九品寺 ホテル。 【九品寺】アクセス・営業時間・料金情報

Top 10 Hotels Closest to Kuhonji Temple in Yokohama (from ¥4,727/night)

九品寺 ホテル

浄土宗の一寺、 山号は戒那山、創建は奈良時代、開基は伝行基、本尊は阿弥陀如来像。 文化財は国重文木造阿弥陀如来坐像を有す... 寺名の九品は人間の品格は上品、中品、下品とあり、またこれらがそれぞれ上中下の3つに別れ全部で9つの品があるところから九品といわれ、それが寺の名になりました。 門を入ってすぐ左に十徳園という池泉回遊式庭園があり、整理が行き届いており、花が無い今でもきれいです。 石段を登ると本堂、地蔵堂があり、更に上の方へ登って行くと千体地蔵と呼ばれる石仏が鎮座していて圧倒されます。 また西国33ケ所巡りの地蔵が立ち並び、ミニ巡りになっています。 その三叉路を西へ曲がると九品寺... への参道です。 白洲正子は「かくれ里」で「街道(横大路)といっても、ようやく車が通れるほどのせまい道で、往来のはげしい国道から、人けのない田圃道に入ると、急に古代の世界へ連れ戻されたような心地がする」と記していますが、道路の形態が変わっても概ね風景に変化は無いだろうと思います。 彼女は、ここに泊まることで葛城と大和三山から多武峰、吉野を囲む箱庭のような眺めに「葛城一族が大和に君臨したのも、この様な眺望にふれると合点がいく」とインスピレーションを感じている。 浄土宗の古刹で、「石仏の寺」の異名がある。 奈良時代、聖武天皇の勅により行基が開基した寺で、山門前の手入れの行き届いた庭園と山門そして本堂へと続く渡り廊下のような設えは威風をも感じさせられます。 山内には千体以上と云われる石仏がある。 観光バスでも入れば**トラベルのバスで溢れかえるだろう。

次の

ホテル コルトン

九品寺 ホテル

浄土宗の一寺、 山号は戒那山、創建は奈良時代、開基は伝行基、本尊は阿弥陀如来像。 文化財は国重文木造阿弥陀如来坐像を有す... 寺名の九品は人間の品格は上品、中品、下品とあり、またこれらがそれぞれ上中下の3つに別れ全部で9つの品があるところから九品といわれ、それが寺の名になりました。 門を入ってすぐ左に十徳園という池泉回遊式庭園があり、整理が行き届いており、花が無い今でもきれいです。 石段を登ると本堂、地蔵堂があり、更に上の方へ登って行くと千体地蔵と呼ばれる石仏が鎮座していて圧倒されます。 また西国33ケ所巡りの地蔵が立ち並び、ミニ巡りになっています。 その三叉路を西へ曲がると九品寺... への参道です。 白洲正子は「かくれ里」で「街道(横大路)といっても、ようやく車が通れるほどのせまい道で、往来のはげしい国道から、人けのない田圃道に入ると、急に古代の世界へ連れ戻されたような心地がする」と記していますが、道路の形態が変わっても概ね風景に変化は無いだろうと思います。 彼女は、ここに泊まることで葛城と大和三山から多武峰、吉野を囲む箱庭のような眺めに「葛城一族が大和に君臨したのも、この様な眺望にふれると合点がいく」とインスピレーションを感じている。 浄土宗の古刹で、「石仏の寺」の異名がある。 奈良時代、聖武天皇の勅により行基が開基した寺で、山門前の手入れの行き届いた庭園と山門そして本堂へと続く渡り廊下のような設えは威風をも感じさせられます。 山内には千体以上と云われる石仏がある。 観光バスでも入れば**トラベルのバスで溢れかえるだろう。

次の

ホテルメルヘン(熊本市中央区九品寺)|エキテン

九品寺 ホテル

九品寺 鎌倉攻めの犠牲者を弔う、新田義貞ゆかりの寺 材木座の住宅街は昔ながらの海街の良い雰囲気が漂う地域。 海から近いのでサーフボードを抱えた人とすれ違うことも珍しくありません。 このあたりを通過する時いつも思うのは、海が生活の一部に溶け込んでいるということ。 かつて鎌倉に攻め込んだ新田義貞もこの「海」によってその成果を挙げたのだと伝説が残ります。 三方を山に囲まれた鎌倉に攻め入ることができなかった義貞は海からの侵入を試みます。 海は義貞に味方したのかついに新田軍は鎌倉へ侵攻し、北条一族を東勝寺での自害に追い込むという事実上の鎌倉幕府の滅亡を迎えました。 九品寺はそんな激闘の鎌倉攻めにおける両軍の犠牲者を弔うために、1336年(建武3年)新田義貞が建てた浄土宗の寺院です。 九品寺の建つ地は鎌倉攻めの際に、義貞が本陣を構えた地でもあります。 開山は風航順西(ふうこうじゅんさい)を京都から招き、山号は内裏山(だいりさん)といいます。 ちなみに現在の九品寺の山門に掲げられた「内裏山」の文字は義貞の直筆と伝わっているものです。 山門をくぐって歩みを進めると、まっすぐ伸びる参道の先に立派な本堂があります。 境内は狭いながらも本堂前には雰囲気のある緑が植えられ、よくお手入れされていてとても綺麗です。 どこか海の雰囲気を感じるのは潮風のせいでしょうか。 春には参道のナニワイバラの白い花がいっぱいになり、夏には本堂前のノウゼンカズラの朱色が青空のもとによく映えます。 本堂は1923年の関東大震災で全壊しているのでそれ以降に再建されたものとなっています。 ご本尊は阿弥陀三尊で、阿弥陀如来の左脇侍である観音菩薩は鎌倉三十三観音の札所となっています。 ちなみに寺名の「九品」とは、極楽往生するときの9つの階級(上品・中品・下品をさらにそれぞれ上生・中生・下生に分けた9段階の区分)を表しています。 私たちが普段使う上品、下品という言葉は読み方は違いますが実はこの九品に由来しています。 鎌倉駅から徒歩では約20分。 拝観時間 9:00〜16:00 休日 ー 拝観料 無料 TEL 0467-22-3404 URL ー 駐車場 数台あり。 駐輪場 駐車場に停めることが出来ます。 撮影 撮影可能。 ペット ー.

次の