芋 屋 金次郎 通販。 芋屋金次郎 卸団地店 (いもやきんじろう)

芋屋金次郎 卸団地店 (いもやきんじろう)

芋 屋 金次郎 通販

昭和27年に創業して以来、芋けんぴ一筋でやってきた老舗の芋菓子メーカーです。 芋けんぴの発祥の地、高知県高岡郡日高村にあります。 全国のスーパーマーケットやコンビニで販売されている芋けんぴの約半分近くを生産しています。 その澁谷食品から、ワンランク上のフレッシュな芋けんぴを提案する専門店として生まれたのが芋屋金次郎です。 澁谷食品の創業者である澁谷金次郎さんにちなんで名付けられたそうです。 ・缶入り特選芋けんぴが届きました 今回、話題になっている缶入り特選芋けんぴを通販でお取り寄せしてみました。 1缶2,400円という高級芋けんぴです。 注文してから4日で届きました。 高知県から東京までの発送なので、これくらいだと早い方ですかね。 郵便局からゆうパックで届きました。 箱には「われもの注意」と記載されています。 芋けんぴがワレモノって・・・ やっぱり高級芋けんぴは違いますね。 箱の横には、芋屋金次郎の会社案内が記載されていました。 箱を空けると、中にいろいろ入っていました。 注文書と封筒• パンフレット• 手提げ用紙袋 手提げ用紙袋にも、芋屋金次郎のロゴが入っていてカッコいいです。 こんな手提げ用紙袋だったら、思わず誰かの家に持って行きたくなりますよね。 パンフレットには、芋屋金次郎が販売している商品が掲載されていました。 今回注文した缶入特選芋けんぴの他にも、いろいろ美味しそうな芋けんぴがあります。 黒糖芋けんぴ• 塩けんぴ• 細きり芋けんぴ• 黒胡麻細切り芋けんぴ• 芋チップ• 紅はるかチップ• 紅はるか芋チップ• むらさき芋チップ• いもやのスイートポテト• チョコがけけんぴ• ポテトフレーク う~ん、これはどれも美味しそうですね。 パンフレットを見ているだけでもヨダレが垂れてきそうです。 ・缶入り特選芋けんぴ開封 では、開封していきましょう。 包装紙を開けてみると、さらに黒い厚紙でカバーされていました。 こちらにも芋屋金次郎のロゴが入っていてカッコいいです。 缶が出てきました。 シルバーの缶で、中央に「特選芋けんぴ」と描かれています。 かりっと芋を揚げただけのいさぎよさ。 土佐人の好物が土佐の名物。 缶を空けると、「芋けんぴのお話」というのが入っていました。 金次郎の定番。 芋を味わっていただく芋けんぴです。 芋と砂糖と油だけ。 創業以来ずっとこの信念と製法を貫いて来た芋屋金次郎を代表する芋けんぴです。 国内契約農家産の芋を最高級のなたね油と米油をブレンドした金次郎油で揚げ、精度の高いグラニュー糖の糖蜜をかけました。 自然の原材料すべてが特選です。 コガネセンガンという品種の大きな芋をまるごと使っています。 お母さんのお母さんのたぶん、ずっとその昔から 芋けんぴは土佐の暮らしのなかにいつも一緒にいました。 芋をかりっと揚げて砂糖をからめただけの土佐っ子好みのいさぎよさ。 それはおさななじみのような菓子でした。 金次郎は今も変わらぬ昔ながらのシンプルな製法で一生懸命作っています。 それでは、袋を開けていきましょう。 ジャジャジャジャーン!! 見てください、これが芋屋金次郎の缶入り特選芋けんぴですよ。 袋を開けた瞬間から、美味しそうな芋の香りがムンムンと漂ってきました。 表面はツヤツヤと光り輝いています。 そして1本1本がとても長いです。 ・実食 実際に食べてみると、美味しい!! カリッとしたサクサクの食感です。 噛めば噛むほど、濃厚な芋の甘さが口の中に広がっていきます。 しつこい油っぽさもなく、軽い口あたりと上品な甘さなんですよね。 これなら何本でも食べてしまいそうな美味しさです。 ちなみに、これ1缶で1キロ入っています。 ・芋けんぴ食べ比べ せっかくなので、他の芋けんぴと食べ比べしてみました。 100均のキャンドゥの芋けんぴ・・・100円• コンビニ(ローソン)の芋けんぴ・・・100円• スーパーで売っていた細切り芋けんぴ・・・100円• 土佐のよさこい芋けんぴ・・・300円 まず見た目ですが、コンビニとかスーパーの芋けんぴはサイズが短いですよね。 色も濃いのとか薄いのとかまばらです。 それに対して、芋屋金次郎の芋けんぴはサイズが大きくて色も均一なのが分かります。 実際に食べ比べをしてみると、やっぱり通常の芋けんぴはちょっとクセがあります。 美味しいのは美味しいんですけどね。 ちょっと油っぽさがあったり、甘さがくどかったり。 それに対して、芋屋金次郎の特選芋けんぴは上品な芋の甘さです。 しつこい油ぽっさとか甘ったるさを感じません。 こうして食べ比べをしてみると、余計に芋屋金次郎の特選芋けんぴの良さが分かりました。 ・特選芋けんぴの説明 原材料・・・さつま芋(国内産)、砂糖、植物油脂、オリゴ糖 賞味期限・・・製造日より60日 以前は賞味期限が「製造日より90日」となっていたそうです。 でも芋けんぴは作りたてが一番美味しいということで、2016年10月より賞味期限が短縮されています。 カロリー・・・記載なし 芋屋金次郎の芋けんぴにはカロリーの記載がありませんでした。 そこで、今回食べ比べ用に買ってきた芋けんぴのカロリーを見てみましょう。 100均キャンドゥ・・・507kcal/100g当たり• ローソンセレクト・・・506kcal/100g当たり• 細切り芋けんぴ・・・412kcal/80g当たり• 土佐の芋けんぴ・・・503kcal/100g当たり だいたい100g当たり500kcalちょいですね。 芋屋金次郎の芋けんぴもこのくらいのカロリーだと思っていいと思います。 1缶(1000g)なので、単純計算すると1缶で約5000kcalになりますね。 芋けんぴを1キロ一気食いする人はいないと思いますけど・・・。 だから芋けんぴを食べるのに罪悪感を覚える人もいると思います。 今ダイエットを気にしている人はとくにカロリーに対して敏感ですよね。 でも実は芋けんぴって油で揚げている芋なので、少量でお腹いっぱいになるんですよね。 それに、原料であるサツマイモには食物繊維やヤラピンという成分が豊富に含まれています。 ヤラピンという成分は、腸内環境を整えてくれる働きがあると言われています。 つまり、便秘の解消に効果的なんですね。 ダイエットに必須となる「デトックス効果」に有効な食べ物なんですよ。 それに、サツマイモにはカリウムも豊富に含まれています。 カリウムは利尿作用があって、体の余分な水分を排出してくれます。 頑固なむくみにも効果的なんですよね。 さらに、サツマイモはビタミンB1も豊富です。 ビタミンB1は糖質の代謝を促進してくれる働きがあるので、肥満の予防に効果的なんですよ。 このように、芋けんぴには意外とダイエット効果があるのがお分かりいただけたでしょうか。 といっても、やっぱり食べ過ぎはよくありませんのでほどほどに。 日高本店・・・高知県高岡郡日高村本郷573-1• 卸団地店・・・高知県高知市南久保14番25号• 松山店・・・愛媛県松山市桑原5-8-26• 道後店・・・愛媛県松山市道後湯之町6-12• 高松店・・・香川県高松市肥後下町1558-1• 日本橋店・・・東京都中央区日本橋室町2-3-1コレド室町21階 芋屋金次郎の直営ショップでは、当日揚げたての芋けんぴが食べれます。 ・通販お取り寄せ 家が遠くてショップに買いに行けない。 毎日忙しくて買いに行く時間が取れない。 そんな場合でも大丈夫です! 芋屋金次郎の芋けんぴは通販でお取り寄せできます。 今回みるみるランドで注文した、缶入り特製芋けんぴはこちらから購入できます。 コンビニやスーパーで売っている安い芋けんぴとは別格です。 芋けんぴ好きな人も、そんなに好きじゃないけど気になる人も。 これ食べたら絶対に美味しいって絶賛するので、ぜひ一度高級芋けんぴを味わってみてください。 本物にこだわった究極の芋けんぴの美味しさを味わえます。

次の

高知で芋けんぴを買うならここ!様々なお芋スイーツが魅力的な「芋屋金次郎」

芋 屋 金次郎 通販

芋屋金次郎の芋けんぴって、本当に美味しいの? 芋屋金次郎の芋けんぴ。 本当に美味しいのか、、疑問に思う方もいると思います。 私の個人的なレポートを見る前に…… 芋けんぴ専門の老舗、芋屋金次郎の口コミ、まとめてみましたよ! 芋舗 芋屋金次郎さんの缶入り特撰芋けんぴ? 1kgだからたっぷり入ってる? — エリナ erina8282 なんかスゴイの頂いた? !!高知の芋屋金次郎の缶入り特選芋けんぴ!なんと1kg!! や…好きだって話しましたけど…わたし1人で1kgって、どうしたら…(笑)!! — 操 misao217 「芋屋金次郎」とツイッターで検索してみた結果です。 軒並み「美味しい」という感想で、私も調べていくうちに、食べたくなっちゃいました。 で、大本命である「缶入り特撰芋けんぴ」、注文してみました。 この「缶入り特撰芋けんぴ」、高知にある本店でしか売ってないのかと思ったら、なんと通販で買うこともできるんです! ギフトにオススメ! 芋屋金次郎の芋けんぴは本店だけなの? 芋屋金次郎には、「チョコがけけんぴ」や「揚げたて芋けんぴ」などがありますが、やはり大本命は「缶入り特撰芋けんぴ」。 この缶入り特撰芋けんぴは、素朴で懐かしい味でありながら、スーパーで売っているものとは全くの別モノ。 まさにホンモノの芋けんぴです。 朝日新聞、雑誌Hanakoや、TV番組でも取り上げられている人気の定番商品です。 ただし、残念ながら、こちらは日本橋の芋屋金次郎では買えません。 購入できるのは、本店のある四国の店舗か、通販だけ。 なんと1キロありますので、家族みんなで笑顔になる姿が思い浮かびます! また、ほかの人とはちょっと違う、気の利いた贈り物としても最適ですね。 そんなに食べられるの? と不安になるかもしれません。 案外、ぺろっといけます。 美味しいですから。 存在感あふれる、とても立派な缶ですね。 ギフト用の包装は無料です! 熨斗(のし)の表書きも、寿、内祝い、お中元、お歳暮などなど、用途によって選べますので、お祝いや贈り物にもいいのではないでしょうか。 濃厚な芋の風味、上品な甘み、サクッとした食感を、ぜひ、皆さんも味わってみてください! 芋屋金次郎の缶入り特撰芋けんぴ、通販で実際に注文してみた ここからは、実際に通販の「缶入り特撰芋けんぴ」を注文してみたときの詳細なレポートを書きます。 step3、支払い方法の選択をする画面で、包装を選ぶことができました! 注文を確定し、あとは待つだけです。 そして…… 無事、到着! それにしても、この圧倒的存在感(笑) 勢いで1kgの缶を頼んじゃったけど、こんなに食べられるかな…… とりあえずちょっと食べてみます。 口の近くに運ぶと、味わうより先に、まずお芋の良い香りが飛び込んできます。 カリッ、と、かむと小気味良い音を立てる芋けんぴ。 口に「芋」の風味が広がり、丁度いい甘みと、さつまいもの味がしてきます。 はい、とても美味しかったです。 家族みんなで食べるために。 父や母への贈り物に。 昔懐かしい、安心の味が、ここにはありました。 おつまみに、芋けんぴを食べてます。 芋焼酎に合うのはもちろんですが、ひそかにおすすめなのが、ウイスキー。 フィッシュアンドチップスが名物の国のお酒だから、サツマイモだって、合うのです。 騙されたと思って、試してほしいです。 芋屋金次郎の芋けんぴは、ベトベトしないので、読書しながらも、楽しめます。 投稿者: 東京都 40代 女性 缶入り特撰芋けんぴだけでは飽き足らず…… 缶入り特撰芋けんぴは思ったよりすぐなくなってしまって…… また食べたくなって、日本橋に行った際に芋屋金次郎の芋けんぴ、買ってきちゃいました(笑) 今回購入したのは、揚げたて芋けんぴと、チョコがけけんぴの二品。 うしろに写ってる大きな缶は、缶入り特撰芋けんぴですよ! チョコがけけんぴ、お味のほどは? まずチョコがけけんぴなんですけど…… 実はあんまり、チョコを使ったお菓子、好きじゃないんですよね(笑) 正直な感想を言ってしまうと、ミルクチョコの味が強すぎて、中が芋である必要性を、あまり感じませんでした。 というわけで、ここでは詳しいコメントは割愛させて頂きまして…… 日本橋に行くならこれ! 揚げたて芋けんぴ 日本橋店まで買いに行くなら、やっぱり揚げたて芋けんぴですよ! みんなで、いただきまーす! 「揚げてより十二時間を過ぎしもの、揚げたてにあらず」 と大きく書いてあります。 芋屋金次郎では、揚げたては揚げてから十二時間まで、と決まってるみたいですね。 ちなみに、チョコがけけんぴよりも、揚げたて芋けんぴのほうが人気のよう。 ひとくち食べてみます。 はい、一瞬でなくなりました。 いや、美味しすぎでしょ(笑) 芋けんぴとお茶の相性も抜群。 今回は揚げたて芋けんぴが150gと、チョコけんぴが120gだったのですが、本当にすぐ、なくなってしまいました…… 缶入り特撰芋けんぴ以外の芋けんぴも、とっても美味しいですね! 賞味期限は? 添加物とか入ってない? 芋屋金次郎の芋けんぴを贈り物として考えているなら、賞味期限が。 お子さんがいらっしゃるご家庭なら、添加物など。 どちらもなかなか、気になるところですよね。 芋屋金次郎の公式HPによれば、賞味期限は、「 製造日から60日」となっています。 特段短いわけでも、とても長いわけでもない程度の賞味期限なのですが…… そう、「 意外と短い」んですね。 芋けんぴのタグに、その秘密が書いてありました。 原材料名を見ると、 「さつま芋、砂糖、植物油脂、オリゴ糖」のみ。 芋屋金次郎、清々しいほどあっさりしてます。 使うものは、 芋と砂糖と油だけ。 (オリゴ糖は砂糖の仲間) もちろん食品添加物や合成甘味料、保存料などは一切入っていないので、お子さんにも安心して食べさせられますね! ふるさと納税のお礼品にも! また、この芋屋金次郎の芋けんぴ。 高知県日高村のふるさと納税のお礼品としても、頂けるんですね。 そのためかは分かりませんが、総務省の報告によれば、日高村のふるさと納税者は、年々増加の一途を辿っています。 高知県日高村の地域全体として、芋屋金次郎の芋けんぴを推しているように感じました! 芋屋金次郎の店舗って、どこにあるの? 芋屋金次郎の直営店は、本店の日高店を筆頭にして、全国に6店舗あります。 実は、それぞれの店舗に特徴があるんですよ。 高松店には限定品も……! 芋屋金次郎高松店では、さぬき和三盆ちっぷ、という限定品を置いています。 カリッと揚げられた芋チップに、香川県産和三盆を溶かした糖蜜をかけた逸品。 卸団地店の併設カフェでごゆっくり 芋屋金次郎の卸団地店は唯一、金次郎カフェが併設されています。 限定スイーツやコーヒーが盛りだくさん。 芋屋金次郎を感じながら、ゆったりとくつろげるカフェ。 行ってみたいですね〜。 店舗によって、扱っている商品も若干異なっているので、 「せっかく来たのに、食べたい商品がなかった!」 なんてことにならないように、必ず事前に、各店舗のホームページを調べていきましょう。 他にも、道後店、松山店などがあります。 ……お気づきかとは思いますが、ここまでご紹介した5店舗、全て四国にあるんですね。 でも、最後の1店舗はなんと東京にあるんです! 東京のおしゃれな芋、日本橋 芋屋金次郎 そう、四国だけではなく、東京日本橋にも店舗が出ているんです! 直営店の最大のメリットは、揚げたてが食べられることじゃないでしょうか。 しかも、なんとこの日本橋 芋屋金次郎。 他のお店の芋けんぴとは、どう違うの? これ、結構思いますよね。 芋屋金次郎以外にも、芋けんぴを取り扱っているお店はたくさんあります。 有名なお菓子屋はもちろん、コンビニにすら芋けんぴがおいてある時代。 一体、芋屋金次郎は他の芋けんぴと、どう違うのでしょう。 当然、コンビニなどに置いてある芋けんぴとは天地の差があります。 今回は、芋屋金次郎と双璧を成す、こちらも高知県の水車亭(みずぐるまや)の芋けんぴと較べてみようと思います! まず、実はこの二者、使っている芋が完全に同じもので、鹿児島の「黄金千貫(コガネセンガン)」という白芋を使っています。 じゃあ、何が違うの? 実は、水車亭の一押し商品は、「塩けんぴ」という、伝統的な「芋けんぴ」とは若干違うものなんですね。 水車亭も、芋屋金次郎も、両方とも絶品であることには変わりありませんが、まずは芋けんぴ専門店である、芋屋金次郎の「芋けんぴ」を食べてみると良いのではないでしょうか! そのあとに、水車亭の「塩けんぴ」を食べると、時代の流れを感じられるかもしれませんね。 芋けんぴだけでは無い、芋屋金次郎のメニューラインナップ! ここまでは、チョコけんぴ、揚げたて芋けんぴなど、「芋けんぴ」のみに注目してきました。 芋屋金次郎は、確かに芋けんぴ専門店ではあるのですが、他にも様々な注目メニューがあるんです。 実はこれ、昭和50年に、先代の金次郎が思いついたとのこと。 他にも短冊形の芋けんぴや、細切りの芋けんぴなども発案され、とても話題になっています! 既存の枠組みにとらわれない、芋屋金次郎ならではのメニューですね! ちなみに、他にも紅はるか胡麻チップや、安納芋チップなどもあるそうなので、食べて比べてみると面白いかもしれません。 いもやのスイートポテト 10個入り 2,200円 芋屋金次郎のメニューの中には、広く一般的に知られているものも、もちろんあります。 そのうちの一つが、「いもやのスイートポテト」。 なんとこのスイートポテト、通常は生クリームを使うところを、ホワイトチョコを使ってるだとか…… このスイートポテト、もちろん味もとても美味しいのですが、何より常温保存できるのがスゴいところです! これならお土産にもばっちぐぅですね! なんで店舗がほとんど四国にあるの? そう、芋屋金次郎の店舗は、日本橋 芋屋金次郎を除くと、すべて四国地方に固まっているんですね。 これは、芋けんぴの発祥の地が、高知県だからです。 古来、高知県では、細長い棒状のお菓子のことを「けんぴ」と呼んでいました。 そして、江戸時代の中期頃に、薩摩(現在の鹿児島県)から土佐(現在の高知県)にさつまいもが伝来。 こうして、さつまいもを油で揚げて、砂糖を絡めるお菓子、芋けんぴが誕生しました。 芋屋金次郎でも、鹿児島や高知県、宮崎県産の厳選された芋を使っています。 芋けんぴには、黄金千貫(コガネセンガン)という品種を使用。 芋屋金次郎の芋に対する基準はとても厳しいことで有名で、地元の農家でも、「芋屋金次郎の基準をクリアしている」ということが信頼につながるようです。 全てにこだわり抜いた最高の芋けんぴを、ぜひご賞味あれ! 最後に、四国にある支店の基本情報を載せました!.

次の

高知のソウルフード!芋屋金次郎と水車亭の「芋けんぴ」

芋 屋 金次郎 通販

こちらのタイプは「 室戸の深層水仕込み」。 いかにも、食べてみたい!という食欲をそそる名前です。 また、芋けんぴだけでなく 芋チップスもあり、これがまた美味しいのです。 上質なお砂糖で、 カリン! とできあがっています。 ひとつずつ味わっていくほどに、セットで色々な味比べ体験ができる嬉しさがじわじわと感じられてきました。 「 紅はるか胡麻チップス」 「 むらさき芋チップス」 すべて、 ホントにカリッとして美味しいです。 お皿に出してみたところ。 また、この紫芋には、ポリフェノールもたっぷり。 まずは成分から行きましょう。 例としてラベルの裏まで撮ってみました。 このタイプは「 黒胡麻細切り芋けんぴ」。 「さつま芋 国産 、砂糖、植物油脂、オリゴ糖、食塩」とあり、 全くの無添加原材料 であることがわかります。 ここが美味しさのひとつの大きな要素かもしれません。 黒胡麻とあるのはこの種類が「黒ごま芋細切り芋けんぴ」だからです。 100gあたりが206kcalという情報もありました。 でも油も使っていて砂糖をまぶしているので、少なくとも通常の作り方でそこまで低くなることはないのでは?と思えます。 ちなみに、油そのものが表面にまとわりついているポテトチップスのカロリーだと、554kcalとのこと。 ポテトチップスよりは少し低めなカロリーというところですが、食べ出すと勢いがついてしまうところは一緒なだけに、そこは注意したいですね。 芋けんぴの芋屋金次郎 店舗はどこにある? さて、この 芋屋金次郎の店舗はどこにあるかというと、まず、四国に5店舗。 芋屋金次郎は高知県に2店舗 芋屋金次郎の本店は高知県の高岡郡にあります。 高知県内にあるのは、以下の2店舗です。 北海道には今のところ、残念ながら展開していません。 通販でも買うことができ、いつもおなじみの 楽天と Yahoo! ショッピングでも取り扱っています。 ただ、 アマゾンでは現時点では取り扱っていないようです。

次の