あさ イチレシピ 鶏肉。 【あさイチ】鶏肉の甘酢炒めの作り方。中華の鉄人・陳建一シェフのレシピ(3月31日)

NHKあさイチ【鶏むね肉のしっとりハム〜レモン風味】レシピ : 三ツ星主婦の「簡単!家庭料理レシピ・作り方

あさ イチレシピ 鶏肉

2015年4月16日(木) NHK あさイチ 〜解決ごはん〜 NHKあさイチの解決ごはんのコーナーには、「ヨーグルトを使ったおいしいレシピを教えて欲しい!」というリクエストが。 そこで、フードコーディネーターのSHIORIさんが、 【チキンのヨーグルトトマトカレー】を作っておすすめしていました。 鶏肉をヨーグルトに3時間ほど漬け込んでから、煮込みます。 柔らかく仕上がったチキンが主役のカレーだそうです。 ちなみに、煮込む際にもヨーグルトを使った活用レシピです。 < 実際に作ってみました!! 市販のカレールゥにソースや醤油などを加えて、 ご飯によく合う味付けのカレーでした。 皮がダレたりして上手く作れない」というお悩み・リクエストにお応えして、 【うまみたっぷり!帆立て入り肉シューマイ】の作り方を紹介していました。 皮がひっついて破れたり、ダレたりしないポイントは、油をしみこませたガーゼを使うことがポイント! < 実際に作ってみました!! いつも使うさらしを使って作りました。 でも、シュウマイにあたる部分には、 レシピ通り油を染み込ませてみました。 安いほぐし身のホタテ缶でも風味よく、 食感も肉だけの時より、歯応え、弾力があっていいです! 白菜と鶏ひき肉を煮ただけのシンプルなおかずです。 ご飯にのせて丼ぶりにするのも大原さんオススメのレシピです。 < 実際に作ってみました!! その、「きのこの具」を作ると、お吸い物などにもアレンジできますと、 【揚げ出し豆腐のきのこあんかけ】 も作って紹介していました。 < 実際に作ってみました!! > 手作りの揚げだし豆腐は、美味しい! 家庭料理の定番の肉じゃがですが、「煮崩れる。 味が染みない。 肉が硬くなる」といったお悩みを解決する嬉しいレシピ。 関東風の 【究極の豚肉じゃが】 は、ネーミングで分かるように豚肉を使います。 煮込みはたったの15分!冷ましながら味を染み込ませるところがポイントです。 < 実際に作ってみました!! > 牛肉で作る関西風も気になりましたが、 まずは、関東風の 【究極の豚肉じゃが】 を作ってみました。 だしは顆粒だし。 とっても簡単で、我が家の定番になりそう! カリッと焼いたベーコンとニンニクの風味がアクセントの 【かつおのカルパッチョ仕立て ベーコン風味】。 < 実際に作ってみました!! そこで、きのこと鶏肉の入った、 【 きのこの炊き込みごはん】の作り方を紹介、おすすめしていました。 土鍋で炊き上げて、おこげも出来てとっても美味しそう! 季節のきのこを4種類、そのほかにも干し椎茸を使って、きのこたっぷり!うまみたっぷりの炊き込みご飯です。 < 実際に作ってみました!! > 頑張って、土鍋で私も作ってみました。 っで、調べてみて作ってみました。 強火で煮立ってから10分ほど弱火で加熱。 私は、湯気が出ていたので15〜18分ほどは加熱しました。 そして、最後に強火で30秒、おこげを作って、 のち15分ほど蒸らしました。 このレシピは干し椎茸を戻さずに加えるため、水を1割増しにします。 ドライカレーにホワイトソースをかけて、「逆」ということのようです。 < 実際に作ってみました!! > 早速、夕飯に作ってみました。 ホワイトソースが、ちょっと面倒に思えましたが、 どうにか放送されたように作れました。 主人の「うまいじゃん」も出てよかったです。 ドライカレーだけでもいけますが、 ホワイトソースでコクが増して、 味の変化も楽しめます。 油を1滴も使わずに仕上げます。 少なめのパスタにレンコンや水菜も加えて、ヘルシーにボリュームアップさせた嬉しいレシピです。 < 実際に作ってみました!! > 早速、昼食に作ってみました。 6〜1. 7mmくらいのパスタで作っていました。 私は1. 4mmの少し細麺で、えのきや水菜と同じような細さで、 合わせてみました。 その中でも、メインのおかずになる 【たまねぎたっぷりシューマイ】 が興味湧きましたぁ! 挽き肉と同量の玉ねぎを加えて、やわらか〜いシュウマイに仕上がるそうです。 < 実際に作ってみました!! > 挽き肉と同量の玉ねぎを加えたことは、はじめてかもです。 ということで、1時間待ちました。 なので、星2つとさせていただきます。 そこで、斉藤辰夫さんが鶏ひき肉と合わせた混ぜご飯 【とうがんと鶏肉の混ぜごはん】を作っておすすめしていました。 < 実際に作ってみました!!

次の

ムグライチキンのレシピ

あさ イチレシピ 鶏肉

1 鶏肉は片手で身を押さえながら皮をはぎ、1センチ厚さのそぎ切りにする。 2 【1】の鶏肉の全体に薄く薄力粉をまぶす。 3 フライパンにサラダ油を熱し、【2】の鶏肉を強火で焼く。 このとき肉が重ならないようにまんべんなく置く。 焼き目が付くまではさわらないでほうっておく。 4 片面に焼き色がついたら返し、もう片面も同様に焼く。 ポイント• しょうが焼きは色々なレシピがこのレシピではタレを揉み込まない。 揉み込むと調味料の塩分で肉が固くなってしまうことがある。 薄力粉をまぶすことでカリッとした焼き目がつきやすくなる。 また薄力粉にタレも絡みやすくジューシーに仕上がる。 焼き目にタレが絡むので焼き目をしっかりつける。 強火で短時間で加熱するのがポイント。 同じ調理法で豚肉のしょうが焼きを作ることもできる。 酒のおつまみやお弁当にもおすすめ。 鶏の使い分け方法 鶏むね肉は調理時間を短めに 鳥の胸肉はタンパク質が多く脂肪分が少ないが、ぱさつくのが欠点。 ぱさつきの原因は加熱のし過ぎで水分を飛ばしてしまうこと。 短時間でさっと火を通し、調理時間を短めにする。 塊肉をじっくり焼いているから仲間で火を通す間に周りがぱさぱさになってしまう。 薄切りをさっさと焼けばパサつき知らず。 ささみは低温で火を通す 胸肉よりもさらに高タンパクで低脂肪だが、パサ付きやすい。 繊維的にはほぼ胸肉と一緒だが、サイズ的に細い。 低温で火を通すと良い。 笠原さんはよく沸いたお湯にササミを入れて火を止めて5分置いておくそうです。 するとしっとりとした蒸し鶏のようになる。 鶏もも肉は低温でじっくり火を通す。 もも肉は鶏肉の部位の中でも脂肪分がある。 鶏肉は全般的に水分量が多い。 つまり火が通るのに時間がかかる。 低温でじっくり火を通すとおいしく仕上がる その他の笠原将弘さんのレシピ はなまるマーケットで紹介していた鶏つくねのごぼう鍋レシピ ウチゴハンで紹介していた鶏肉の梅ダレ焼きレシピ 同じくウチゴハンで紹介していた親子丼のレシピ はなまるマーケットで紹介していた鶏手羽先の梅しょうゆ煮レシピ その他の鶏胸肉レシピ 夕飯支度中。 笠原なんとかさんって、和食のイケメン料理人のレシピ。 この人の料理好き。 凝りすぎず、でもちゃんと既存の調理法からしたら「一味違うな」て味になる。 — ねー nee702 賛否両論(だっけ?)の笠原さんの料理は、はずれがないね。 鶏胸肉のしょうが焼きも美味しかったわ。

次の

【あさイチ】鶏肉の甘酢炒めの作り方、ごはんが進む中華料理の陳建一シェフのレシピ(3月31日)

あさ イチレシピ 鶏肉

5 酒、水溶き片栗粉(同量の水で溶く) 各大さじ1 チキンスープ(顆粒のもとを表示通りに溶く) 大さじ2 こしょう 少々• ピーマン、パプリカは1cm角に切る。 ネギは1cm幅の斜め切り、生姜は1cm角の薄切りにする。 鶏もも肉は広げて切り込みを入れ、厚みを均一にしてから2cm角に切る。 鶏肉の下処理をする。 ボウルに鶏肉を入れ、酒、塩、こしょう、しょうゆ、溶き卵、片栗粉を順に入れ、その都度揉み込む。 さらにサラダ油を加えてからめる。 合わせ調味料を作る。 ボウルに砂糖、酢、しょうゆ、酒、水溶き片栗粉、チキンスープ、こしょうを入れてよく混ぜる。 熱したフライパンにサラダ油、赤唐辛子、花椒を入れて弱火で香りが出るまで炒める。 唐辛子の色が黒っぽく変わってきたら、鶏肉の皮を広げて並べる。 中火にしてしっかり焼き色をつける。 時々鍋をゆすりながら2分ほど焼く。 肉のふちの色が変わり、乾いたパチパチという音が大きくなってきたら、鶏肉をひっくり返し、くっついている鶏肉をひとつずつ剥がしながら、裏面も焼く。 全体に焼き色がついたらピーマン、パプリカを入れて炒め合わせる。 ピーマンに油がなじんだら、生姜、ネギを加えて炒め合わせる。 合わせ調味料を3回に分けて加え、その都度しっかり炒めて火を通す。 仕上げにサラダ油を少々回しかけ、ざっと炒めたら火からおろす。 お皿に盛り付けて完成です。 500wは1. 2倍、700wは0. 8倍の時間で対応して下さい。

次の