カップルユーチューバー 気持ち悪い。 カップルYouTuberを「気持ち悪い」と感じる3つの理由

ブスカップルほどいちゃつく心理〜あるある10選

カップルユーチューバー 気持ち悪い

これは、ミシガン大学の心理学者Kira S. Birditt教授らが『 The Journals of Gerontology SeriesB: Psychological Series( 老年学に関する雑誌シリーズB:心理学シリーズ)』 に発表した調査研究の示すところ。 結婚年数が平均33年以上のいわゆる熟年カップルです。 アンケートでは、一週間に何回お酒を飲む機会があるか、また飲むときの分量を調査し、そこから飲酒の際に相手が「しゃくに障る」、「批判的になる」、「注文が多い」などと感じるかどうかをヒアリングしていきました。 その答えがこちら。 「2人で一緒にお酒をたしなむカップルは、恋人との関係を長期的に見た場合、相手に対してマイナスな印象を挙げないことの方が多い。 とくに女性側(妻)の思考に違いが見られた」ということでした。 50歳以上のカップルでは、2人がお酒を飲むまたは2人とも飲まない場合、より良い結婚生活が送れていることが心理学から分析できたといいます。 ところが、どちらか一方が飲み、片方は全く飲まないカップルは、結構生活に不満を抱いているケースが多いことが明らかに。 お酒の量は関係なし 共有する時間の質が大事 この結果を受けて、男性向け情報メディア「AskMen」は、彼女が飲む日は付き合い、飲まない日は自分も控えることを提案。 一方「Mashable」は、Birditt教授のコメントを元に一緒に過ごす時間の方に目を向けた見解を示しています。 その教授の言葉がこちら。 「この研究で分かったことは 飲むお酒の量ではなく、お酒を飲むか飲まないかという点が大切だということ。 自由な時間を共に過ごすカップルは、結婚生活の質も同時に高くなるということに由来しているのでしょう」 つまりは、お酒は夫婦(もしくはカップル)の間で潤滑油的な役割を果たす、コミュニケーションツールとして有効。 けれど、2人が共に飲まなければ、逆に関係はギクシャクしたものになってしまう。 背反する2つの側面、やっぱり、お酒も恋愛も付き合い方が重要なのかも。 さて、お酒と夫婦仲の因果関係について、こんなもあります。 アルコール依存症に関する研究を行うNY大学バッファロー校で2015年に実施された、634組のカップルを9年間にわたって追跡調査した結果。 それによると、夫婦どちら一方のみが大酒飲みの場合、約50%近い離婚率があったのに対し、夫婦ともに一度の飲酒でグラス6杯以上(泥酔近くまで)飲むカップルの離婚率はおよそ30%。 これは夫婦ともにあまり飲まない、ないしまったく飲まないカップルと比較しても同じくらい離婚率が低いことが判明しました。 大酒飲みカップルほど互いへの不満が少ない、というのが研究を指揮したKenneth Leonard教授の見解。 「けれどお酒で体を壊しては本末転倒」、とあくまで結果から導き出された数値であることを付け加えていました。

次の

カップルYouTuberは炎上しやすい?嫌い・うざい・気持ち悪いという意見も

カップルユーチューバー 気持ち悪い

カップルYouTuberが嫌いですか? カップルYouTuberをウザいと思いますか? そう感じているアンチは、あなただけではありません。 この記事では、• カップルYouTuberに抵抗がある理由• なぜイチャつく姿を見せるのか など、「 カップルYouTuberを気持ち悪いと感じる理由」について書いていきます。 ぜひ参考にしてみてください。 カップルYouTuberを「気持ち悪い」と感じる理由 カップルYouTuberに 嫌悪感を覚える理由は3つあります。 金銭欲• 自己顕示欲• 日本の文化 1つずつ順番にご説明します。 金銭欲にまみれているから 動画投稿をする動機の一つに「 お金を稼げること」が含まれているのは明白です。 成功すれば、YouTuberは大金を稼げますからね。 カップルがイチャつく姿は、ふつう他人には見せません。 他人が見ていないところ、たとえば家のなかでイチャイチャするのが一般的です。 でも、カップルYouTuberはちがいます。 恥を捨ててお金を取ろうとしています。 その浅ましさ、がめつさを察知した私たちは、「気持ち悪い」というネガティブな感情を抱いてしまうのでしょう。 自己顕示欲にまみれているから カップル動画をアップする動機としては、 「自慢したい」といった自己顕示欲が挙げられます。 カップルYouTuberは幸せな姿を見せびらかし、優越感に浸りたいのでしょう。 「僕たち私たちはこんなに幸せなんだよ。 いいでしょ」と自慢されたら、誰だって良い気はしません。 ウザい• ムカつく• 気持ち悪い• 別れちまえ といった 反抗心が自然に湧き上がってきます。 全身ブランド品でコーディネートしている人を「ダサい」と馬鹿にしたくなるのとおなじです。 自慢している態度に、私たちは敏感なのです。 自慢しているヤツは放っておけません。 したがって、カップルYouTubeに「気持ち悪い」と反発したくなるのは当然です。 日本の文化にそぐわないから カップルYouTuberに抵抗があるのは、私たち日本人の国民性とも関係があります。 日本人は人前でイチャイチャしません。 公衆の面前で イチャイチャすることをはしたないと考えます。 外国人のように街中でキスをしたり、抱き合ったりしないんですね。 こうした恋愛観や倫理観があるために、カップルユーチューバーの動画を受け入れられないのではないでしょうか。 自分たちの部屋で撮影しているとしても、動画をネット上にアップしたら、撮影場所など関係ありません。 ふたりがイチャイチャする様が 世間に向けて発信されるわけです。 気持ち悪さやウザさを覚えるのは当然です。 日本人にとっての「暗黙の了解」を破っているわけですからね。 たとえるなら、回転寿司で一回取ったお皿をレーンに戻す客みたいな。 公に禁止されているわけじゃないけど、 ふつうはそれやらないでしょ、っていう。 そうしたカップルYouTuberの異質さを、気持ち悪いと感じてしまうのかもしれません。 理解できない異質なものを拒否し、排除したい心理が働いている まとめ カップルYouTuberがなぜ気持ち悪いのかを明らかにしてきました。 金銭欲• 自己顕示欲• 文化的異端児 こうした 欲望やエゴにたいして気持ち悪いと感じてしまうのでしょう。 気持ち悪さは「反発」の現れだといえます。 これらをまとめると、私たちは容姿の程度が低いカップルユーチューバーほど「気持ち悪い」と感じるのかもしれません。 それで稼げると思ったのか• それで自慢できると思ってるのか というイラつきが生じ、「 舐めるなよ」と腹が立つ。 まるで改造している軽自動車に煽られたときの怒りのような。 「そんなクルマで調子に乗るなよ」っていう。 自分よりも下だと思っている人間に見下されたことにたいする居心地の悪さが、• ウザい• ムカつく• 気持ち悪い といった負の感情となって現れるのでしょう。 以上、カップルYouTuberを気持ち悪いと感じる理由でした。 嫌悪感の理由がわかってスッキリしていただけたなら幸いです。 MORIKO.

次の

カップルユーチューバー、お金貸してドッキリに反響 「1000万必要だったら…」

カップルユーチューバー 気持ち悪い

カテゴリー カテゴリー アーカイブ• 216• 367• 381• 379• 342• 345• 365• 382• 434• 509• 551• 591• 438• 326• 315• 309• 358• 334• 316• 296• 440• 563• 535• 543• 596• 705• 660• 553• 669• 606• 599• 387• 275• 181• 219• 310• 248• 179• 124• 138• 189• 155• 3 アンテナサイト様.

次の