天気の子 四葉。 【天気の子】四葉の登場はどこ?てっしー・さやか「君の名は」キャラのシーンまとめ

天気の子で三葉と瀧が結婚で店員?四葉や名取と勅使河原の登場シーンも

天気の子 四葉

「天気の子」で四葉が登場していたシーン 【 】 『君の名は』キャラ登場シーン! 青空見上げて歓声を上げる 女子高生3人組の手前 空を指差すツインテールの女の子が 宮水四葉です! — たこわさび r1ceomlet 「天気の子」で 四葉と思われる人物が登場していたのは、 「天気の子」の後半部分です。 東京の異常気象は続き、夏にもかかわらず気温がぐんぐんと低下して雪が降るほどの天候となっていました。 その異常気象を止めるには、伝説の晴れ女である陽菜が人柱になる必要がありました。 陽菜の意志とは関係なく、徐々に体が透明になっていく陽菜は、遂に人柱として完全に地上から姿を消してしまいます。 その代償に東京の異常気象は収まり、久しぶりの快晴となります。 空が晴れていくシーンでは、それを喜ぶ人々の姿が描写されます。 その一つに高校生の3人組が感嘆の声を上げるシーンがあります。 その 3人組の一番手前のツインテールの女の子が 四葉ではないかと言われています。 確かに「君の名は。 」の最後に映し出された四葉の成長した姿と、「天気の子」の女子高校生の外見が非常に似ています。 四葉であるということが明言されることはありませんが、 エンドロールには名前が明記されており、「君の名は。 」からの時間経過を考えると、恐らくその女の子が四葉で間違いないと思います。 は? 待って。 「君の名は。 」の舞台は2013年で、当時四葉は小学4年生でした。 「天気の子」は2021年の東京を舞台にしているので、四葉は高校3年生になっているはずです。 高校生として登場した四葉は、 青空を指差して「なんか涙出るね」と感慨を述べています。 たった一言だけですが、どれだけ人々が晴天を待ちわびていたのかが分かる 象徴的なセリフだと思います。 人柱となって犠牲になってしまった陽菜と、なにも知らず喜ぶ人々が対照的に描かれた印象的なシーンです。 瀧・三葉・テッシー・さやちんの登場時系列 「天気の子」には、ほかに「君の名は。 」の主要登場人物の立花瀧、宮水三葉、勅使河原克彦(テッシー)、名取早耶香(さやちん)の4人も登場しています。 ここでは、「天気の子」にどのような順番で4人が登場するのかを確認し、「君の名は。 」とのストーリーの時系列についても考察しています。 「天気の子」での登場シーンの時系列 テッシー(勅使河原克彦)とさやちん(名取早耶香)の登場シーン テッシーとさやちんは 物語の前半部分で登場します。 帆高は、祈ることで晴れ間をつくることのできる陽菜の力に注目し、晴れを提供する晴れ女サービスを始めます。 その最初の依頼がフリーマーケットでした。 半信半疑の依頼主をよそに、陽菜は見事に晴れにすることができます。 晴れになると、会場の人々の喜ぶ姿が映し出されます。 その中に、 観覧車から外を眺める二人が描かれています。 テッシーは晴れを観て「すっげー!」と、さやちんは「わあ、きれい」と声を上げています。 二人とも後ろ姿での登場なので分かりにくいですが、特徴のある姿なので気を付けて観ていれば気付けると思います。 瀧(立花瀧)の登場シーン 次に登場する瀧は、「新盆を晴れにしてほしい」と依頼してくる 立花冨美の孫として登場します。 瀧の登場シーンは比較的長く、セリフもいくつかあるので分かりやすいです。 三葉(宮水三葉)の登場シーン 最後に三葉もちらりと登場します。 三葉は、 帆高が指輪を買うジュエリーショップの店員として登場します。 分かりにくいのですが、名札にも 「Miyamizu」と記されています。 三葉は、指輪を買うも陽菜が喜ぶか不安に思っている帆高に「3時間も迷って選んだのですから、喜んでもらえますよ」と声をかけます。 「天気の子」と「君の名は。 」の時系列 「天気の子」には懐かしい人物が登場していますが、「君の名は。 」からどのくらいの時間が経っているのでしょうか。 「君の名は。 」の舞台は、主に 2013年の糸守と 2016年の東京です。 「天気の子」が 2021年を舞台にしているので、およそ 5~8年後と分かります。 ですので、「天気の子」では 三葉が 24~25歳、 瀧は 21~22歳ということになります。 気になるには、「君の名は。 」のラストで瀧と三葉は再会を果たしますが、「天気の子」はその再会前か再会後かというところです。 ここは意見の分かれる部分となっているようです。 判断が難しいところですが、 「君の名は。 」にちらりと登場する瀧のスケジュール帳の日付が2021年の12月でしたので、素直に考えれば再会前だと考えられます。 ただ、「天気の子」と「君の名は。 」を パラレルワールドとして解釈している人もいるようです。 スポンサーリンク まとめ 「天気の子」には、「君の名は。 」に登場した懐かしの人物が登場しています。 テッシー・さやちん、瀧、三葉、四葉の順に登場していますので、まだ見つけられていない人は登場順をヒントに探し出してみてください。 ぜひ、2作品の関係性も一緒に楽しんでいただけたらと思います。

次の

天気の子に瀧・三葉・四葉・テッシー&サヤちん(君の名は。キャラクター)が登場!物語の時系列や繋がりは?

天気の子 四葉

「天気の子」で四葉が登場していたシーン 【 】 『君の名は』キャラ登場シーン! 青空見上げて歓声を上げる 女子高生3人組の手前 空を指差すツインテールの女の子が 宮水四葉です! — たこわさび r1ceomlet 「天気の子」で 四葉と思われる人物が登場していたのは、 「天気の子」の後半部分です。 東京の異常気象は続き、夏にもかかわらず気温がぐんぐんと低下して雪が降るほどの天候となっていました。 その異常気象を止めるには、伝説の晴れ女である陽菜が人柱になる必要がありました。 陽菜の意志とは関係なく、徐々に体が透明になっていく陽菜は、遂に人柱として完全に地上から姿を消してしまいます。 その代償に東京の異常気象は収まり、久しぶりの快晴となります。 空が晴れていくシーンでは、それを喜ぶ人々の姿が描写されます。 その一つに高校生の3人組が感嘆の声を上げるシーンがあります。 その 3人組の一番手前のツインテールの女の子が 四葉ではないかと言われています。 確かに「君の名は。 」の最後に映し出された四葉の成長した姿と、「天気の子」の女子高校生の外見が非常に似ています。 四葉であるということが明言されることはありませんが、 エンドロールには名前が明記されており、「君の名は。 」からの時間経過を考えると、恐らくその女の子が四葉で間違いないと思います。 は? 待って。 「君の名は。 」の舞台は2013年で、当時四葉は小学4年生でした。 「天気の子」は2021年の東京を舞台にしているので、四葉は高校3年生になっているはずです。 高校生として登場した四葉は、 青空を指差して「なんか涙出るね」と感慨を述べています。 たった一言だけですが、どれだけ人々が晴天を待ちわびていたのかが分かる 象徴的なセリフだと思います。 人柱となって犠牲になってしまった陽菜と、なにも知らず喜ぶ人々が対照的に描かれた印象的なシーンです。 瀧・三葉・テッシー・さやちんの登場時系列 「天気の子」には、ほかに「君の名は。 」の主要登場人物の立花瀧、宮水三葉、勅使河原克彦(テッシー)、名取早耶香(さやちん)の4人も登場しています。 ここでは、「天気の子」にどのような順番で4人が登場するのかを確認し、「君の名は。 」とのストーリーの時系列についても考察しています。 「天気の子」での登場シーンの時系列 テッシー(勅使河原克彦)とさやちん(名取早耶香)の登場シーン テッシーとさやちんは 物語の前半部分で登場します。 帆高は、祈ることで晴れ間をつくることのできる陽菜の力に注目し、晴れを提供する晴れ女サービスを始めます。 その最初の依頼がフリーマーケットでした。 半信半疑の依頼主をよそに、陽菜は見事に晴れにすることができます。 晴れになると、会場の人々の喜ぶ姿が映し出されます。 その中に、 観覧車から外を眺める二人が描かれています。 テッシーは晴れを観て「すっげー!」と、さやちんは「わあ、きれい」と声を上げています。 二人とも後ろ姿での登場なので分かりにくいですが、特徴のある姿なので気を付けて観ていれば気付けると思います。 瀧(立花瀧)の登場シーン 次に登場する瀧は、「新盆を晴れにしてほしい」と依頼してくる 立花冨美の孫として登場します。 瀧の登場シーンは比較的長く、セリフもいくつかあるので分かりやすいです。 三葉(宮水三葉)の登場シーン 最後に三葉もちらりと登場します。 三葉は、 帆高が指輪を買うジュエリーショップの店員として登場します。 分かりにくいのですが、名札にも 「Miyamizu」と記されています。 三葉は、指輪を買うも陽菜が喜ぶか不安に思っている帆高に「3時間も迷って選んだのですから、喜んでもらえますよ」と声をかけます。 「天気の子」と「君の名は。 」の時系列 「天気の子」には懐かしい人物が登場していますが、「君の名は。 」からどのくらいの時間が経っているのでしょうか。 「君の名は。 」の舞台は、主に 2013年の糸守と 2016年の東京です。 「天気の子」が 2021年を舞台にしているので、およそ 5~8年後と分かります。 ですので、「天気の子」では 三葉が 24~25歳、 瀧は 21~22歳ということになります。 気になるには、「君の名は。 」のラストで瀧と三葉は再会を果たしますが、「天気の子」はその再会前か再会後かというところです。 ここは意見の分かれる部分となっているようです。 判断が難しいところですが、 「君の名は。 」にちらりと登場する瀧のスケジュール帳の日付が2021年の12月でしたので、素直に考えれば再会前だと考えられます。 ただ、「天気の子」と「君の名は。 」を パラレルワールドとして解釈している人もいるようです。 スポンサーリンク まとめ 「天気の子」には、「君の名は。 」に登場した懐かしの人物が登場しています。 テッシー・さやちん、瀧、三葉、四葉の順に登場していますので、まだ見つけられていない人は登場順をヒントに探し出してみてください。 ぜひ、2作品の関係性も一緒に楽しんでいただけたらと思います。

次の

天気の子の四葉のセリフや画像は?登場シーンはどこ!年齢はいくつ?

天気の子 四葉

【天気の子】君の名はキャラクター登場シーンはどこ? 四葉(よつは)は空を指指している高校生として登場 まずは一番話題になっている四葉について。 四葉は、陽菜が人柱となった後、晴れ間が広がったのを学校で友達と共に空を指さしています。 一番左のツインテ少女が四葉です。 ちなみにツインテ高校生の四葉はこんな感じ。 ツインテJK四葉たまらん! — まな bokyuikitekenai 四葉は瀧くんや三葉に比べて見つけるのが難しかったです。 しかし高校生になった四葉が登場すると、なんだか自分の妹が大きくなったかのような違った感動をしてしまいますね・・・(笑) テッシーとさやちんはフリーマーケットの観覧車で登場 そしてテッシーとさやちんです。 勅使河原夫妻が後ろ姿で映った気がするけど、もう一回見ないとわかんない。 陽菜が祈りによってフリーマーケット会場を晴れさせるのですが、 この場面でテッシーとさやちんが観覧車に乗っているところが後ろ姿のみ登場します。 この2人までもが登場したのは驚きでした。 君の名はファンならこの2人が見れる幸せが分かると思いますので、ぜひ登場シーンに注目してみて下さい! 瀧は依頼人の立花富美おばあちゃんの家で登場 瀧くんは隠す気もなくもうガッツリ登場していましたね! 陽菜の天気ビジネスの依頼人で、旦那の初盆の晴れを願う立花富美おばあちゃん。 その立花富美さんの家を訪れた際に、立花富美さん孫として瀧くんも登場しました。 背丈も顔つきもぐっと大人びて落ち着いた青年となっていましたね。 おばあちゃんの家の奥から登場するんですが、顔だけ隠れた状態でいかにもこの人の顔は重要だから注意してみてね~といった感じで登場します。 おかげで、おっこれってもしかして?と思った人も多かったと思います(笑) そして瀧君と帆高は縁側に座って2人で会話をします。 「もうすぐ陽菜の誕生日だ!」と思い出す帆高に、「じゃあプレゼントしないとな」と優しくアドバイスする瀧君。 「君の名は主人公の瀧君」と、「天気の子主人公の帆高」が語り合うこのシーンは、あの頼りなかった瀧君が落ち着いたお兄ちゃんの年になったんだなあ。 という時の流れを感じて感慨深い思いを抱いた方も多かったのではないでしょうか。 三葉は帆高が指輪を買った店の店員として登場 そして最後に三葉ですが、 帆高が陽菜へのプレゼントとして指輪を買ったシーンのショップ店員として登場します。 場所は新宿ルミネのアクセサリーショップで、最初は謎の店員の後ろ姿ごしに帆高が映しだされているのですが、その髪にはあの赤い組紐が・・・! これだけで視聴者のテンションは急上昇ですが、正面が映った店員の胸のネームプレートには「Miyamizu」の文字。 新海誠監督は「君の名は。 」以降のインタビューで三葉は服飾関係の仕事をしている可能性を示唆していたのですが、しっかり回収してきましたね。 陽菜へのプレゼントを迷いに迷って決めた指輪に対して三葉へ尋ねる帆高。 帆高「あの、こういうのもらって嬉しいと思いますか・・・?」 三葉「キミここで3時間も迷っていたんだもの。 三葉も誰かを優しく勇気づける大人の女性になったんだなあ・・・と感じるシーンでした。 それにしても瀧君のアドバイスでプレゼントを買いにいった先で三葉に会うなんて、これまた運命を感じてしまいますよね! ここで気になるのがこの時、瀧君と三葉はどういう関係なのか、ですが「君の名は。 」ラストシーンが2021年春で、天気の子は2021年夏なので2人はあの再開シーンの後ということになります。 この辺の時系列は別記事でも詳しく解説しています。

次の