梅雨入り 2020 長崎。 長崎県など梅雨入り 九州北部地方 県南部中心に激しい雨 | 長崎新聞

梅雨入り |お風呂|浴室|床|リフォーム|修理|長崎|長与|

梅雨入り 2020 長崎

Contents• 過去の長崎県の梅雨明けまとめ 予想の前にまずは過去の梅雨明け日を振り返りたいと思います。 九州北部地方の梅雨明け日は以下となります。 長崎県の過去69年の梅雨明け日の推移 過去69年の移動平均の値は、7月18日ごろとなります。 さらに平年、昨年の時期をまとめると、以下となります。 長崎県の梅雨明け日 平年 昨年(2019年) 移動平均 時期 7月19日ごろ 7月25日ごろ 7月18日ごろ 【2020最新】長崎県の梅雨明け予想!時期はいつごろ? 次に、福岡官区気象台より5月25日発表された九州北部地方の6~8月の天候の見通しの解説を確認したいと思います。 気象庁の3カ月予報 予報のポイント 【予報のポイント】 1:向こう3か月の気温は、暖かい空気に覆われやすいことから、高いでしょう。 2:向こう3か月の降水量は、ほぼ平年並ですが、6月は前線や湿った空気の影 響を受けやすいため、平年並か多い見込みです。 3:期間の後半は高気圧に覆われやすい時期もあるため、8月は平年に比べ晴れ の日が多い見込みです。 月別の天候 【月別の天候】 6月:前線や湿った空気の影響を受けやすいため、平年に比べ曇りや雨の日が多いでしょ う。 7月:期間の前半は、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。 期間の後半は、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。 8月:高気圧に覆われやすいため、平年に比べ晴れの日が多いでしょう。 データ参照元: 梅雨明けしやすい時期の7月後半の解説を確認すると、 平年同様に晴れの日が多くなるようで、 平年と同様、つまり、過去の平均と同じような時期に 梅雨が明ける可能性が高いと解釈いたします。 よって、過去の定量的データ、最新の気象庁の情報を踏まえて、 長崎県の2020年の梅雨明け時期の予想としましては、 平年の梅雨明け日である 7月19日前後の梅雨明けとなりそうです。 長崎県の梅雨明け予想!【2020最新】まとめ 今回は2020年の長崎県の梅雨明けがいつごろになりそうなのかを、 過去のデータと、最新の気象庁発表の3カ月予報を確認しながら予想してみました。 平年同様の傾向が強いということを頭に入れつつ、 最新の情報は適宜気象庁など専門機関発表の情報を取得するようにしてください。

次の

長崎市で梅雨入り早々激雨 バス事故も

梅雨入り 2020 長崎

今年も暑い夏がやってきます。 その前に、ジメジメする嫌な梅雨がやってきますね、、、 今回は 今年、2020年の九州地方北部と南部の梅雨入り、 梅雨明け時期の予想をそれぞれお届けします! ちなみに気象庁が公表している区分では <九州北部> 山口県、福岡県、大分県、佐賀県、長崎県、熊本県 <九州南部> 宮崎県、鹿児島県の本土、種子島、屋久島 となっていて、一般的な区分とは少し違うのでご注意ください。 梅雨入り、梅雨明けはどうやって決めるの? そもそも、梅雨入り、梅雨明けをどのように決めているのでしょう? 気象庁の過去のデータにも「頃」と書かれているので、確定日ではなく、 移り変わりの時期5日間の中日を、梅雨入り日としているようです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて決めています。 比較的晴れの多い期間から曇りや雨に移り変わる期間の間を 梅雨入りとしているようですが、 確定値は9月に結果を再検討して修正された後に決まります。 梅雨明けも同様で、その反対になります。 平年より1日早い梅雨入りとなりました。 それでは、まずは奄美地方を除く 2020年の 九州南部 宮崎県、鹿児島県の本土、種子島、屋久島 の 梅雨入り、梅雨明け時期の予想を、気象庁の過去69年間のデータから予測してみます。 2020年の九州南部の梅雨入り時期は? まず、2020年の九州南部の梅雨入りの時期ですが、 1951年から2019年までの過去69年間のデータで 最も早い梅雨入りは1956年の5月1日頃で、 最も遅い梅雨入りは1957年の6月21日頃でした。 1951年から2019年までの 梅雨入りの平年時期は5月31日頃となっています。 また、昨年 2019年 は5月31日 一昨年 2018年 は6月5日が梅雨入りでした。 これらのデータから予想すると 2020年の九州南部の梅雨入り時期は 5月23日頃から6月7日頃の間くらいになりそうですね。 2020年の九州南部の梅雨明け時期は? 一方、2020年の九州南部の梅雨明けの時期ですが、 梅雨入りと同様に気象庁のデータをもとに考えてみますと、 最も早い梅雨明けは1955年の6月24日頃で、 最も遅い梅雨明けは1957年の8月8日頃でした。 69年間の梅雨明けの平年時期が7月14日頃。 平均値を表す黒線が緩やかに右下がりとなっているので、 若干ですが梅雨明けが早くなっている傾向が見て取れます。 また、昨年 2019年 は7月24日 一昨年 2018年 は7月9日が梅雨明けだったので、 これらのデータを元にして考えると 2020年の九州南部の梅雨明け時期は 7月7日頃から7月21日頃の間になりそうですね。 2020年 令和2年 九州北部の梅雨入り・梅雨明け時期を予想! つづいて、 九州北部 山口県、福岡県、大分県、佐賀県、長崎県、熊本県 の2020年の梅雨入り・梅雨入り時期についても 同様に気象庁のデータを元に予想していきます! 2020年の九州北部の梅雨入り時期は? まず、2020年の九州北部の梅雨入りの時期ですが、 1951年から2019年までの過去69年間のデータをみると 最も早い梅雨入りは1954年の5月13日頃で、 最も遅い梅雨入りは1967年の6月22日頃でした。 グラフの平均値を表す黒線が右下がりのため 九州北部の梅雨入りの時期は 早まっている傾向があることがわかります。 1951年から2019年までの69年間の 梅雨入りの平年時期は6月5日頃。 また、昨年 2019年 は6月26日 一昨年 2018年 は6月5日が梅雨入りでした。 これらのデータから予想すると 2020年の九州北部の梅雨入り時期は 5月28日頃から6月12日頃の間くらいになりそうですね。 2020年の九州北部の梅雨明け時期は? 一方、2020年の九州北部の梅雨明けの時期ですが、 梅雨入りと同様に気象庁のデータをもとに考えてみると、 最も早い梅雨明けは1991年の7月1日頃で、 最も遅い梅雨明けは2009年の8月4日頃でした。 九州北部の梅雨入りの時期は早まっている傾向があり、 梅雨明けの平均時期は徐々に遅くなっている傾向があるため 九州北部の梅雨の期間は長くなっていると言えそうです。 1951年から2019年までの69年間の 梅雨明けの平年時期は7月19日頃。 また、昨年 2019年 は7月25日 一昨年 2018年 は7月9日が梅雨入りでしたので これらをもとに予想をしてみると 2020年の九州北部の梅雨明け時期は 7月10日頃から7月26日頃の間くらいになりそうです。 九州の梅雨の特徴は? 九州の梅雨は例年大雨になる傾向が強いので要注意です! 九州の梅雨の特徴は、 梅雨前線の勢いが強いまま残るので、 雨が降ると大雨になる傾向が強いです。 梅雨の季節になるとテレビで九州地方の大雨被害の報道を良く見かけますね。 沖縄の梅雨のように一時的にざーっと雨が降るスコールとは違い、 九州の梅雨は長時間降り続けることが多いようです。 オホーツク海気団と小笠原気団との凌ぎ合いにより梅雨前線が形成されますが、 南日本は、熱帯モンスーン気団の影響も受けるために大雨となりやすいのです。 一昨年梅雨により大規模な被害が報告されていますので もしもの時の為にしっかり準備はしておきたいですね。

次の

2020年6月11日(木)「長崎地方梅雨入り・・・」!

梅雨入り 2020 長崎

平年の九州北部・南部の梅雨入り時期はいつ? 平年の九州北部・南部の梅雨入り、梅雨明けの時期はいつくらいなのでしょうか? 気象庁のデータを調べてみると、• 平年の九州北部の梅雨入りは6月5日ごろ、梅雨明けは7月19日ごろ• 平年の九州南部の梅雨入りは5月31日ごろ、梅雨明けは7月14日ごろ となっています。 2020年 九州北部の梅雨入り時期を予想! 気象上で九州地方北部というと、福岡県・長崎県・佐賀県、そして大分県と宮崎県の一部を指しているみたいです。 予報によっては、山口県の一部を含んでいることも。 かなり広い範囲をカバーすることとなる九州地方北部について、2020年の梅雨入りの時期を予想しちゃいましょう! 気象庁発表による1951年から2018年までの過去68年間のデータによると、九州地方北部が最も早く梅雨入りしたのは1954年の5月13日ごろ、逆に一番遅い梅雨入りだったのが1967年の6月22日ごろとなっています。 5月上旬の梅雨入りも6月下旬の梅雨入りも一回のみであるうえ半世紀ほど前のことですから、2020年も九州北部が5月上旬&6月下旬に梅雨入りする可能性は低いと言えるでしょう。 九州北部の梅雨入りの平年時期は6月5日ごろ。 また、グラフから僅かですが梅雨入り時期が年々早くなってきている事が見てとれます。 これらのことから考えると、 2020年の九州地方北部の梅雨入りは早ければ5月27日から6月10日の間くらいになるでしょう。 2020年 九州北部の梅雨明け時期を予想! では次に、2020年の九州北部の梅雨明けの時期について考えていきたいと思います。 2020年の九州北部の梅雨明けは遅くなる確率が高そうです、、、。 気象庁発表による過去68年間の九州北部の梅雨明けの時期のデータを見てみると、最も梅雨明けの早かったのは1994年の7月1日ごろ。 逆に最も梅雨明けの遅かったのは2009年の8月4日ごろとなっています。 どちらも68年のデータの中では極端な数値となっていますので、2020年も7月上旬に梅雨明けする可能性はかなり低いでしょう。 また、8月にまで梅雨明けが遅れることもないかと思われます。 ちなみに、気になる九州北部の梅雨明けの平年時期は7月19日。 梅雨明けが例年通りか早めならば初日から快晴の夏休みを楽しめたのですが……。 2018年から続くエルニーニョ現象が発生しており、気象庁の調査によるとエルニーニョ現象が発生している年は46%もの高確率で梅雨明けが遅い傾向にあります。 これらのことを考えると、 2020年の九州地方北部の梅雨明けの時期は7月15日から7月27日の間くらいになるのではと考えられます。 九州地方北部の梅雨期間の傾向は? 梅雨入りや梅雨明けの時期も気になりますが、九州地方の経済の中心地でもある福岡県を擁する九州地方北部では、経済が冷え込む長梅雨は御免蒙りたいところ。 そんな九州地方北部における2020年の梅雨期間の傾向について、考えていきたいと思います。 それでは早速、気象庁から発表されている九州地方北部の過去68年間のデータを見てみたいと思います。 過去68年間の九州地方北部において、梅雨の期間が一番長かったのは1954年のこと。 その期間、なんと80日間! グラフを見ても分かる通り、突き抜けていますよね!データを見る限りでは、2020年も梅雨の期間が80日を超えることはまずないでしょう。 60日を超えるようなことも可能性としてはかなり低そうです。 逆に梅雨の期間が一番短かったのは1978年と2017年のの23日間。 なお、梅雨の期間が30日を切った年は過去68年間でわずか6回。 九州北部の梅雨の期間が長くなってきていること、更には九州地方北部の梅雨期間の平均が43日となっていることを考えあわせると、2020年も30日たたずに梅雨が終わるということは、まずないと思われます。 以上のことから、2020年の九州地方北部の梅雨は40日から55日間程度となりそうです。 とは言え、九州地方北部は一年を通して降水量は少なめの傾向となっているので、激しい雨が続くようなことはないでしょう。 2020年 九州南部の梅雨入り時期を予想! 次に2020年の九州地方南部の梅雨入りについて大予想しちゃいましょう! 九州地方南部に含まれるのは鹿児島県まるごとと、熊本県と宮崎県の南部。 ちなみに熊本県の県庁所在地の熊本市は北部となりますが、宮崎県については宮崎市が九州地方南部に含まれています。 それでは、気象庁から発表されている過去68年間のデータから、九州地方南部の梅雨入りの時期を予想していきましょう。 九州地方南部のデータにおいて、もっとも梅雨入りが早かったのは1956年の5月1日ごろ。 たった1年でこれだけの差があるなんて、当時の住民の方も驚いたでしょうね! しかし、どちらも極端すぎる数値です。 よほどのことがないかぎり、2020年も5月上旬や6月後半に梅雨入りするようなことはないでしょう。 では、2020年の九州地方南部の梅雨入りの時期はいつごろなのでしょうか? 九州地方北部では梅雨入りの平年時期は5月31日ごろ。 グラフを見てみると年によって多少前後はありますが、平均を表す線がほぼ真横になっていることから、傾向は遅くも早くもなっていないということが見てとれます。 これらのことから、 2020年の九州地方南部の梅雨入りの時期は5月24日から6月7日の間になると予想されます。 昨年(2019年)よりも1日早く、ほぼ平年と同じ時期の梅雨入りです。 九州地方南部、特に鹿児島県は「台風銀座」という異名を持ち、日本一の台風の上陸数を誇る土地柄でもあります。 地元の人はもちろん、観光客にとっても台風に備えるため、梅雨明けの時期には注目するところなのではないでしょうか? 早速ではありますが、気象庁のデータをもとに2020年の九州地方南部の梅雨明けの時期を予想していきましょう。 過去68年間の九州地方南部の梅雨明け時期のデータで、もっとも梅雨明けが早かったのは1955年の6月24日。 実は6月に梅雨明けしたのは、この一回のみとなっています。 ですので、2020年も6月に梅雨明けすることはまずないと考えて良いと思います。 逆にもっとも梅雨明けが遅かったのは1957年の8月8日。 8月に梅雨明けしたのは1957年と1954年の2回のみとなっているため、2020年は8月に梅雨明けすることもまずないでしょう。 ちなみに、九州地方南部の梅雨入りには大きな影響を及ぼさなかったエルニーニョ現象ですが、梅雨明けには影響大! 気象庁の調査によるとエルニーニョ現象が発生した年の九州南部の梅雨明けは、46%の確率で遅くなる傾向となっています。 九州地方南部の梅雨期間の傾向は? 九州地方北部の梅雨は1ヶ月半ほど続く傾向にあるようですが、南部における梅雨の期間はどのくらいになのでしょうか? また梅雨の時期にどのような傾向があるのでしょうか? ここからは2020年の九州地方南部の梅雨期間について予想していきたいと思います。 まずは九州地方南部の梅雨の期間のデータについて、1951年から2018年までの過去68年間の気象庁のデータをチェックしてみましょう。 グラフを見てみると、九州地方南部において梅雨の期間が一番長かったのは北部と同じ1954年の80日間となっています。 逆に梅雨の期間が一番短かったのは1964年の21日間です。 その差、2ヶ月近くと大きな差がありますが、梅雨の期間が60日以上となったのは僅か7回しかないうえ、30日未満の年も5回とかなり頻度が少ないことを考えると、2020年の九州地方南部の梅雨の期間が60日を超えることも、30日未満となる可能性はかなり低いと考えられます。 さらに、九州南部の梅雨期間の平均日数は44日間となっていることから、2020年の九州地方南部の梅雨の期間は45日から55日の間くらいとなると予想されます。 北部よりも少し長いと思っておくと良いでしょう。 また、気象庁の過去のデータを見てみると、降水量は九州南部の方が北部よりも多いようです。 まとめ 2020年の九州地方は、梅雨明けは北部も南部も遅れる傾向にあります。 ただし、南部は夏に降水量の多い太平洋側気候南海型なので、梅雨が明けても雨には注意してくださいね。

次の