酒溶き片栗粉。 なすのはさみ揚げ 甘酢あんかけ

水溶き片栗粉の疑問にプロが答えます。失敗なしでとろみが思いのまま!

酒溶き片栗粉

料理が熱いうちに美味しさを閉じ込める、水溶き片栗粉のとろみ付け。 一見簡単そうですが、「ダマになる」「時間が経つとゆるくなる」ことはありませんか? 今回、思い通りのとろみ付けをマスターすべく、伊勢丹新宿店の中国料理店、銀座アスターの安蒜(あんびる)義政シェフにとろみ付けにまつわる疑問に答えてもらいました。 Q:失敗しない、片栗粉と水の割合は? A:失敗しがちな人は「片栗粉:水=1:2」(倍の量の水で溶く)から始めると簡単です。 片栗粉と水の割合は、水の量が多くなるほどとろみがつくまで時間がかかり、ゆるいとろみに仕上がります。 煮詰めていけば水分が飛び、強いとろみに調整することができます。 ちなみにプロは「片栗粉:水=1:1」(同量の水で溶く)の割合で溶いているんだそう。 Q:かため、ゆるめ、どう調整すれば? A:片栗粉の量が増えれば、とろみは強くなります。 水分が多ければとろみは弱くなります。 よくあるのが「とろみは付けたけど、まだゆるい」ということ。 その場合は、水溶き片栗粉を足して調整してOKです。 一方「とろみがしっかり付いてしまって、ゆるめたい」場合は、水溶き片栗粉を足しても、元のとろみが邪魔をして均一に混ざらないので、ダマになってしまいます。 Q:ダマにならないコツは? A:水溶き片栗粉を「少しずつ入れる」こと、そのあと「絶えず混ぜる」ことです。 また、細い菜箸ではなく、全体を均一に混ぜやすい木ベラやゴムベラ、玉じゃくしを使うこともお忘れなく。

次の

なすのはさみ揚げ 甘酢あんかけ

酒溶き片栗粉

がおいしい! ゲストさん 11:53• がおいしい! ゲストさん 11:53• がおいしい! ゲストさん 11:52• がおいしい! ゲストさん 11:31• がおいしい! ゲストさん 11:22• がおいしい! ゲストさん 11:22• がおいしい! ゲストさん 11:19• がおいしい! ゲストさん 11:04• がおいしい! ゲストさん 10:53• がおいしい! ゲストさん 10:33• がおいしい! clarusさん 10:29• がおいしい! ゲストさん 10:25• がおいしい! ゲストさん 10:24• がおいしい! ゲストさん 10:13• がおいしい! ゲストさん 10:04.

次の

すぐに試して!片栗粉の保存は方法と保存容器を覚えれば劣化せず長持ち

酒溶き片栗粉

とろみをつけたり、もちもちの食感を出したりなど、あると便利なもののそれほど頻繁に使う機会がない片栗粉。 次の出番まで、どうやって保存しようなどと考えたことはありませんか?最近は、ジップ付きの袋で販売されているものもありますが、輪ゴムで袋を束ねたり、クリップで留めて保存しているという方も多いように思います。 生鮮食品と比べると、あまり賞味期限を意識することがない片栗粉ですが、片栗粉に限らず、粉ものにはコナダニと呼ばれるダニがつきやすく、ちょっとした隙間から侵入し、気づかぬうちに繁殖している場合があります。 この事実を知ってしまうと、キッチンの粉ものを見るのが怖くなってきますよね……。 とはいえ家族皆が口にするもの。 今後のためにも、適切な保存方法を知る必要があります。 そこで今回は、片栗粉の上手な保存の仕方をまとめてみました。 高温多湿な環境も避けられ、ダニの発生も避けられる冷蔵庫での片栗粉の保管。 一言で冷蔵庫保管と言っても、いくつかポイントがあります。 まず、冷蔵庫の中の野菜や食べ物から片栗粉へとニオイが移ってしまう可能性があるということです。 片栗粉に限らず粉ものには、他の食材からのニオイが移りやすいという性質を持っています。 ましてや冷蔵庫の中は、ニオイがこもりやすい環境下にあります。 そのため、 密閉容器も蓋付きのものを選ぶようにし、しっかりと密閉してニオイ移りを防ぐようにしましょう。 冷蔵庫での保存は、物を出し入れする際に毎回温度差がでます。 それによって湿気がたまりやすくなることにも注意して下さいね。 使用後はすぐに冷蔵庫へ戻すように心がけ、温度差を最低限に抑えるようにしましょう。

次の