ホトトギス 意味。 織田信長の名言?ホトトギスの意味と意外な性格やエピソード!

ホトトギスの花言葉は?どんな植物?色や種類、見頃の季節は?

ホトトギス 意味

ホトトギスの托卵性の意味とは? ホトトギスは托卵性の鳥で自分で巣を作ることはもちろん、子育てまでも他の鳥に任せるという寄生的な習性を持っています。 托卵性の鳥は日本ではホトトギスを入れ4種類生息していますが、 ホトトギスはほぼウグイスにのみ托卵すると言われています。 ではどのように托卵が行なわれているのでしょうか? ホトトギスとウグイスの卵が似ている理由とは? ホトトギスを含めた托卵性の鳥は仮親の卵に似た卵を産むと言われており、ホトトギスはウグイスの卵とよく似たチョコレート色の卵を産みます。 ホトトギスはウグイスが巣を空けた隙を狙い、巣の中にあるウグイスの卵を1個または数個外に持ち出し、ウグイスの巣の中にわずか数秒で自分の卵を1個産み、飛び去っていくと言われています。 見た目が似ているためかウグイスが巣に戻ってきても気付くことはなく、自分の卵と同じように温めて孵化させます。 Sponsored Link ウグイスのヒナが無事に育つことは少ない ホトトギスのヒナはウグイスよりも数日早く孵化すると言われており、ホトトギスのヒナはウグイスの卵を自分の背中に乗せ外に放り出してしまいます。 小さなヒナにとってウグイスの卵を運ぶのは重労働ですが、ホトトギスのヒナは日を追うごとにどんどん成長するため仮親のウグイスの隙を狙って、巣の中のウグイスの卵を全て放り出してしまいます。 そのため、ホトトギスのヒナとウグイスのヒナが一緒に育つことは難しく、そのような状況を目にできるのはごく稀といえるでしょう。 場所によってホトトギスの寄生率は4~6割 ウグイスは自分の卵が巣の外に転がっていっても、巣の外に出たものにはほとんど興味を示さないという習性があり、ホトトギスはそういったウグイスの習性を賢く利用していると考えられています。 そのため巣に残ったホトトギスのヒナを自分の子どもと認識し、愛情を持って育てようとします。 このようなホトトギスのウグイスへの寄生率は場所や季節によっては4~6割に達することがあると言われています。 ウグイスの繁殖期がホトトギスよりも期間が長いことがせめてもの救いといえるかもしれません。 ホトトギスとウグイスの卵はどちらもチョコレート色をしていますが、これは托卵する仮親のウグイスの卵にホトトギスが色を似せているためと考えられています。 ウグイスはホトトギスに自分の卵を全て捨てられ、ホトトギスのヒナを自分のヒナとして育てていきます。 ホトトギスの多い地域ではウグイスの繁殖に影響を与えますが、ウグイスの繁殖期がホトトギスよりも少し長いのがせめてもの救いといえるでしょう。 Sponsored Link.

次の

ホトトギスの花言葉は?どんな植物?色や種類、見頃の季節は?

ホトトギス 意味

さあ、解釈してみよう。 「目には青葉……」の俳句の意味とは 「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」。 江戸時代に作られたこの俳句。 「聞いたことはあるけど、どういう意味なのだろう?」 という方も多いのではないでしょうか。 これだけを見れば、 ただ名詞が並んでいるだけのように見えますし、• 「青葉」• 「ほととぎす」• 「初鰹」 の組み合わせにした理由も、 現在ではあまりよく分からないからでしょう。 でも、 「宿題やらなにやらで、この意味を調べてこなくてはならない」 となった時には、大変困るに違いありません。 また、これについて調べれば調べるほど、 色々な情報が出過ぎて混乱もするでしょうし、 途中で面倒になるでしょう。 そこで今回は、 「この句の意味や鑑賞」 と、 「もう少しこの句を掘り下げたら どのようなことが分かるか?」 を、述べてみようと思います。 スポンサードリンク 俳句の季語?初鰹の意味を知ろう まず、この俳句の意味を書いてみると、 次のようになります。 目には新緑の青葉が映り、 耳には山にいるほととぎすのさえずりが聞こえ、 口には初鰹の味が広がるものだなあ。 では、鑑賞してみましょう。 俳句には季語がありますが、 ここにある季語はなんと• 「青葉」• 「ほととぎす」• 「初鰹」 の3つで、全て夏です。 季重なり、という通常嫌われる用法なのですが、 この場合は成功しています。 その理由としては、以下の4つがあります。 つまり、馴染みやすかったのです。 また、元の句をよく見ると、 「目には」とありますが、 「耳には」「口には」がありません。 この句を作った山口素堂(やまぐち・そどう)は、 「『目には』と書けば、 自然と『耳には』『口には』という言葉が浮かぶだろう」 とわざと省略しているのです。 少ない文字数で世界観を表現する俳句にあっては、 非常に優れた表現技法と言えます。 そこに「初鰹」を加えた素堂の句が、 新奇性があり、かつ認められたのでしょう。 それを利用して、 初夏の情景を浮かばせようとしています。 そこからは字余りもなく進むため、 テンポよく畳みかける、という技法も盛り込まれています。 これらが季重なりを相殺している、 ともいえるかもしれません。 江戸の人々にとっての「初鰹」 素堂は、 昔から使われてきた「青葉」と「ほととぎす」に 「初鰹」を組み込みました。 その理由は、「初鰹」が人気のあるものだったから、 ということでしょう。 しかし、初鰹は、当時どのような存在だったのでしょう。 そもそも日本では、 季節を感じながら、季節のものをいただくことを 大切にしています。 現在ではそれを「旬のもの」と言いますね。 その「旬のもの」をいち早く賞味することが、 何よりの喜びでしたし、 「初物」を食べると、75日長生きするとも言われていました。 つまり、「旬のもの」を食べることは、 日本人にとっては良いことだったのです。 中でも初鰹(一般には「のぼりガツオ」と言われます)は さっぱりしています。 ただし、誰もが食べられたわけではありませんでした。 例えば、1匹10万円もしたとも言われています。 また、狂歌にも、 「女房を 質に入れても 初鰹」 というものが残っているくらいです。 ちなみに当然ですが、「絶対ありえないけどね」 という前置きを暗黙の了解としています(笑) そんな初鰹は、現在でも愛され、食べられています。 まとめ これで、かの俳句についての 深い理解は得られたのではないでしょうか。 俳句はちゃんと学び、調べていくと、 時代背景にまで踏み込め、奥が深くて面白いのです。 「俳句は嫌だ……」と言う人は多いことは事実です。 実際わたしも、それほど俳句は好きではありませんでした。 しかし俳句は、 「世界一少ない単語数で表現のできる文芸」 として有名です。 俳句という小さな世界に込められた、 大きな世界を実感できるのは、 日本人の特権と言っても過言ではありませんよ^^.

次の

二十四節気「立夏」。唱歌「夏は来ぬ」にこめられた心とは?(stwww.surfermag.comサプリ 2019年05月06日)

ホトトギス 意味

ホトトギスは、万葉集や古今和歌集などの歌集に登場したりと、古くから日本では親しまれる、多くの人にとって馴染み深い鳥。 しかし ホトトギスの 鳴き声は?というと、案外知られていなかったりします。 「ホトトギスの鳴き声は?」と聞かれると、慌てて思わず 「ホーホケキョ!」と答えてしまいそうですが(苦笑)、 「ホーホケキョ」と鳴くのはホトトギスではなく、「春を告げる鳥」と呼ばれる「ウグイス」ですよね。 では、 ホトトギスの鳴き声とは、いったいどんなものなのでしょうか?。 また、「ホーホケキョ」と鳴くウグイスと、ホトトギスの違いとは?。 今回は、 ホトトギスとウグイスを比較しながら、 「ホトトギスの鳴き声」を中心に 音声を交えながら詳しくお伝え致します!。 ホトトギスとウグイスの違いとは?ホトトギスはウグイスの天敵? 「ホーホケキョ」の鳴き声は、「ホトトギスとウグイスどっちが本当なの?」なんて、何かと勘違いされてしまうホトトギスとウグイスですが、 鳴き声はもちろん、生態や特徴など全く違う鳥なのです。 しかし、似ても似つかない鳥ではあるものの、実は ホトトギスはウグイス にとって「天敵」であるという驚きの関係性が、浮かび上がってくるのです!。 ホトトギスの生態や特徴は? 「ホトトギス」はカッコウ目・カッコウ科に分類される鳥で、その姿は、カッコウに良く似ています。 大きさは、全長約28センチほどあり、体の模様は、 頭から背中は青灰色で、お腹の部分は黒色の横斑や黄色味がかったシマシマ柄が特徴的です。 また、ホトトギスは 「夏鳥」として知られており、 日本へは5月頃、夏よりも少し早めの時期に渡来してくるので、 「夏を告げる鳥」といわれ、実際ホトトギスの鳴き声を聞くようになると、「間もなく夏が来るなぁ」と感じる人もいるようですよ。 そして驚くことに、 ホトトギスは自分の産んだ卵を自分で育てません。 他の鳥に育てさせるのです!。 その他の鳥というのが、なんと「ウグイス」なのです。 ホトトギスはウグイスが産んだ卵を取り除き、 ウグイスの巣に自分の卵を産み付けて、 自身では全く世話をせず、その巣の親であるウグイスにホトトギスの卵の世話をさせます。 つまり、ウグイスがホトトギスの卵からヒナの「育ての親」ということになりますね。 このことを 「托卵(たくらん)」といい、ホトトギスは卵を産んだら、すぐに巣から飛び立ち、 「後はすべてウグイスにお任せ!」という、かなりの放任主義者なのです。 「ホーホケキョ」の鳴き声を間違えらるだけでなく、自分が産んだ卵を排除され、ホトトギスの卵の世話までさせられてしまう…。 ウグイスにとって、ホトトギスはまさに「天敵」他ならないですね。 さらに不思議なことに、ウグイスに育てられたホトトギスも、また大人になって巣立ちを迎えると、また、ウグイスなど他の鳥の巣に托卵するようになるのです。 まさに 「恩を仇で返す」というのはこのことを言うのかもしれませんが、ホトトギスの意外に知られていない、驚くべき生態であることが分かります。 ウグイスの生態や特徴は? 「ウグイス」は、 全長は約14センチほどと「スズメ」と同じくらいの大きさで、 「ホトトギス」に比べるとかなり小さく細身の鳥。 見た目も、スズメとよく似てます。 それもそのはず、 ウグイスはスズメ目に属する鳥。 頭から体は オリーブ褐色で、お腹の辺りの羽毛が白色をしているのが特徴的です。 ウグイスは別名 「春を告げる鳥」とも呼ばれていて、春先から盛夏にかけてウグイスの鳴き声を聞くことが出来ます。 このウグイスの鳴き声は、 「日本三大鳴鳥(にほんさんだいめいちょう)」の1つとされています。 とても美しい鳴き声とされている、 お馴染みの ウグイスの鳴き声 「ホーホケキョ」は、 実はオスのみの鳴き声で、ヒナ鳥のために餌を運ぶメス鳥に、オス鳥が 「縄張りに異常がない」ことを知らせるために発する鳴き声なのです。 「ホーホケキョ!」 なんと、 1日に1000回以上も鳴くこともあるそうですよ!。 ウグイスのオスは「ホーホケキョ」の鳴き声の他にも、「ピピョピョピョピョ」と鳴き声も発します。 ウグイスのメスはというと、通常「チッチチッチ」と鳴きます。 スポンサーリンク ホトトギスの鳴き声は?! 「ホーホケキョ」はウグイスの鳴き声ということは、覚えていただけたかと思います。 では、ホトトギスの鳴き声とは、いったいどんなものなのでしょう?。 実際に、ホトトギスの鳴き声を 音声で聞いてみましょう!。 いかがでしたか?。 ホトトギスの鳴き声は甲高く、ウグイスの鳴き声である 「ホーホケキョ」とは全く似ても似つかないものでしたね。 また、 ホトトギスの名前の由来は、「ホトホト」という鳴き声が聞こえたことから名付けられたという説がありますが、「ホトホト」と聞こえてきたでしょうか?。 さらにホトトギスの鳴き声は、「ホトホト」の他にも、江戸時代以降から様々な面白い表現がされてきたようです。 ホトトギスの鳴き声の表現の仕方 江戸時代以前までは、ホトトギスの鳴き声の表現は「ホトホト」のみだったのですが、江戸時代以降は色々と変化していき、色々な表現がされるようになりました。 その面白い表現というのが、 ・タケヤブヤケタ( 竹藪焼けた) ・ホンゾンカケタカ(本尊掛けたか) ・テッペンカケタカ(天辺欠けたか) ・トウキョウトッキョキョカキョク(東京特許許可局) などといったものです。 先ほど紹介したホトトギスの鳴き声、皆さんはどれに近いものが聞こえてきましたか?。 ちなみに個人的には、 「テッペンカケタカ」がホトトギスの鳴き声に近いのではないかと思いました。 「東京特許許可局」と聞こえるという意見も多いようですね。 みなさんは、いかがでしたか?。 まとめ 今回は、 ホトトギスの鳴き声は?というところから、ついつい勘違いしてしまう 「ホーホケキョ」と鳴くウグイスと、ホトトギスの生態や特徴について比較しながらお伝えしていきました。 ホトトギスとウグイスの違いは、 ・ 夏を告げる鳥 ・体長は28センチで、カッコウと似ている。 ホトトギスはカッコウ科 ・ ホトトギスの鳴き声は「ホトホト」や 「トッキョキョカキョク」、「テッペンカケタカ」などの様々なユニークな表現がされている。 ・ホトトギスは、 「托卵」という 他の巣に自分の卵を産み付けて面倒を見てもらうという行為を「ウグイス」にさせている。 ・ 春を告げる鳥 ・体長は14センチほどと、スズメくらいの大きさで、見た目もスズメと似ている。 ・ウグイスの鳴き声は、 「ホーホケキョ」でこれは、 オス鳥がメス鳥を呼ぶときの鳴き声。 「ホトトギス」と「ウグイス」は、鳴き声も生態も全く別のものでしたが、実は 「天敵」という意外な関係性で結びついているという興味深い事実が分かってきましたね!。 ホトトギスがウグイスに「托卵」をしているので、 ウグイスが生息する場所にホトトギスがいたり、ホトトギスが見られる時期が、ウグイスが見られる時期と同じになってしまったりするため、 ホトトギスとウグイスを間違えてしまい、「ホーホケキョ」の鳴き声をも勘違いしてしまうのかもしれません。 また、「ホーホケキョ」というウグイスの鳴き声はついつい、ホトトギスの鳴き声ではないの?と思ってしまうほど、耳に残る表現ですが、ホトトギスの本当の鳴き声も、1度聞けば覚えてしまうほど特徴的なものでした。 ぜひ、ホトトギスが渡来する季節になったら、耳をすませて、鳴き声を聞いてみていただけたらと思います!。

次の