ポケットwifi 契約。 ポケットWiFiとWiMAXって何が違うの?失敗しないモバイルWi

ポケットwi

ポケットwifi 契約

ポケットWiFiを短期間だけ使いたい! 数か月までのおすすめレンタル方法まとめ 海外旅行や帰省、出張などで 短期間だけポケットWiFiを使いたい…というシーンは意外に多くあり、かつ身近なものです。 多くの場合、 ポケットWiFiは2~3年の契約が基本で、短期間で解約すると違約金がかかりますが、中には 1日~数ヶ月前後のレンタル・契約で違約金がかからないサービスも存在します。 これらの短期間向けポケットWiFiは、契約したい日数によっておすすめが変わり、• 1日~で利用したい場合 …• 2ヶ月~で利用したい場合 … が、コスパ・サービス面ともに秀でたレンタルWiFiサービスになります。 当記事では、レンタルWiFiも含めた各サービスの詳細を比較して紹介します。 初期手数料、違約金なしはもちろん、なんと端末の送料まで無料です。 月額制のレンタルポケットWiFiの中では最安級で、その名のとおり縛りがなく短期間で使いやすいサービス内容です。 短期間で使えるポケットWiFiを探していて、2ヶ月以上利用するのであれば現状では縛りなしWiFi1択です。 13ヶ月目からは月額料金が2,800円まで下がりますので、長期での利用にもおすすめできます。 大容量のSTAR-WiFiの基本情報 月額料金• 新大容量プラン• SIMのみ:2,980円• 端末セット:3,380円• 無制限プラン• 新大容量プラン:2,980円• 無制限プラン:3,980円• 7日お試しプラン:980円(G3000は1,980円) 端末代 なし 解約金 なし 支払い方法 クレジットカード 大容量のSTAR-WiFiは、株式会社ツボスタが提供する定額、大容量、契約期間なしがウリのポケットWiFiです。 契約期間の縛りがないため、 短期間での解約であっても違約金がかかりません。 最大の特徴は「STAR-7」という7日無料でWiFiが利用できるお試しプランで、手数料980円のみで7日以内の端末返却を条件として、 端末代、月額料金は無料、事務契約手数料980円でポケットWiFiをレンタルすることができます。 さらに、以下の当サイト限定クーポンコードを申し込み時に入力すると、長期利用の場合でも月額料金が割引になります。 宅配…500円~• 空港・渋谷ちかみち…500円~• コンビニ受取…500円~ 返却料・返却手数料• 宅配…送料お客様負担• 空港・渋谷ちかみち…500円~• 1ヵ月の利用総額で比較すると、先に紹介した縛りなしWiFiやSTAR-WiFiの方が安いですが、指定された日までに解約の依頼をしなければ翌月も1か月分の利用料がかかってしまいます。 ですが 、WiFiレンタルどっとこむは1日単位で利用料が請求されるので、無駄な費用が発生せず、自分の都合に合わせて利用できます。 ただし、 発送・返却の方法によって送料や手数料が発生するため、その点も踏まえて検討しましょう。 また、利用料金は借りる端末やプランによって異なります。 以下の表は 当サイトからお申込みいただいた場合の特別価格ですので、参考に自分に合った端末に申し込みましょう。 Soldi特別価格端末・プラン別利用料金一覧 端末・プラン 利用料/日 SoftBank 303ZT 無制限 430円 SoftBank 501HW 無制限 430円 SoftBank E5383 無制限 430円 SoftBank E5383 無制限 430円 SoftBank 601HW 無制限 1日1GB 400円 SoftBank 801ZT 10GB 1500円 SoftBank 801ZT 7GB 1300円 SoftBank E5383 5GB 1200円 WiMAX WX03 無制限 430円 WiMAX W06 無制限 550円 WiMAX WX05 無制限 550円 WiMAX WX06 無制限 550円 au FS030W 5GB 1200円 ポケットWiFiを短期間で契約する際のポイント まず、ポケットWiFiを短期間で利用する場合に気をつけたいポイントを紹介します。 ポケットWiFi(短期間)を選ぶときのポイント• 短期間だからと言ってポケットWiFiを料金の安さだけで選んでしまうと、 対応エリア外だったり、理想とする通信速度がでなかったりと、いろいろと不満を抱えながらネットを使うことになりかねません。 ポイント1. レンタル期間 ポケットWiFiを1日だけ利用したい場合と、1ヶ月利用したい場合では利用するべきサービスが変わってきます。 特に料金には差が出やすいので、自分がレンタルしたい期間に合ったサービスを検討することが大切です。 1日~で利用したい場合 … 、• 2ヶ月~で利用したい場合 … ポイント2. 通信容量と機種 日割り料金で1日単位で借りられるポケットWiFiだったとしても、利用可能なデータ量が限られていたり、頻繁に通信速度が遅くなったりしていては快適にネットが使えず、おすすめできません。 単純な日割りの料金計算で言えば、ご紹介している「」「」「WiFiレンタルどっとこむ」の3社より安いレンタルWiFiも中には存在しますが、 レンタルする機種や速度制限の条件によっては、理想とする通信速度が出ない可能性があります。 ポイント3. 対応エリアと返却の簡単さ 利用する場所に応じて、対応エリアも確認しておきましょう。 国内であれば基本的にWiMAXかLTE回線のどちらかですが、違いについては以下の表で把握しておいて下さい。 それと、 利用後の返却フローも重要です。 「」「」は、追跡確認可能な配送方法で返送するだけです。 ポイント4. コスパ(料金) 最後に重要なのがコスパ(料金)です。 短期間でポケットWiFiをレンタルする場合は、 月額料金や手数料の他に端末の送料なども確認しておきましょう。 送料は送付時と返却時の両方負担しなければならない場合もあれば、片方だけの負担で済む場合もあり、サービスによってさまざまです。 「」「」は、返却時のみ送料負担で申し込み時の送料は無料です。 短期間なので、テザリングじゃダメなの? A. テザリングがダメというわけではありませんが、メリット・デメリットがありますので把握された上で検討することをおすすめいたします。 短期間ならテザリングでもなんとかなりそう……という方が多いのですが、 テザリングには以下のメリット・デメリットがあります。 テザリングのデメリット・注意点• 通信制限がかかると低速通信になる• 複数人での利用に不向き• バッテリーの消耗が激しい デメリットを把握しないままテザリングを採用すると、思わぬ落とし穴にハマる可能性がありますので、事前に検討してから行うようにして下さい。 特に、 低速通信になってしまうとネット上のコンテンツによっては閲覧が困難になってしまうことも多いです、ポケットWiFiであればこの辺りの不安は払しょくされるはずです。 ご当地のレンタルWiFiは候補にするべき? A. WEB完結のレンタルWiFiがフローとしてはおすすめですが、条件・料金を比較して自分に合っている場合は候補に入れてもいいでしょう。 レンタルWiFiの形態にはWEBだけで完結するものと、実店舗でサービス提供されているものの2種類があります。 実店舗を持っているレンタルWiFiの例としてはカシモバやNETAGEなどが挙げられます。 もし、 ご自身の利用したいWiFiの条件の合致しているのであれば、これらのポケットWiFiも選択肢になります。 しかしながら、 ポケットWiFiのレンタルが可能な店舗の多くは都市部に集中しているため、一概にどちらの方が優れているとは言えませんが、WEB経由ですと店舗で手続きをする手間を省くことができます。 Try-WiMAXはどう? A. 短期間のポケットWiFiとして利用することは可能ですが、Try-WiMAXは長期契約を前提としたサービスです。 Try WiMAXはUQ WiMAXが提供するモバイルWiFiを無料でお試し利用できるサービスで、 月額料金や手数料など一切の費用を必要とせず、15日間無料でポケットWiFiを利用できます。 Try-WiMAXは、あくまで本契約の前のお試しが主目的なので何度も利用することは認められておらず、一度利用して本契約をしなかった場合、再び利用するには90日以上空ける必要があります。 また、 15日間には発送日・返送日も含まれているので、実質利用できるのは2週間弱と考えておいて下さい。 申込み条件として 日本在住の20歳以上、本人のクレジットカード情報登録が必要ですので事前に準備して行うようにしましょう。 まとめ ここまでで、短期間でポケットWiFiをレンタルする際のポイントを分かりやすく解説してきました。 最後に振り返りをしていきます。 まず ポケットWiFiを短期間でレンタルしたい場合は、契約したい日数によりおすすめのサービスが変わることを覚えておきましょう。 1日~で利用したい場合 … 、• 2ヶ月~で利用したい場合 … が、コスパ・サービス面ともに秀でたレンタルWiFiサービスになります。 他に、15日間無料でWiMAXを利用する方法としてTry-WiMAXがありますが、ので、事前に確認しておきましょう。 ポケットWiFiを短期間で利用する場合に気をつけたいポイントは以下です。

次の

【7月1日最新】今すぐ契約できるポケットWiFiを徹底調査!

ポケットwifi 契約

ポケットWiFiの契約を検討しているけど、ネットに詳しくないからどれを選んだらいいか分からなくて迷っていませんか? ポケットWi-Fiを選ぶ際には、自分のライフスタイルや目的に合わせたテーマで比較するのがおすすめです。 ポケットWiFiとひとくちに言っても、キャリアやプロバイダ・端末の違いなど選択肢の幅は膨大で、どれを選んでも同じと月額料金だけで選ぶ方も少なくありません。 しかし、ポケットWiFiはサービスによって特徴やメリット・デメリットが違います。 とにかく安い方が良いからと月額料金だけでポケットWiFiを選ぶと、後悔してしまいますよ。 この記事では、後悔しないポケットWiFi選びのために、テーマごとにおすすめのポケットWiFiを比較します。 (2020年7月最新) 目次• おすすめのポケットWiFiの比較ポイントは3つ ポケットWiFi選びで後悔をしないために、次の3つのポイントに注目が必要です。 通信量• 契約期間の縛り• 通信速度 ポケットWiFiを比較する際に、月額料金やキャンペーンだけで選んでしまっている方も多いのではないでしょうか。 たしかに、インターネット回線を利用する際のランニングコストとなる、月額料金を安く抑えたいのは当然です。 しかし、ポケットWiFi各社では、月額料金やキャンペーン以外にも違いや特徴があり、値段だけでポケットWiFiを選ぶと後悔してしまうこともありますよ。 ここでは、各項目でポケットWiFiを比べる際の、具体的なポイントを解説します。 1.通信量 ポケットWiFiを比較する際には、 自分のインターネットの利用頻度に合わせた「通信量」を利用できるポケットWiFiがおすすめです。 インターネットを利用する際には、ネットサーフィンやメールのやり取り、音楽・動画の視聴など、ネット回線を通じてデータが通信されることでサービスが利用できます。 通信量は「1GB」「5GB」「10GB」など、GB(ギガバイト)単位で表記され、月間で利用できるデータ通信の容量が設定されています。 しかし、1GBの通信量で、どの程度のサービスを利用できるのかはピンときませんよね。 インターネットサービスを利用する際、1GBでどの程度利用できるかの目安は次のとおりです。 Yahoo! また、月間のデータ通信量に制限のない「通信量無制限」のポケットWiFiもありますので、 ゲームや動画・音楽をフルで楽しみたい方には容量無制限のポケットWiFiがおすすめです。 インターネットをどのように利用しているかによって、おすすめの通信量は変わりますので、自分がどのようなサービスを良く利用するかを知っておきましょう。 2.契約期間の縛りの有無 ポケットWiFiでは契約期間に縛りのあるケースが多く、契約期間の縛りの有無も重要な比較ポイントです。 ポケットWiFiの契約期間は2年~3年間の縛りが主流となっており、プロバイダによって契約期間に違いがあります。 3年間(36か月)• 2年間(24か月)• 1年間(12か月) 契約期間に縛りがあるポケットWiFiを期間満了前に解約すると、残りの契約期間によって約10,000円~20,000円の解約違約金が発生してしまいます。 また、ポケットWiFiの契約期間は「自動更新」となっていることが多く、 契約更新月を超えると、次の契約期間満了まで解約を待たなければなりません。 ですので、引っ越しなどで住環境に変化の可能性がある方は、 契約期間の縛りが短い、または契約期間の縛りがないポケットWiFiを選択するのがおすすめです。 契約期間の縛りがあることでのデメリット ポケットWiFiは毎年のように最新の端末が発売されており、端末の性能が通信速度や電池の持ちに大きく影響します。 契約期間の縛りがあると、最新の端末をすぐに使いたくなっても、契約期間が満了するまで今の端末を使い続ける必要があります。 常に最新の端末を利用したい、ガジェット好きな方の場合も契約期間に縛りのないポケットWiFiがおすすめです。 3.通信速度 ポケットWiFiで快適にインターネットを利用するには、 通信速度のできるだけ早いポケットWiFiを選ぶのがおすすめです。 ポケットWiFiの通信速度は、「下り」「上り」の最大通信速度が表記されています。 下り最大〇〇Mbps• 上り最大〇〇Mbps 下りはデータのダウンロードの速度で、ネットサーフィンや動画・音楽の視聴に影響し、上りはメールやSNSでの画像のアップロード速度に影響します。 基本的には、通信速度の数値が大きいものを選べば間違いありませんが、最大の通信速度はあくまでも理論値であることを理解しておく必要があります。 お住まいのエリアや電波状況、有線・無線での接続状況によっても通信速度の実測値は変わりますので、自分の利用状況に合ったポケットWiFiを選ぶようにしましょう。 速度制限に注意が必要 ポケットWiFiの中には、スマホのような速度制限のあるケースがありますので注意が必要です。 速度制限のあるポケットWiFiでは、 指定されたデータ容量を使い切ると、通信速度が大幅に制限されてしまいます。 速度制限がかかってしまうと、インターネットを快適に利用できなくなってしまいますので、通信速度でポケットWiFiを選ぶ際には速度制限の有無にも注目しておきましょう。 【無制限で使える】ポケットWiFiのおすすめ3社 動画を観るのが好き・音楽好きの方には、データ容量無制限で使えるポケットWiFiがおすすめです。 U2s端末に限り、月額料金が6ヶ月間、500円割引の2,880円で使うことができます。 無制限WiFiで2,880円は業界最安クラスなので、この機会に申し込むのもおすすめです。 1位.ギガWi-Fi 画像引用元:公式サイト U2s U3 G4Max 月額料金 3,250円 3,480円 事務手数料 3,000円 端末代金 0円 最大通信速度 下り150Mbps/上り:50Mbps エリア ドコモ、au、ソフトバンク 契約期間/解約金 ~2年目:18,000円 3年目~:9,500円 データ容量無制限のポケットWiFiで、 業界最安クラスの月額料金で利用できるのが「ギガWi-Fi」です。 ギガWi-Fiは月額3,250円の格安料金で、無制限にインターネット接続し放題となっており、休日は1日中高画質の動画を観るのが趣味という方にもおすすめできます。 SIMカード不要の「クラウドポケット型」WiFiですので、エリアによってソフトバンク・ドコモ・auの3キャリアから、自動的に使える回線に切り替えてくれるので、ネットが繋がりにくいといったトラブルを解消できます。 また、別途900円からの日額料金が必要ですが、 海外134の国や地域でもギガWi-Fiを利用できますので、海外旅行用のWiFiルーターとしてもおすすめです。 ただし、契約期間は2年間の縛りがあり、更新月以外での解約では9,500円~の解約違約金が必要となる点には注意が必要です。 データ容量無制限で、大手3キャリアの回線に対応するポケットWiFiを利用したい方には「Mugen WiFi」がおすすめです。 ソフトバンク・ドコモ・auの3キャリアに対応したポケットWiFiを、速度制限なしのデータ容量無制限で利用できますので、PC・スマホでインターネットの利用頻度の高い方にもおすすめです。 月額料金の安いポケットWiFiはキャンペーンで期間中だけ安くなっているケースもありますが、 Mugen WiFiではずっと変わらない月額料金3,250円~なので安心できますね。 プランは2つあり、MUGENアドバンスプランでは翻訳機能と充電器機能がついています。 Mugen WiFiでは、 30日間以内の解約なら全額返金される「30日間おためし体験」も可能ですので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。 Mugen WiFiは24か月以内での解約の場合、端末を返却する必要があります。 データ容量無制限で、かつ、契約期間に縛りのない柔軟なポケットWiFiが「クラウドWiFi」です。 クラウドWiFiでは、SIMカードなしの「クラウドSIM」で、複数のキャリアの回線から最適な回線の電波を利用できます。 ですので、エリアによるキャリアとの相性を気にすることなく、いつでも快適なインターネット接続をデータ容量無制限で利用することが可能です。 別途日額料金が必要ですが、 世界135か国でのインターネット接続を利用できますので、海外旅行・出張の際にもクラウドWiFiを持っていけばスマホ・タブレットの利用も安心ですね。 クラウドWiFiの解約時にはWiFi端末を返却する必要があります。 紛失・故障などで返却できない場合、15,000円~25,000円の端末代金が発生してしまいますので注意しておきましょう。 【契約期間の縛りがない】ポケットWiFiのおすすめ3社 引っ越しなどで住環境が変わる可能性のある方や、常に最新の端末を利用したい方には契約期間に縛りのないポケットWiFiがおすすめです。 FUJI WiFiは契約期間の縛りがなく、短期間での利用でも解約違約金がかかりませんので、お試しでポケットWiFiを使ってみたい方や、光回線を引くまでの繋ぎにも便利です。 30ギガプランで月額3,100円からと最安のポケットWiFiではないものの、申し込み時にデポジット(5,000円)を預け入れる「デポコミコース」では、月額料金が500円割引になる特典があります。 また、1日あたりのデータ使用量に制限がありませんので、契約した月間のギガ容量を使い切るまでは柔軟にインターネット回線を利用できます。 FUJI WiFiを解約する際には端末の返却が必須です。 盗難・紛失・故障で返却できない場合、20,000円の機器損害金が発生しますので注意しておきましょう。 7月1日から7月31日まで「サマーキャンペーン2020」を実施しており、通常コースの申し込みで事務手数料が1,000円に、デポコミコースの申し込みで無料になります。 利用する場合は、申し込みの際にクーポンコード「2020S-JIMUWARI」を入力してください。 2位.どこよりもWiFi 画像引用元:公式サイト 月額料金 2,980円(20GB) 3,480円(50GB) 事務手数料 0円 端末代金 0円 最大通信速度 下り150Mbps/上り:50Mbps エリア ソフトバンク 契約期間の縛りがないポケットWiFiで、 業界最安値の月額料金で利用できるのが「どこよりもWiFi」です。 どこよりもWiFiの「しばりなし20GBプラン」は、月額料金2,980円と最安値になっており、解約時の違約金はもちろん、契約時の事務手数料も必要ありません。 20GBのデータ容量では物足りないイメージもありますが、丸1日業務でインターネットに接続しっぱなしという方でなければ、容量が足りなくなるケースも少ないでしょう。 50GBなら動画や音楽などもたっぷり楽しめます。 毎月の月額料金以外に費用が発生しませんので、できるだけ安く・手軽にポケットWiFiを使いたいという方におすすめできます。 どこよりもWiFiを解約する際には端末の返却が必要です。 端末の紛失・故障などで返却できない場合、18,000円の機器損害金が発生してしまいますので注意が必要です。 無制限のポケットWiFiランキングにも3位入賞した「クラウドWiFi」は、契約期間の縛りが無い点も大きなメリットです。 クラウドWiFiでは、 高画質動画を長時間見ても安心の無制限のポケットWiFiを、契約期間の縛りなしで気軽に利用することができます。 データ容量や契約期間に縛られずに、とにかくインターネットを快適に利用したいという方には、非常におすすめできるポケットWiFiと言って良いでしょう。 データ容量無制限でありながら、月額料金は3,380円と1位・2位の2社と大きな違いはありませんので、動画・音楽を自由に楽しみたい方にはクラウドWiFiがおすすめです。 クラウドWiFiも端末はレンタルですので、解約時には端末の返却が必須となる点は覚えておきましょう。 【通信量の制限がある】ポケットWiFiのおすすめ2社 通信量の制限があるポケットWiFiを選べば、毎月支払う月額料金を安く抑えられます。 1位.FUJI WiFi 画像引用元:公式サイト 通常コース デポコミコース 月額料金 30ギガ 3,100円 2,600円 50ギガ 3,400円 2,900円 100ギガ 4,400円 3,900円 事務手数料 3,000円 最大通信速度 下り150Mbps/上り:50Mbps 端末代金 0円 エリア ソフトバンク (30ギガプランならauやドコモも選べる) 契約期間/解約金 なし 最低利用期間1年/5,000円 30ギガプランで1年契約なら月額2,600円と、コストを抑えて利用できるポケットWiFiが「FUJI WiFi」です。 FUJI WiFiの1年プランは、契約時に5,000円のデポジットを預ける「デポコミコース」となっており、 縛りなしプランと比べて毎月500円安くポケットWiFiを利用できます。 預けたデポジットは1年間の契約満了時に返金され、2年目以降も毎月の割引料金はそのまま適用されますので、月額料金を抑えてポケットWiFiを利用したい方におすすめできますね。 通信量の制限があるとはいえ、たっぷり30GBを利用できますので、動画や音楽の視聴にも充分足りる通信量です。 ただし、1年以内に解約した場合、デポジットとして預けた5,000円は返金されませんので注意しておきましょう。 7月1日から7月31日まで「サマーキャンペーン2020」を実施しており、通常コースの申し込みで事務手数料が1,000円に、デポコミコースの申し込みで無料になります。 利用する場合は、申し込みの際にクーポンコード「2020S-JIMUWARI」を入力してください。 それがだいじWiFiでは、大容量の月間150GBプランを月額3,250円の定額で利用できますので、大容量の動画やストリーミングの音楽を、容量を気にせず楽しみたい方におすすめです。 ポケットWiFiでは、データ容量無制限でも3日間で10GBなど「3日間制限」が設定されているケースもあります。 それがだいじWiFiでは、 3日間制限なしに月間150GBを利用できますので、3日間制限のあるギガ無制限のポケットWiFiよりもデータ容量を多く使えますね。 【通信速度が速い】おすすめのポケットWiFi 仕事でインターネットを利用している方や、反応速度が必要なネットゲームをされる方には、通信速度の速いポケットWiFiがおすすめです。 ただし、最大1. 2Gbpsの通信速度が利用できるのは、最新端末「W06」で各種設定をオンにし、かつ有線で接続した場合となっており、現時点では首都圏を中心として一部エリアで提供されているサービスです。 とはいえ、 W06以外の端末を選択した場合も最大440Mbpsなど、クラウドSIMのポケットWiFiと比べて通信速度が速い端末が多くなっているのが特徴となっています。 契約から20日以内なら解約違約金なしでキャンセルできますので、自分の生活環境で電波状況にストレスなく利用できるかを実際に触って試してみるのも良いでしょう。 ポケットWiFiでは珍しく、 30,000円の高額キャッシュバックがもらえるのもポイントです。 キャッシュバックがなくてもよければ、月額料金が大幅に割引されるプランも選べます。 ですので、容量無制限でも実質月間100GBが上限となる点に注意しておきましょう。 まとめ ポケットWiFiを選ぶ際には、自分のライフスタイルやテーマに合わせて絞り込んで選ぶことが重要です。 インターネットの利用状況によって、ポケットWiFiに求める機能や契約内容は大きく変わります。 容量無制限だけは外せない• 契約期間に縛られたくない• 通信速度にこだわりたい テーマでポケットWiFiを絞り込んだら、その中からコストパフォーマンスに優れた会社を選択すれば、ポケットWiFi選びで後悔してしまうようなことはありません。 ポケットWiFiでは、違約金のかからない「おためし期間」が定められている会社もあります。 ポケットWi-Fi選びで迷っている方も、実際に利用してみて自分に合ったポケットWiFiを選ぶというのも良いでしょう。

次の

楽天モバイルのポケットWiFiは格安

ポケットwifi 契約

ポケットWiFiの契約を検討しているけど、ネットに詳しくないからどれを選んだらいいか分からなくて迷っていませんか? ポケットWi-Fiを選ぶ際には、自分のライフスタイルや目的に合わせたテーマで比較するのがおすすめです。 ポケットWiFiとひとくちに言っても、キャリアやプロバイダ・端末の違いなど選択肢の幅は膨大で、どれを選んでも同じと月額料金だけで選ぶ方も少なくありません。 しかし、ポケットWiFiはサービスによって特徴やメリット・デメリットが違います。 とにかく安い方が良いからと月額料金だけでポケットWiFiを選ぶと、後悔してしまいますよ。 この記事では、後悔しないポケットWiFi選びのために、テーマごとにおすすめのポケットWiFiを比較します。 (2020年7月最新) 目次• おすすめのポケットWiFiの比較ポイントは3つ ポケットWiFi選びで後悔をしないために、次の3つのポイントに注目が必要です。 通信量• 契約期間の縛り• 通信速度 ポケットWiFiを比較する際に、月額料金やキャンペーンだけで選んでしまっている方も多いのではないでしょうか。 たしかに、インターネット回線を利用する際のランニングコストとなる、月額料金を安く抑えたいのは当然です。 しかし、ポケットWiFi各社では、月額料金やキャンペーン以外にも違いや特徴があり、値段だけでポケットWiFiを選ぶと後悔してしまうこともありますよ。 ここでは、各項目でポケットWiFiを比べる際の、具体的なポイントを解説します。 1.通信量 ポケットWiFiを比較する際には、 自分のインターネットの利用頻度に合わせた「通信量」を利用できるポケットWiFiがおすすめです。 インターネットを利用する際には、ネットサーフィンやメールのやり取り、音楽・動画の視聴など、ネット回線を通じてデータが通信されることでサービスが利用できます。 通信量は「1GB」「5GB」「10GB」など、GB(ギガバイト)単位で表記され、月間で利用できるデータ通信の容量が設定されています。 しかし、1GBの通信量で、どの程度のサービスを利用できるのかはピンときませんよね。 インターネットサービスを利用する際、1GBでどの程度利用できるかの目安は次のとおりです。 Yahoo! また、月間のデータ通信量に制限のない「通信量無制限」のポケットWiFiもありますので、 ゲームや動画・音楽をフルで楽しみたい方には容量無制限のポケットWiFiがおすすめです。 インターネットをどのように利用しているかによって、おすすめの通信量は変わりますので、自分がどのようなサービスを良く利用するかを知っておきましょう。 2.契約期間の縛りの有無 ポケットWiFiでは契約期間に縛りのあるケースが多く、契約期間の縛りの有無も重要な比較ポイントです。 ポケットWiFiの契約期間は2年~3年間の縛りが主流となっており、プロバイダによって契約期間に違いがあります。 3年間(36か月)• 2年間(24か月)• 1年間(12か月) 契約期間に縛りがあるポケットWiFiを期間満了前に解約すると、残りの契約期間によって約10,000円~20,000円の解約違約金が発生してしまいます。 また、ポケットWiFiの契約期間は「自動更新」となっていることが多く、 契約更新月を超えると、次の契約期間満了まで解約を待たなければなりません。 ですので、引っ越しなどで住環境に変化の可能性がある方は、 契約期間の縛りが短い、または契約期間の縛りがないポケットWiFiを選択するのがおすすめです。 契約期間の縛りがあることでのデメリット ポケットWiFiは毎年のように最新の端末が発売されており、端末の性能が通信速度や電池の持ちに大きく影響します。 契約期間の縛りがあると、最新の端末をすぐに使いたくなっても、契約期間が満了するまで今の端末を使い続ける必要があります。 常に最新の端末を利用したい、ガジェット好きな方の場合も契約期間に縛りのないポケットWiFiがおすすめです。 3.通信速度 ポケットWiFiで快適にインターネットを利用するには、 通信速度のできるだけ早いポケットWiFiを選ぶのがおすすめです。 ポケットWiFiの通信速度は、「下り」「上り」の最大通信速度が表記されています。 下り最大〇〇Mbps• 上り最大〇〇Mbps 下りはデータのダウンロードの速度で、ネットサーフィンや動画・音楽の視聴に影響し、上りはメールやSNSでの画像のアップロード速度に影響します。 基本的には、通信速度の数値が大きいものを選べば間違いありませんが、最大の通信速度はあくまでも理論値であることを理解しておく必要があります。 お住まいのエリアや電波状況、有線・無線での接続状況によっても通信速度の実測値は変わりますので、自分の利用状況に合ったポケットWiFiを選ぶようにしましょう。 速度制限に注意が必要 ポケットWiFiの中には、スマホのような速度制限のあるケースがありますので注意が必要です。 速度制限のあるポケットWiFiでは、 指定されたデータ容量を使い切ると、通信速度が大幅に制限されてしまいます。 速度制限がかかってしまうと、インターネットを快適に利用できなくなってしまいますので、通信速度でポケットWiFiを選ぶ際には速度制限の有無にも注目しておきましょう。 【無制限で使える】ポケットWiFiのおすすめ3社 動画を観るのが好き・音楽好きの方には、データ容量無制限で使えるポケットWiFiがおすすめです。 U2s端末に限り、月額料金が6ヶ月間、500円割引の2,880円で使うことができます。 無制限WiFiで2,880円は業界最安クラスなので、この機会に申し込むのもおすすめです。 1位.ギガWi-Fi 画像引用元:公式サイト U2s U3 G4Max 月額料金 3,250円 3,480円 事務手数料 3,000円 端末代金 0円 最大通信速度 下り150Mbps/上り:50Mbps エリア ドコモ、au、ソフトバンク 契約期間/解約金 ~2年目:18,000円 3年目~:9,500円 データ容量無制限のポケットWiFiで、 業界最安クラスの月額料金で利用できるのが「ギガWi-Fi」です。 ギガWi-Fiは月額3,250円の格安料金で、無制限にインターネット接続し放題となっており、休日は1日中高画質の動画を観るのが趣味という方にもおすすめできます。 SIMカード不要の「クラウドポケット型」WiFiですので、エリアによってソフトバンク・ドコモ・auの3キャリアから、自動的に使える回線に切り替えてくれるので、ネットが繋がりにくいといったトラブルを解消できます。 また、別途900円からの日額料金が必要ですが、 海外134の国や地域でもギガWi-Fiを利用できますので、海外旅行用のWiFiルーターとしてもおすすめです。 ただし、契約期間は2年間の縛りがあり、更新月以外での解約では9,500円~の解約違約金が必要となる点には注意が必要です。 データ容量無制限で、大手3キャリアの回線に対応するポケットWiFiを利用したい方には「Mugen WiFi」がおすすめです。 ソフトバンク・ドコモ・auの3キャリアに対応したポケットWiFiを、速度制限なしのデータ容量無制限で利用できますので、PC・スマホでインターネットの利用頻度の高い方にもおすすめです。 月額料金の安いポケットWiFiはキャンペーンで期間中だけ安くなっているケースもありますが、 Mugen WiFiではずっと変わらない月額料金3,250円~なので安心できますね。 プランは2つあり、MUGENアドバンスプランでは翻訳機能と充電器機能がついています。 Mugen WiFiでは、 30日間以内の解約なら全額返金される「30日間おためし体験」も可能ですので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。 Mugen WiFiは24か月以内での解約の場合、端末を返却する必要があります。 データ容量無制限で、かつ、契約期間に縛りのない柔軟なポケットWiFiが「クラウドWiFi」です。 クラウドWiFiでは、SIMカードなしの「クラウドSIM」で、複数のキャリアの回線から最適な回線の電波を利用できます。 ですので、エリアによるキャリアとの相性を気にすることなく、いつでも快適なインターネット接続をデータ容量無制限で利用することが可能です。 別途日額料金が必要ですが、 世界135か国でのインターネット接続を利用できますので、海外旅行・出張の際にもクラウドWiFiを持っていけばスマホ・タブレットの利用も安心ですね。 クラウドWiFiの解約時にはWiFi端末を返却する必要があります。 紛失・故障などで返却できない場合、15,000円~25,000円の端末代金が発生してしまいますので注意しておきましょう。 【契約期間の縛りがない】ポケットWiFiのおすすめ3社 引っ越しなどで住環境が変わる可能性のある方や、常に最新の端末を利用したい方には契約期間に縛りのないポケットWiFiがおすすめです。 FUJI WiFiは契約期間の縛りがなく、短期間での利用でも解約違約金がかかりませんので、お試しでポケットWiFiを使ってみたい方や、光回線を引くまでの繋ぎにも便利です。 30ギガプランで月額3,100円からと最安のポケットWiFiではないものの、申し込み時にデポジット(5,000円)を預け入れる「デポコミコース」では、月額料金が500円割引になる特典があります。 また、1日あたりのデータ使用量に制限がありませんので、契約した月間のギガ容量を使い切るまでは柔軟にインターネット回線を利用できます。 FUJI WiFiを解約する際には端末の返却が必須です。 盗難・紛失・故障で返却できない場合、20,000円の機器損害金が発生しますので注意しておきましょう。 7月1日から7月31日まで「サマーキャンペーン2020」を実施しており、通常コースの申し込みで事務手数料が1,000円に、デポコミコースの申し込みで無料になります。 利用する場合は、申し込みの際にクーポンコード「2020S-JIMUWARI」を入力してください。 2位.どこよりもWiFi 画像引用元:公式サイト 月額料金 2,980円(20GB) 3,480円(50GB) 事務手数料 0円 端末代金 0円 最大通信速度 下り150Mbps/上り:50Mbps エリア ソフトバンク 契約期間の縛りがないポケットWiFiで、 業界最安値の月額料金で利用できるのが「どこよりもWiFi」です。 どこよりもWiFiの「しばりなし20GBプラン」は、月額料金2,980円と最安値になっており、解約時の違約金はもちろん、契約時の事務手数料も必要ありません。 20GBのデータ容量では物足りないイメージもありますが、丸1日業務でインターネットに接続しっぱなしという方でなければ、容量が足りなくなるケースも少ないでしょう。 50GBなら動画や音楽などもたっぷり楽しめます。 毎月の月額料金以外に費用が発生しませんので、できるだけ安く・手軽にポケットWiFiを使いたいという方におすすめできます。 どこよりもWiFiを解約する際には端末の返却が必要です。 端末の紛失・故障などで返却できない場合、18,000円の機器損害金が発生してしまいますので注意が必要です。 無制限のポケットWiFiランキングにも3位入賞した「クラウドWiFi」は、契約期間の縛りが無い点も大きなメリットです。 クラウドWiFiでは、 高画質動画を長時間見ても安心の無制限のポケットWiFiを、契約期間の縛りなしで気軽に利用することができます。 データ容量や契約期間に縛られずに、とにかくインターネットを快適に利用したいという方には、非常におすすめできるポケットWiFiと言って良いでしょう。 データ容量無制限でありながら、月額料金は3,380円と1位・2位の2社と大きな違いはありませんので、動画・音楽を自由に楽しみたい方にはクラウドWiFiがおすすめです。 クラウドWiFiも端末はレンタルですので、解約時には端末の返却が必須となる点は覚えておきましょう。 【通信量の制限がある】ポケットWiFiのおすすめ2社 通信量の制限があるポケットWiFiを選べば、毎月支払う月額料金を安く抑えられます。 1位.FUJI WiFi 画像引用元:公式サイト 通常コース デポコミコース 月額料金 30ギガ 3,100円 2,600円 50ギガ 3,400円 2,900円 100ギガ 4,400円 3,900円 事務手数料 3,000円 最大通信速度 下り150Mbps/上り:50Mbps 端末代金 0円 エリア ソフトバンク (30ギガプランならauやドコモも選べる) 契約期間/解約金 なし 最低利用期間1年/5,000円 30ギガプランで1年契約なら月額2,600円と、コストを抑えて利用できるポケットWiFiが「FUJI WiFi」です。 FUJI WiFiの1年プランは、契約時に5,000円のデポジットを預ける「デポコミコース」となっており、 縛りなしプランと比べて毎月500円安くポケットWiFiを利用できます。 預けたデポジットは1年間の契約満了時に返金され、2年目以降も毎月の割引料金はそのまま適用されますので、月額料金を抑えてポケットWiFiを利用したい方におすすめできますね。 通信量の制限があるとはいえ、たっぷり30GBを利用できますので、動画や音楽の視聴にも充分足りる通信量です。 ただし、1年以内に解約した場合、デポジットとして預けた5,000円は返金されませんので注意しておきましょう。 7月1日から7月31日まで「サマーキャンペーン2020」を実施しており、通常コースの申し込みで事務手数料が1,000円に、デポコミコースの申し込みで無料になります。 利用する場合は、申し込みの際にクーポンコード「2020S-JIMUWARI」を入力してください。 それがだいじWiFiでは、大容量の月間150GBプランを月額3,250円の定額で利用できますので、大容量の動画やストリーミングの音楽を、容量を気にせず楽しみたい方におすすめです。 ポケットWiFiでは、データ容量無制限でも3日間で10GBなど「3日間制限」が設定されているケースもあります。 それがだいじWiFiでは、 3日間制限なしに月間150GBを利用できますので、3日間制限のあるギガ無制限のポケットWiFiよりもデータ容量を多く使えますね。 【通信速度が速い】おすすめのポケットWiFi 仕事でインターネットを利用している方や、反応速度が必要なネットゲームをされる方には、通信速度の速いポケットWiFiがおすすめです。 ただし、最大1. 2Gbpsの通信速度が利用できるのは、最新端末「W06」で各種設定をオンにし、かつ有線で接続した場合となっており、現時点では首都圏を中心として一部エリアで提供されているサービスです。 とはいえ、 W06以外の端末を選択した場合も最大440Mbpsなど、クラウドSIMのポケットWiFiと比べて通信速度が速い端末が多くなっているのが特徴となっています。 契約から20日以内なら解約違約金なしでキャンセルできますので、自分の生活環境で電波状況にストレスなく利用できるかを実際に触って試してみるのも良いでしょう。 ポケットWiFiでは珍しく、 30,000円の高額キャッシュバックがもらえるのもポイントです。 キャッシュバックがなくてもよければ、月額料金が大幅に割引されるプランも選べます。 ですので、容量無制限でも実質月間100GBが上限となる点に注意しておきましょう。 まとめ ポケットWiFiを選ぶ際には、自分のライフスタイルやテーマに合わせて絞り込んで選ぶことが重要です。 インターネットの利用状況によって、ポケットWiFiに求める機能や契約内容は大きく変わります。 容量無制限だけは外せない• 契約期間に縛られたくない• 通信速度にこだわりたい テーマでポケットWiFiを絞り込んだら、その中からコストパフォーマンスに優れた会社を選択すれば、ポケットWiFi選びで後悔してしまうようなことはありません。 ポケットWiFiでは、違約金のかからない「おためし期間」が定められている会社もあります。 ポケットWi-Fi選びで迷っている方も、実際に利用してみて自分に合ったポケットWiFiを選ぶというのも良いでしょう。

次の