バトオペ2 階級。 階級 昇格条件

伝説的超級バトオペ2備忘録

バトオペ2 階級

機動戦士ガンダム バトルオペレーション2 MOBILE SUIT GUNDAM BATTLE OPERATION 2 ジャンル チームバトルアクション 対応機種 開発元 運営元 藤山賢彦 神戸秋義 人数 オンライン:1人~12人 メディア ダウンロード 運営開始日 対象年齢 : B その他 オンライン専用 ボイスチャットはps4の機能を使用 『 機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』(MOBILE SUIT GUNDAM BATTLE OPERATION 2)は、バンダイナムコが運営するオンラインゲーム。 2018年7月26日より専用ソフトとして配信開始。 略称は『 バトオペ2』。 用ソフトとして配信されていた『』の続編。 基本無料、一部有料コンテンツあり。 最大6人対6人で対戦するオンライン対戦型のアクションゲーム。 ゲームシステム [ ] ベースキャンプ [ ] プレイヤーは一人の傭兵となり、ベースキャンプと呼ばれる拠点を歩いて回り、MSのカスタマイズ、任務の確認や報酬の受け取りなどを行う。 また、今作からプレイヤーのアバターを作成し、キャンプ内を自由に歩いて他プレイヤーと直接交流することが出来るようになった。 カスタマイズメニューやゲーム設定は、の形状をした携帯端末「H. O」を用いて行う。 MSや武器、カスタムパーツは DPという通貨を消費して購入する他、有料アイテムの トークン(任務報酬で授与される場合もある)を消費する「抽選配給」でも購入できる。 案内所 プレイ開始時にベースキャンプの説明を受ける。 物資配給局 DPまたはトークンを使用し、MSや武器、カスタマイズパーツ、アバターのカスタムウェアを購入する。 出撃受付 様々な条件の出撃ステージを選択し、出撃する。 報酬窓口 任務達成後の報酬を受け取る。 昇格任務窓口 昇格の条件となる任務を受託する。 モニタースペース 現在行われているキャンペーン情報を確認できる。 出撃 [ ] 前作は出撃するために、時間制で回復する「出撃エネルギー」と呼ばれる権利が必要だったが、今作は出撃権利は設定されておらず、何度でも出撃可能である。 前作は地上戦のみだったが、本作から宇宙での戦闘が追加され、機体によっては宇宙・地上いずれかでしか使用できない場合もある。 宇宙戦では「しゃがむ」「伏せる」「ジャンプ」の動作が無い代わりに、自分の操作によって上下に移動することができる。 今作では新たに「レート」の概念が導入されており、自身にレートが近いプレイヤー1名が「ライバル」として敵チームに振り分けられる。 レートを上げるには「レーティングマッチ」で勝利・活躍することが必要となり、試合に敗北したり、ライバルに勝利できなかったりといったことが連続するとレートが下がってしまうため注意を要する。 MSの分類 [ ] MSには、汎用MS > 強襲型MS > 支援用MS > 汎用MS... の三すくみの優劣が存在する。 ただし兵装や立ち回り次第では、逆転も可能な範囲の差となっている。 汎用MS バランスが取れた性能で、オールマイティに立ち回れる。 装備する武器の種類によって役割は変わってくる。 強襲型MSに対しては攻撃力が上がるが、支援用MSに対する攻撃力は下がる。 強襲型MS 主に敵機との近接戦闘に特化しており、移動スピードの速さや、格闘武器を振るえる回数の多さが特徴。 反面、機動力と引き換えにヒットポイントや防御力が低くなりがちであるため、状況に応じた素早い立ち回りが要求される。 支援用MSに対しては攻撃力が上がるが、汎用MSに対する攻撃力は下がる。 支援用MS 遠距離からの強力な砲撃や狙撃で前線の味方を援護したり、敵の拠点に直接ダメージを与えることに長けている。 ただし機動力が低く、相手に接近された際の対処が難しいため、自分の得意な距離を保ち続けることが要求される。 汎用MSに対しては攻撃力が上がるが、強襲型MSに対する攻撃力は下がる。 歩兵 [ ] 中継地点の占領や敵拠点の爆破などは、歩兵でしか行うことが出来ないため、時にはMSを降りることや、MSに乗らずに出撃することが求められる。 MSの攻撃を受ける、または足で蹴られるとすぐに撃破されてしまうが、レーダーに映りにくく目視もし辛いため、立ち回り方によっては敵MSの死角を突き、頭部や脚部にピンポイントでダメージを与えて機能不全にすることができる。 歩兵には主に次のような役割がある。 中継地点の制圧:撃破された際の復活地点(リスポーンポイント)の確保を行う。 歩兵の状態、もしくはMS以外の乗り物に乗った状態で中継地点に一定時間留まることで制圧が完了する。 ただし、敵の歩兵がいる場合はこれを排除しなければ制圧することが出来ない。 敵軍の中継地点を制圧する場合は、制圧状態を解除し、一度中立状態に戻す措置を行うためにやや時間がかかる。 制圧を行ったプレイヤーとチームにはポイントが与えられる。 中継地点からの支援砲撃要請:自軍が制圧している中継地点から支援砲撃を要請する。 地上では円状の範囲に空爆、宇宙では帯状の範囲にビーム射撃と、地上と宇宙では砲撃の種類が異なる。 着弾地点は味方部隊には知らされるが敵には一切見えない。 着弾時に範囲内に存在するMSは敵味方関係なくダメージを受けるため、味方の要請した砲撃であっても注意を要する。 相手拠点の爆破:相手拠点に時限爆弾を仕掛け、破壊する。 拠点はMSの回復を行うことが出来るポイントだが、破壊されるとその機能は失われる。 爆弾を仕掛けるだけでもポイントを得られ、爆破に成功するとさらに大きなポイントがプレイヤーとチームに与えられる。 破壊した際に得られるポイントは、相手チームのMSのコスト合計値が高ければ高いほど多くなる。 また、戦闘終了2分前には獲得ポイントがさらに増加する。 拠点に仕掛けられた爆弾の解除:相手が自軍拠点に仕掛けた時限爆弾を解除する。 敵MSの乗っ取り:敵が乗り捨てたMSのロックを解除して、乗っ取ることが出来る。 この状態で敵陣に紛れ込んで混乱させることも戦法の一つだが、乗ってから1分間が経過すると自爆するため、その前に降りなくてはならない。 自爆時は敵MSを自爆させ撃破した扱いとなるため、自軍にMS撃破ポイントが与えられるが、降りるのが間に合わないと巻き込まれて爆死してしまい、パイロット撃破ポイントが相手に加算されてしまう。 爆発する前に持ち主が乗り直せば自爆タイマーが解除される。 MSや拠点の修理:固定装備として最初から携帯している「リペアツール」を使って、MSや拠点が負ったダメージを回復できる。 自機のみならず味方の機体(及び敵機)も修理可能。 複数の歩兵が共同で修理することで、より短時間で修理を完了できる。 対戦ルール [ ] ベーシック 3vs3から6vs6の間でチームを組み、8分間の制限時間内に相手チームより多くのポイントを稼ぐ。 エースマッチ 基本的なルールはベーシックと同様だが、拠点の破壊と敵MSの乗っ取り、中継地点からの支援砲撃要請は出来ない。 戦闘時間が残り3分になると、それまで最も多くのポイントを獲得しているプレーヤーが「エース」に選出される。 エースが敵を撃破、または撃破アシストを行うと、通常よりも多くのポイントが加算される。 逆にエースが撃破されてしまうと、敵に通常よりも多くのポイントを与えてしまう。 ルームの種類 [ ] レーティングマッチ あらかじめ定められたルールでの戦闘に勝利し、自身のレートを上げることを目指す。 ルームは時間帯によって様々なルールのものに切り替わる。 クイックマッチ レート変動のない、6vs6の対戦ルーム。 カスタムマッチ ルームホストがルールを設定したルームで対戦する。 フリー演習 新しく購入したMSの練習等を行える練習ルーム。 登場人物 [ ] 主人公 本作のプレイヤーキャラクター。 男性・女性を選択可能。 アバターは髪型、顔パーツを組み合わせて作成できる。 名前はPS IDがそのまま表示される。 テンダ・ビギン - ベースキャンプの案内をしてくれる他、話しかけることでチュートリアルステージをプレイすることが出来る。 ベースキャンプの主であるナイトハルトの義理の娘。 よくMSを見物しに格納庫などに出かけては、ナイトハルトに怒られている。 ナイトハルト・ハイデッガー 声 - ベースキャンプの主。 スキンヘッドでアイパッチをしている。 報酬窓口で報酬を渡してくれる。 義理の娘であるテンダのことをこよなく愛し、イベント時にはなかば暴走している。 カタリナ・ヴェンダース 声 - 物資配給局の受付嬢。 金髪のロングヘアが特徴の美女。 キャリー・キャドバリー 声 - 出撃受付の担当。 黒髪のショートヘアで眼鏡をかけている女性。 レオナ・ルークラフト 声 - MSの強化施設の担当。 ゴーグルをかぶっており、髪は黒髪のロング。 「こんちゃーす」が口癖。 珍しいMSに目がない。 オルデム・コウダ 声 - 昇格任務窓口の担当。 眼鏡をかけている地味な男性。 登場メカニック [ ] 前作では、格闘型、汎用型、支援型の3種類に分類されていたが、本作では格闘型は「強襲型」という分類になった。 また、前作ではガンダムやジムなどが使えると、ザクやグフなどが使えるに分かれてチームを組む形式だったが、本作ではプレイヤーは特定の軍に所属しないP. ファミ通. com 2018年7月12日• PlayStation. Brog 2018年7月24日• 七瀬彩夏ツイッター 外部リンク [ ]•

次の

バトオペ2 のはじめたてです!

バトオペ2 階級

機動戦士ガンダム バトルオペレーション2 MOBILE SUIT GUNDAM BATTLE OPERATION 2 ジャンル チームバトルアクション 対応機種 開発元 運営元 藤山賢彦 神戸秋義 人数 オンライン:1人~12人 メディア ダウンロード 運営開始日 対象年齢 : B その他 オンライン専用 ボイスチャットはps4の機能を使用 『 機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』(MOBILE SUIT GUNDAM BATTLE OPERATION 2)は、バンダイナムコが運営するオンラインゲーム。 2018年7月26日より専用ソフトとして配信開始。 略称は『 バトオペ2』。 用ソフトとして配信されていた『』の続編。 基本無料、一部有料コンテンツあり。 最大6人対6人で対戦するオンライン対戦型のアクションゲーム。 ゲームシステム [ ] ベースキャンプ [ ] プレイヤーは一人の傭兵となり、ベースキャンプと呼ばれる拠点を歩いて回り、MSのカスタマイズ、任務の確認や報酬の受け取りなどを行う。 また、今作からプレイヤーのアバターを作成し、キャンプ内を自由に歩いて他プレイヤーと直接交流することが出来るようになった。 カスタマイズメニューやゲーム設定は、の形状をした携帯端末「H. O」を用いて行う。 MSや武器、カスタムパーツは DPという通貨を消費して購入する他、有料アイテムの トークン(任務報酬で授与される場合もある)を消費する「抽選配給」でも購入できる。 案内所 プレイ開始時にベースキャンプの説明を受ける。 物資配給局 DPまたはトークンを使用し、MSや武器、カスタマイズパーツ、アバターのカスタムウェアを購入する。 出撃受付 様々な条件の出撃ステージを選択し、出撃する。 報酬窓口 任務達成後の報酬を受け取る。 昇格任務窓口 昇格の条件となる任務を受託する。 モニタースペース 現在行われているキャンペーン情報を確認できる。 出撃 [ ] 前作は出撃するために、時間制で回復する「出撃エネルギー」と呼ばれる権利が必要だったが、今作は出撃権利は設定されておらず、何度でも出撃可能である。 前作は地上戦のみだったが、本作から宇宙での戦闘が追加され、機体によっては宇宙・地上いずれかでしか使用できない場合もある。 宇宙戦では「しゃがむ」「伏せる」「ジャンプ」の動作が無い代わりに、自分の操作によって上下に移動することができる。 今作では新たに「レート」の概念が導入されており、自身にレートが近いプレイヤー1名が「ライバル」として敵チームに振り分けられる。 レートを上げるには「レーティングマッチ」で勝利・活躍することが必要となり、試合に敗北したり、ライバルに勝利できなかったりといったことが連続するとレートが下がってしまうため注意を要する。 MSの分類 [ ] MSには、汎用MS > 強襲型MS > 支援用MS > 汎用MS... の三すくみの優劣が存在する。 ただし兵装や立ち回り次第では、逆転も可能な範囲の差となっている。 汎用MS バランスが取れた性能で、オールマイティに立ち回れる。 装備する武器の種類によって役割は変わってくる。 強襲型MSに対しては攻撃力が上がるが、支援用MSに対する攻撃力は下がる。 強襲型MS 主に敵機との近接戦闘に特化しており、移動スピードの速さや、格闘武器を振るえる回数の多さが特徴。 反面、機動力と引き換えにヒットポイントや防御力が低くなりがちであるため、状況に応じた素早い立ち回りが要求される。 支援用MSに対しては攻撃力が上がるが、汎用MSに対する攻撃力は下がる。 支援用MS 遠距離からの強力な砲撃や狙撃で前線の味方を援護したり、敵の拠点に直接ダメージを与えることに長けている。 ただし機動力が低く、相手に接近された際の対処が難しいため、自分の得意な距離を保ち続けることが要求される。 汎用MSに対しては攻撃力が上がるが、強襲型MSに対する攻撃力は下がる。 歩兵 [ ] 中継地点の占領や敵拠点の爆破などは、歩兵でしか行うことが出来ないため、時にはMSを降りることや、MSに乗らずに出撃することが求められる。 MSの攻撃を受ける、または足で蹴られるとすぐに撃破されてしまうが、レーダーに映りにくく目視もし辛いため、立ち回り方によっては敵MSの死角を突き、頭部や脚部にピンポイントでダメージを与えて機能不全にすることができる。 歩兵には主に次のような役割がある。 中継地点の制圧:撃破された際の復活地点(リスポーンポイント)の確保を行う。 歩兵の状態、もしくはMS以外の乗り物に乗った状態で中継地点に一定時間留まることで制圧が完了する。 ただし、敵の歩兵がいる場合はこれを排除しなければ制圧することが出来ない。 敵軍の中継地点を制圧する場合は、制圧状態を解除し、一度中立状態に戻す措置を行うためにやや時間がかかる。 制圧を行ったプレイヤーとチームにはポイントが与えられる。 中継地点からの支援砲撃要請:自軍が制圧している中継地点から支援砲撃を要請する。 地上では円状の範囲に空爆、宇宙では帯状の範囲にビーム射撃と、地上と宇宙では砲撃の種類が異なる。 着弾地点は味方部隊には知らされるが敵には一切見えない。 着弾時に範囲内に存在するMSは敵味方関係なくダメージを受けるため、味方の要請した砲撃であっても注意を要する。 相手拠点の爆破:相手拠点に時限爆弾を仕掛け、破壊する。 拠点はMSの回復を行うことが出来るポイントだが、破壊されるとその機能は失われる。 爆弾を仕掛けるだけでもポイントを得られ、爆破に成功するとさらに大きなポイントがプレイヤーとチームに与えられる。 破壊した際に得られるポイントは、相手チームのMSのコスト合計値が高ければ高いほど多くなる。 また、戦闘終了2分前には獲得ポイントがさらに増加する。 拠点に仕掛けられた爆弾の解除:相手が自軍拠点に仕掛けた時限爆弾を解除する。 敵MSの乗っ取り:敵が乗り捨てたMSのロックを解除して、乗っ取ることが出来る。 この状態で敵陣に紛れ込んで混乱させることも戦法の一つだが、乗ってから1分間が経過すると自爆するため、その前に降りなくてはならない。 自爆時は敵MSを自爆させ撃破した扱いとなるため、自軍にMS撃破ポイントが与えられるが、降りるのが間に合わないと巻き込まれて爆死してしまい、パイロット撃破ポイントが相手に加算されてしまう。 爆発する前に持ち主が乗り直せば自爆タイマーが解除される。 MSや拠点の修理:固定装備として最初から携帯している「リペアツール」を使って、MSや拠点が負ったダメージを回復できる。 自機のみならず味方の機体(及び敵機)も修理可能。 複数の歩兵が共同で修理することで、より短時間で修理を完了できる。 対戦ルール [ ] ベーシック 3vs3から6vs6の間でチームを組み、8分間の制限時間内に相手チームより多くのポイントを稼ぐ。 エースマッチ 基本的なルールはベーシックと同様だが、拠点の破壊と敵MSの乗っ取り、中継地点からの支援砲撃要請は出来ない。 戦闘時間が残り3分になると、それまで最も多くのポイントを獲得しているプレーヤーが「エース」に選出される。 エースが敵を撃破、または撃破アシストを行うと、通常よりも多くのポイントが加算される。 逆にエースが撃破されてしまうと、敵に通常よりも多くのポイントを与えてしまう。 ルームの種類 [ ] レーティングマッチ あらかじめ定められたルールでの戦闘に勝利し、自身のレートを上げることを目指す。 ルームは時間帯によって様々なルールのものに切り替わる。 クイックマッチ レート変動のない、6vs6の対戦ルーム。 カスタムマッチ ルームホストがルールを設定したルームで対戦する。 フリー演習 新しく購入したMSの練習等を行える練習ルーム。 登場人物 [ ] 主人公 本作のプレイヤーキャラクター。 男性・女性を選択可能。 アバターは髪型、顔パーツを組み合わせて作成できる。 名前はPS IDがそのまま表示される。 テンダ・ビギン - ベースキャンプの案内をしてくれる他、話しかけることでチュートリアルステージをプレイすることが出来る。 ベースキャンプの主であるナイトハルトの義理の娘。 よくMSを見物しに格納庫などに出かけては、ナイトハルトに怒られている。 ナイトハルト・ハイデッガー 声 - ベースキャンプの主。 スキンヘッドでアイパッチをしている。 報酬窓口で報酬を渡してくれる。 義理の娘であるテンダのことをこよなく愛し、イベント時にはなかば暴走している。 カタリナ・ヴェンダース 声 - 物資配給局の受付嬢。 金髪のロングヘアが特徴の美女。 キャリー・キャドバリー 声 - 出撃受付の担当。 黒髪のショートヘアで眼鏡をかけている女性。 レオナ・ルークラフト 声 - MSの強化施設の担当。 ゴーグルをかぶっており、髪は黒髪のロング。 「こんちゃーす」が口癖。 珍しいMSに目がない。 オルデム・コウダ 声 - 昇格任務窓口の担当。 眼鏡をかけている地味な男性。 登場メカニック [ ] 前作では、格闘型、汎用型、支援型の3種類に分類されていたが、本作では格闘型は「強襲型」という分類になった。 また、前作ではガンダムやジムなどが使えると、ザクやグフなどが使えるに分かれてチームを組む形式だったが、本作ではプレイヤーは特定の軍に所属しないP. ファミ通. com 2018年7月12日• PlayStation. Brog 2018年7月24日• 七瀬彩夏ツイッター 外部リンク [ ]•

次の

中尉LV19 階級レベルカンスト

バトオペ2 階級

機動戦士ガンダム バトルオペレーション2 MOBILE SUIT GUNDAM BATTLE OPERATION 2 ジャンル チームバトルアクション 対応機種 開発元 運営元 藤山賢彦 神戸秋義 人数 オンライン:1人~12人 メディア ダウンロード 運営開始日 対象年齢 : B その他 オンライン専用 ボイスチャットはps4の機能を使用 『 機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』(MOBILE SUIT GUNDAM BATTLE OPERATION 2)は、バンダイナムコが運営するオンラインゲーム。 2018年7月26日より専用ソフトとして配信開始。 略称は『 バトオペ2』。 用ソフトとして配信されていた『』の続編。 基本無料、一部有料コンテンツあり。 最大6人対6人で対戦するオンライン対戦型のアクションゲーム。 ゲームシステム [ ] ベースキャンプ [ ] プレイヤーは一人の傭兵となり、ベースキャンプと呼ばれる拠点を歩いて回り、MSのカスタマイズ、任務の確認や報酬の受け取りなどを行う。 また、今作からプレイヤーのアバターを作成し、キャンプ内を自由に歩いて他プレイヤーと直接交流することが出来るようになった。 カスタマイズメニューやゲーム設定は、の形状をした携帯端末「H. O」を用いて行う。 MSや武器、カスタムパーツは DPという通貨を消費して購入する他、有料アイテムの トークン(任務報酬で授与される場合もある)を消費する「抽選配給」でも購入できる。 案内所 プレイ開始時にベースキャンプの説明を受ける。 物資配給局 DPまたはトークンを使用し、MSや武器、カスタマイズパーツ、アバターのカスタムウェアを購入する。 出撃受付 様々な条件の出撃ステージを選択し、出撃する。 報酬窓口 任務達成後の報酬を受け取る。 昇格任務窓口 昇格の条件となる任務を受託する。 モニタースペース 現在行われているキャンペーン情報を確認できる。 出撃 [ ] 前作は出撃するために、時間制で回復する「出撃エネルギー」と呼ばれる権利が必要だったが、今作は出撃権利は設定されておらず、何度でも出撃可能である。 前作は地上戦のみだったが、本作から宇宙での戦闘が追加され、機体によっては宇宙・地上いずれかでしか使用できない場合もある。 宇宙戦では「しゃがむ」「伏せる」「ジャンプ」の動作が無い代わりに、自分の操作によって上下に移動することができる。 今作では新たに「レート」の概念が導入されており、自身にレートが近いプレイヤー1名が「ライバル」として敵チームに振り分けられる。 レートを上げるには「レーティングマッチ」で勝利・活躍することが必要となり、試合に敗北したり、ライバルに勝利できなかったりといったことが連続するとレートが下がってしまうため注意を要する。 MSの分類 [ ] MSには、汎用MS > 強襲型MS > 支援用MS > 汎用MS... の三すくみの優劣が存在する。 ただし兵装や立ち回り次第では、逆転も可能な範囲の差となっている。 汎用MS バランスが取れた性能で、オールマイティに立ち回れる。 装備する武器の種類によって役割は変わってくる。 強襲型MSに対しては攻撃力が上がるが、支援用MSに対する攻撃力は下がる。 強襲型MS 主に敵機との近接戦闘に特化しており、移動スピードの速さや、格闘武器を振るえる回数の多さが特徴。 反面、機動力と引き換えにヒットポイントや防御力が低くなりがちであるため、状況に応じた素早い立ち回りが要求される。 支援用MSに対しては攻撃力が上がるが、汎用MSに対する攻撃力は下がる。 支援用MS 遠距離からの強力な砲撃や狙撃で前線の味方を援護したり、敵の拠点に直接ダメージを与えることに長けている。 ただし機動力が低く、相手に接近された際の対処が難しいため、自分の得意な距離を保ち続けることが要求される。 汎用MSに対しては攻撃力が上がるが、強襲型MSに対する攻撃力は下がる。 歩兵 [ ] 中継地点の占領や敵拠点の爆破などは、歩兵でしか行うことが出来ないため、時にはMSを降りることや、MSに乗らずに出撃することが求められる。 MSの攻撃を受ける、または足で蹴られるとすぐに撃破されてしまうが、レーダーに映りにくく目視もし辛いため、立ち回り方によっては敵MSの死角を突き、頭部や脚部にピンポイントでダメージを与えて機能不全にすることができる。 歩兵には主に次のような役割がある。 中継地点の制圧:撃破された際の復活地点(リスポーンポイント)の確保を行う。 歩兵の状態、もしくはMS以外の乗り物に乗った状態で中継地点に一定時間留まることで制圧が完了する。 ただし、敵の歩兵がいる場合はこれを排除しなければ制圧することが出来ない。 敵軍の中継地点を制圧する場合は、制圧状態を解除し、一度中立状態に戻す措置を行うためにやや時間がかかる。 制圧を行ったプレイヤーとチームにはポイントが与えられる。 中継地点からの支援砲撃要請:自軍が制圧している中継地点から支援砲撃を要請する。 地上では円状の範囲に空爆、宇宙では帯状の範囲にビーム射撃と、地上と宇宙では砲撃の種類が異なる。 着弾地点は味方部隊には知らされるが敵には一切見えない。 着弾時に範囲内に存在するMSは敵味方関係なくダメージを受けるため、味方の要請した砲撃であっても注意を要する。 相手拠点の爆破:相手拠点に時限爆弾を仕掛け、破壊する。 拠点はMSの回復を行うことが出来るポイントだが、破壊されるとその機能は失われる。 爆弾を仕掛けるだけでもポイントを得られ、爆破に成功するとさらに大きなポイントがプレイヤーとチームに与えられる。 破壊した際に得られるポイントは、相手チームのMSのコスト合計値が高ければ高いほど多くなる。 また、戦闘終了2分前には獲得ポイントがさらに増加する。 拠点に仕掛けられた爆弾の解除:相手が自軍拠点に仕掛けた時限爆弾を解除する。 敵MSの乗っ取り:敵が乗り捨てたMSのロックを解除して、乗っ取ることが出来る。 この状態で敵陣に紛れ込んで混乱させることも戦法の一つだが、乗ってから1分間が経過すると自爆するため、その前に降りなくてはならない。 自爆時は敵MSを自爆させ撃破した扱いとなるため、自軍にMS撃破ポイントが与えられるが、降りるのが間に合わないと巻き込まれて爆死してしまい、パイロット撃破ポイントが相手に加算されてしまう。 爆発する前に持ち主が乗り直せば自爆タイマーが解除される。 MSや拠点の修理:固定装備として最初から携帯している「リペアツール」を使って、MSや拠点が負ったダメージを回復できる。 自機のみならず味方の機体(及び敵機)も修理可能。 複数の歩兵が共同で修理することで、より短時間で修理を完了できる。 対戦ルール [ ] ベーシック 3vs3から6vs6の間でチームを組み、8分間の制限時間内に相手チームより多くのポイントを稼ぐ。 エースマッチ 基本的なルールはベーシックと同様だが、拠点の破壊と敵MSの乗っ取り、中継地点からの支援砲撃要請は出来ない。 戦闘時間が残り3分になると、それまで最も多くのポイントを獲得しているプレーヤーが「エース」に選出される。 エースが敵を撃破、または撃破アシストを行うと、通常よりも多くのポイントが加算される。 逆にエースが撃破されてしまうと、敵に通常よりも多くのポイントを与えてしまう。 ルームの種類 [ ] レーティングマッチ あらかじめ定められたルールでの戦闘に勝利し、自身のレートを上げることを目指す。 ルームは時間帯によって様々なルールのものに切り替わる。 クイックマッチ レート変動のない、6vs6の対戦ルーム。 カスタムマッチ ルームホストがルールを設定したルームで対戦する。 フリー演習 新しく購入したMSの練習等を行える練習ルーム。 登場人物 [ ] 主人公 本作のプレイヤーキャラクター。 男性・女性を選択可能。 アバターは髪型、顔パーツを組み合わせて作成できる。 名前はPS IDがそのまま表示される。 テンダ・ビギン - ベースキャンプの案内をしてくれる他、話しかけることでチュートリアルステージをプレイすることが出来る。 ベースキャンプの主であるナイトハルトの義理の娘。 よくMSを見物しに格納庫などに出かけては、ナイトハルトに怒られている。 ナイトハルト・ハイデッガー 声 - ベースキャンプの主。 スキンヘッドでアイパッチをしている。 報酬窓口で報酬を渡してくれる。 義理の娘であるテンダのことをこよなく愛し、イベント時にはなかば暴走している。 カタリナ・ヴェンダース 声 - 物資配給局の受付嬢。 金髪のロングヘアが特徴の美女。 キャリー・キャドバリー 声 - 出撃受付の担当。 黒髪のショートヘアで眼鏡をかけている女性。 レオナ・ルークラフト 声 - MSの強化施設の担当。 ゴーグルをかぶっており、髪は黒髪のロング。 「こんちゃーす」が口癖。 珍しいMSに目がない。 オルデム・コウダ 声 - 昇格任務窓口の担当。 眼鏡をかけている地味な男性。 登場メカニック [ ] 前作では、格闘型、汎用型、支援型の3種類に分類されていたが、本作では格闘型は「強襲型」という分類になった。 また、前作ではガンダムやジムなどが使えると、ザクやグフなどが使えるに分かれてチームを組む形式だったが、本作ではプレイヤーは特定の軍に所属しないP. ファミ通. com 2018年7月12日• PlayStation. Brog 2018年7月24日• 七瀬彩夏ツイッター 外部リンク [ ]•

次の