グランディア hd リ マスター。 グラブルの質問です

グランブルーファンタジー(グラブル)攻略wiki

グランディア hd リ マスター

価格 4,400円 税込 ジャンル RPG プレイ人数 1人 CERO B 12才以上対象 リマスターの追加点・変更点 グランディア• ・UI、スプライト、テクスチャアートを強化• ・ゲーム内ムービーの視覚効果を向上• ・ワイドスクリーンサポート• ・MSAA、ブルーム、法線マッピング、およびぼかし効果などCG処理を追加 グランディアII• ・UI、スプライト、テクスチャアートを強化• ・ゲーム内ムービーの視覚効果を向上• ・ワイドスクリーンサポート• ・MSAA、ブルーム、法線マッピング、およびぼかし効果などCG処理を追加• ・難易度設定機能 Normal、Hard.

次の

【名作ゲーム】愛して止まない感動のRPGランキング10選!ゲーム歴20年以上のゲーマーが本気で厳選してみた!|生活の箱庭

グランディア hd リ マスター

父を超える冒険者になることを夢見る少年ジャスティンが主人公の RPG「 グランディア」。 超古代文明エンジュールの謎を解き明かす過程で、過酷な試練や仲間たちとの出会いと別れを通じて少年は冒険者へと成長していく感動大作です。 『グランディア』と『グランディア2』の2作品を収録した Switch 版『 グランディア HD コレクション』が DL 専用で 好評発売中! グラフィックが HD 化&ワイドスクリーンに対応しているほか、『2』には新たにハードモードが追加されています。 グランディアの基本• グランディアのストーリーを紹介• 操作方法・セーブ方法・ステータス・状態異常• 戦闘の基本• キャラの育成指南 攻略チャート• パーム〜幽霊船〜ドム遺跡〜ガーライル軍基地• ルク〜世界の果て〜ツインタワー〜神隠しの丘• 人魚の海〜カフー〜レーヌ〜虹の山• パームとサルト遺跡を結ぶ道• パーム北西の古代遺跡• 冒険者ジンを訪ねて• 新大陸へ出発• 船乗りが最も恐れるもの 新大陸エレンシア• フィーナの家へ• さらわれたフィーナの救出• ニューパームとドム遺跡を隔てる山• ドム遺跡への道&前庭• ニューパーム南東の古代遺跡• サルファ草を求めて• 基地からの脱走• 追手との攻防• ルクの村へ• 光神さまのご神体がまつられている場所• 世界の果てへ• 世界の果て・1〜4• 世界の果て・5〜10 失われた世界• 世界の果ての向こう側• 雨月の塔がある山• 勇者のヤリを求めて• ガンボの村へ• 火の竜退治• ガンボ西の古代遺跡• 古代文明の転送装置• 人魚の海に浮かぶ島 東エレンシア大陸• 人魚の海を越えた先• 旧カフーの里• 石化現象の元凶• ジールパドンへ• ブリナン高原へ• レーヌの村へ• 知識のツノ探し• アレントへの鍵を求めて• フィーナ救出作戦• アレントへ• リエーテが待つ場所• 軍事要塞Jへ• ガイアの気配がする場所• バール将軍とガイア• 真理の体現者が招かれる場所• ガイアへ• ラストダンジョン(ガイア・1〜3)• ラストダンジョン(ガイア・4〜コア) スペシャルステージ• ジール砂漠・北にあるSPステージ• ジール砂漠・南にあるSPステージ• サバナ原野・東にあるSPステージ• サバナ原野・東にあるSPステージ• サバナ原野・東にあるSPステージ.

次の

グランブルーファンタジー(グラブル)攻略wiki

グランディア hd リ マスター

僕は先述したように初代『グランディア』を遊んでいないのだが、リマスターされた本作のグラフィックスの鮮明度がセガサターンや初代PSでは不可能なレベルに到達していることは一目瞭然だった。 『グランディア』の世界は16:9のアスペクト比でモニター全体に広がり、2Dと3Dを融合したビジュアルの魅力は今でも伝わって来る。 「キャラクター、背景、フォント、アイコンといった部分もレタッチしていますが、よりオリジナルに近いものを新しいHD画像で楽しんでもらいたいと考えました」と皆川氏は説明した。 『グランディア』は初代PS版を基に移植としてリマスターされている。 その理由は、オリジナルであるサターン版の移植が難しいからだ。 しかし、開発陣はサターン版の特徴を再現できるように「サターン版のビデオと見比べて原作の雰囲気をSwitch版に再現するようにはしている」とのこと。 特にエフェクトはサターン版に忠実に作っているらしく、これはコミュニティからも要望が多かったそうだ。 フィールドに出て、シンボルエンカウントからのバトルに入ると、僕はそのシームレスな移行に驚いた。 当時のRPGは、バトルに入るたびに長いロード時間を覚悟しなければならなかったからだ。 「コミュニティからは『ローディングが長い』という声があったので、開発チームが最適化に力を入れました」 次に『グランディアII』を見せてもらうと、こちらもドリームキャストやPS2のバージョンよりビジュアルの鮮明度が明らかに向上していた。 今回の『グランディアII』はPC向けにすでに配信している『GRANDIA II Anniversary Edition』をベースにしているが、新たに16:9のアスペクト比になった。 テクスチャなどは、オリジナルのドリームキャスト版やPS2版に忠実な形で「リシェイプ」しているとのこと。 全部描き変える「リドロー」をしてしまうと原作から遠ざかってしまう可能性があるので、今回は「HDに合わせてとにかくキレイにしよう」という方向で進めたとのこと。 操作面では、右アナログスティックでカメラ操作ができるようになったのもありがたい。 サウンドに関しては、における初代『グランディア』の戦闘場面で、キャラクターの攻撃時のボイスが英語版の音声であるのに対して、勝ったときの「チョロいチョロい」という台詞が日本語であることや、戦闘のコマンド選択時の効果音がないことがユーザーによるコメントで指摘されている。 しかし、皆川氏によると「サウンドはオリジナルと違いが出ないように気をつけて作っている」そうだ。 まだ開発中なので、こういった部分も修正されることに期待したい。 『GRANDIA HD Collection』をリリースすることになった経緯について、皆川はSwitchの存在が大きかったと言う。 Switchで復活するフランチャイズは他にも成功しているし、「グランディア」もファンが納得する形で再配信したいと考えていたという。 日本国内向けの発売について、皆川は「正式発表には至っていませんが、発売の予定で進めています」とコメントした。 しかし、「もうすぐ」とされている海外の発売日より少し遅れる可能性が高いとのこと。 『GRANDIA HD Collection』では従来の日本語と英語による音声・字幕・UIに加え、ドイツ語とフランス語の字幕とUIも加わる。 海外版にも日本語音声が収録されるが、日本語の字幕とUIは日本版と同タイミングに対応予定。 オリジナルの開発者であるゲームアーツ(現在はガンホーの傘下にある)のタイトルとしては、「LUNAR」も広く愛されるRPGシリーズとして有名だ。 同シリーズも復活させる予定があるのかという質問に対して、僕が予想していたよりも肯定的な返答があった。 「もちろんやるとかやらないとかは言えませんけど、『グランディア』のように今のユーザーさんに『LUNAR』を楽しんでもらうことができれば、と個人的には思っています」と皆川氏はコメントした。 ひとまずは、『GRANDIA HD Collection』の国内向けの発表を楽しみに待つとしよう。

次の