運転 免許 証 正式 名称。 運転免許の正式名称&履歴書へ書き方

履歴書への自動車免許やバイク免許の正しい書き方・正式名称|中古車なら【グーネット】

運転 免許 証 正式 名称

履歴書が必要になった場合、バイクの免許を持っていたらどのように記載すればいいのでしょうか。 資格は正式名称を記載してこそ、担当者にしっかりとアピール出来ます。 今回はバイク免許に関する運転免許区分や正式名称の書き方を解説します。 バイクの免許区分について 運転免許における区分とは、日本の公道で自動車や原動機付自転車を運転する際に、公安委員会から受けている3種類の免許を指します。 第一種運転免許とは自動車や原動機付自転車(バイク免許全般)であり、第二種運転免許はバスやタクシー等の旅客自動車や運転代行等の業務で運転する場合に必要な免許です。 仮運転免許は運転免許を取得する人が路上教習するのに必要な免許です。 バイク免許の正式名称と免許証表示や略称 バイクを略称や排気量で呼んでいると、正式名称を忘れることがあるかもしれません。 略称や排気量名だけでなく、正式名称も覚えましょう。 履歴書への記載の仕方と、どのバイクに対応した免許なのかを一覧表にしました。 正式名称 免許証表示 履歴書記載例 略称 原動機付自転車免許 原付 平成〇〇年〇月 原動機付自転車免許 取得 原付・50㏄・原チャリ等 普通自動二輪車免許(小型) 普通二輪は小型二輪に限る 平成〇〇年〇月 普通自動二輪車免許(小型二輪限定)取得 小型バイク・小型二輪 普通自動二輪車免許 普自二 平成〇〇年〇月 普通自動二輪車免許 取得 中免・中型バイク・自動二輪 大型自動二輪車免許 大自二 平成〇〇年〇月 大型自動二輪車免許 取得 大型バイク・大型二輪 AT限定の免許の場合はその旨を記載しましょう。 AT限定と書くと不利なように思われるかもしれませんが、仕事でマニュアルのバイクを使うのでなければ、それほど心配する必要はありません。 等のAT限定免許を持っていたら、堂々と記載しましょう。 物流や配送、運送系の会社に就職するなら免許の種類はしっかりと記載したほうが得です。 また、との2つを持っている場合は、普通二輪だけの記載で問題ありません。 普通免許(四輪)と小型二輪免許の時は両方記載しましょう。 まとめ 就職等に使う履歴書に資格を記載する際、正式名称を間違って記載すると、担当者の心証を悪くする可能性があります。 略称だけでなく、バイク免許の正式名称を覚えて、確実に記載出来るようにしておきましょう。 本記事は、2016年6月16日時点の情報です。 記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

次の

免許の種類・正式名称の書き方・見方・色・覚え方|大型/中型

運転 免許 証 正式 名称

履歴書に第一種と第二種の自動車免許を書く時の書き方 履歴書に自動車免許の資格を書く際は正式名称で書きましょう。 しかし第一種の自動車免許証の場合は例外で第一種と書く必要はありません。 ・普通自動車運転免許 第一種の自動車免許を取得している方は、迷わずに「普通自動車運転免許」と普通に履歴書に書きます。 ・普通自動車第二種運転免許 第二種の自動車免許を取得している方はこのように履歴書に書きます。 第一種の自動車免許証を持っている方は、第一種と書かなくて良いの?と思われるかもしれませんが、 第一種は一般的な自動車免許なので、履歴書に書かなくても構いません。 普通自動車第一種運転免許=普通自動車運転免許という認識になっているからです。 第二種の場合は特殊な免許なので、しっかりと普通自動車第二種運転免許と履歴書に書きましょう。 第二種の場合は第一種よりも貴重な運転免許で、取得している方も第一種と比べて少ないので 就活の際は有利に働きます。 履歴書に自動車免許を書く時はAT限定とMTに注意 自分がどのような種類の自動車免許証か分かった所で、次に オートマ限定とマニュアル自動車免許証の履歴書の書き方の違いを見てみましょう。 オートマ限定の自動車免許を取得した方はカッコでAT限定と記載 オートマ限定の免許証とはオートマチックの車両のみに限定して運転する事ができる自動車免許証の事を指します。 オートマ限定やAT限定などと呼ばれていて、 正式にはオートマチック限定という名称となっています。 このオートマ限定の自動車免許証はマニュアルを運転できる免許証よりも短時間の教習で取得する事ができます。 短時間の教習で済むため教習所へ通う為の費用も少なくて済むので 取得している人が年々増加している免許証です。 ではこのオートマ限定の自動車免許を取得している場合の履歴書の書き方はどのようにすると良いのでしょうか。 ・普通自動車運転免許 AT限定 第一種の自動車免許を取得されている方は、特に考えることもなく「普通自動車運転免許(AT限定)」と履歴書に書きます。 ・普通自動車第二種運転免許 AT限定 第二種の自動車免許を取得されている方はこのように履歴書に書きます。 何が違うかと言うと、 後ろにカッコでAT限定と書くことがオートマ限定免許の正式名称なのです。 オートマチック限定なのにAT限定と略しても大丈夫なのかと心配する方も安心して大丈夫です。 逆にオートマチック限定という名称よりもAT限定という名称のほうが通じやすいのもあり、履歴書もスッキリするので面接官は見やすいでしょう。 マニュアル車の自動車免許を取得した方はシンプルな正式名称を記載 マニュアルの自動車免許は 取得人数が多い最もポピュラーな運転免許証です。 ではこの免許証を取得している方は履歴書にどのように記載すると良いのでしょうか。 ・普通自動車運転免許 マニュアルの自動車免許を取得されている方はこのように履歴書に書きます。 最も一般的な自動車免許の正式名称で履歴書に書きます。 これだけて通じるのでマニュアルの自動車免許を取得している方は迷う事なく書く事ができるでしょう。 道交法改正前に自動車免許を取得した方は履歴書に書く時に注意が必要 2007年6月2日の道路交通法改正前に自動車免許証を取得した方は注意が必要です。 この道交法の改正で新たに 中型自動車8トン限定という運転条件が追加されたのです。 これにより該当する運転免許証をお持ちの方が履歴書を書く場合は違った名称になります。 ・中型自動者運転免許 8t限定 このように履歴書に記載しましょう。 変更点は カッコで8t限定と追記する事です。 これにより正式名称として履歴書に書く事ができます。 自動車免許の履歴書への書き方まとめ 第一種の自動車免許を取得している場合と、第二種の自動車免許を取得している場合の履歴書への書き方をまとめました。 第一種の自動車免許を取得している方.

次の

普通自動車免許。履歴書に書く正式名称。第一種とは|チューリッヒ

運転 免許 証 正式 名称

自動車免許を履歴書に書くとき、悩ましいのは表記の仕方。 正式名称を取得日とともに書く、と頭ではわかっているものの、正式名称も取得日も、どこを見たらわかるのか…。 特に、2017年3月12日より前に普通自動車の運転免許を取得した人は要注意。 道路交通法の改正によってご自分の取得した免許の種類が変わっているって、ご存知ですか? ここでは、最も多くの人が持っている「普通=普通自動車運転免許」「準中型=準中型自動車運転免許(5t限定)」「中型=中型自動車運転免許(8t限定)」を中心に、道路交通法第84条第3項・第4項に合わせた正式名称を元に、自動車免許の履歴書への正しい記載方法を、見本付きで解説していきます。 拡大すると… 2017年5月現在、日本の運転免許はぜんぶで下記15種類です。 大型=大型自動車• 中型=中型自動車• 準中型=準中型自動車• 普通=普通自動車• 大特=大型特殊• 大自二=大型二輪• 普自二=普通二輪• 小特=小型特殊• 原付=原動機付自転車• け引=けん引• 大二=大型二種• 中二=中型二種• 普二=普通二種• 大特二=大型特殊二種• け引二=けん引二種 この15種類それぞれの正式名称と表記方法を、このページでは解説していきます。 取得日を知るには左下の欄を見る 免許証の取得日は左下の日付をチェックしましょう。 四輪免許は普通自動車だけ…という場合は「他」の欄に書かれている日付でOKです。 「普通」以外に「大型」や「中型」など他の自動車第一種免許を取得している場合は、「他」の欄を見ただけでは、それぞれの取得年月日はわかりません。 その場合の調べ方は下記をご覧下さい。 書かれているのは再交付日や更新日など、必ずしも取得した日とは限らないため、お間違えのないように。 「普通」普通自動車運転免許を履歴書に書く場合 免許証に「普通」とある場合は、「普通自動車運転免許」と書く 道路交通法第84条第3項にならうと、表記上は「普通自動車免許」。 但し、旅客・運送目的の免許「第2種」と区別する意味合いで「第1種」としたり、「免許」を「運転免許」とするのも一般的ですから、下記いずれの書き方でもOKです。 普通自動車とは… 普通自動車は、車両総重量が3. 5t未満、最大積載量が2t未満、乗車定員が10人以下のものと定義されています。 「MT」と「AT限定」の2種類があり、18歳以上から取得が可能になる、最もオーソドックスな運転免許です。 2017年3月以前に普通免許を取得した人は…… 2017年3月12日より前に普通免許を取得した人は、更新のタイミングで表記が「準中型」と変わります。 更新前に履歴書を書く場合は、現在の免許証に記載されている名称を書けばOKです。 2017年3月12日に道路交通法が改正され、普通自動車免許の分類が変わりました。 新たな普通自動車免許では、車両総重量3. 5トンの車までしか運転できませんが、それ以前に普通自動車免許を取った人は、引き続き5トンの車まで運転が許可されます。 同様の法改正による名称変更は2007年6月にも行われています。 ごく最近普通自動車免許を取ったという人以外は、念のため今後自分の持っている免許の分類がどう変わるかを確認しておきましょう。 例えば、下記のように変更されます。 限定付きの準中型免許を持っている人は、「準中型自動車免許(5t限定)」と記入しましょう。 準中型車、中型車とは… 準中型車は、車両総重量が3. 5トン以上7. 5トン未満、最大積載量が2トン以上4. 5トン未満、乗車定員が10人以下のもの。 2017年3月12日より前に普通自動車免許を取っていると、普通自動車免許の車両総重量が5トンから3. 5トンになったため、車両総重量5トン未満の限定付き準中型自動車運転免許に名称が変更される。 第1種運転免許の履歴書への書き方 「準中型」準中型自動車運転免許を履歴書に書く場合 2017年3月12日以降に新たに準中型自動車免許を取得した人は、「準中型自動車免許」と書きます。 第2種免許には準中型の区分がないため、「準中型自動車第一種運転免許」とする必要はありません。 このとき、ポイントとしては、二輪・四輪・特殊いずれも大きい方の免許を書くこと。 例えば「普通」と「大型」を持っている人の場合。 「二輪」や「特殊」の場合も同様に、より大きい方を書くように心がけましょう。 全ての免許の取得年月日を知る方法 免許証の左下にある取得年月日欄は、バイク関係を表す「二・小・原」、四輪関係を表す「他」、二種をひとまとめにした「二種」の3つしか枠がありません。 同じ「他」でも、「大型」と「中型」と「普通」を取得した人は、ここに書かれている日付がどれのものなのか、書かれていないものはいつ取ったのか、残念ながら免許を見ただけではわかりません。 調べる方法は大きく2つ。 専用端末を使ってICチップの記載情報を閲覧する 運転免許経歴証明書 出典: なお、2007年より以前に取得した免許については、ICチップに記載が無く、端末を使ってもわからない場合が。 その場合は、有料になりますが、『運転免許経歴証明書』を発行してもらいましょう。 運転免許経歴証明書の発行方法は次の通り。 警察署・交番・駐在所または自動車安全運転センターの事務所にて、証明書申込用紙を受け取る。 申込用紙に必要事項を記入し、手数料(1通につき630円)とともに、最寄りの郵便局または自動車安全運転センター事務所の受付へ。 窓口で「運転免許経歴証明書」の申し込みを希望する旨を伝え、申し込み手続きを行う。 後日、郵送で証明書が届く。 ないと不利? 運転免許はどこまで履歴書に書くべきか? かつては「運転免許がないと就活・転職に不利」と言われるくらい、運転免許の取得は当たり前のものでした。 ところが近年、若者の車離れとともに、こうした言葉はあまり聞かれなくなりました。 」によれば、ここ10年で教習所が92校廃業し、自動車学校の卒業者数は216,580人も減少。 都心部を中心に自動車免許を取得する人の数が減少していることもあり、自動車(またはバイクやトラックなど)を運転しない仕事の場合は、履歴書に免許の記載がなくても不利になることはないと言われています。 運転免許が評価対象になるのは、営業車や配送車両・輸送車両など、日常的に車の運転が発生する業種・職種に転職する場合。 逆に、運転免許が必須でない職種に転職する場合は、他の保有資格と合わせ、その求人・企業に対し、評価されそうな資格は何か、優先順位を付けていくと良いでしょう。 履歴書の免許・資格欄は行数が限られています。 他にもっと大切な免許・資格がある場合は、そちらを優先すると良いでしょう。 どうしても書ける資格がない場合には、原付でも良いので持っている運転免許を書くよう、心がけましょう。 書く際は、くれぐれも正式名称で。 特に、2017年3月12日の法改正より前に普通免許を取得した人は「準中型自動車免許(5t限定)」、2007年の法改正以前に普通免許を取得した人は「中型自動車免許(8t限定)」が正解です。 間違えないようご注意を。

次の