ドラゴンリー。 ヤフオク!

CMLLを解雇されたドラゴン・リーがルーシュと一緒にAEWへ参戦する可能性

ドラゴンリー

体幹部 ドラゴンフラッグでは身体をまっすぐに保つために体幹部の筋肉が必要です。 体幹部が緩んでしまうと下半身を支えきれなくなってしまいます。 体幹部はドラゴンフラッグを行う上で一番大切な部位です。 また、ドラゴンフラッグは腹筋が崩れないように保つ「ネガティブ動作」なので、腹筋を収縮する「ポジティブ動作」よりも 「ネガティブ動作」のメニューをメインに体幹部を鍛えてみてください。 【参考】 おすすめの体幹トレーニング12選 広背筋 身体をまっすぐにした状態を保ちながら倒していくので、 身体の前方の筋肉だけでなく後方の筋肉にも大きな負荷がかかります。 ベンチと接している部分は肩甲骨しかないので、 身体とベンチをしっかりとロックして支えるためにも「広背筋」が必要となってきます。 【参考】 広背筋を徹底的に鍛える20の筋トレメニュー 【参考】 器具なしで広背筋や僧帽筋を鍛える 腕の筋肉 広背筋と同じように、 ベンチに体をロックするためにもう一つ必要な筋肉は「腕の筋肉」です。 特に下半身が倒れた時は腕の筋肉に相当な負荷がかかり、握力も必要となってきます。 握力を鍛えてできるだけ安定した状態でドラゴンフラッグが行えるようになりましょう。 【参考】 握力を鍛えるトレーニング方法 【参考】 手首を鍛える10の筋トレメニュー ドラゴンフラッグの正しいやり方 ドラゴンフラッグはとても難易度が高いメニューなので、 やり方を間違えてしまうとケガをする危険性があります。 ドラゴンフラッグの正しいフォームを身に着けて、ケガのリスクを抑えて効率的なトレーニングをしましょう。 以下のドラゴンフラッグのやり方を解説した動画をご覧ください。 ・ 上半身には力を使い過ぎずに、腹筋を意識する …ドラゴンフラッグはあくまで腹筋を鍛えるトレーニングです。 上半身に力を入れ過ぎずに、腹筋に意識を集中して行いましょう。 ・ 腰はベンチにつけない …腰はベンチから浮かしてください。 腰がしっかりと浮いていなかったら、レッグレイズと変わりありません。 ドラゴンフラッグは、肩甲骨から下が真っすぐの状態で動作を行います。 ・ 反動をつけない …ドラゴンフラッグは、崩れる状態を保とうとする「ネガティブ動作」です。 反動をつけてしまうと、うまく腹筋に負荷がかからないので、反動をつけずにゆっくりと動かしましょう。 ・ 呼吸を止めない …ドラゴンフラッグは腹圧を高めることで、体幹部をまっすぐに保つことが可能になります。 ですが呼吸を止めてしまうと、酸素が身体に供給されないため、持続的に身体を動かすことができなくなってしまいます。 なので腹圧を高めながらも、浅く呼吸をし続けることを意識してください。 ウォーキング・ドラゴンフラッグ ウォーキング・ドラゴンフラッグは、 通常のドラゴンフラッグのさらに難易度を上げたバージョンです。 ドラゴンフラッグができて、さらに上の高負荷トレーニングにチャレンジしたい方はぜひ試してみてください。 下げていく動作の方が難易度が低いので、できない人は下げる動作をメインにやりましょう• 体幹部はまっすぐの状態を保つ• 呼吸を止めない 段階的にドラゴンフラッグをマスターする ドラゴンフラッグはとても難易度が高いトレーニングなので、最初からできなくて当たり前です。 少しずつ必要な筋肉を鍛えながら、ドラゴンフラッグのコツを掴んでいきましょう。 最終的にドラゴンフラッグができるように、段階的なステップに分けたメニューをご紹介します。 レッグレイズ レッグレイズは、 腹筋を鍛えるメニューです。 仰向けに寝転びながら、足を上下させるメニューです。 腹筋を鍛えて、ドラゴンフラッグができるようになりましょう。 足を曲げて、負荷を調整する• 上半身には力を使い過ぎずに、腹筋を意識する• 腰はベンチにつけない• 反動をつけない• 呼吸を止めない 【参考】 高負荷な腹筋メニューまとめ 【番外編】腹筋全体を鍛える腹筋ローラー 繰り返しになりますが、ドラゴンフラッグを行うためにはかなりの腹筋が必要です。 しかも、部分的な腹筋ではなく、 腹筋全体が満遍なく鍛えられていなければいけません。 そこでおすすめなのが、腹筋ローラーを使ったトレーニングです。 トレーニング強度の調整をしやすく、手軽に腹筋全体を鍛えることができるので、腹筋のベースアップをしたいと考えている方は取り組んでみるといいでしょう。 ただし、腹筋ローラーは腰痛になりやすいトレーニングでもあるので、きちんとやり方を習得してから行うようにしてください。 【参考】 腹筋ローラーの使い方&おすすめ10選 まとめ:最高峰の腹筋トレーニングをマスターしよう! 通常のドラゴンフラッグのやり方から、派生版や段階的なメニューまでご紹介しました。 このドラゴンフラッグを考案したブルース・リーは、こんな言葉を残しています。 「 失敗を恐れるな。 失敗することではなく、目標を低く掲げることが罪なのだ。 大きな挑戦なら、失敗さえも栄光となる。 」 とても難易度の高いメニューですが、最初にできなくても諦めずにチャレンジし続けて、ドラゴンフラッグができるように頑張りましょう。 【参考】 腹筋の下腹部を鍛える最強トレーニング10選 【参考】 腹筋を毎日鍛えるのはあり?なし? 【参考】 腹筋を割るEMSベルトのおすすめ総まとめ.

次の

ドラゴン怒りの鉄拳

ドラゴンリー

解雇の経緯と今後はどうなるのか? ソース元はオブザーバーニュースの内容を簡単に抜粋する。 Rush and Dragon Lee released by CMLL — Wrestling Observer WONF4W• CMLLはルーシュとドラゴン・リーの解雇。 詳細は明かされていない。 ドラゴン・リーはCMLLの86周年大会の参加もキャンセルされた。 CMLLはルーシュとドラゴン・リーの商標を持っているため、新しい名前で活躍する可能性がある。 ルーシュ選手のドラゴン・リー選手の今後については言及されていない。 噂ではAWEやWWEも出ているがまだ詳細はわからない。 プロレス団体経営の難しさが浮き彫りになる オブザーバーの情報によると団体のコストカットをしているため、ルーシュ選手やドラゴン・リー選手など若い選手は出場機会を失っている。 そんな中でもベテラン選手の待遇は変わらないとこと。 要はベテラン選手を使っていき、若い選手はリストラの対象にしたいということだ。 ここからは一個人の見解だが、 若く現時点スター選手とベテラン選手の扱いが下手さが招いてしまったのだと思う。 旬な選手とレジェンド選手のバランスを誤るとファンからだけでなく選手から反発を喰らい、選手の管理が出来ず、結果的に喧嘩別れになってしまうのだと痛感してしまった。 その点、現時点で勢いのある団体はそのあたりの使い分けはうまく出来ており、世代交代と一定間隔でスポットライトを浴びせるなど趣向を凝らしている。 ただルーシュ選手やドラゴン・リー選手共に様々な団体からオファーもあるだろうし、そこまで悲観的になるべきではない。 たしかに 新日本プロレスで両選手が見られなくなる可能性は高いがゼロになったわけではない。 今後の二人の動向もチェックしていきたいと思う。 リー「勝てて…(日本語で)シアワセデス。 (スペイン語で)勝ってこの場所にいれることにとても幸せを感じてます。 ボクはこのベルトにとても愛情を持ってます。 それはヒロム・タカハシと闘うために。 そのためにも、このベルトを守っていかなければならない。 (日本語で)ヒロム、ガンバッテ! もう一つ、ボクの方から思いを言わせてもらえるなら、デスペラードと闘いたい。 」 出典: もちろん高橋ヒロム選手からもメッセージがあった。

次の

ヤフオク!

ドラゴンリー

解雇の経緯と今後はどうなるのか? ソース元はオブザーバーニュースの内容を簡単に抜粋する。 Rush and Dragon Lee released by CMLL — Wrestling Observer WONF4W• CMLLはルーシュとドラゴン・リーの解雇。 詳細は明かされていない。 ドラゴン・リーはCMLLの86周年大会の参加もキャンセルされた。 CMLLはルーシュとドラゴン・リーの商標を持っているため、新しい名前で活躍する可能性がある。 ルーシュ選手のドラゴン・リー選手の今後については言及されていない。 噂ではAWEやWWEも出ているがまだ詳細はわからない。 プロレス団体経営の難しさが浮き彫りになる オブザーバーの情報によると団体のコストカットをしているため、ルーシュ選手やドラゴン・リー選手など若い選手は出場機会を失っている。 そんな中でもベテラン選手の待遇は変わらないとこと。 要はベテラン選手を使っていき、若い選手はリストラの対象にしたいということだ。 ここからは一個人の見解だが、 若く現時点スター選手とベテラン選手の扱いが下手さが招いてしまったのだと思う。 旬な選手とレジェンド選手のバランスを誤るとファンからだけでなく選手から反発を喰らい、選手の管理が出来ず、結果的に喧嘩別れになってしまうのだと痛感してしまった。 その点、現時点で勢いのある団体はそのあたりの使い分けはうまく出来ており、世代交代と一定間隔でスポットライトを浴びせるなど趣向を凝らしている。 ただルーシュ選手やドラゴン・リー選手共に様々な団体からオファーもあるだろうし、そこまで悲観的になるべきではない。 たしかに 新日本プロレスで両選手が見られなくなる可能性は高いがゼロになったわけではない。 今後の二人の動向もチェックしていきたいと思う。 リー「勝てて…(日本語で)シアワセデス。 (スペイン語で)勝ってこの場所にいれることにとても幸せを感じてます。 ボクはこのベルトにとても愛情を持ってます。 それはヒロム・タカハシと闘うために。 そのためにも、このベルトを守っていかなければならない。 (日本語で)ヒロム、ガンバッテ! もう一つ、ボクの方から思いを言わせてもらえるなら、デスペラードと闘いたい。 」 出典: もちろん高橋ヒロム選手からもメッセージがあった。

次の