出産準備 いつから。 里帰り出産準備いつから始める?持ち帰る物・自宅のリスト、期間や書類は?

出産準備はいつから始めたらいい?双子や里帰りの場合の時期についても調査|mamagirl [ママガール]

出産準備 いつから

基本のお泊まりグッズ• シャンプー・トリートメント• ボディーソープ• ハンドソープ(何度も手を洗うように言われる)• バスタオル2枚(入院の途中、家族に洗濯してもらう)• タオル・ハンドタオル• ドライヤー• 化粧ポーチ(鏡)• 基礎化粧品• 洗顔・メイク落とし• 汗拭きシート(しばらくシャワーNGのことも)• 筆記用具• クリアファイル(入院中、書類が増えます)• スリッパ• スマホ充電器• 置き時計(入院する部屋に時計がない場合)• ビニール袋(大小あると便利)• 産院等で処方された薬 基本のお泊まりグッズが揃ったところで、ここからは産後のママのために必要な持ち物について紹介します。 ひとつ注意なのが、赤ちゃんにNGなアロマオイルがあること。 詳細はアロマショップの店員さんなどに聞くことを推奨します。 ちなみにこのアロマオイル「産後ヒーリング」は赤ちゃんがいるお部屋でも安心して使えます。 そして産後、気分が落ち込んだらぜひ使ってみてほしい。 オレンジの香りで癒されて、少し気分が上がるのが分かります! 意外と知られていないのですが… 産後すぐは「マタニティブルー」といって、一時的にものすごく気持ちが落ち込む時期があります(ちょうど入院期間中から始まります) 2人目出産のときは心構えがあったのですが、1人目のときはあまりにも落ち込むので自分でもびっくりしました笑 赤ちゃんの誕生で幸せいっぱいなはずなのに、些細なことで涙が出てきたり。 でも この落ち込みはホルモンバランスの急激な変化によるものなので、できるだけ気にしないようにしましょう。

次の

里帰り出産準備いつから始める?持ち帰る物・自宅のリスト、期間や書類は?

出産準備 いつから

出産準備を開始する期間 出産や入院準備は、早すぎると気持ちが急いてしまいますし、遅すぎるとバタバタしてしまいます。 どんな時期が準備を始めるのに最適なのでしょうか。 まず、赤ちゃんに関するものを購入するためには、外出する機会が多くなります。 臨月に差し掛かるとお腹が大きくなり動きづらくなってしまいますし、臨月に入った状態ではいつ生まれてもおかしくないため、準備期間としては少し遅めとなってしまうでしょう。 赤ちゃんに関するものは、妊娠7ヶ月~8ヶ月くらいの比較的動きやすい時期に揃えておくと安心です。 ベビーベット、肌着、スタイ、おむつ、ベビーカー、ベビーシートなどが必要になるでしょう。 ママグッズを揃えるタイミング 赤ちゃんに関するものを購入するときに、合わせて揃えておきたいのが、お母さんになってから使うママグッズです。 産褥ショーツやT字帯、授乳用のブラジャー、授乳しやすい衣服などを一緒に購入しておきましょう。 産褥ショーツとは、撥水性があるショーツのことで、股の部分が開閉できるようになっています。 T字帯は、長い布の片端に紐をつけたものです。 産褥ショーツやT字帯も出産後に病院で活躍します。 健診では外陰部の傷の具合を確認することも多いですし、悪露のパッドを頻繁に取り替えることも多いので、この二つがあれば重宝するでしょう。 また授乳用のブラジャーや衣服も、出産後に母乳を与えるときに重宝します。 周囲の目を気にせず行えるので、気兼ねなく赤ちゃんとの授乳タイムを過ごすことができるでしょう。 病院からの貸し出し品をチェック 入院時に必要なものを買い揃える前に、一度病院からもらえるものや貸し出しているものをチェックしましょう。 たいていの病院では入院時に必要な「お産セット」を無料で用意していますので、まずはもらえるもののリストを見てから足りないものを買い足しましょう。 お産セットの内容は病院によって様々ですが、産褥パッドやショーツ・母乳パッドなどの消耗品が一般的です。 中には赤ちゃんのオムツやお尻ふきまでも含まれている病院があるので、買いすぎて余ってしまったなんて事のないように。 お産セットは入院中に必要な分が入っていますが、もし足りなければ後で買いに行けばよいだけの話です。 出産の入院準備を始める 赤ちゃんや、ママグッズを揃えることができたら、次は入院準備を始めていきましょう。 入院準備に必要なものは、病院により異なりますが、大きく分けると出産手続きに必要なものと、入院中に必要なものです。 まず、出産手続きに必要なものからご紹介していきましょう。 出産手続きに必要なのは、母子健康手帳、病院の診察券、健康保険証、印鑑、病院に支払う費用です。 母子健康手帳は、出生時の記録や出産したときと産後の状態を記録するのに必要です。 病院の診察券や健康保険書は入院の手続きをスムーズにする上で必要になります。 印鑑は、さまざまな手続きに関する書類や申請書を書くときに必要になりますので準備しておきましょう。 病院に支払う費用は、高額になることもあるため、家族に準備してもらうのもひとつの方法です。 入院中に必要なものは 入院中に必要なものは、病院によって異なります。 平均的な準備グッズをご紹介していきますが、入院する病院に設備がある場合は省いてください。 入院中に必要なものには、 小銭、産褥ショーツ、T字帯、腰巻き、パジャマ、腹帯、産褥ガードル、授乳用ブラジャー、授乳用衣服、お産用パッド、タオル、バスタオル、スリッパ、ソックス、カーディガン、アラーム付き時計、ティッシュペーパー、食器類、基礎化粧品などがあります。 また、準備しておくと便利なものとして、 周りの音が大きすぎて眠れない場合の 耳栓、 一人の時間を確保できる ヘッドホンステレオ、 ショーツを自分で洗える 小さい物干し、 出産までの様子や出産後の様子を記録する デジカメやビデオカメラ、 お風呂には入れない時に重宝する ドライシャンプー、 時間があるときに出産のお知らせをかける レターセットやカードなどがあります。 陣痛や出産の時に必要なもの 入院中の準備はしっかりしていても、陣痛時の準備の事はすっかり抜け落ちてしまう方も少なくありません。 入院準備の品々は出産後に使うもので、陣痛で病院に来た直後や出産までの時間は必要なく、他のものが入用になります。 例えば、汗を拭くハンドタオルや水分補給のためのジュースのボトルとストロー・髪が邪魔にならないようにヘアゴム・携帯電話など結構細かいものが必要です。 そんな大げさな、と思うかもしれませんが、陣痛開始から出産に至るまでにかかる時間は人によって異なり、数時間で終わる方もいれば丸1日かかっても出産できないなんて方もいらっしゃいます。 実際に陣痛が起きてみないと陣痛が長引くかどうか分からないので、使わないとしても用意しておくに越した事はありません。 ネットでまとめて楽々購入 入院用品を揃えるのは、妊娠後期に入ってすぐくらいが一番効率的です。 早すぎれば置き場に邪魔になり、遅すぎればいつ陣痛が始まってもおかしくない時期に入ってしまうからです。 しかし切迫早産などで入院された方は、中々買い物に出かける時間やチャンスがありません。 出かけられないけれど、出来るなら自分で用意したいという方にはネットで一度に購入するのがお勧めです。 マタニティ用品を扱うネット通販ならば、入院準備品として必要なものは全て揃い、また店頭で購入するよりもサイズや種類が豊富なのもメリットです。 手にとって見られないというデメリットはありますが、入院中や自宅安静中の長い時間にじっくり比較検討して、自分にぴったりの出産準備用品を探してみてはいかがでしょうか。 入院グッズはカバンにまとめておこう 入院準備を進めていくと、あれもこれもとなっていきますが、ひとつのカバンに納まる量を目安にしましょう。 足りないものはあとから家族に持ってきてもらえるため、すべてを準備しておく必要はありません。 ただ、どこに何があるのかわからなくなることもありますので、後日持ってきてもらうものは別のカバンに準備しておくと安心です。 入院準備は早めに行っておくと、思い出した時に持っていくグッズを追加することができます。 また、陣痛が来た時にはすぐに持っていけるよう、玄関に準備しておくと安心です。 入院期間の目安 入院準備を始めていくと、どれくらいの入院期間を目安にすればよいのか、わからないと感じるのではないでしょうか。 そこで、入院期間の目安をご紹介しておきましょう。 自然分娩で初産の場合は、一般的に1週間くらいの入院期間になります。 一度出産を経験している妊婦の方なら少し短めの5日間くらい、帝王切開する場合は、傷跡の経過を観察する必要がありますので 10日~14日間位になります。 ただ、これらはあくまで目安であって、病院の方針や、妊婦の神通の長さ、出産後の体調なども大きく影響してきます。 日本では比較的長めの入院期間を設けていますが、海外の場合は自然出産でも1日という入院期間の短さです。 国によって出産で入院する期間は異なりますので、もし海外で出産する予定の方は、一度病院へ問い合せてみると良いでしょう。 陣痛が来た場合のシミュレーション 入院準備を始めていくにつれて、どんどん出産の現実味がおびてくるでしょう。 臨月に入れば、陣痛はいつ起きてもおかしくありません。 だからこそ、陣痛が来た場合のシミュレーションを行っておきましょう。 陣痛が来たとき、夫や家族が身近にいる場合は、タクシーや自動車で出産予定の病院へ直行するようにしてください。 ただ、夫や家族が周りにいない状況の場合、一人で病院まで行かなくてはなりません。 しかし救急車は大げさですので、陣痛のリズムを読み取りつつ、タクシーを呼びましょう。 地域によっては、妊婦をサポートしてくれるタクシー会社があります。 事前に登録しておくことで、スムーズにタクシーが迎えに来てくれるので安心でしょう。 また、外出先で陣痛が起きる場合もあります。 その場合は、「陣痛が来ました。 タクシーか救急車を呼んでください」というメッセージと、病院の住所が書かれたメモを携帯しておくようにしましょう。 陣痛で頭が回らない時でも、そのメモを渡すだけで周囲が迅速に行動してくれます。 退院する時の事も一緒に考えて 入院する準備ばかりに向いてしまいますが、実は退院する時の準備も必要です。 退院する時には赤ちゃんが一緒なので、赤ちゃんの服やおくるみ、それから自分が退院する時の服も用意しておきましょう。 もちろん入院時に持ってくる必要は無く、退院日近くに持ってきてもらいます。 ベビードレスで退院させたいと思うご両親も多いですが、まだ産まれたばかりなので肌触りの良い肌着とツーウェイオール・おくるみで十分。 車で家に帰る場合はチャイルドシートが必要ですが、チャイルドシートは子供の年齢に応じて買い換えなければならないので、使う期間の短い新生児の場合はレンタルという手もあります。 忘れがちな夫の準備 入院準備や、出産準備に追われると、ついおろそかになりがちなのが夫の準備です。 どこに何がしまってあるのか夫にきちんと知っておいてもらわなければ、入院中に一人で生活することはできませんし、必要なものがあるときも探して持ってきてもらうことができなくなります。 どこにハンカチがあるのか、靴下はこの引き出しにある、タオルはここ、といった風に、改めて収納場所を説明しておきましょう。 また、入院中の食事をある程度ストックして冷凍保存しておくことも大切です。 入院を終えて家に帰ってきたら台所がぐちゃぐちゃになっていたという例もありますし、外食が続くと健康にも支障が出ますので、ある程度温めるだけの料理を準備しておくと良いでしょう。 まとめ 入院準備の期間や出産に向けての準備についてご紹介しました。 入院準備を始めていくと、急に出産への不安が湧き上がってくることがありますが、準備したグッズを眺めて、良いイメージをシミレーションしておくと良いでしょう。 初めての出産だとドキドキしてしまいますが、その分、赤ちゃんに会えた時の喜びは大きなものになるでしょう。 可愛い赤ちゃんを抱くイメージを持って、入院準備は楽しく行ってくださいね。

次の

出産の入院準備はいつから?必要な持ち物リスト一覧!

出産準備 いつから

Contents• 出産準備について! 出産準備はいつからがベスト? 出産準備を いつからするのがいいのか分からない…、なんて方も多いと思います。 特に、 初めての出産となると尚更ですよね。 一般的に、 出産準備を始めるのは 安定期に入った6ヶ月から8ヶ月の間に行う事が多いようです。 安定期に入るとつわりも少し落ち着き、赤ちゃんへの流産の可能性も低くなるので おすすめな時期になります。 逆に、遅くしすぎて臨月に準備をするとお腹が大きすぎたり、後期つわりなどでしっかり出産準備が出来ないこともあります。 特にベビー服などは、きちんと性別が分かってから購入するのが おすすめです。 曖昧な時期に言われた性別でベビー服をかって失敗した!なんて事になれば、それこそ無駄な出費になってしまいます。 下記に出産月別で ベストな 出産準備時期をまとめました! 出産予定月 出産準備シーズン 1月 9月から11月 2月 10月から12月 3月 11月から1月 4月 12月から2月 5月 1月から3月 6月 2月から4月 7月 3月から5月 8月 4月から6月 9月 5月から7月 10月 6月から8月 11月 7月から9月 12月 8月から10月 最低限必要なものはこれ!オムツはどれぐらい必要?哺乳瓶は必要? 出産準備は極力費用を抑えたいなんて方は沢山いると思います。 冒頭でも言いましたが、必要だと思って買ったけれど、「全然使わなかった!」なんて事になるのは勿体無いですよね。 なるべく 必要な物だけ購入し、費用と無駄を抑えるのが出産準備をする際の大事な ポイントでもあります。 ここではこれだけは必要!というものをご紹介していきます。 安い物なら1500円以内で販売されています。 ・母乳パッド 母乳の出る量にもより、パッドがいるほど漏れない方もいますが、最初に1パックは購入しておくのがおすすめです。 ・産褥ショーツ 陣痛が始まると産褥ショーツに着替える病院もあります。 産後のナプキンを変える時や内診の時は、これを履いているとかなり楽です。 最低でも洗い替えが出来る様に、2枚は用意しておきます。 ・お産用ナプキン お産後は悪露という生理のようなものがあります。 それ専用のナプキンを用意しておきましょう。 最低でも1パックは買っておきましょう。 沢山買って余ってはもったいないので、1パックで様子を見て、足りなかったら、買い足すようにするのがおすすめです。 ・産褥ニッパー 産後お腹や骨盤を締め付け骨盤をもとに戻してくれる効果があります。 産褥ニッパーをつけないと骨盤が広がったままになるので、1つ購入しておきましょう。 初めの頃は汚れる事も多いので、5〜6枚は用意しておきます。 ・長下着 寒い時期に短肌着の上に着せます。 寒い時期に生まれないのなら、あまり使わないと思います。 ・コンビニ肌着 長下着の股下にスナップがついたバージョンになります。 足を動かしても肌着がずれないようになっています。 長下着と合わせて4、5枚用意しておくのがおすすめ。 ・ドレスオール 退院の時や退院後に着せる服になります。 新生児の時はドレス形で使えて、足がよく動くようになったら、股下を分けられるようになっています。 元々足股が分かれてるプレオールよりも出産準備をする時は、こちらがおすすめですよ。 最低でも3枚、余裕があれば6枚がベストです。 ・おくるみ 退院時に赤ちゃんを包むのに必要になります。 ガーゼタイプのものから分厚いタイプまで様々ありますが、赤ちゃんの生まれる季節に合わせるのがいいと思います。 最低1枚は用意しておきましょう。 ・ガーゼハンカチ 入浴時、ミルクこぼれ、よだれ拭きなど多様につかえるので必須アイテムです。 新生児は特にゲップをさせる時にミルクが出たりするので、ガーゼをよく使います。 最低でも10枚は用意しましょう! ・ソックス 寒い季節には必ずいるので、寒い時期に生まれる赤ちゃんには用意しておきましょう。 暑い時期に靴下を履かせると、暑すぎる場合があります。 赤ちゃんは足や手で体温調節するので、上手に体温調節をしてあげるのがポイントです。 ・紙おむつ 紙おむつは新生児サイズのものを選びましょう。 あかちゃんの肌によって相性の良いオムツと悪いオムツがあるので始めは、1パックだけ買っておくのがおすすめ。 ・ベビー用衣類洗剤 大人用と違い漂白剤などが入っていない赤ちゃんにも安心して使える衣類洗剤になります。 大人用だと赤ちゃんの肌が荒れてしまう場合があるので、ある程度大きくなるまでは、ベビー用衣類洗剤にするのがおすすめです。 ・おしりふき おしりふきはおむつ替えの時に必ず必要になります。 おしりふきは長く使うものでもあるので、お得な時にダンボールで買っておくのもおすすめです。 ・ベビーバス 生後1ヶ月の間は親と一緒にお風呂は入れないので、ベビーバスでいれます。 空気で膨らませるタイプ、プラスチックタイプの2種類があります。 ・湯温度計 赤ちゃんは熱すぎても冷たすぎてもよくなく、適正な温度で入れてあげないといけません。 特に冬は温度が下がりやすいので、1つは購入しておきましょう。 ・ベビーソープ 赤ちゃんに刺激の強いソープは肌によくありません。 大人用は使わないでベビーソープを使うと赤ちゃんの肌に優しいです。 1つ買っておくと割と持ちます。 ・スポンジ 赤ちゃんの肌はデリケートなので、柔らかい素材のスポンジを用意しておくのがポイントです。 ・ベビーローション 赤ちゃんの肌は大人より乾燥しやすいです。 お風呂上がりは特に肌が乾燥しやすいので、ベビーローションを塗ってあげるのがいいですよ。 ・爪切り、鼻水 赤ちゃんの爪は柔らかいため大人の爪切りでは切れません。 必ず赤ちゃん専用の爪切りで切りましょう。 鼻水は小さな頃は鼻呼吸でしかうまく呼吸が出来ないので、鼻が詰まっていると 息苦しくなります。 すごく鼻が詰まっている場合のみに使うのがおすすめです。 ・綿棒 新生児はへそ嚢が取れた後、お風呂上がりに綿棒でお臍を掃除してあげないといけません。 そのほかにも耳の掃除にも使うので、一つは用意しておきましょう。 普通の耳掻きではなく、赤ちゃん用の耳掻きを購入します。 ・体温計 赤ちゃんの日々の体温の変化を知るのに必要なアイテムです。 短い時間で測れるタイプのものを購入しましょう。 ドラッグストアで買えば割高になってしまうものが100円で購入出来るものも多くあります。 特に 綿棒、爪切りは100均でも十分使えるので買って損はないと思います。 そのほかにも、大きくなったら使える ストローマグやお菓子入れ、離乳食小分けパックなど沢山売っています。 安く抑えたい方は、出来るだけ 100均で購入するのも おすすめです。

次の