ワイン 開ける やつ。 ワインオープナーを使わずにワインを開ける 8つの方法

これで恥をかかなくてすむ!ワインを注文する際に絶対に知っておくべき「飲み方・選び方」の極意

ワイン 開ける やつ

コルクを中に押し込む ワインが噴き出した場合に備え、ボトルの口は人がいない方向に向けましょう。 片方の手でボトルを握り、もう一方の手でコルクがボトルの中に落ちるまでしっかり器具を押し込みます。 コルクが中に落ちるときに多少ワインがはね出ます。 前もって心の準備をしておきましょう。 X 出典文献• ワインを開けられるとはいえ、この方法だと大抵の場合、注いだときにグラスの中にコルク片が入ってしまいます。 ワインが少々飛び散っても簡単にふき取れる場所を選びます。 作業者は染みにならない服装をしましょう。 この方法は、中身が赤ワインの場合やよそゆきの服を着ているとき、あるいはカーペットの上で作業する際などには不向きです。 コルクを押し込むとき、ボトルの首にナプキンを巻きつけて固定させた方がうまくいく場合があります。 ナプキンの準備も忘れないようにしましょう。

次の

ワインオープナーを使わずにワインを開ける 8つの方法

ワイン 開ける やつ

ソムリエナイフを使ってワインコルクを開ける方法 もっとも正統派なワインオープナーで、ソムリエが使うことからソムリエナイフと呼ばれています。 取り扱いは難しいと思われていますが、ソムリエナイフの中にも初心者向け・上級者向けがありますので、まずは初心者向けのソムリエナイフではじめてみることがオススメです。 正統派!ソムリエナイフでワインを開ける手順• ナイフの部分でワインボトルのキャップカバーに切れ目を入れます。 このとき、切れ目を入れる場所はワインボトル出口の出っぱりが終わった部分です。 ボトルを回さないように、ナイフでキャップをくるっと切れ目を入れます。 ワインボトルを回さないのは、ワインボトルの底に溜まっている澱などがひろがるのを防ぐためです。 キャップカバーを切り取ります。 このキャップカバーを切り取るまでの動作をスピーディーかつエレガントに行うことができれば、ソムリエナイフの上級者といえます。 ソムリエナイフのスクリュー部分をワインコルクにさし込みます。 このとき、まずスクリューを横に寝かせた状態でワインコルクの中心に先端を刺し、その状態でスクリューを垂直にもどします。 ソムリエナイフの取っ手部分を回して、スクリューをワインコルクに対してまっすぐ垂直にさし込んでいきます。 このとき、スクリューがしっかりと中心を通っていると、スクリュー自体はコルクのやや横にずれているように見えますが、先端部分が中心にささっていれば問題ありません。 スクリューがコルクを突き抜けないあたりで止め、ソムリエナイフのレバーをボトルの口にひっかけます。 ソムリエナイフの取っ手部分を真上にゆっくりと引き上げると、テコの原理でコルクが引き抜かれてきます。 このとき、うまくいかない場合は、やや手前に引き上げるというイメージで行うとうまくいかもしれません。 ワインコルクが残り1cm以下まで引き抜けたら、あとは手を使って抜くと、きれいに抜けます。 ソムリエナイフにささっているワインコルクは、ソムリエナイフを固定してコルクを回すときれいに抜き取れます。 ダブルコルクスクリューを使ってワインコルクを開ける方法 スクリューをワインコルクにさし込み、上部の取っ手を回すことでコルクが上がってきます。 そのまま回し続けることで、簡単に抜くことができます。 重量感があり、安定しているので、昔からワインの抜栓に使われています。 レバー式(ウィング型)コルクスクリューを使ってワインコルクを開ける方法 スクリューをワインコルクにさし込み、上部の取っ手を回してある程度コルクを持ち上げた状態で、両側に開いたレバーを同時に引き下げることで抜栓できます。 スクリュープルを使ってワインコルクを開ける方法 ワイングラスの先端にセットし、レバーを回すことでスクリューがコルクの中に入っていきます。 そのままレバーを回し続けることで、コルクが引き上げられ、抜栓できます。 T字型コルクスクリューを使ってワインコルクを開ける方法 スクリューをワインコルクにさし込み、スクリューの螺旋部分が見えなくなったら、回転させながら力を入れてコルクを引き上げます。 最後、コルクを引き抜くときは、引き上げたコルク部分を手で持って引き抜くと安全です。 ワインオープナーを使わずにワインコルクを開ける方法 さて、ワインオープナーを使ったワインコルクの開け方は一通りご紹介しましたが、ワインオープナーが無い場合はどうしたらよいでしょう? シチュエーションとしては、『屋外でワインを飲もうと思ったが、ワインオープナーを忘れてしまった時』や『友人がワインを持ってきたが、普段はワインを飲まないからワインオープナーが無い』など、色々と思い浮かびます。 でも大丈夫!ワインオープナーが無くてもワインを開ける方法は、ちゃんと存在しています。 ワインボトルの底を靴に入れ、壁に連打してワインコルクを開ける方法 靴にワインボトルの底を入れて壁や木などに連打すると、キャビテーションと呼ばれる現象によって、コルクがじわじわと抜けてきます。 ある程度抜けたら、コルクを手でもって引きぬきましょう。 なお、靴はワイン底が割れないように守るためのものなので、靴のかわりに布などでも構いません。 キャンプやバーベーキューなど、野外でワインオープナーが無い時に重宝しそうな開け方です。 ネジとペンチを使ってワインコルクを開ける方法 ネジをワインオープナーのスクリューに見立ててワインコルクの中にさし込み、しっかりと引っ張れるほどになったらペンチを使ってネジごとワインコルクを引き抜きます。 なお、ペンチが無い場合はフォークの隙間にネジをはさんで引き抜くこともできます。 家庭でワインオープナーがないときに使えそうな方法です。 ナイフを使ってワインコルクを開ける方法 細長いナイフをワインコルクに突き刺し、ゆっくりと回転させることで抜栓することができます。 しかし、ワインコルクが割れてしまったりと難易度が高い上に、ナイフを使うので危険がともなうため、あまりオススメはできない方法です。 もし他に手段がなくてこの方法を行う場合は、ステーキナイフやバターナイフなど、怪我をする危険が少ないものを使うようにしてください。 コルクを瓶の中に落としてしまう方法 これは最終手段ですが、コルクを抜くのではなく、瓶の中に落としてしまうことで、ワインを飲むことは可能です。 ただし、ワインコルクの破片などがワインに混じってしまう場合もありますので、注意が必要です。 なお、仮にワインコルクの破片を飲み込んでしまっても、ほとんどの場合、人体に害はありません。 岩田さんのお店情報.

次の

【ソムリエが教える】赤ワインのおすすめ人気ランキング20選

ワイン 開ける やつ

ワインって、みんなで飲んでもけっこう残ってしまうことがありますよね。 残ったワインをどうするか、意外と迷ってしまうところ。 とりあえず栓をし直して冷蔵しても、何か飲むのは気がひける感じがして料理に使ったり、結局そのまま捨ててしまったり、、、している方も多いのでは? 「ワインは開けたらその日に飲みきらなきゃ」 とか、「開けてからも2,3日はおいしく飲めるよ」 とか、いろんな『説』を耳にしますが、それはきっと、『ワインは酸化によって変化しやすいよ』という知識をもとに、言われているのでしょう。 1週間経つとさすがに各要素が弱くなってしまったのがわかるレベルに。 さらに2週間後にはかなり単調な味わいに。 ただ、熟成感が現れ始めたり、渋味・酸味がさらにまろやかに感じたりして、落ち着いた味わいが楽しめました。 2週間後は逆転。 冷蔵保管がまだまだおいしく飲めるのに対して、常温保管のものは痛んでしまった印象を感じてしまいました。 もともとあったスパイスの香りも強くなってきた感じ。 酸味や渋味は少しまろやかになって飲みやすくなった印象。 果実味がやや弱くなった感じはあるけれど、変わらずおいしく飲める。 『1週間後』 味わいが変化したのがはっきりわかるレベルに。 香りや果実味が弱くなって、これまでより単調に感じるように。 ただ、渋味や酸味がよりまろやかに感じて、バランスも悪くない。 ワインのアルコール感や渋味、酸味が苦手な方は飲みやすく感じるかも。 『2週間後』 見た目にもけっこう変化、楽しめるレベルではないかも。 色がオレンジがかってきて、見た目でも変化がわかるレベルに。 果実味と香りの要素がガクンと弱くなった感じ。 酸化して痛んでしまったようなネガティブな香りはないので、飲めるには飲めるけれど、かなり単調な味わいに。 これまで少し強く感じた渋味や酸味がまろやかになって、果実味はより華やかに!全体のバランスがかなり良くなって飲みやすくなった感じも。 『2週間後』 全体的に少しスケールダウン。 落ち着いた味わいに。 果実味や香りの要素が落ちてきたけれど、新たにカシスリキュールのような香りや、シェリー酒のような熟成したニュアンスが現れてきた。 渋味や酸味の感じ方はまろやかで、ちょっと落ち着いた印象に。 これまでの華やかさはないけれど、これはこれで楽しめる。 【実験2 ワインの保管方法の違い】 ~カジュアルな赤ワイン~ カルロ ロッシ カリフォルニア レッド.

次の