ぶり料理 洋風。 ブリのイタリアンガーリックソテー by 藤本マキ

ぶりのレシピ 人気の洋風で子供も大喜び♪

ぶり料理 洋風

【材料】2人分• ぶり…2切れ• オリーブオイル…10cc• バター…10g• 薄力粉…適量• 塩胡椒…適量 <ソース>• 玉ねぎ…40g• ニンジン …20g• セロリ…10g• フォンドボー(市販)…200cc• バター…15g• 醤油…15cc• 白ワイン…40cc• レモン汁…少々 <付け合わせ>• トマト…10g• ケッパー…5g• クルトン…3g• イタリアンパセリ…適量• レモン…少々• バター…10g 【手順】• 鍋にバター、玉ねぎのみじん切り、セロリ、ニンジンを入れ、中火でしっかりと火が通るまで炒めます。 白ワインを入れてアルコール分を飛ばします。 フォンドボーと醤油を加え、強火から中火にして焼く10分煮詰めます。 火を止めてバターとレモン汁を加えたらソースの完成です。 ぶりに塩胡椒をふり、薄力粉をまぶします。 フライパンにオリーブオイルとバターを入れて熱します。 ぶりを皮目から入れ、両面焼きます。 焼きあがったぶりを皿に乗せ、ソースをかけます。 細かくカットしたトマト・クルトン・パセリをかけます。 焦がしバターをかけ、好みでレモンを添えて完成です。 【材料】• ぶり…4切れ• 塩胡椒…少々• 小麦粉…適量• バター…10g• <トマトソース>• 生マッシュルーム…6個• 砂糖…大さじ3• マジックソルト…極小スプーン3• コンソメキューブ…3個• 塩胡椒…少々• オリーブオイル…大さじ2 【手順】• 玉ねぎを2~3mmにスライスします。 生マッシュルームは洗わないで石づきの先を切り取り、四等分にします。 フライパンにオリーブオイルをひき、玉ねぎとマッシュルームを中火で炒めます。 カットトマト缶とトマトソースの調味料を加えてひと煮立ちさせます。 ぶりの両面に塩胡椒をふり、小麦粉を両面にまぶします。 フライパにバターをひき、皮目からぶりを焼きます。 片面を2分焼いたら裏返して蓋をし、弱火で4分蒸し焼きにします。 ぶりが焼けたらトマトソースに入れ、上からソースをかけるようにして約2分煮ます。 皿にぶりとトマトソースを盛り付けて完成です。

次の

ブリ大根のレシピ・作り方

ぶり料理 洋風

【材料】• ぶり 切り身 …1切れ• 塩…少々• 小麦粉…大さじ1• にんにく…1片• サラダ油…適量• 酒…大さじ1• しょうゆ…小さじ2• みりん…小さじ2• バター…5g 【作り方】• ぶりに塩をまぶして5分くらいおきます。 キッチンペーパーで余分な水分を拭き、小麦粉をまぶします。 フライパンにサラダ油を入れて加熱し、薄くスライスしたにんにくをソテーます。 にんにくに焼き色が付いたら取り出し、同じフライパンでぶりを両面焼きます。 両面焼けたら蓋をし、弱火で3-5分ほど蒸し焼きにします。 酒・しょうゆ・みりん・バターとにんにくを加え、とろっとするまで煮詰めます。 お皿に盛り付けてぶりのガーリックバター照り焼きの完成です。 【材料 2人前 】• 鰤…2切れ• 玉ねぎ…1個• アスパラ…2本• 薄力粉…適量• オリーブオイル…大さじ2• 塩…少々• 胡椒…少々 [ソース]• ケチャップ…大さじ4• ウスターソース…大さじ2• 醤油…大さじ1• 料理酒…大さじ2• 水…大さじ2• にんにく すりおろし …少々 【作り方】• ぶりに塩、胡椒で下味を付けたら、薄力粉を薄くまぶします。 玉ねぎを1cm幅の輪切りに、アスパラは根元の固い部分の皮を剥いて5cmのななめ切りに、それぞれカットします。 鍋に水とアスパラを入れ、さっと茹でます。 茹で上がったらザルに上げておきます。 ソースの材料を全てボウルに混ぜ合わせます。 フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、ぶりの両面と玉ねぎをソテーして火を通します。 ぶりに完全に火が通ったら、キッチンペーパーで余分な脂を拭き取ります。 作ったソースをフライパンに加え、全体に味をなじませます。 最後に塩、胡椒で味を調え、器にぶりを盛り付け、ソースをたっぷりかけてアスパラを飾ったら完成です。 【材料】• ぶり…2切れ• 醤油…大さじ3• みりん…大さじ2• 酒…大さじ2• 片栗粉…大さじ4• 揚げ油…適量• ごま油…適量 【作り方】• ぶりを一口大に切り、ボウルに入れます。 すり下ろした生姜、醤油、みりん、お酒をボウルに加えてよく揉んだら、ラップをして冷蔵庫で15〜30分ほど寝かせます。 ビニール袋に片栗粉を入れ、水気を切りながらぶりを全て入れたらビニール袋に空気を入れながら振ります。 油とごま油を敷いたフライパンに衣をつけたぶりを入れます。 3分ほど揚げたらひっくり返し、両面しっかりと揚げます。 両面しっかり揚がったら取り出し、お皿に盛り付けたらぶりの洋風竜田揚げの完成です。 【材料 4人分 】• ぶり…4切れ• 塩・こしょう…少々• 小麦粉…適量• バター…10g [トマトソース]• 生マッシュルーム…6個 1パック• 砂糖…大さじ3• マジックソルト…極小スプーン3• コンソメキューブ…3個• 塩こしょう…少々• オリーブオイル…大さじ2 【作り方】• 玉ねぎをは2~3mmにスライスし、生マッシュルームは洗わずに石づきの先を切り取り、4等分します。 玉ねぎと生マッシュルームを、オリーブオイルをしいたフライパンで中火で炒めます。 軽く炒めたら、カットトマト缶、コンソメ、マジックソルト、砂糖、を入れてひと煮立ちさせます。 ぶりの両面に塩こしょうをし、その後に小麦粉を両面に軽く振りかけます。 フライパンにバターを敷いて、弱火でぶりを両面焼きます。 ぶりが焼けたら作っておいたトマトソースを加えて、ぶりにソースをかけるようにして約2分煮たらぶりのムニエルトマトソース煮込みの完成です。

次の

ブリ大根のレシピ・作り方

ぶり料理 洋風

タラやブリがおいしい季節。 なんだけど、記者の魚料理のレパートリーって「煮魚」「ホイル焼き」くらい。 魚をもっと上手に料理できるいいのに……。 そう思うのは記者だけではないらしく、20~30代の働く女性500名を対象にの結果でも、「もっと自分で作りたい」と思われている料理は魚料理らしい! ということで、 魚料理というと、どうも「和」テイストになっちゃうんだけど、今回は洋風よ! 【魚を裏返すときに崩れても問題なし!ラグーソース】 ミートソースのひき肉の代わりに魚を使うとヘルシーなソースができます。 皮や骨があるから魚が嫌だという人にも、これならバッチリ! <用意するもの(2人分)> ・白身魚の切り身(今回はタラを使用) 2切れ ・ブロッコリ 100g ・玉ねぎ 半分 ・トマト缶 1缶 ・コンソメ 大さじ1 ・オイスターソース 大さじ1 ・ローレル 1枚 ・塩 お好み ・オリーブオイル 大さじ1 <作り方> 1.ブロッコリと玉ねぎをみじん切りにしておく 2.フライパンにオリーブオイルを入れ、白身魚の両面を、皮がはがれ身がほぐれる程度に軽く焼く 3.火を止めて白身魚の皮をはがし、身を軽くほぐして骨をとりのぞく 4.フライパンに1とトマト缶、コンソメ、オイスターソース、ローレルを入れて野菜が煮込む 5.全ての材料が柔らかくなったら塩で味を整えてできあがり。 魚を崩して使うので、フライ返しで魚を裏返すときに崩れてしまうという心配もなし。 ミートソース代わりにパスタとともに召し上がってください! 【きれいに焼き色がつかなくても目立たない! ブリのハニーバルコサミコ焼き】 ブリがおいしい季節。 簡単なのにいつもと違う味の、ハニーバルサミコ焼きはいかが? オススメはブリだけれど、照り焼きが合うタイプの魚なら、わりと何にでも合います。 <用意するもの(2人分)> ・ブリ 2切れ ・バルサミコ酢 大さじ2 ・蜂蜜 大さじ1 ・醤油 大さじ半分 ・白ワイン 大さじ1 ・顆粒コンソメ 小さじ半分 ・片栗粉 少々 ・バジルパウダー 少々 ・シーズニングソルト お好み ・オリーブオイル 大さじ1 <作り方> 1.ブリにバジルパウダーをふりかけ、片栗粉をまぶす 2.バルサミコ酢、蜂蜜、醤油、白ワイン、コンソメを合わせ、よく混ぜてソースを作っておく 3.フライパンにオリーブオイルを入れ、1を衣が色づく程度にしっかりと焼く 4.3に2を入れ、何度かブリを裏返して両面にソースがからんだら、お好みでシーズニングソルトをちらして出来上がり ソースの色が濃いので、焼き色がきれいじゃなくても目立ちません。 照り焼きがちょっと洋風になった感じで和食と一緒に食べてもOKです! 【失敗知らずで豪華に見える! アクアパッツァ】 アクアパッツァとは魚介類(白身魚と貝類)をトマトや野菜などとともに白ワインと水で煮込んだイタリア料理のこと。 いくつかの海外レシピを参考に試行錯誤した結果、簡単にできるようになりました! <材料(2人分)> ・白身魚の切り身(今回はタラを使用) 2切れ ・貝類(今回はあさりの缶詰を使用) お好み ・ミニトマト6個程度 ・ぶなしめじ80g ・レモン 半分 ・玉ねぎ 半分 ・にんにく 一かけ ・白ワイン 大さじ4 ・水 大さじ4 ・ハーブ類(ローズマリー、タイム、オレガノなど) お好み ・片栗粉 少々 ・オリーブ 5粒 ・塩こしょう 少々 ・オリーブオイル 大さじ1 <作り方> 1.玉ねぎをスライス、にんにくをみじん切りにし、レモンを薄い輪切りにする 2.白身魚にしっかりめに塩コショウをして、片栗粉をまぶす 3.蓋のあるフライパンか鍋にオリーブオイル、ニンニクを入れ、火にかけて香りを出し、白身魚を入れて、衣が少し色つく程度に両面を軽く焼く 4.火を止め、ミニトマト、オリーブ、レモン、貝類、ハーブ類、白ワインと水を入れて蓋をして5分程度蒸し焼きにする 5.蓋を開けて2、3分程度火にかけアルコール分を飛ばしたら、オリーブオイルを回しかけ、塩こしょうで味を整えてできあがり 3の段階で魚の焼き方がとーっても汚くなっちゃっても、他の具材を入れたら隠れてしまうので全く問題なし! 記者もあえて、汚くしたのよ! あえて、よ!(すみません……) 簡単なのに豪華に見えます。 レモンの皮の苦みが苦手な人は、皮を除いて使ってください! 作ってみると、魚って意外と使いやすい素材だとわかるかも。 皆さんもぜひ、魚料理を作ってみてくださいね! (写真・レシピ・文=).

次の