ノビノビ座席 女性。 『寝台特急サンライズ瀬戸・出雲 ノビノビ座席の女性の利用について』awさんの質問・掲示板【フォートラベル】

【ウエストエクスプレス銀河】って?料金体系・予約方法・時刻表など教えて!?

ノビノビ座席 女性

ZEKKEI Japan編集部員の奥村です。 36歳独身女性、一人旅が好きでそれが趣味となって7年。 好きな場所は京都と瀬戸内海の島々、好きな温泉は道後温泉です。 わたしは旅好きにもかかわらず、極度の高所恐怖症のため飛行機に乗れません。 そんなわたしが大好きな四国へ行くためによく利用するのが寝台特急「サンライズ瀬戸」。 いろんな人と話をすると、旅の移動手段として寝台特急を使おうと思いつく人は少ないと感じていたことから、今回は、その「サンライズ瀬戸」の紹介をしたいと思います。 旅行は現地での観光だけが楽しみだと思っているあなたに、移動の電車の段階からその興奮を盛り上げさせたいと思います! 「サンライズ瀬戸」は国内唯一の定期運行寝台特急!• |おすすめその1:時間を有効活用できること! 例えば、東京から高松まで行くとして、3日間しか旅行に使える時間がないとしましょう。 初日の朝を移動日として使うと、まず早起きが必要です。 そして、新幹線や飛行機を使ったとしても、四国方面へ行くにはどうしても半日ぐらいはかかってしまいます。 帰りも同じぐらいの時間がかかると仮定すれば、実質移動だけで約1日がつぶれてしまう可能性も。 純粋に現地で費やせる時間は、ざっくりですが、0. 5日-1日-0. 5日ということになります。 その点サンライズ瀬戸を利用すると、旅の初日の前夜に出発できるので、まず早起きする必要はありません!高松駅には翌朝7:27に到着するので、そこから旅のスタートになります。 そうなれば現地で費やせる時間は、1日-1日-0. 5日、もし帰りもサンライズを利用するのであれば、1日-1日-1日になるのも夢ではありません!(東京についてすぐに仕事であっても大丈夫な方であればですが…) 睡眠時間と移動時間を同時並行することで、現地で使える時間を多くとることができる。 それがサンライズ瀬戸の魅力のひとつです。 |サンライズ瀬戸は個室が基本 サンライズ瀬戸の車内は、以下のようになっています。 ・A寝台個室(シングルデラックス・1人用) ・B寝台個室(ソロ・シングル・シングルツイン・1人用) ・B寝台個室(デュエット・ツイン・サンライズツイン・2人用) ・ノビノビ座席 ノビノビ座席に関しては個室ではありませんが、14両(サンライズ瀬戸・出雲合わせたとき)あるうちの、2両しかありません。 残りはすべて、1人用、または2人用の個室になっています。 個室には、ナンバーロック式の鍵も常備されていますので、きちんとプライベートは保たれます。 また、個室内はコンセントも完備されているので、スマホの充電も可能です。 |電車の中でも、シャワールーム完備! サンライズの車内にはシャワールームがあります。 事前に320円のシャワーカードを購入する必要がありますが(数に限りがあるので、早めの購入を!)、一女性の意見として、室内は清潔感もあり、使用して嫌な気持ちにはなりませんでした。 ボディソープとリンスインシャンプー、そしてドライヤーも備わっていますが、タオルはありません。 車内でも販売はありませんので、事前に準備が必要です。 ちなみにですが、ドライヤーは驚くほど弱風…。 髪の長い女性は、吸水性の高いタオルを用意した方が良さそうです。 ひとつ注意したいのは、シャワールームは14両中の2両にしか備わっていないため、時間帯によっては混雑が必至。 シャワールーム利用時にお湯が出る時間は6分間という制限があるのですが(途中お湯を止めればその時間はカウントされません)、あくまでもシャワールームの使用時間の制限はないため、次いつ空くのかの目途も立ちにくいのです。 そこでわたし個人としてのおすすめは、発車直後を狙うことです。 発車の前後は比較的、社内を探検して写真を撮っている人が多い傾向があります。 その隙を狙ってシャワールームを利用するのがよいのではないかと思うのです。 一晩中走り続けている車内。 寝心地はどうなの? これについては完全に個人の意見なのですが、「決して悪くはない」という印象です。 普段わたしはかなり寝つきが悪いタイプで、目を閉じてもずっと眠れず1時間ぐらい経ってしまうことはざらにあるのですが、そんなわたしでも3回の乗車中2回はそこそこしっかりと眠れました。 利用するのはいつもB寝台シングルというタイプの部屋ですが、の「列車編成」の図を見るとわかるように、2階建てになっているところと、平屋になっている個所とがあるのがわかります。 自分の経験や、また他の方の意見を聞くと、個室の位置によって寝心地は変わってくるようで、例えば、わたしはこれまで、2階建ての下段部分を2回、平屋部分を1回経験しましたが、下段部分は車輪に近いせいか「ゴトンゴトン」する感じが気になってしまいました。 ベッドのマット部分は決して硬すぎるわけでも、柔らかすぎることもなく気になりませんでしたが、枕が少し高めの印象がありました。 小柄な女性や、枕は低め派の方にはちょっとしんどいかもしれません。 1回だけほぼ眠れずに下車駅に着いたことがありますが……、さすが旅行となると血が騒ぎ、アドレナリン大放出で一切疲れずに1日中動き回ったことも、サンライズ瀬戸ならではの思い出となっています!.

次の

サンライズ瀬戸・出雲のノビノビ座席でコンセントは使える?乗車時の他の注意点は?

ノビノビ座席 女性

moeさん、今晩は。 ノビノビ席を壁で仕切ると部屋になってしまうから、シングル料金との差別化が難しくなる為だと思われます。 一応、座席として対応している車両ですから 昔の三等寝台扱い。 三等寝台は、座席で簡易マクラ 座席の肘掛けに取り付ける簡易マクラ が付いた。 三等寝台は、非課税対象です。 部屋を仕切ってしまうと課税対象になるので、苦肉の策ですね。 あくまでも、座席ですから。 笑 二等寝台は、二段、三段式寝台車を言います。 寝台車の標準タイプ 一等寝台は、一室独立タイプを言いました。 最近では、上下に重なった一室独立タイプが有りますが、厳密には二等寝台扱いです。 一等寝台は、GHQ命令で日本人が乗車する事を禁止されてから姿を消し、寝台特急ブームに乗っかり「スイート」として復活しました。

次の

サンライズ瀬戸・出雲のノビノビ座席でコンセントは使える?乗車時の他の注意点は?

ノビノビ座席 女性

国鉄117系を改造してJR西日本エリアを走らせる新型観光列車「WEST EXPRESS 銀河」。 2020 年5~9月は、京都・大阪~出雲市(伯備線経由)を週2往復程度走る夜行特急列車として走る。 また2020年10月から2021年3月までは大阪と下関を同ペースで結ぶ昼行特急列車で走らせる。 座席は普通車指定席、グリーン車指定席、グリーン個室の3タイプ。 特急料金は現行の特急料金と同額で、新設されるグリーン個室については新たに料金を設定する。 新規設定のグリーン個室料金は、一人あたり100kmまでが4360円。 600kmまでが8450円。 グリーン個室の定員は夜行が2名、昼行が2・3名。 京都・大阪~出雲市の夜行特急列車は、下り出雲市行きが、京都を21時ごろ出発し、出雲市に翌朝9時半ごろ到着する。 停車駅が京都、新大阪、大阪、三ノ宮、神戸、西明石、姫路、生山、米子、安来、松江、玉造温泉、宍道、出雲市。 上り大阪行きは、出雲市を16時ごろに出発し、大阪に翌朝6時ごろに到着。 停車駅は出雲市、宍道、玉造温泉、松江、安来、米子、根雨、備中高梁、神戸、三ノ宮、大阪。 <既報情報> 列車名「WEST EXPRESS 銀河」 「銀河」とは、広い宇宙に存在する様々な星の集まりを指します この列車が運転する西日本エリアを宇宙に、各地の魅力的な地域を星になぞらえ それらの地域を結ぶ列車という意味を込めました エクステリア カラー 瑠璃紺(るりこん)色 : 西日本が誇る美しい海や空を表現しています ロゴマーク 西日本エリアの魅力的な地域を星に見立て、その星々の間を列車が 移動する様子を曲線でデザインすることで、「WEST EXPRESS 銀河」が 魅力的な地域とお客様を結ぶ列車であることを表現しています エクステリア 全体イメージ (1~3号車) 側面の長いラインは、長距離の旅をイメージさせるとともに、 誰もがもつ「遠くへ行きたい」という憧れを叶える列車であることを表現しています エクステリア 全体イメージ (4~6号車) 1号車 グリーン車指定席 2号車・5号車 普通車指定席(ノビノビ座席) 3号車 普通車指定席(コンパートメント) 6号車 グリーン個室 3号車 フリースペース 4号車 フリースペース 6号車 フリースペース 新たな長距離列車の導入 ・鉄道の強みを生かした地域と一体となった観光振興推進 ・鉄道での旅に慣れた方から普段あまり鉄道を使われない方、さらに訪日観光まで幅広い方々に、気軽に鉄道の旅を楽しんでいただける、新たなコンセプトの列車を2020年春に導入 新たな長距離列車の車内デザイン ・ 1両ごとに異なる座席タイプを配置し、「多様性」を具体化 ・ 「カジュアル」「くつろぎ」を両立できるシンプルながらも快適な車内空間 ・ 鉄道ならではの旅の魅力を感じることができる「車窓」 新たな長距離列車の車内デザイン 1号車 グリーン車指定席 ファーストシート 2号車 普通車指定席(ノビノビ座席・女性席) クシェット(女性席) 3号車 普通車指定席(コンパートメント) ファミリーキャビン 5号車 普通車指定席(ノビノビ座席) クシェット 6号車 グリーン個室 プレミアルーム デザイナープロフィール 川西 康之(かわにし やすゆき)氏 株式会社イチバンセン 代表取締役 プロフィール ・1976年 奈良県生まれ ・2014年 株式会社イチバンセン ICHIBANSEN 設立 イメージ画像:JR西日本 写真 記事:鉄道チャンネル編集部.

次の