のんびり 屋 パタヤ。 パタヤ半端ない!! マジで半端ないって!! キャーーー!!

パタヤでレンタルバイクを借りる

のんびり 屋 パタヤ

SPONSOR LINK 肉とシーフード食べ放題ムーカタ屋 看板 肉とシーフードのビュッフェで219バーツ。 矢印の方向は、ラオス料理レストランの駐車場。 店構え 店名はよくわからない。 小さくバーカディン2とも書いてあるので、どうやら支店のようだ。 (従来からのバーカディン2は別途営業している。 ) まあ、パタヤタイの新ムーガタ屋ってことで。 店内はそれほど広くない。 すぐ近くにあるニンジャムーガタに比べると、格段に狭い。 午後8時半頃訪れると、8割ほどの入り。 まず店員からシーフード用の七輪が必要がどうかを聞かれる。 七輪を追加する場合は、一台あたり50バーツ。 3人か4人なら七輪1個で充分でしょう。 これなら七輪代の50バーツはシェアできる。 ムーガタ用の鍋だけなら追加料金は不要だが、他のテーブルの客はすべて七輪を設置していた。 ここで七輪を追加しないのは愚策でしょう。 こんなふうに2つ並べて設置してもらえます。 なお、詳しい料金表はこちら。 タイ語のみです。 食材コーナー ビュッフェスタイルの食べ放題ムーカタによくあるカオパット、唐揚げなどのおつまみ系はまったく置いていない。 手作りソムタムとヤムのコーナーはあり。 お約束のアイスクリームとフルーツ 野菜 きのこやつみれ類 タレはお好みで そして、メインの肉とシーフード。 どんと、舟盛りで。 子どもが何人も乗れそうな船の大きさだ。 肉、肉、肉。 中でも珍しいのが骨付きスペアリブ。 きちんと下味をつけてある。 これを七輪で焼くと、激ウマっす。 シーフードもドン!と舟盛り。 イカ! 中サイズのイカが大量に積まれている。 エビ! 子持ちエビですな。 大きさはまちまち。 貝! 種類は一つのみ。 ホイワーンとか言っていた。 エビの生け簀 舟盛り魚介類だけでも見ものだが、ここの特徴はなんと言っても、生け簀。 生け簀というよりただの水槽ですが、生きたエビが泳ぎ回っております。 このエビを自分で取って、食べ放題にできる。 網ですくって、 氷水でしめる。 また、しめる。 タイ在住歴の長い友人と一緒だったが、このスタイルは初めて見たそうだ。 友人はこのエビが気に入って、何度も生け簀に通い、生きのいい大きなエビを狙っておりました。 わたしは食べるだけ。 シーフード七輪とムーガタ開始 テーブルにエビを持ち帰って、七輪の網に並べる。 うーん、まだ生きてますね。 可哀そうだけど火あぶりに。 たまにビクッと跳ねております。 ごめんよ。 これでもかとエビエビエビ。 エビに恨みはないが、とにかくエビ。 七輪に咲いた華麗なるエビの花模様。 生け簀から生け捕りにしたエビと舟盛りにされたエビでは、明らかに鮮度が違う。 生け簀のエビは、文字通りぴちぴちのぷりぷり。 身の締りが別物。 えび味噌の生臭さもなく、うまい。 焼き上がりの殻の色も違う。 生け簀のエビは、より綺麗なエビ色に仕上がる。 エビを食べるなら、少々面倒でも、生け簀から生け捕りにしましょう。 ついでに、貝やスペアリブやエリンギも焼いておきます。 スペースが足りないなあ。 イカは、ムーガタの鍋部分で火を通してから、最後に七輪で炙る。 このイカもなかなかうまい。 背骨みたいなのが入ったままだけど、簡単に抜ける。 エビは殻をむくのが面倒なんだよなあ。 エビもうまいけど、個人的にはイカのほうが好き。 ホイワーンは爪楊枝でくるりんぱとサザエの要領で中身をほじくって食べます。 コリコリしておいしいですな。 この七輪はとにかく楽しいが、本来のムーガタ鍋も忘れずに。 食べ放題のムーガタ屋にしては、肉が柔らかくておいしい。 ムーガタ屋では豚バラ肉ばかり食べることが多いが、ここは他の肉もそこそこいける。 一番うまい肉は七輪で焼くスペアリブだけど。 どうせなら七輪でもっと焼肉をしたいが、さすがに細切れの肉が多いんで、あまり七輪焼きには向かない。 最後にさっと炙るくらい。 エリンギの炭火焼きはかなりイケましたね。 まあ、七輪は基本的にシーフード用です。 いやあ、食べた食べた、とにかくエビとイカを食べた。 もうエビはしばらくいいかな。 肉も期待以上においしかったが、シーフードメインで肉はあまり食べられなかった。 最後にアイスクリームでお口なおし。 これがないと食べ放題ムーガタ屋じゃない。 会計は、ムーガタ3人分、七輪1個、コーラ大ビン、氷で768バーツ。 一人あたり、256バーツ。 バンコク在住の友人いわく、最近はバンコクでもシーフード食べ放題のムーガタ屋が増えているとのこと。 しかもビール飲み放題で399バーツ(時間制限あり)といった店だそうな。 バンコクで流行っているものをパタヤなど他の都市で真似をするのはありがちなこと。 このパタヤタイの店はビール飲み放題ではない。 そのかわり、時間制限もない。 のんびりとエビを焼くことができます。 タイの飲食店あるあるですが、人気が出てくると値上げしそう。 営業時間は、午後6時から午前6時。 午後10時過ぎには、生け簀のエビは空っぽになっていた。 営業時間が朝まで。 このあたりの店は夜の仕事終わりのタイ人が多く訪れる。 ひょっとしたら、深夜になると生きたエビを補充するかもしれないが、詳細は不明。 新鮮なエビを生け簀から大量ゲットしたいなら、早い目に訪れたほうがよさそう。 地図 パタヤタイのかなりスクンビット寄り。 パタヤタイ通りはルートソンテウが走っており、10バーツ。 ただし、夜は本数が激減する。 しばらく店の前で待ってもいいが、スクンビットとの交差点近くの乗り合いソンテウのたまり場まで行ったほうが早いかもしれない。 ウォーキングストリートとの間のバイクタクシーの相場は40ないし50バーツ。 たまにぼったくりがいるんで、事前交渉はしたほうがいい。 客はタイ人ばかりだったが、同行したパタヤタイ在住のタイ人いわく、このあたりのムーガタ屋には日本人も多いとのこと。 すぐ向かい側には日本のテレビがそのまま見られるコンドミニアム兼サービスアパートメントがあるからなあ。 関連記事: パタヤのシーフード食べ放題ムーガタ屋 シーフード食べ放題のムーガタ屋はパタヤにいくつもある。 いちばん有名なのはニンジャ。 関連記事: (注:ニンジャのパタヤタイ店は2017年年末に移転済みとのこと) カニもあるが、シーフード食べ放題プランだと400バーツする。 シーフードを焼くことができるのは、専用の大型グリルだけ。 (従来のムーガタ鍋で焼いてもいいけれど) セーチュアンとゲーンムーガタが安い。 どちらもシーフード食べ放題で200バーツとお得プライス。 関連記事: 関連記事: ゲーンムーガタはカニもある。 ただし、セーチュアンもゲーンムーガタもテーブルの七輪はない。 別の大型グリルで焼くスタイル。 一方、自分のテーブルの上の七輪でシーフードが焼けるムーガタ屋がパタヤにも登場している。 関連記事: ムーガタコンケーンは299バーツ(+七輪代)とやや高めの料金設定だが、セカンドロードとソイブッカオの間という好立地。 貝の種類は豊富だが、イカとカニはなかった。 (切り身のイカはある) (追記:その後閉店している) あと、サードロードのバンチャーンも昨年からシーフード食べ放題のムーガタをはじめた。 関連記事: この時はまだ食べ放題開始前だったため詳細は不明だが、タイ人に話を聞くと、テーブルの上の七輪で自由に焼くことができるそうだ。 料金は259バーツ。 あとはサードロードにアンポーンという比較的有名なシーフード専門食べ放題もある。 どうせシーフードを焼くなら自分のテーブルでじっくり焼きたいもんです。 まとめ パタヤタイの新しいムーガタ屋はおすすめです。 特にエビとイカ好きにはたまりません。 エビ好きのタイ人は多い。 そんなエビ好きタイ人を連れてきてあげれば、大変喜んでもらえるはず。 ムーガタには目もくれず、ひたすらエビを食べる人もいるかもね。 それくらい、ここの生きたエビはうまい。 とはいえ、所詮は食べ放題のムーガタ屋です。 本当に大きくて身が多いエビを食べたければ、専用のシーフードレストランへ行きましょう。 カテゴリー• 327• 165• 150• 601• 387• 289•

次の

パタヤのおすすめホテル。20回以上パタヤへ行った自分がエリアごとに厳選してみた。

のんびり 屋 パタヤ

お店の名前: The Sky Gallery Pattaya• お店の住所:400 M. 12 Racjchawaroon Rd. , Phra Tumanak Hill Pattaya, Chonburi 20150• お店の電話番号:038-418-588• facebook. skygallerypattaya. お店の営業時間:08. -24. 00 年中無休 ザ スカイギャラリー パタヤの行き方 先ずは地図で位置を確認して下さい。 では、景色だけではない、ザ・スカイギャラリー・パタヤの料理の実力を見ていきましょう。 ミネラルウォーター ミネラルウォーターにはラベルに名前が張ってあります。 マンゴースムージー 写真で見ても分かると思いますが、 ピーチアイスティー もうこれぞオシャレカフェのドリンクという感じです。 アイスティーなのにジュース以上にフルーティーです。 なんか小さなボールみたいなのも入ってますしね、オシャレ女子は必ず頼むべき品ですよね(笑い) ヴァニラ ミルクシェイク くどくない甘さでフレッショな味わいです。 タイで甘すぎないというのは嬉しいですよね。 ココアシェイク カフェで味わえる安心の味ですね。 ココアって言うか、ミロの味だと思います。 ピアディーナ イタリアの田舎料理ということで注文してみました。 ピザ生地で具材を挟んでみたような感じでいた。 まぁ確かにシンプルで美味しいですよね。 サーモンのピザ イタリアンレストラン以外ではあまりピザは頼まないんですが、オープンな雰囲気には合いそうなので注文しました。 予想外に本格的な味で美味しかったです。 これは石窯を作ってあるんでしょうね。 ペペロンチーノ ニンニクのきいた少し凝った味のペペロンチーノです。 日本のオシャレカフェで出てきそうな料理です。 十分に美味しいです。 たらこスパゲティー たらこのクリームパスタですね。 普通に日本のお高いカフェで出てくるような料理です。 この味がパタヤで食べれるとホッとします。 日本の味が恋しくなった時におススメです。 イカ墨のスパゲティー イカ墨のスパゲティーの見た目は、イタリアンな感じですが、味の方はタイ料理っぽく仕上がってますね。 色は黒いですが、イカ墨の味はほとんどしなくて、辛いペペロンチーノというか、タイのスパゲティーのキーマオみたいな味です。 イカ墨スパゲティーは、イタリアン・レストランで頼む方が良さそうです(笑) トウモロコシのソムタム タイ料理のソムタムなんですが、味は普通でしたね。 柔らかく出来ているので、見た目は大きく迫力がありますが、意外とペロッと食べれちぇいます。 お洒落なカフェの雰囲気にあっていますし、おススメのメニューです。 グリルチキンステーキ 写真を見てもらえばわかる通り非常にオシャレな盛り付けですね。 丁寧な仕事は味にも反映しています。 間違いのない品です。 ザ・スカイギャラリー・パタヤが紹介されている動画 タイのメディアでも多く取りあげられています。 今回はその紹介記事を3つピックアップしました。 美味しいハンバーガー屋バーガーマップ パタヤで最も美味しいハンバーガーと言っても良いと思います。 最近になってバンズが少し小さくなったのとナクルアにあるので少しアクセスが大変なのがマイナス点ですね。 それでもパタヤの中ではおススメのグルメバーガーです。 バンコクではグルメバーガーブームですが味は負けてないと思います。 詳しくは下の記事で読んでみて下さい。 皆さんもぜひこの異質な空間を体験してみて下さいね。 シーフード料理のムンアロイ 南国のビーチリゾートに来たのですからやっぱり新鮮なシーフードを食べたいですよね。 ムンアロイは地元タイ人にも大人気な確かな味なだけでなく、ウォーキングストリートにあるシーフードレストランよりも安く食べれますよ。 場所はパタヤの中心地から少し離れますが、それでも間違いなく行く価値ありますよ。 パタヤの絶景なレストラン:ザ・スカイギャラリー・パタヤのまとめ パタヤは美味しいレストランは多くあるのですが、洗礼されたオシャレなレストランはそれほど多くはないです。 どちらかというと、ヨーロッパの田舎にありそうな家庭的なレストランが一般的です。 そんな中で、これだけ内装と料理のオシャレにこだわったレストランはパタヤにはないと思います。 女性が観光やデートで行くには、これ以上はないほどおススメですよ。 スタッフの感じも良いですよね、これもタイでは貴重だったりしますからね。 少し行き難いですが、パタヤに来た際には、ぜひ訪問して凄い風景の中で癒されてくださいね。 海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。 私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。 そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。 そんな私が使っている 海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。 このカードを持つことで自分で加入しなくても海外旅行保険は付いてますので病気や怪我での入院費無料になります。 更には荷物を無料で自宅に宅配が出来たり盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行が可能など多くの特典を受けることが出来ます。 正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか? 詳しくはの記事で説明していますので読んで下さい。 海外旅行の保険料が無料に出来るだけでもお得ですからオススメですよ。

次の

パタヤ、ジョムティエン地区を散策!まだまだ知らない世界がたくさんあった・・・(中編)

のんびり 屋 パタヤ

SPONSOR LINK 時代屋本店パタヤ どうやら、2018年2月頃にTREE TOWNに移転してきたようだ。 もろに日本の居酒屋の趣。 ここが本当にソイブッカオかと不思議な気持ちにさせられる。 地図 営業時間:17時~24時、ラストオーダー23時半 (水曜日定休日) 店内に入ると、これまた普通に日本の居酒屋。 掛け声も日本語。 店員にも日本人がいるようだ。 座敷席あり。 もちろん、靴を脱いで上がる。 これまた日本。 店内モニターでは、日本のテレビがそのまま放映されている。 もうなにがなんだか。 客はいかにも駐在員っぽい人たちが多い印象。 でも、たまにファランが入ってきたりもする。 メニュー 一部だけ紹介。 特うまシリーズと焼魚 麺類 焼きそばは当然としても、パスタも揃っている。 丼もの ソースカツ丼150バーツ、特製カツ丼170バーツ、カツカレー220バーツなど。 ラーメンとチャーハン 寿司は別メニュー。 一貫19バーツから 特選寿司は100バーツ ドリンク アサヒ生ビール100バーツなど。 日本酒も置いてある。 壁にもたくさんメニューが並ぶ。 おでんやもつ煮など、まさに日本の居酒屋スタイル。 それにしても、アイスクリーム10バーツって安いような。 以下、実際に食べたものを並べていく。 鉄火巻 これは2人前で156バーツ。 一巻き78バーツ。 いや、ほんと、普通に日本の寿司の味です。 厚揚げ 100バーツ おつまみといえば厚揚げ。 かつおぶしたっぷり。 日本の居酒屋の味。 ソース焼きそば 150バーツ 青のりたっぷりのソース焼きそば。 野菜多め。 肉も多め。 当たり前だけど、もう完全に日本の焼きそばですな。 パタヤのローカル屋台焼きそばが60バーツ。 関連記事: 2. 5倍もするんだから、これくらいはやってもらわないとね。 イカのバター炒め 180バーツ 創作料理っぽいメニューだが、バターがしっかり効いていて、かなりいける。 イカ好きとしては、これが一番うまかった。 決して和食であるはずがないが、きっちりと日本の味。 にんにく炒飯 130バーツ 味噌汁付き。 炒飯はその名の通り、にんにく風味強め。 最後の締めに食べたくなる味。 まとめ 以上料理5品。 これに、LEO大瓶1本(140バーツ)と水1本(40バーツ)を飲んだ。 3人で訪れると、軽くお腹が膨れる程度の量。 計896バーツ。 総トータル959バーツ。 3人で割ると、一人320バーツ。 1000円ちょっと。 ビール1本しか飲んでいないので、比較的安くすんだ。 いやでも、水がちょっと高いなあ。 カツ丼(170バーツ)だけを食べに来たいが、無料の水はあるんだろうか。 なければ、一人で食べるに来ることはなさそう。 カツ丼と水で合計210バーツは出せない。 カツ丼なら、サードロードのジャンボスシで満足できる。 80バーツで味噌汁と漬物と無料のお茶付き。 関連記事: ビールは生ビールにすると100バーツだが、ビールを飲むならバービアでいいし。 それにしても、パタヤでこういう店に入ると、どうにも背中がむず痒く感じてしまう。 店内の注文は全部日本語だし、テレビは日本のチャンネル。 他の客の会話もほぼ日本語オンリー。 食事も日本そのまんま。 何ていうんでしょうかねえ、パタヤはこれじゃないだろう感がすごい。 バンコクのタニヤやプロンポンあたりだと何ということはないんだけど、パタヤ、それもソイブッカオでこの環境はやっぱりどこか変。 パタヤでこれを求めちゃいかんでしょうという考えは偏屈なのか。 まあ、安くておいしければ何でもいいんだけど。 日本から気の置けない友だちがパタヤに遊びに来たら、あえて時代屋で宴会するのはアリかなと。

次の