ゲルゲ 現在。 職人和田(ワダゲルゲ)のジギング日記

グロンギ族

ゲルゲ 現在

>>>>>ハッピーキャット センシティブ ビオ ゲフルーゲル オーガニックチキン グルテンフリー 全猫種 成猫用 300g 【ハッピーキャット センシティブ ビオ ゲフルーゲル オーガニックチキン グルテンフリー 全猫種 成猫用の商品詳細】 トウモロコシ・魚は不使用、動物性タンパク質は1種類のみ、特にデリケートな愛猫におすすめのグルテンフリーのキャットフードです。 オーガニックチキンに、グルテンフリーのお米とポテト、りんごなどの厳選したナチュラル食材、体の機能を整える各種ハーブやビタミン、ミネラルをバランス良く配合した抜群に美味しいレシピで、グルメな愛猫も大満足の美味しさです。 新鮮で健康的なオーガニックチキンは、脂肪分控えめで消化しやすく、おなかの弱い愛猫にも安心です。 バランス良く配合されたオメガ3、オメガ6脂肪酸が、健康で艶やかな皮膚と被毛を保ちます。 ミネラル成分を調整することで尿石の形成抑制に配慮し、ヘアボールコントロールに天然の食物繊維を配合するなど、愛猫の毎日の健康ケアに適しています。 また、健康な身体作りに欠かせない必須アミノ酸タウリンを1000mg/kg配合。 ユッカシジゲラを配合し、排泄物の臭い軽減にも配慮しています。 【使用方法】 ・パッケージ記載の給与量を目安にしてください。 ・いつでも新鮮な水が飲めるようにしておいてください。 ・給与回数は、1日に2回が一般的です。 ・フードの切り替えは、現在の食事に当製品を少しずつ増量し、約7日間を目安に切り替えてください。 2% 、亜麻仁 0. 04% 、チコリの根 0. 0%、粗脂肪 18. 0%、粗繊維 3. 0%、粗灰分 6. 5%、粗炭水化物 33. 5%、カルシウム 1. 30%、リン 0. 80%、カリウム 0. 95%、ナトリウム 0. 45%、マグネシウム 0. 06%、オメガ6脂肪酸 2. 80%、オメガ3脂肪酸 0. 30%、水分 9. 00% ・代謝エネルギー:375. 2% 、亜麻仁 0. 04% 、チコリの根 0. 0%、粗脂肪 18. 0%、粗繊維 3. 0%、粗灰分 6. 5%、粗炭水化物 33. 5%、カルシウム 1. 30%、リン 0. 80%、カリウム 0. 95%、ナトリウム 0. 45%、マグネシウム 0. 06%、オメガ6脂肪酸 2. 80%、オメガ3脂肪酸 0. 30%、水分 9. 00% ・代謝エネルギー:375. 3kcaL/100g 【注意事項】 ・ハッピーキャットは、合成保存料は無添加です。 高温多湿、直射日光を避け、涼しい場所での保管をお願いします。 ・開封後は賞味期限に関わらず、なるべくお早めにご使用ください。 ・本品は猫専用フードです。 誤食防止のため、小児の手の届かない場所に保管してください。 ・本品は自然素材を使用しておりますので、原材料の産地や収穫時期等により、粒の見た目や大きさに若干差がある場合がありますが、品質上問題はありません。 ・開封後は虫が入らないように、しっかりと密封して下さい。 【原産国】 ドイツ 【ブランド】 【発売元、製造元、輸入元又は販売元】 ワールドプレミアム こちらの商品は、ペット用の商品です。 リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。 予めご了承ください。

次の

うどんゲルゲとは (ウドンゲルゲとは) [単語記事]

ゲルゲ 現在

上の画像の記事。 179 JURY 2002 号に掲載の「N. O 4 LIFE」の書き出しはこうだ。 「あの頃、PUNKが半ズボンを履くだなんて思ってもみなかった。 」 当時、中学生だった私もそうだ。 ホント思ってもみなかった。 今思えば「変な時代」だった。 あくまでも「今思えば」だ。 この単語が実際存在している単語なのか、ただの造語なのかは知らない。 しかし、非常に的を得てる単語だと思う。 後に「PUNK」へと進化していくこのリバイバルは、MID 80'sに暴発する。 PUNKのフィルターを通す事で、 なんでもかんでも全てオーライな不思議なトライブを産み落とした。 あの時代、確かに「50's」が身近に溢れてたんだ。 地元のジーパン屋でもボーリングシャツやプリントシャツなどのオープンシャツ。 不良学生服の元ネタも当時は気付かなかったが、元ネタは全て50'sだ。 実際、学生服屋に行けばアニマル柄、細いベルト、エナメル等…。 今の私なら、間違いなく爆買いしてる 笑。 ただ…原宿〜地方というちょっと間違ったフィルターを通してるんでチョイスは慎重 笑。 原宿…。 2年前あたりかなぁ〜。 KEVIN ROWLANDさんがイメチェンしたのに気付いたのって。 まぁ〜別にイメチェンした訳じゃないんだろうけど 笑 ここ最近のKEVIN ROWLANDさんは、やたらと恰好いい! 私が求める感覚ってこんな感じ。 だけど、強烈にプンプン臭ってくる大英帝国感。 加えて、21世紀にバリバリ対応なレトロ感。 現代におけるロックンロールの根本って、そのレトロフューチャーな最新型感だ。 1月に渡英した際、ちょっと期待してたんだ…。 次がないかも知れないんで、 あらゆる英国ユースカルチャーを体感してやろうと、片っ端から節操なく飛び込んでいった。 でも、そういう臭いを感じられたのは CAMDEN TOWNのTIME TUNNEL VINTAGEだけだった。 まぁ〜探せばいくらでもあるんだろうけど、 この度は見付け出す事も触れる事もなかった…。 2年前辺りから人知れず っつうか誰も気付いてくれないwww こんな世界観を意識し表現してきたけど帰国後、 「これから暫くは、こういう英国感をより一層極めていく作業に取り掛かかろう」 …と言っても、服着るだけなんだけど 笑。 そんな事頭の中で思いつつ、また再度ロンドンの地を踏む事を夢見つつ、 スラックスなんか引っ張り出してる今日この頃でございます 笑。 それにしても、このPVは正にその理想の世界。 でも勘違いなさらないように。 ロックンロールゲルゲでは、このような感覚の方を常に募集しております。 おしまい。 今日は、 1990年6月4日に交通事故で亡くなられた STIV BATORSの二十五回忌。 40歳で亡くなられたんだ…。 そう考えると、俺は無駄に長生きし過ぎだな…。 故人を偲ぶ意味も込めて御紹介。 1991年、 HARUHIKO ASH THE ZOLGE 主催の STIV BATORS追悼イベント「BATORS A GO-GO」より。 故 冴島奈緒 当時人気AV女優 & HARUHIKO ASHによる、 全曲 STIV BATORSがカヴァーした曲のコピバン「 BONDAGE TWINS」。 今観ても画期的だ。 こんなBAND…今後出現する事ねぇ〜だろうなぁ〜 寂。 ロックンロールゲルゲでは、このような感覚の方を常に募集しております。 おしまい。 来たる10月25日に開催する 「大人労働カイカン」。 このイベントの趣旨は また別の機会にするとして、 主催者 並びに関係者と話してて想い感じた事。 それは、 「あぁ〜、もう振り返っちゃう年齢なんだぁ〜。 」って事。 当時、いろんな嫌な諸事情から、高校卒業と同時に実家を飛び出したアタシ。 どうしようもないんで、社員寮付きの会社に潜り込んだのだった。 まぁ〜今の子じゃ分かんない感覚だろうけど、 ことPUNKには生真面目なアタシ。 日々働きながら、 「こんな社会のシステムに呑み込まれて、自立してるっつっても社員寮!? こんなの全然アナーキーじゃねぇし、PUNKじゃねぇーぜっ!! 」 と、勝手に人生の転機を決め、 「8月の19歳の誕生日を境にロカビリーになるっ!! 」 と勝手に誓い、見事にロカビリーに変身したのだった。 その時の愛用品が LA ROCKA! と JOHNSON'S。 もう四半世紀以上前のアイテムだが、 21世紀の現在も 我が家には こんだけ生き残っている。 また最近、ちょこちょこと着用しているが こんな恰好で街をうろついてたのって21歳位までの約2年間位。 こんな恰好で ぶらついてなきゃ 知り合わなかった奴なんて沢山いるだろうし、 臭い台詞を堂々と胸張って言わせてもらうと 「この時代があったからこそ今がある 笑。 」 と言っても、 今も そのまんまって言えば そのまんまなんだけど 笑。 ロックンロールゲルゲでは、このような感覚の方を常に募集しております。 おしまい。 このコーナーも記念すべき10回目。 って事で節目らしく、 今回は「三種の神器」の1つ、ラバーソールだっ!! 今だ行った事のない「倫敦」という憧れの土地の匂いをこれ程までに漂わせ、 思いっきり甘酸っぱい気持ちにさせてくれる「靴」も他にないだろう。 「 正式名称は「ブローセルクリーパーズ」といい「売春宿をコソコソ歩く」という意味を持ち1949年に…」 …なんつうウンチクなんかは、21世紀の現代では私的にはどうでもいい。 そんな事より、 コチラの書籍で紹介されている梅宮辰夫氏のインタビューで、 「 僕等は関東ヤクザも知っててね、あの頃のファッションと言えば ラバーソールと言ってね、知らないだろ皆。 靴の底がね生ゴムで出来てるの。 」 と言った発言や、 実家の友人、O氏の亡くなられた父ちゃん 某指定暴力団幹部 が、 私の履いてたウェスタンバックルのALASKA 黒レザー を見て 「 懐かしいのぉ〜、わしも昔流行っとって履いとったわ。 」 と言ったエピソードの方が100000000倍は重要なのだっ!! 私が初めてラバーを買ったのは、高校卒業後の5月か6月。 今紹介した ROBOTのウェスタンバックルの ALASKAで、下の画像とは違う黒レザー。 京都にあったコクーンってお店で通信販売で入手。 当時の値段で34800円っ!! 嬉しかったなぁ〜、靴買ってあんなに嬉しかったのってあの時だけだなぁ〜。 嬉しくて通勤時も履いてた位なのだが、 普通に歩いててもパカパカとサンダル状態になる為、 バックル穴キツキツに締めて履いてた。 しかし、なんの効果もなく 笑 気にせず履き続けてたのだが、 経年劣化で、右足のバックルの付け根が裂けてきて泣く泣く処分 涙。 その経験から以来、バックル物のラバーは買わなくなった。 そんな話はどうでもいいか 笑。 つう事で、我が家に生き残ったラバー君達を紹介。 人生2足目のラバーが BUXTON。 実はコレ4代目 笑。 最初がロボットの6番ソールゴールドチェーン、 2代目がジョージコックスの6番ソールシルバーチェーン。 そして3代目がエアーソールのBUXTON。 初代は実家の友人オサムに、2代目は当時の職場の後輩沖本にそれぞれ売って、 3代目は実家の友人エージ所有のクリームソーダのローファーとトレード。 で、現在あるのが666別注の5番ソールが激渋のコチラ。 足入れが良過ぎて、ジャストサイズでもキツキツサイズでも、ほぼサンダル状態 笑。 でもデザインだけは最高ぉーの、憎みきれないロクデナシ 笑。 STRAY CATSが1988年再結成し、 再結成後の初来日で、 ブライアンがこのバッタもんをステージで履いてるのを観て、 飛びついたロカビリーズも多いはず。 そんなアタシも確実にその1人です 笑。 我が家に唯一残った ROBOTの LEOPARD。 「トンガリラバーはDリングじゃないといかんっ!! 」 という頑なな私的ルールがある。 昔は当たり前にあったのにねぇ〜。 20代半ば、ラバーソールが完全死滅してた あの時代。 全国のそれ系ショップに 片っ端から電話を掛け GOLDEN YEARSで やっと見つけた 4410。 冠婚葬祭にはもってこい。 上品さと気品溢れるブラックレザーの DACEっ!! こっから、 3588 GIBSON TYPE。 基本中の基本。 RUDE BOYなアナタから、イカ天ホコ天なアナタにまで愛される ホワイトレザー。 どんなパンクファッションにも無条件にはまる。 パンクアティチュード全開な、お気に入りの 赤スエード。 ロンドンからアメリカ南部への返答。 絶対踏ませないブルースエードシューズ。 どうでもいい話だが、 「40代に突入したら今まで避けてたピンクを身に着けよう!! 」 と勝手に誓い、その第一弾として39歳の誕生日に購入。 お気に入り過ぎてスーパーお出掛け用 笑。 でも、スーパー マーケットではない な お出掛けがない為 中々出動機会のない ベビーピンク。 黒スエードは、実は2代目。 初代はROBOTのゴールドDリング。 そして今回、ラバーソールを紹介するきっかけってのがコレ。 「近々、またジョージコックスが値上げをするらしい」 という情報を聞き付け、加えて消費税の引き上げ。 もうラバーなんて買えなくなる時代が、すぐそこまで来ているっ!! しかも666別注の5番ソールの黒スエードも、もう666では扱ってないっ!! ネットで探し回して、やっと発見。 頭金なしの漢の10回ローンで慌てて購入っ!! 10ヶ月という重みと共に、これから1番思い入れが付くラバーになる事だろう。 と、まぁ手持ちのラバーを紹介した訳だが、もういらない 笑。 なぜなら、置き場がないから 笑。 ティーンネイジャーのロックンロール離れが囁かれる昨今。 先にも書いたが、またラバーソール値上げ…。 こんな事からも、 「ロックンロール消滅ってのが加速していくのでは?」 なんて思うのは、ちょっと考え過ぎか? でも靴1足、中々買えないなんて…。 これからロックンローラーになろうってティーンネイジャーは大変だ。 ロックンロールの未来を想うと、暗くなるばかりなのである…。 ロックンロールゲルゲでは、このような感覚の方を常に募集しております。 おしまい。 この度の葬儀で、 25年ぶり位に電話で話した、 TOKYO在住の 鼻が丸くて、顔も丸い、 最近じゃすっかりメタボで体も丸い 中年のポコチンオヤジから、こんな懐かしい画像が送られてきた。 17〜18歳位か? 「 TEENNAGERなんてのは、悪ぶってなんぼ」とはいえ、 今じゃ、こんな 田舎モン丸出しの PUNKSは居ませんね 笑。 でも、「 恥ずかしい過去」とは思ってないよ 笑。 10代の頃から、 好みのお洋服、好みの音楽、好みの文化、 ってのは、ずーっと一緒だから。 大まかにジャンル分けすると、 「ブーツに革ジャン、バイクにロックンロールwww」 ってのが、私の永久基本ライン 笑。 大体そんな感じですっ 笑!! あと数年で50歳を迎える訳だが・・・ まぁ〜、このまんまだろうな 笑。 ロックンロールゲルゲでは、このような感覚の方を常に募集しております(笑) おしまい。 やばい事に、人生何度目かの「DAMNEDの病」に襲われている。 この重い病は、 家の近所の高橋医院で診察してもらっても 原因なんか分かるはずもなく、 完治することなどない、非常に面倒で厄介な病なのである。 この病にかかったら素直に諦めて、 ひたすら「ダム道」を、気が済むまで突き進むしかないのだ。 (同様に「スキンヘッ道」というのもあるが、また今度。 ) そんな病にかかってる私の脳内BGMはこんな感じ・・・。 まずは、問答無用の名曲中の名曲から!! 歌詞の内容はさっぱりだが、 ディスコティック感全くゼロのディスコマン!! DAMNEDのスピード・ナンバーはどれもかっちょいいっ!! 復活DISCHARGEの「You Deserve Me 」もそうだが、 唄のバックに変な刻みのギターが乗っかると 無条件に「OK」と認めてしまうのは、私だけじゃないはずだっ!! 私が19歳〜20歳の頃に友人宅で観た、 アメリカLIVEの白黒映像のVIDEO。 そのVIDEOに収録されており一発で惚れちゃった曲。 THE WILLARDのカヴァーで知ったのが最初。 この原曲聴いた時、あまりのかっちょ良さに2000000回位リピートして聴いた。 正確にいうと、カヴァーのカヴァー。 和訳ってのを最近観て歌詞の内容を知ったのだが、 余りに下らな過ぎて、 骨がジャリジャリになる位、腰から砕けた。 もう、間奏に尽きます!! DAVEさんが散々アジった後にくる大爆発、 その後に静かにやってくる、美しくも毒のあるオルガンのメロディ。 この世にある「間奏」で一番好きかも…と、今現在は思っている。 楽曲の全てが最高っ!! 「隙がない」というよりは「隙間がない」って感じ。 めくるめく曲展開と重圧なアレンジ。 この曲の、作曲&レコーディング作業って楽しかったんだろうなぁ〜。 なんだかんだ言っても、 (DAVEさんのエナメルパンツも含めて。 ) この「 Final Damnation 」のヴァージョンが一番かっちょいいっ!! やっぱねぇ〜、私等世代ってのは丁度「初来日」ってのもあって、 THE DAMNEDって言ったらこのイメージなんっすよ!! この曲がカヴァーって知った時は正直驚いた。 余りにもDAMNED DAMNEDした曲だと思ってたから…。 もうキリがないから最後。 私事で、あんな事情、そんな事情、こんな事情が全て一度にやって来て 今現在も全く身動き取れず 現在無期限活動停止中のロックンロールゲルゲですが、 イベント終了時はいつもこの曲で幕を閉めております。 少しはスッキリしたかな 笑。 いつも思うんだが、 こういう世界感ってのは、日本人の私達には全く根っこにない感性なんだと想う。 60年代ロンドンで発生した「British Invasion」ってヤツが ヨーロッパ、アメリカと世界中に飛び火し、 「GARAGE PUNK」となってロンドンに舞い戻って来た。 お土産に「Detroit Music」や「Psychedelic」なんかを一緒にくっ付けてね。 それに「Swinging London」「GLAM ROCK]なんかの独自文化と、 古来からの英国土着文化、 そして中世ヨーロッパ文化への傾倒などが 「PUNK]というフィルターを通し完成された感性なのではないか? などと、私は勝手に思っている。 「憧れ」というのは、 自分自身に全く持ち合わせていないモノだから 憧れられるもんだと思う。 全く説明不足で申し訳ないが、 「THE DAMNED」というBANDは私にとって、 そういう存在なのである。 1920年代〜30年代… 世界大恐慌の時代… アメリカ深南部、 ミシシッピ川流域の綿花畑で働く、黒人の農民達。 奴隷制度からは解放されたとはいえ、 白人の農場主達は、相変わらず黒人達を奴隷同然に「所有」していた。 過酷な労働に見合わない賃金。 先の見えない未来と、背負って生まれた希望の持てない運命。 そんな彼等だが、 土曜の夜だけは現実を忘れさせてくれる場所があった。 自分が、ただの農民 奴隷)であるって事を忘れ、 この時だけは何者かを気取り、目一杯お洒落して出かける場所。 JUKE JOINTである。 アルコールとギャンブル… そして、音楽と踊りで溢れかえる… 田舎の荒野にポツンと建つ、掘っ建て小屋のCLUB。 誰もが土曜の夜だけは別世界に誘われた。 深南部の黒人のルールが、完全に書き換えられた夢の世界に… 多少フトコロに余裕があれば、好みも女を引っ掛ける事も出来たし、 トランプで小遣いも稼げた。 しかし、夢の世界は「楽しみ」と「トラブル」を等分にもたらす。 楽しい時間は往々にして高くつくってのが世の常。 (笑) トランプ詐欺師は相手をペテンにかけ、 過酷な労働で稼いだ僅かな給料を丸ごと吐き出さし、 また、 女にちょっかいを出された男は嫉妬心にかられた。 酒で勢いのついた頃には拍車が掛かりまくり、 ナイフや銃が持ち出され、 時には冷酷非情な殺人に発展する事もあった。 それもこれも「夢の世界」と引き換え故に… そしてまた、月曜日の朝を迎えのである。 そんな希望の持てない 「奴隷」の世界から抜け出そうとした奴等がいた。 逃亡、反乱、反逆を企てる奴等… しかし、そうした奴等は 農場主の白人にとって 「好ましくない」という理由だけで 悪名高い、 ミシシッピ州パーチマンにある州刑務所、 PARCHIMASN FIRMにぶち込まれたのである。 PARCHIMASN FIRMには、 JUKE JOINTで、1度だけ常識のラインを超え犯罪を犯した 黒人の囚人も数多く収容されていた。 そして、 PARCHIMASN FIRMにはBLUESMANも多く収容された。 (有色人種差別法?)によって、 定職についていない黒人は、それだけで犯罪者とみなされたからである。 住居など持たず、街から街へ流れ歩くBLUESMAN達。 平日の白昼にギターを抱えてぶらついてる姿は、 犯罪者が犯罪を犯してるのと同じという事なのである。 PARCHIMAN FIRMでの、 過酷な経験をそのまま唄にした者も数多くいる。 BLUESMANの多くは、 そんな希望の持てない運命から逃亡したOUTLAW達で、 親が歩んだ道を受け入れず 「何が嫌か」って事がはっきりと分かっていたのである。 どのBLUES関係の書籍を見てみても、 BLUESMANこそ、 元祖サブカルチャーであり、 元祖カウンターカルチャーだと記されている。 少しは「BLUES」っていうのを、噛じってみてもいいんじゃない? そしてJUKE JOINTへ行く気分で、夜の街へ繰り出そうぜぃ!! (目一杯、お洒落してねwww) まぁ、そうは言ってもオイラは性格上BLUESMANには絶対なれないけどねぇ〜(笑) だってよぉ〜、 ゆっくり睡眠だってとりてぇし、風呂も毎日入りてぇし、 自分の部屋だって欲しいし、飯もちゃんと食いてぇし、 バイクも乗りてぇから手放したくねぇし、 車は持ってねぇけどその内欲しいし、 やっぱ、 不潔なの嫌だし、臭いのも嫌だし、 疲れるの嫌だし、痛い目見るのも嫌だし、 犯罪とか巻き込まれたくねぇし、 パクられんの嫌だし、 大体、面倒臭いの大嫌いだし…etc etc etc でも、まぁ〜… そんな憧れ持ってもいいじゃない!! まずは テンプル騎士団のお話から…。 テンプル騎士団は、聖地エルサレムを守り エルサレムへの巡礼者を保護する為に設立された。 テンプル騎士団は世界初の銀行システムを作った。 それは、何かと危険の多い巡礼の長旅・・・。 巡礼者が沢山のお金を持たず、 行く先々で必要な分だけお金を使えるようにという配慮からである。 そのシステムで巨額の富と地位と権力を手に入れたテンプル騎士団。 当時のフランス国王 フィリップ4世は、 そのテンプル騎士団の「銀行」から多額の借金をしていた。 その為 フィリップ4世にとって テンプル騎士団は目障りであり、 借金を帳消しにして テンプル騎士団の資金を全部ふんだくってやろうと計画を立てた。 しっかりと根回しをして、 ローマ協会での発言権を奪う事で、 テンプル騎士団を一掃する事に成功したのであった。 一掃する理由は 高利子での貸付や異端崇拝など、反キリスト教的罪状…。 捉えられたテンプル騎士団は 厳しい拷問によって、 偽りの自白をさせられ火あぶりの刑にて処された…。 フィリップ4世は、 テンプル騎士団の今後の活動の一切を禁止し、 全ての資産を奪うことに成功したのである。 テンプル騎士団の最高地位の最後の総長 ジャックドモレイ は 処刑の日… 「国王を教皇を絶対に許さない!! 必ず1年以内に神の法廷に出してやる!! 今日の思い出写真。 1986年 12月 (左)後輩 ナイルと、(右)翔んでるセヴンティーンな 17歳の私。 この頃から、サングラスって言ったら・・・・ 無条件にキャッツアイだぜぃ!! これ程までにROCK'N'ROLLを感じるサングラスもないだろう? 私がキャッツアイを愛用する切っ掛けとなったのは、当然このお方。 実際流行ってたのって、私が小学校高学年〜中学校極初期の頃の話で・・・・ 当時は完全に死滅しておりました(笑)。 それ故に、SIDさんが着用してる写真を初めて見た時は・・・・ 「うわぁ〜www 懐かしいwww 時代感じるぅ〜www」 ・・・・と、本気で思ったもんです(笑) そんな感じなもんで、 子供の頃、どこにでもあったキャッツアイも、 置いていて当たり前な感じのSHOPにも、当然普通の眼鏡屋なんかにも全くなく、 情報網と感性のアンテナを、フル全開でビンビンに張り巡らせ、 必死になって探し当てたもんです(笑)。 ましては 色物キャッツなんつうもんは、 砂漠に落としたコインを見つけるようなもんで・・・・(笑) (いやいやマジでっ!! ) だから発見した時は、有無を言わず即買い!! そんな事を繰り返してたら、こんなに集まってもーた(笑) コチラの 3ラインも、最高に PUNKで非常に ROCKえぇ〜んどROLLっ!! (ひとまわり大き目なとこがお気に入り!! ) コチラは Beastie ・・・・じゃなく、 20代の後半位だったかなぁ〜? CHAOS UKの GABBAさんに憧れて購入した ARNETTE。 (左) HOT CAKESと、(右) SWINGER。 SPACE INVADERSでお馴染みの、コチラもキャッツアイ!? そんな21世紀の今日この頃。 あの 1%13がやってくれましたっ!! 知る人ぞ知る、あのキャッツアイをハイクオリティーに完全復刻っ!! それが コチラっ!! 手前が 1%13の復刻モノで、 奥の髑髏が掛けてるのが、その元となった私所有の VINTAGEモノ。 余りに余りまくる完璧な創造物っぷりっ!! 世界中の私のようなROCKERが、待ちに待った一品であるが故、 発売と同時に即SOLD OUTとなったようですが、 また再販される事があるのなら、 着用分と、予備と、保管用と、鑑賞用も含め 、 あと15個は欲しいーっ!! でも・・・・ キャッツアイっつたら、 やっぱ誰もが認めるこのお方でどん決まりでしょっ!! きゃーっ!! 土曜の夜のハ イウェイ・ダンサーーーっ!!!!! ロックンロールゲルゲでは、このような感覚の方を常に募集しております(笑) おしまい•

次の

うどんゲルゲとは (ウドンゲルゲとは) [単語記事]

ゲルゲ 現在

だがグロンギは「ゲーム感覚」ではなく「ゲームそのもの」として人を殺し、その残虐な価値観が組織に所属するほぼ全員に浸透している点がタチが悪い。 今までもこれからもグロンギの様な構成員全員がシリアルキラーな組織はまずいないだろうね。 と思ったらデスガリアンと言う組織が… -- 名無しさん 2016-02-25 00:34:44• コメント欄が長くなってきたのでリセットしました -- 名無しさん 2016-03-03 23:57:35• 遂にリントがグロンギになる時が来たな! ファッション的な意味で -- 名無しさん 2016-03-04 01:18:47• やっぱり漫画版のグロンギは本編よりも知性のレベルが上がっているなあ。 ズは本編メレベル、メは本編のゴレベルの知性と現代社会への馴染みぶり。 となると今後登場するゴ集団は小説版のグロンギ並みに狡猾になっていたりして・・・ -- 名無しさん 2016-03-04 17:34:36• 小説鎧武では狗道供界が光実に見せた無数の世界の物語の無数の悪意と敵意のひとつとして登場。 殺戮を遊戯とする邪悪なるものと言われ、変わらぬ殺戮と戦いを続ける元人間たち。 -- 名無しさん 2016-04-07 21:44:57• グロンギ最強決定戦ならお互いに殺し合えば良いんじゃねぇかと思うんだが、何でそうならないんだろ? -- 名無しさん 2016-08-03 21:45:50• 試験の度に殺し合いしてたらす種の存続が大変だろうし。 -- 名無しさん 2016-08-06 09:14:59• 本当に異常なのは、これだけの奴らが関東に集まっても普通に日常生活をしていた都民ではないか。 クウガと警察がいたからというのもあるが・・・ -- 名無しさん 2016-08-06 09:28:18• -- 名無しさん 2016-08-06 10:03:09• デスガリアンもそうだけど敵として容赦する必要が全くないよな、平成一発目からこれを待ってくるのは流石だ。 -- 名無しさん 2016-08-06 11:54:38• アベンジャーズの世界にもグロンギみたいなヴィランがいたらいいなあ -- 名無しさん 2016-08-21 15:15:28• 本編にしろ -- 名無しさん 2016-08-21 15:59:59• 本編にしろ漫画版にしろ彼等は残虐非道な殺戮を行う存在だけど妙な所で性格が出たり人間味があるんだよね。 多くの創作に登場する絶対悪的な、邪悪をウリにしているキャラや集団を魅力的に描くのは難しい事だけど、彼らの感性そのものは人間とそう変わらないという描写も斬新。 違うのは価値観だけ。 だから歩み寄れないしやるせない。 -- 名無しさん 2016-08-21 16:10:47• 漫画版ではなんと人間と同様の「愛」を持っていたらしい。 バラ姐さん曰く今は失われたとのこと -- 名無しさん 2016-10-01 18:48:46• こいつらに性欲ってあるのだろうか。 -- 名無しさん 2016-10-04 22:44:26• -- 名無しさん 2016-10-05 00:57:51• 劇中でガルメしか昇格してないけど、昇格したら能力も上がるんかね?でないとジャラジ、ギノガみたいな肉弾戦が苦手な奴等は、ダグバ相手ならかなり不利だと思うな。 -- 名無しさん 2016-10-28 18:58:29• 漫画版のグロンギは本編よりも知性が向上し、人間的な狡猾さや残虐さを持つ奴が増えたが、クウガのみならずアギトの干渉もあり、グロンギにとってもゲゲルの難易度が本編より上がっているようだ。 -- 名無しさん 2016-11-07 16:36:47• 漫画版のは冒険王ビィトの魔人 ウィンデル に近い。 -- 名無しさん 2016-11-10 15:02:22• アンノウンは超能力者と同じくらい目の敵にしてるみたいね。 アンノウンのボスは建前上は人間を愛してるからそれを殺すグロンギが許せないからなんだろうけど -- 名無しさん 2016-11-10 15:40:31• 現実とフィクションを混同すべきではないけど、これまでの人の歴史や昨今の世界情勢を考えるとグロンギに対しての「価値観の違いは決定的だ」という言葉が重く感じるよ。 怪人の能力の有無の違いだけで人間も残虐さに関してはグロンギとそう変わらないというか…。 -- 名無しさん 2017-01-11 00:00:51• 個人的に組織としてのグロンギ族の首領はバルバでダグバはゲームのチャンピオンていうイメージ -- 名無しさん 2017-02-09 16:31:14• エグゼイドの仮面ライダークロニクルってゲームはバグスター版ゲゲル? -- 名無しさん 2017-04-30 03:04:05• -- 名無しさん 2018-01-04 15:39:11• 特殊ルールも縛り過ぎて自分の首絞めてた奴まで出る始末 ベミウ、ジャラジ、ザザル。 それでも大半は余裕でこなしてたのは流石だが。 -- 名無しさん 2018-01-04 17:21:34• 漫画版は井上さんの脚本らしく、殺しやいたぶるのを楽しんだりする、良くも悪くも人間的なのが増えた印象。 -- 名無しさん 2018-03-23 15:20:01• エグゼイドの神がグロンギになったら楽しそう -- 名無しさん 2018-04-24 10:24:27• 漫画版見てるとやっぱり現代に感化されたり「ゲゲル」が嫌になったりして逃げ出したグロンギも相当数いたんだろうな。 終盤でダグバが「整理」したグロンギ達はそういった連中だったのかもしれない。 -- 名無しさん 2018-06-23 01:00:43• かっこいいガドラとか、ヒロインなガリマとか、漫画版が気になる…単行本化してるのはどの辺りまで? -- 名無しさん 2018-06-23 20:48:08• ゲゲルは1体ずつ挑戦というルールはメタ的に言うと「なんで怪人は1話で1体だけなの?」という疑問への答えになっている -- 名無しさん 2019-07-04 12:09:43• グロンギ飲みにオダジョーと石田監督が参加した模様 -- 名無しさん 2019-11-30 22:30:49• 一条さんとダグバは舞台で来れなかったらしい。 -- 名無しさん 2019-11-30 22:47:38• テレビだとあくまで「人間の進化系」だから動物の特徴は持ちつつもそんなに人型から逸脱したフォルムの奴はいなかったけど、漫画だと怪人態のほうが本来の姿っぽくなってる印象。 なので外見のバリエーションがかなりのものに -- 名無しさん 2020-01-30 21:36:26.

次の