ポケモン ポットデス 育成 論。 【ポケモン剣盾】ポットデスの育成論と弱点・対策まとめ【からをやぶる特攻型】

【ポケモン剣盾】ポットデスの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ポケモン ポットデス 育成 論

【ポケモン剣盾】ポットデスの育成論と対策【真作?贋作?】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はポットデスの育成論と対策を考えていきたいと思います。 剣盾から登場したマスコット系ゴーストポケモンですが、レアな「真作」と普通の「贋作」があり、それぞれで進化に必要なアイテムが「かけたポット」と「われたポット」と違うという特殊なポケモンです。 また、それだけでなくトリッキーな戦い方ができるポケモンなので今回見ていきましょう。 ポットデスの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ポットデスの特徴1】非常に高い特攻・特防 ポットデスは特攻種族値が134もあり、特防も114となかなかの高さを誇ります。 一方で物理方面は攻撃種族値65,防御種族値65と非常に低くなっています。 後述の殻を破るコンボによって、強力な特殊アタッカーとして活躍させることができるでしょう。 【ポットデスの特徴2】特性くだけるよろい+殻を破る ポットデスの特性くだけるよろいは相手の物理攻撃を受けると防御が1段階下がり、素早さが2段階上昇します。 さらにパルシェンで有名な殻を破る(攻撃素早さ2段階上昇+防御特防1段階ダウン)を覚えるので、1ターンで• 攻撃2段階上昇(=2倍)• 特攻2段階上昇(=2倍)• 防御2段階ダウン• 特防1段階ダウン• 素早さ4段階上昇(=3倍) という急激な能力変化を狙うことができます。 もともと高い特攻種族値もあり、うまく発動することができればそのまま上から高火力を打ち込むエースとして活躍したり、バトンタッチで後続のエースを出すこともできます。 バトンタッチの場合は努力値を耐久に特化してしろいハーブで能力下降を打ち消す場合が多く、エースの場合は火力にぶっぱしてきあいのタスキで切り返すことが多いでしょう。 ポットデスの育成論と戦い方 ポットデスはランクバトルにおいてバトンタッチ型と切り返しからやぶエース型をみかけます。 【ポットデスの育成論】ダイマックス切り返し型ポットデス• 特性:くだけるよろい・のろわれボディ• 個体値:A抜け5V• もちもの:きあいのタスキ• わざ:からをやぶる・シャドーボール・アシストパワー・ギガドレイン 特徴 きあいのタスキをたてにしてからをやぶるを積み、返しの一撃で相手を倒す型です。 きあいのタスキ持ち、先制技持ちには弱いので、初手ダイマックスの構築の2番手に出し相手のダイマックスに対して切り返すムーブを取りたいです。 1体目の初手ダイマックスで相手を1. 5体削り、相手がダイマックスしてきたらHPが半分になっているはずなのできあいのタスキで耐えつつ殻を破るを積み、弱点を打ち込んで相手の2体目を倒しつつ、3体目に強力な一撃を入れて退場、こちらの3体目で詰める動きが理想です。 くだけるよろい前提の型ではないので特性はどちらでもOK くだけるよろいの場合はポットデスを出したときに相手がダイジェットをすでに積んでいる状態=ポットデスが攻撃するターンには2段階上昇している場合でも抜けるようになる可能性がありアシストパワーの火力も上がる、のろわれボディの場合は30%の確率で相手の行動を縛ることができるようになります。 個人的にはくだけるよろいがおすすめ。 最速スカーフサザンドラに対しては基本は引く対面だが、相手のダイマックスエースがダイジェット時に最速スカーフサザンドラ抜き調整をしているポケモンは多数いるのでここを調整ラインとした。 一応16n-1, 8n-1, 2n-1など調整 面倒くさい場合は耐久に振らずにSぶっぱでもたいして変わらない。 ヌオーとナマコブシは積み技を無効化してくる特性てんねんの場合もあるのでその対策にも。 技構成などが違いますがきあいのタスキポットデスの紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 ポットデスの対策 先制技持ちを採用するのがいいでしょう。 基本的には殻を破るからのバトンタッチやアタッカーなので、素早さは高くなっていても先制技には非常に脆いのが特徴です。 特性てんねん持ちを採用するのもおすすめ。 基本的にはポットデスか後続の積みエースが出てくるためピクシーやヌオーなどのてんねん持ちで無効化するのが有効です。 ただし、ドリュウズなどかたやぶり持ちと組んでいる場合はむしろカモにされてしまうので注意しましょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】ポットデスの育成論と対策【真作?贋作?】 いかがでしたでしょうか。 ポットデスは真作でも贋作でも強さに違いはありませんが、真作を粘るのもありでしょう。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

アフタヌーンティーの幽霊 ポットデス

ポケモン ポットデス 育成 論

ポットデス育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 ポットデスはポケモン剣盾(ソードシールド)で初めて登場したポケモンだ。 育成論について紹介していく。 非常に高い特攻を持ち、特防も高い。 だがHPが低すぎるために特殊耐久は並みで物理耐久は低く、素早さも低い。 特攻は高いものの、技威力が低いという欠点を抱えており、火力も圧倒的に高いわけではない。 ただ、ダイマックスすることで技威力は補うことが可能。 加えて、「からをやぶる」という強力な積み技を覚えられるため、素早さを補いつつ火力を高められる。 耐久の低さも「きあいのタスキ」を持たせればカバー可能。 また、「からをやぶる」での能力変化を「バトンタッチ」で後続につなぐという選択肢もある。 ただし、防御・特防低下の能力変化も当然引き継ぐため、交代先が倒されないよう対策をしておく必要がある。 スポンサーリンク ポットデスの特性 くだけるよろい (物理攻撃を受けると防御が1段階下がり、素早さが2段階上がる。 ) のろわれボディ(隠れ特性) (30%の確率で受けた技をかなしばり状態にする。 ) 考察 安定をとるなら「のろわれボディ」がおすすめ。 運頼みだが、相手の技を封じられる可能性がある。 「くだけるよろい」と違い物理耐久が下がらないため、 「きあいのタスキ」では防げない連続技も耐えられることもある。 「くだけるよろい」も「からをやぶる」をせずとも先制できることが多くなり、 「からをやぶる」をした場合はこだわりスカーフ持ちすら追い抜く素早さを得られ、「アシストパワー」の威力も増すため選択肢にはなる。 威力は低めだが命中安定。 通りがいい。 アシストパワー 超 20 100 +の能力ランク1つにつき威力20上昇。 「からをやぶる」だけで威力140となるため、メインウェポンとして使用可能。 かわをやぶらない場合のサブウェポン。 サイコショック 超 80 100 相手の防御でダメージ計算する。 サイコキネシスより基本性能は低いが特殊受けに刺さる。 ギガドレイン 草 75 100 与えたダメージの半分回復。 威力は低いが命中安定で貴重な回復技。 水・地面・岩に刺さる。 はかいこうせん 無 150 90 次ターン反動で動けない。 威力が非常に高い。 「ダイアタック」用にしたり、ラス1の時使っていこう。 物理技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 イカサマ 悪 95 100 相手の攻撃でダメージ計算。 相手の物理アタッカーに刺さる。 自身の攻撃が低いにもかかわらず使える物理技。 ふいうち 悪 70 100 優先度+2。 相手の先制技に対して先制を狙える。 じばく 悪 200 100 自身瀕死。 攻撃は低いが「からをやぶる」状態であれば相討ちは狙える。 悪タイプなどどうしようもない相手に。 火力と素早さを同時に倍増でき抜き性能が大幅に増す。 「アシストパワー」とも相性がいい。 相手を削り、起点にしつつ退場できる。 おにび 炎 85 相手を火傷状態にする。 物理アタッカーを機能停止できる。 バトンタッチ 無 - ポケモンと交代する。 次に出したポケモンはかかっていた補助効果を引き継ぐ 「からをやぶる」による能力変化をエースポケモンに引き継がせるといい。 トリック 超 100 相手と自分の持ち物を入れ替える。 メガネやスカーフを相手に押し付けて機能停止を狙える。 相手ダイマックスによる技縛り強制解除に注意。 みがわり 無 - HPの4分の1を使って身代わりをつくる。 交代読みやふいうち回避に使っていこう。 特に物理アタッカーに刺さる。 リフレクター 超 - 物理攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 低い物理耐久を補える。 味方サポートとして有効。 ひかりのかべ 超 - 特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 並みレベルの特殊耐久がさらに増す。 味方サポートとしても強力。 耐久が低いため、持ち物は「きあいのタスキ」がおすすめ。 HP28振りで攻撃252振り無補正 ドラパルトのドラゴンアローを確定耐えできる。 残りは特攻に全振りしてあまりを素早さに振った。 「からをやぶる」を使えば、相手のスカーフ持ちの多くを抜くことができる。 技は「からをやぶる」の他、タイプ一致であるシャドーボールと「からをやぶる」と相性がいい「アシストパワー」は確定。 残りの技は攻撃範囲を広げられ回復も可能となる「ギガドレイン」と 苦手な相手に交代された場合などに「からをやぶる」の効果を味方に引き継げる「バトンタッチ」の優先度が高め。 「からをやぶる」の防御と特防低下をバトンで味方に引き継がせないために、「しろいハーブ」が一番オススメ。 これ以外の道具を使う場合はより耐久が高く弱点が少ないエースポケモンを用意しておく必要がある。 技は「からをやぶる」と「バトンタッチ」は確定。 特攻無振りでもそこそこある火力を活かすため、「シャドーボール」の優先度も高い。 「みがわり」も交代読みで使え、バトンできるので優先度高め。 特に特殊耐久はそこそこ高く、特殊アタッカー相手であればこちらが先制して一撃耐え、2度目の攻撃で仕留められることが多い。 何よりポットデスは「からをやぶる」型が多いために「ちょうはつ」をしてくる相手が多く、非常に奇襲性が高い点が評価できる。 ただし、環境に多い ドラパルトは抜けない点に注意しよう。 技はメインウェポンとなる「シャドーボール」は確定。 耐久型にこだわりスカーフを押し付けられる「トリック」も優先度が高い。 残りの技は攻撃範囲を広げるためにエスパー技や「ギガドレイン」を覚えさせるのがおすすめ。 苦手な相手がきた場合の退場用に「おきみやげ」や「のろい」を覚えさせる手もある。 スポンサーリンク ポットデスのパーティメンバー考察 ポットデスの弱点はゴーストと悪。 バトン先になることも考え、この2タイプに強いポケモンをパーティメンバーに入れておきたい。 例えば火力と耐久が優秀な サザンドラや バンギラスがおすすめ。 この2体は格闘や虫が弱点であるが、ポットデスには格闘無効、虫半減であることからバトン時にうたれづらい。 ポットデスの対策 注意点 ・高い特攻に加え、「からをやぶる」を使えるので抜き性能が高い。 ・「からをやぶる」での能力変化を「バトンタッチ」して後続に引き継いでくる場合もある。 ・有利なポケモンを出しても、「のろい」、「おきみやげ」などで起点にされてしまう場合がある。 対策方法 後続補助及び「きあいのタスキ」つぶしを恐れて先発に出してくることが多い。 素早いポケモンで「ちょうはつ」すれば「からをやぶる」の発動を防ぐことができる。 ただし、元から火力は高めなので即攻撃してくる場合もある。 「ちょうはつ」するなら耐久値が高めでゴースト、エスパー、草技で弱点をつかれないポケモンで行いたい。 特殊耐久はそこそこあるが物理耐久は低い。 「きあいのタスキ」持ちが多いので物理連続技が有効。 火力強化アイテムを持たせた ドラパルトがドラゴンアローを撃てば、よほど耐久に振ってない限りは一撃。 悪タイプであればゴースト半減・エスパー無効で有利。 ただし、バトンされる恐れもあるので早急に攻撃して倒したい。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の

【ポケモン剣盾】ヤバチャ・ポットデス進化・出現場所【真作・贋作】

ポケモン ポットデス 育成 論

おっしゃる通りドラゴンアローは耐えませんでした。 特性が計算されないアプリで出した数字をそのまま参照しておりました。 修正させていただきます。 A252いのちのたまドラパルトの「ドラゴンアロー」は、特性による耐久ダウンが無かったとしても、H252振りでもポットデスが3割程度の乱数でワンパンされてしまうため、「ドラゴンアローを耐えるため」の「しろいハーブ」よりも「その他のほとんどのシーンで確実に積むため」の「きあいのタスキ」を優先しました。 「しろいハーブ」型も考察の価値はあると思いますが、今回は「きあいのタスキ」型の考察となります。 しかし特性ですが、やはりのろわれボディの方がこの型には合うと考えます。 殻を破るのでしたら素早さをそれより上げるのはさすがに過剰であり、それならば襷持ちかつHに28だけ振り、アイテム無しドラゴンアローを耐える調整などにする価値はあると思います。 同時にスカーフオノノクス 破後同速 のダブルチョップも耐え、他の先発に多いスカーフ持ちに思わぬダメージが入る可能性があります。 スカーフノクス、サザン対策に臆病も悪くないですね。 もしお時間がありましたらバトン先のポケモンのオススメも教えてください。 BDダウンしても1回攻撃を耐え、かつ素早さと火力の両立となると少し限られてくると思いますが、ぜひお聞きしたいです。 ご指摘いただいた通り、確かに「のろわれボディ」のほうが長けている面もあり、その点についても含めた考察・追究も本文にて行うべきでした。 至らない点があったことをお詫び致します。 その点については追って修正・追記していきたいと思います。 「耐久ダウンがあっても繋げられるバトン先」としては、論内で触れたミミッキュに加え、確実に一撃を耐えられる「がんじょう」「アイスフェイス」持ちや、天候の効果で特殊耐久ダウンを相殺して攻撃に転じられるバンギラスなどが適していると考えております。 また、タイプ的に耐性が優秀なポケモンで無効化しながら繋いでいくのも良いでしょう。 物理特殊を問わず火力を底上げしていけることが論内で触れたドラパルトやアブリボンとの差別化点でもあるので、パーティに足りない要素をそれ用に調整し後続として採用することも可能かと考えております。 この点についても後ほど追記したいと考えております。 アドバイスありがとうございます。 サイコショックの採用については単純な火力指数を考慮し見送らせていただきました。 ご使用に際して「どうしてもポットデスで処理したくて、アシストパワーよりサイコショックのほうがダメージが入る仮想敵がいる」と判断された場合には、十分に候補に入ると思います。 いただいた数値で計算してみたところ、特化サザンドラのあくのはどうが乱数一発 50. 本論で考察したきあいのタスキ型と比較すると、この二者もまた一長一短だと言えるでしょう。 しかし、ドラパルトに対して可能性を持てる型は現環境にも適しており、大変使い勝手が良さそうに思います。 参考になりました。 バトン先についてなのですが、夢モスノウを現在思案中なのですがいかがでしょうか?バトン時の繰り出しで特殊を半減で受けることができ、くだけるよろい込みでSに振らなくても準速110族の1段上昇 や最速スカーフサザンドラ まで抜くことができます。 物理相手には繰り出せないですが、コオリッポとの同時採用で繰り出し先の物理特殊に合わせた2ルート選ぶことができるため、リスキーな殻破砕鎧バトンにより安定感を持たせることができます。 この2体は技範囲が被っているようで案外被っていないのもポイントだと思います。 バトンを別の候補に繋げた際も、モスノウであれば単体運用時の火力が高い点も、評価に値する点かと判断しております。 バトン後の冷Bで、最近流行り出したトゲキッスやサザンドラがダイマックスした後でも確1です。 持てる技の都合上環境に多いヒートロトムを突破できないことやミミッキュで止まりやすいことが難点ですが、ご一考のほど、または賛否や細かい調整案等アドバイス頂けますと幸いです。 後続へのコオリッポとモスノウの採用は「物理特殊問わず採用できる」からやぶのメリットとも噛み合っており理にかなっていると思います。 ただ、ヒートロトムに触れていらっしゃることからお分かりかとは思いますが、タイプが偏るため相手を選ぶ組み合わせではあると思います。 パーティの残り3枠でこの偏りを補う必要こそありますが、このポットデスを含めた構築の方向性としては正解のひとつではあると考えています。 おくびょう H60 B252 S196とありますが、からやぶ後ドラパルト抜きならH196 S60の間違いではないでしょうか? これだと特化サザンのあくはも確定耐えしますね。 もっともからやぶでDが下がると耐えなくて、からやぶ後控えめスカーフサザンを抜いていないので、サザン後出しが怖いと思いました。 ひかえめスカーフサザンを抜いて、S実数値113まではふってはどうでしょう?ついでに114までふれば最速スカーフロトムも抜けますよ。 しかし、正しい数字に改めた上で「きあいのタスキ型の欠点をピンポイントに補った型として、現環境に適しており面白い案だと思います」とだけ述べさせて頂きます。 申し訳なかったです。 自分は起点作り専門のポケモンを作って、火傷or壁下でミミッキュのダイホロウ耐えまで振った白いハーブ型を使用しております。 あと、アシパは必須だと思います。 からやぶしたターンにミミッキュを後出しされた時、ダイマックスしてダイサイコを打てば、その後のかげうちを封じることができますし、ドヒドイデも黒い霧を打たれることなく、確殺できます。 ダイサイコの件については主役割が「からやぶバトン」であることから「その後2ターンはバトンが出来なくなる」ダイサイコの言及は避けておりましたが、改めて考えると相手にダイホロウ・ダイサイコが一貫する場合についてはそれも選択肢足り得ますね。 この点について追記させていただきます。 コメントありがとうございました。 「からをやぶる」後の火力を考えると「ギガドレイン」もアリかとは思いますが、草タイプ技の通りが良くないことを踏まえ、相手依存要素こそあるものの、ある程度の数字をタイプに関係なく確実に回復できる「ちからをすいとる」を候補に入れております。 環境に多いポケモンの細かいダメージ計算や、バトン先のポケモン紹介など詳しく記載させれてありとても素晴らしい育成論だと思いました。 すでに考察済みでしたら申し訳無いのですがバトン先のポケモンに白いハーブを持たせてステータス回復をするという戦法も、バトンを繋げるポケモンのレーパートリーが増え戦略の幅が広がるのかなと個人的には思いました。

次の