ソニー損保 三井ダイレクト。 ソニー損保かアクサダイレクトか?迷ったらこっちがおすすめ!自動車保険選びの5つのポイントを詳しく解説!

ソニー損保と三井ダイレクトの比較~後発参入と老舗どっちが良いの?|自動車保険Navi

ソニー損保 三井ダイレクト

三井ダイレクト損保の「総合自動車保険」は、インターネットからでも申込・契約ができる「ダイレクト型」の自動車保険です。 人件費をはじめとした事務コストを削減できることから、対面での手続きが必要な「代理店型」よりも保険料が割安なのが特徴です。 インターネット経由での割引や、長期間継続した契約者への割引も適用可能。 グループ会社の三井住友海上やあいおいニッセイ同和損保とも提携し、事故対応の体制を整えています。 とはいえ、自動車保険は利用段階になって初めて効果を実感するもの。 担当者への不満や保険金の支払スピード、ロードサービスの使い勝手など、十人十色の評価があるでしょう。 ここには、実際に加入した人の生の声が投稿されていますので、契約前の参考にしてください。 事故は、信号は十字路で当方青信号、相手信号無視での全損事故となります。 比率は、相手100のこちら0です。 相手側の保険会社が三井ダイレクトで、こちらに対しての損害金費用が10年前の軽も買えないほどの提示でした。 また、その金額に対してあまりにも低いので、これでは諸経費分が全くまかなえないです。 と言ったら、そのような事は、こちらでは知りません、また諸経費分は計算に入れないとのことでした。 尚、この事故は物損だけではなく、近く警察に診断書出して、刑事事件の障害として立件するようにします。 また、相手方の対応も悪く、たぶん保険会社の良いなりになってるのでしょうが、この様な加害者の方は、たんに被害者に対してさらなる被害をかけているだけだと感じます。 三井ダイレクトを利用するのは自由ですが、加入すると言う事は、被害者の方をさらに被害者の上塗りをするだけとなる事を知っておいてください。 写真は、右フェンダーより追突され、フロンド部分を全て持って行かれました。 また、追突直後に相手はブレーキも掛けずに、かなり先まで直進して200mほど先で停止。 私の車は、交差点内で1. 5回転して側道の所に停止しました。 数ヶ月前に物損事故がありました。 8:2で相手が悪い事故でしたが、相手の保険会社との交渉はなぜか私がやることになり事故担当者はまったく仕事をしません。 修理工場には悪質な鑑定人というヤクザのような人間が現れ、ディーラー見積もりの修理の半分程度しかお金を出さないと言ってきました。 それはおかしいと交渉すると色々担当者から嫌がらせが始まります。 修理工場の人はそれがわかっているみたいで関わりたくないのか急に話をしなくなりました。 ネットでこのようなことが書かれていて、自分はそんな目に合わないと思っていましたが、この三井ダイレクトだけは、万人に等しく嫌な対応をしてきます。 私は、長らく営業をやっており、トラブル対応や交渉ごとはかなりうまい方ですが、三井ダイレクトの戦法は理にかなった議論はなく脅しまがいの交渉ですので、そういう交渉が得意の人以外は、絶対に避けるべきです。 たかが車の修理や相手の交渉に何ヶ月も時間を無駄にできますか? 三井ダイレクトと付き合っている時点で、結局は何も元に戻りません。 確かに安いですが、事故で疲弊している時に、ジャブではなくガンガンストレートで嫌がらせをしてくる保険会社に加入を勧める理由はありません。 もうこれ以上被害者を増やしたくないので、とても疲れていますが、注意喚起のためみなさんにお知らせいたします。 本当に疲れました。 車もちゃんと直せませんでした。 最悪ってこういうことですね。 保険料は安いのでこちらに契約してました 実際事故に遭って電話をして提携している修理工場とレッカーの手配をして下さり私としてもこちらにお任せ下さいと言われ一安心してました。 でもレッカー待機してる最中にも何十回も不在着信が入っていたり留守電が残されていました。 しかも何度も同じ内容の電話です 安心はしてましたがそういう対応もあったので少し不安になった 翌日以降週明けは担当者が決まり話を進めてましたが納得できるものではありませんでした 後々確認したら向こうは淡々と答えるだけで自分が思っていなかった事ばかり告げられ修理工場とは個人で交渉する形に しかしその修理工場の責任者が癖のある人で相手の事を本当に考えているのかと疑いたくなる位軽率な発言をしたり上から目線で話になりません 何でこんな店を紹介したのかと、こんな事なら別の店を紹介して欲しかったですね 何を言ってもマニュアル通りなのか無理無理難しい難しいな対応ばかりでこちらが話してて馬鹿らしくなります しかも対応してもらう度に担当者の口調にやる気の無さが伝わってきます 結局、車は全損。 高額な修理費用はほぼ全額自己負担 仮に払っても大損するだけなので諦めました 泣き寝入りになるので車は廃車にしました 長年の思い出が詰まった車を廃車にする苦渋の決断をこの修理工場や保険会社はわかってないのは本当に憤りを感じてしまいます こんな事なら少し高くても他の保険会社に加入しておけば良かったと後悔しかありません 最悪の保険会社です。 折り返しの連絡が一切ありません。 電話をかけて忙しいのは分かります。 しかし、折り返し連絡しますとか、折り返しメールをしますと言って放置するのはどういうことなのですか? 折り返し連絡します。 ただし100年後とかいう意味ですか? 最低でも一度、もう少し時間をくださいとか連絡ありませんか? 折り返しというのは電話をかけたほうがかけ直すという意味なのですか? レッカーの相談をして、今混み合っているので折り返しますと言われ 見知らぬ土地で、Google マップ見ながら、バイクを押して歩く気持ちが分かりますか? その時はなんとかしましたが、その後一度も電話がかかってくることはありませんでした。 まだ事故などはありませんが、こういう保険会社を信頼できますか? 廃車証明など公の書類を用意しても社内規定により解約も中断もできないと言われました。 つまり、この会社は廃車した存在しないバイクに保険をかけれるんですか? と言ったら、廃車したバイクにはかけれない。 と言われ、じゃあなぜバイクを廃車しても保険は残るのですか? と言っても社内規定と言われます。 こんな言葉使いたくありませんがクソです。 対車事故を起こした時、相手方の保険会社が三井ダイレクトでした。 相手の方は非常に良心的な方でしたが、三井ダイレクトの対応が酷過ぎて嫌な思いをしました。 私が不快に感じた事を幾つか挙げます。 何で連絡しないんですか?と問いましたが、その場では平謝りするモノの、 その後もコチラから連絡しないと意思疎通できない状態が続きました。 しかも、コチラの過失割合をあり得ない程、高く盛って決着を付けたがるので、 コチラも納得いかず話は進展しません。 そんな不毛なやり取りを何か月も繰り返します。 しかし、上記の不満が募りに積もって爆発して怒鳴ってしまいました。 そしたらオペレーターが「うるせえ!お前なんかに絶対金出さんぞ!」と 負けじと怒鳴ってきました。 今思えば、録音すべきだったと思います。 そのオペレーターとは、ずっと険悪でしたが担当制?のため、 最後まで同じオペレーターが相手でした。 長文になってしまい申し訳ありません。 最近ようやく決着が付いたので愚痴を書かせて頂きました。 今後、何があっても三井ダイレクトで契約しませんし、他人にも絶対勧めません。 現在、保険料安さで三井ダイレクトを契約している方は解約をオススメします。 事故対応がクソなので、いざという時に自分にも相手方にも嫌な思いをさせてきます。 お気を付けください。 被害者に対し保険出してほしいなら言う通りにしないと出さないぞ!と言う感じで物を言ってくる最悪な保険会社。 当該保険会社は、事故現場、事故状況等も全く見にこず委託業者に任せてありますのでわかりかねるなどと信じられない態度でごうまんな態度でくるので非常に腹立たしく思います。 加えて、被害者に対し損害の工事の見積書や破損した箇所及び破損物品等の個数を数えて一個いくらで合計いくらの損害がでたかエクセル等で明細を作ること、おまけにその写真を個別にとることを要請してきます。 で、見積書や損害個別明細等を作成しても保険が下りるかどうかわからないと言ってきます。 私は、被害者なんですよ!何もかも人任せ、被害者に対して何ら迷惑をかけてるとか気遣いも一切ない会社です。 保険が本当に出るかどうか問い合わせても「レポートが委託業者から来ておりませんのでわかりません」との回答ばかり被害者を非常に不安にさせる保険会社です。 仕事の車で片側1車線の堤防脇の道路を走っていて、対向車に突っ込まれました。 相手は居眠りでセンターラインをはみ出して、道路の真ん中を走って来たので避ける場所もなく、私の車は接触横転し、車は廃車になってしまいました。 その相手が三井ダイレクトの加入者でした。 10対0で相手が悪いのですが、三井ダイレクトの担当者からは、「あなたの車のグレードと年式から査定額分しか出せません」と言われました。 査定額では車は買えないですし、「車の装備はどうなるのか?載せていた仕事の道具はどうなるのか?」と聞いてみたら、「装備は計算に入りません。 道具は全て新品になるとは思わないでください。 道具は何時、いくらで買ったのか表にして書き出して下さい」と言われてしまいました。 台車は借りられる期限が決まっていて、それまでに新しく車を購入しないと仕事に差し支えるのでネットで探して購入しましたが、かなりの出費ですし、仕事用の車故に棚を製作するのに仕事をキャンセルしなければならなくなり、道具の購入金額表を作るにも手間がかかり、結構な損害になりました。 被害者なのに踏んだり蹴ったりでした。 加入者は安くてメリットがあるでしょうが、被害者は大変な思いをするので、自分は加入しようとは思いません。 トラックに追突。 過失はこちらにあったので保険対応となったが、窓口の女性は不親切で、どのようなときにロードサービスの適応外になるのかや、適応外になる場合にお金が発生することや、具体的な金額が示されなかった。 案の定、金額が発生することになり、「女性から聞いていない」と文句を言うと上司が電話口に登場。 窓口の女性が適切な対応をした「聞いている」と主張された。 納得できず、録音音声で本当にそんな発言があったのか、証拠を示してほしいと伝えたが「無理」の一点張り。 とにかく、終始、対応に誠実さが感じられず、安心とは程遠いやりとりが行われた。 後日、ロードサービス部門のさらに上司から連絡をもらったが、「契約書上の規約には明記してないが証拠は示せない、録音音声は個人情報ととらえてないので開示義務はないと解釈している、そこに法的根拠はない」など、むしろ態度は硬化。 今まで、東京海上火災やあいおいニッセイなどの保険に入ってきたが、一度も事故対応で不快な思いをしたことがなかった。 ぜひ、契約しないことを心からすすめます!! 事故の相手の保険会社でしたが、対応がすごく悪かったです。 相手が10、こちらが0の過失割合でしたが、かなりの重体の私の所に1ヶ月以上経って初めて現れた保険会社の方に言われた言葉が、健康保険で治してもらえませんか?でした。 もちろん断りましたけど。 退院後も1年間リハビリの必要があったのですが、交通費は立て替え払いでと言われ、その立て替えたお金もさえもなかなか振り込まれなかったです。 普通はタクシー代等は立て替えなどせずに、直接事故の加害者の保険会社さんに請求されるみたいです。 また、転職が決まってそれまでの会社に退職届を出した後の事故だったのですが、働けないため月々10万が振り込まれる事になったのですが、そちらも催促しなければ振り込まれませんでした。 こちらの保険に弁護士特約ついていたので、途中から弁護士さんに間に入ってもらいましたが、それもかなり時間がかかりました。 弁護士特約がなかったらと思うとゾッとします。 2度と関わりたくない会社です。 1回目は気が荒くなった相手に名前住所車の詳細電話番号等自分で聞いてくださいとのことでした。 しかも平常でいられない相手に対し何度も何度も連絡させられました。 向こう側に保険屋通せと言われても三井ダイレクトが拒み自分で連絡してくれと言うことだったのでとても怖い思いまでしました。 相手側は本人ではなく保険屋さんから連絡が来るのに三井ダイレクトは一度も向こう側と関わってくれませんでした。 2回目は高速道路走行中に飛んできたものでフロントガラスが割れ、警察に通報して保険屋に連絡しましたが 私の為に警察は頑張って動いてくれたのに保険屋はこの件は相手の保険屋に勝てないから出ていけないんですよねーわかります? と人を小馬鹿にした担当者でした 向こう側の保険屋も当然支払いたくないので私のフロントガラスは飛翔物とは無関係と言うことにされてしまいました 無駄金です、ぼったくりです 金額に見合った対応をして貰ったことがありません 4月で切り替わりなので二度と三井ダイレクトをえらばないし周りにもオススメは絶対にしません やめた方がいいです ネット系保険を何件か見積もりし、安かったしロードサービスもついているので契約。 契約して一年目。 雪山に行く際にアウトバーンに遭い、チェーンしていたのにスリップし立ち往生。 すぐに電話してロードサービスをお願いしましたが、混んでるとかそういうことで何時間もかかるし、時間も読めないのでJAFにお願いしたらどうかと提案される。 幸い、たまたま近くを通った除雪車?ショベルカー?に助けてもらい事なきを得ました。 その時は深く考えなかった為、2年目も継続。 先日、車が道路上で動かなくなってしまい、ロードサービスをお願いしたところ、なかなか提携業者が捕まらないのでJAFでお願いしますと言われた。 ちなみにその時は祝日だったが、夕方。 場所は僻地でも山の中でもなく街の中。 JAFだと同乗しなければならず都合が悪かった為、多少遅くなってもいいのでそちらの手配できる業者でお願いしたいと言ったが今日は手配できないし、JAF以外の方法がないので立て替えておいて欲しいと言われる。 仕方なく同乗し、近くの知り合いの修理工場に運んでもらったが、はじめの電話してから既に4時間近く経っていた。 そこから現場近くまで戻る際の費用くらいは負担するべきかと思ったがそれすら出ない。 あまりにも最低な対応なので苦情センター?に電話するも、弊社の提携のロードサービスセンターで部署が違うのでそちらで話をつけてくださいと結局たらい回し。 部署とか提携とかユーザーからしたら関係ない。 費用についてなど何度も話したが全く話にならず。 一か月くらいやり取りしたが、結局こっちが折れる他ないという状況。 時間もかかったし、費用もかかったので本当にやりきれない。 いざという時のための保険だが、いざという時に使えない保険ほど無駄なものはないなと実感。 本当に最悪、最低。 特に故障しやすい外車は加入しないほうがいい。 ほかの人のコメント見ても納得。 安かろう悪かろうとはこのこと。 満期になる前に解約し、ロードサービスが良いところに替えようと思います。 書き込みなどはしたことないのですが、同じ想いをする人がでないようにコメントしました。 当方二輪と四輪の非接触事故。 前方四輪交差点左折時、方向指示器遅れ・進路変更幅寄せ無し・徐行無し。 車間距離10m、車速30km強で後続していた当方は、緊急避難で急ブレーキ、右にハンドルを切って前方四輪後部をかわし、交差点中央部で転倒。 この状況で私の三井ダイレクト担当は、過失割合(当方からみて)100:0、相手方損害(人身・物損とも)がなく保険金支出が伴わないため、当事者(私)で処理してください、というのが、最初で最終判断で、電話の一本もしませんでした。 保険会社として当初の初動連絡をし、ヒアリングや調査のうえでの説明であれば、私も理解できたでしょう。 しかし事故第一報で、何も確認せず、何も決まっておらず、示談交渉どころか相手方保険会社担当に連絡する前に、この対応なのです。 私は、日本の企業での出来事とは思えませんでした。 今でも信じられない。 これが三井ダイレクトの実態です。 契約した私が間違っていました。 相手方保険会社の人も、驚いていました。

次の

ソニー損保とアクサダイレクトの自動車保険を比較! | 保険比較ガイド

ソニー損保 三井ダイレクト

いくつもの保険会社の中でも三井ダイレクトとソニー損保といえば、その名前は日本中に知れ渡っている大手保険会社です。 どちらも三井とソニーという超大手企業による保険会社ですので、母体の安定度は抜群でそうした意味での安心感は他では得ることのできないものです。 またこの三井ダイレクトとソニー損保にはもうひとつ共通点があり、それはどちらもダイレクト保険だということです。 ダイレクト保険といえば最近は非常に注目されている自動車保険の営業形態ですので、ご存じの方も多いと思いますが、従来の代理店による契約を行っていた自動車保険とは違い、電話やインターネットからの手続きが可能となっているタイプの自動車保険です。 その形態から通販型自動車保険などとも呼ばれています。 通販型自動車保険はいわゆる中間コストがかからないため、保険料を安くすることができるというメリットもあり、前述の契約の手軽さと併せて人気の理由となっています。 しかし通販型自動車保険の場合、その安さがかえって仇となり、あまりに安いけれど大丈夫なのか?という質問を受けることがよくあります。 ちゃんと事故の時に対応してくれるのだろうか、といったことが不安になるようです。 結論から申しますと、その点は一切心配ないと思って良いでしょう。 通販型といっても、そういった対応をきちんと行わないような保険会社であれば、これまで存続してきているはずがありませんし、実際にインターネット等での口コミや評判の意見を見ても、三井ダイレクトやソニー損保といった有名どころの保険会社は概ね好評価が集まっており、事故の際のトラブルといった声も聞かれません。 また冒頭で触れましたが、三井ダイレクト、ソニー損保といえばどちらも日本有数の大企業です。 これだけの大手有名企業が、悪い評判の立ってしまうような運営をすることも考えづらいことです。 したがって最終的には自分が良いと思った方を選べば問題ないはずです。 ただし、通販型でもこうした対応は問題ないと書きましたが、その他の部分でデメリットは存在します。 それは保険の内容をしっかりと加入者本人が把握して、自分が必要なものを決めなければならないというところです。 代理店の場合は面倒なくらいに、ちゃんと説明をしてもらえますが、通販型であるダイレクト保険は自分がホームページ等を隈なく読んで、条件などを理解して契約しなければなりません。 その点をクリアすれば、保険料などの面では圧倒的にダイレクト保険が有利ですので、有力候補となるでしょう。

次の

三井ダイレクトとソニー損保の比較は国内勝負【田中さん家の自動車保】

ソニー損保 三井ダイレクト

順位 保険会社名 各社のPR(抜粋) 評価 ポイント 見積り・申し込みの ページへ そんぽ24 そんぽ24自動車保険は、シンプルな補償内容で評判。 損保ジャパン日本興亜グループで安心 インターネットで保険料10%OFF! さらにご契約者全員に選べるプレゼントキャンペーン実施中 SBI損保 SBI損保の自動車保険は「週刊ダイヤモンド」の「自動車保険料ランキング」で3年連続1位。 インターネットで保険料を最大6,000円割引! チューリッヒ チューリッヒ自動車保険は、ネット割引最大7,000円! 業界最高レベルのロードサービスで安心の事故対応、充実した補償をご提供いたします。 イーデザイン損保 自動車保険ならイーデザイン損保。 インターネット割引が《1万円》。 イーデザイン損保は、東京海上グループ。 ソニー損保 ソニー損保は、ダイレクト自動車保険 売上NO.1 インターネット申込みで5,000円割引実施中 三井ダイレクト 三井ダイレクト損保の自動車保険は、走行距離やゴールド免許証などの免許証の色に関係なし! ご契約者も納得の保険料体系です。 アクサダイレクト アクサダイレクトの自動車保険は、お客様のライフスタイルやお車の使い方を反映して、お客さまにピッタリの保険料をご提案いたします。 おとなの自動車保険 おとなの自動車保険は、40代、50代の事故率の低い年齢層を対象にした自動車保険。 事故率の低い年代が安くなるよう保険料を設計しています。 その他注目 > > >.

次の