オリンパス 株価 4000円。 オリンパス (7733) : アナリストの予想株価・プロ予想 [OLYMPUS]

オリンパス ニュースリリース: コンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS(スタイラス) TG

オリンパス 株価 4000円

株式市場の振り返り-日経平均株価は3日続伸、方向感に乏しい膠着感の強い展開 2019年11月7日(木)の主要指標(カッコ内は前日終値比)• 1%) 小幅3日続伸• TOPIX 1,698. 2%) 小幅3日続伸• 東証マザーズ株価指数 873. 3%) 反発 東証1部上場銘柄の概況• 値上がり銘柄数:984、値下がり銘柄数:1,070、変わらず:99• 値上がり業種数:17、値下がり業種数:16• 年初来高値更新銘柄数:158、年初来安値更新銘柄数:6 東証1部の出来高は12億6,775万株、売買代金は2兆3,894億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。 特段新しいニュースがなかったことで模様眺めムードが強まりましたが、決算発表を受けた個別企業の売買が盛んとなりました。 売買代金は減少したものの、2兆4,000億円レベルを維持しています。 東証マザーズ株価指数は反発、売買代金は62日連続で1,000億円割れ 東証マザーズの出来高は3,658万株、売買代金523億円となり、いずれも前日より減少しました。 個人投資家の物色意欲に回復の兆しが一向に見られず、売買代金は62日連続の1,000億円割れとなりました。 また、出来高も4,000万株割れが続く厳しい薄商いとなっています。 ただ、株価指数は小幅上昇となりました。 依然として900ポイント回復に及ばない状況ですが、今後は個人投資家の投資マインド回復次第と言えましょう。 また、同じハイテク株では、村田製作所(6981)とシャープ(6753)が連日で年初来高値を更新しています。 その他では、取引時間中に決算を発表したトヨタ自動車(7203)が直後から急伸して年初来高値を更新し、医薬品株では中外製薬(4519)が堅調に推移して年初来高値更新(上場来高値更新でもあります)となったことが目を引きました。 新興市場(東証マザーズ)では、ジェイテックコーポレーション(3446)が大幅安となり、EduLab(4427)も4日続落となりました。 また、メルカリ(4385)や手間いらず(2477)も冴えない値動きで引けています。 一方、マネーフォワード(3994)が大きく値を上げました。 葛西 裕一 参考記事.

次の

失敗談「オリンパス株大暴落で」

オリンパス 株価 4000円

金融関係者が売買推奨している銘柄であれば、安心して投資できると思っている初心者の人が本当に多いです。 小難しい事を述べているのですが、無理やり推奨する理由を述べている感が満載なのですけどね。 実は投資情報を信じて頻繁に売買するよりも、 年1回の投資チャンスの時にだけリスクを取った方が大きな利益を得る事が出来ます。 オリンパスで儲けるポイント• 投資方針に一貫性の無い株価予想を信じてはいけない。 カモ投資家が群がる高値園で売買すると資金を溶かす。 手を出すな。 大暴落する時が、大儲けするチャンスだ。 このときにリスクを取ろう。 株価の先行きを当てるのは困難。 損切する価格帯は予め、決めておこう。 投資判断が簡単だと思える銘柄を探して、活用しよう。 (2015年11月30日公開) 長期投資目線で短期売買を推奨する、株価予想を信じても儲からない それでは小池麻千子氏による5日間の株価予想を見てみましょう。 好決算が続き、中長期的な成長を見込んで「買」推奨です。 予想が外れ 50万円の投資で、損失が1000円です。 中長期的な成長を期待しているようですが、長期投資目線で売買判断を下している事に対して、不安で一杯になります。 1年単位で株価が上がる事を想定しているのに、5日程度の短期売買でリスクを取る理由になるとは思えないですね。 な戦場において、あまりにも貧弱な投資判断です。 これまでしてきたのですが、本当に疑問に思う売買を推奨する予想記事が多いと感じています。 一握りの人以外は大負けする短期売買を推奨する時点で、株価予想に価値は無いと思いますね。 そもそも投資情報を提供する人達は、数多くの株価予想をする事が仕事ですから、どうしても短期売買を推奨する傾向が強くなります。 投機的な売買を繰り返しても、時間と資金を失うだけです。 経験も少ない個人投資家ですが、相場の世界でプロを出し抜く手法は存在します。 つまり 年1回程度は必ず起こる、相場の大暴落の時にだけ勝負をすれば良いのです。 中長期的な目線でプロが投げ出している時に、個人の機動性を生かしてリスクを取ると、驚くような利益を得る事が出来るでしょう。 投資判断が簡単と思える銘柄と投資戦略を組み合わせるのが、手堅く利益にするコツですね。 、などを参考にすると良いでしょう。 相場全体の大暴落時にリスクを取れば、大きな利益を得る可能性が高まる 項目 内容 コメント 企業名(銘柄コード) オリンパス(7733) 上場市場 東証1部 業種 精密機器 株価 4,945円 単元株数と最低購入単価 100株:49万4,500円 時価総額 1兆6,945億円 資本金 1,245億円 発行済株式数 3億4,267万株 浮動株数 1,028万株 利益剰余金 1,271億円 有利子負債 3,502億円 保有者比率 外国 42. 2012年度に構造改革を強く推進した影響で、損失が膨れ上がっています。 ですが利益率の高い医療事業の成長に伴って利益が右肩上がりで増えており、今後の再成長に期待したいです。 では具体的にチャートを見て、投資判断を考えてみましょう。 ここ数年のオリンパスの値動きを見ると、異常な過熱感もなく、上昇トレンドを維持しながら株価が上がっています。 投資判断としては 相場全体の大暴落時に、トレンド線まで株価が下がってきたタイミングで、リスクを取ると良いでしょうね。 もちろん事前に になる可能性がありますから、損切する水準は決めましょう。 くれぐれも赤色エリアのような高値園では資金を投入しない事です。 仮に上述の投資スタンスで2014年4月頃(3,000円)に資金を投入して、半年後の2014年9月頃(4,000円)に売却すると、 60万円の投資に対して利益が20万円となります。 取引回数が少なく感じる年1回の売買でも、非常に大きな利益を得る事が出来ますね。 実は事業転換が成功して以来、オリンパスの株価は絶好調です。 日本市場全体の平均的な成績を表す日経平均株価指数と比べてみても、当銘柄のパフォーマンスの良さが際立っているかと。 ただし経験をかなり積まないと、事前に市場平均以上に上がる株を見つける事は困難です。 むしろ、 まったく株価が上がらないクソ株に手を出して儲けるチャンスを逃す可能性の方が高いでしょう。 このような個別株投資のリスクを排除したいのであれば、を利用する戦略もお勧めです。 紺色線:オリンパス ピンク色線:日経平均株価指数 直近数年間だとオリンパスの値上がり具合は非常に良いのですが、過去の値動きを見ると株価が停滞しています。 投資判断が難しく、儲かる気がしないですね。 特に日本市場全体に元気がない時期でしたから、利益を上げるのは至難の業でしょう。 ですが、オリンパスのような難しい銘柄を扱わずとも を活用すると、手堅く利益を得る事が出来るでしょう。 2015年12月時点で管理人がチェックした精密機器 銘柄.

次の

オリンパスが一時+20%弱高の大爆騰! 日経平均株価は3日続伸 【東京株式市場】 2019年11月7日

オリンパス 株価 4000円

現在は【買い】 予想株価 2,265円 と判断されています。 プロの証券アナリストによる売買予想・予想株価を掲載しています。 「オリンパスの2021年の業績予想」では、証券アナリストによる業績予想を掲載しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の