (l) 勤務先の福利厚生 (死亡退職金、死亡見舞金があれば) 万円 (m) 相続資産(相続税込み) (預貯金、有価証券、その他資産) 万円 (n) そのほかの収入 (そのほか、恒常的な収入があれば) 月額 万円 (o) 支出の合計 万円 収入の合計 万円 不足額(必要保障額) 万円• 末子が独立後の基本生活は、現在の生活費の5割で試算。 一般的に保障額が大きく保険期間が長いほど支払う保険料は増えていきます。 保障は組み合わせていくこともできるので、必要保障額にあった保障の形を考えて、加入する生命保険を検討することが重要です。 生命保険についてのご相談やお客様に合った保険のご提案は、保険コンサルタントが無料で承ります。 詳細は「」をご覧ください。

次の