アンダー ヘア 脱毛 セルフ。 【女性向け】アンダーヘアの処理方法とおすすめセルフケアグッズ

アンダーヘア脱毛は何でやる?脱毛サロン・クリーム・脱毛器等を比較

アンダー ヘア 脱毛 セルフ

アンダーヘアの除毛・脱毛クリームおすすめ5選からデリケートゾーンのお手入れの仕方まで• アンダーヘアのお手入れってどうされていますか?手軽にセルフケアをしたいという方も大勢いらっしゃるかと思います。 だけど、どんな脱毛クリームを選べばいいのかわからなかったり、デリケートゾーンに脱毛クリームを使っても平気なの?等の疑問や不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。 そこで、今回はアンダーヘアの脱毛クリームについてまとめてみました。 人気の商品や実際のアンダーヘアのセルフケア法を大公開します。 アンダーヘアに脱毛クリームは使える!? アンダーヘアの処理方法って、なかなか人に言いにくいですよね?最近では、エステでVIO脱毛というデリケートゾーンの脱毛施術も増えていますし、セルフケアを行っている方も多くいらっしゃいます。 デリケートゾーンも他の部位と同様に、脱毛クリームを使用して手軽にケアできますし、専用のクリームも販売されています。 しかし、間違った方法で行ってしまうと、黒ずみや肌荒れ等のトラブルの元になってしまうので、正しいアンダーヘアのセルフケア法や人気のクリームをご紹介します。 アンダーヘアのケアをする理由 水着姿で恥をかかない 夏場に下着の中がムシムシして気持ちが悪いとか、水着姿に自身が持てずに海やプール等のレジャーを楽しめないいう経験はありませんか?アンダーヘアをケアする事で、そんな不快や不安も解消されてスッキリするし、水着姿で恥をかく事もなくなるとして、最近ではアンダーヘアのケアをする人が多いそうです。 カミソリ等で剃る(除毛)という方法もありますが、チクチクしたりして却って不快になってしまったり、上手く除毛できずにヘアがはみ出してしまったりする場合も多く、アンダーヘアは除毛よりも思い切って脱毛する方も増えているそうです。 生理の時も衛生的 生理中のニオイや蒸れる事が気になったり、トイレの後に拭ききれず汚れが落ち切らない等の経験はありませんか?このような状態だと不衛生ですし、臭いの原因にもなってしまいます。 特に生理中は、蒸れやニオイで雑菌や細菌が繁殖しやすくなりますので、注意が必要です。 アンダーヘアのケアをする事で、生理中も衛生的でニオイも気にならなくなります。 アンダーヘアのセルフケアは!? シェーバー等で剃毛処理 カミソリやシェーバー等でアンダーヘアを処理するのは、お金や時間をかける事もなく、自宅で簡単に処理できるのが最大の魅力です。 しかし、デリケートゾーンのアンダーヘアは、トラブルになりやすいので、充分な注意が必要です。 デリケートゾーンは、肌と肌が密着しやすく、また皮膚が薄く、常に下着にも触れている部分である為、カミソリ等で処理した場合はチクチク感が大きくなり、カミソリ負けを起こしてしまい肌を傷つけやすくもなります。 また痒みや色素沈着等の原因になったり、バイ菌が入ってしまい炎症を起こしたりするリスクが高まります。 更に、下着を突き抜けて、処理後のムダ毛が却って目立ってしまう場合もあります。 毛抜きで抜く 毛抜きでアンダーヘアを一本ずつ抜くという処理は、とてもシンプルでカミソリの使用が怖い等という人が行う処理としても知られています。 見た目にも確実に脱毛する事ができて、次に生えてくるまで時間がかかる為、暫くの間は脱毛状態を維持できます。 また、お金や時間をかける事もなく、水着になる時等は必要な部分だけ抜くのもいいでしょう。 しかし、毛抜きで処理を行うと、痛みを伴い、1本ずつ抜くので時間がかかります。 痛みを軽減させる為には、お風呂上がり等で毛穴が開いている状態の時に行うと良いでしょう。 また、毛を抜き取ったつもりでいても実際は毛根からちゃんと抜けていない場合が多く、毛根が残っていると当然ながら、また毛が生えてきます。 更に、毛根まで抜こうとして、無理に毛を抜くと毛穴が大きく開いてしまって、肌も傷つけてしまい、埋没毛を作ってしまうケースも多くあります。 埋没毛とは、皮膚の中で埋まった毛のことを言い、皮膚の内側で毛が伸びてしまいます。 そうすると、色素沈着や炎症を起こしてしまう場合もあるので、注意が必要です。 脱毛クリーム 脱毛クリームでの処理は、クリームを塗って洗い流すだけとう簡単で手軽な処理になります。 カミソリや毛抜きのように肌を傷つけてしまう心配がなく、一度に広範囲の処理が可能です。 しかし、表面の毛を溶かすだけの為、また毛が生えてきてしまいます。 また、脱毛クリームは強い薬剤である為、クリームを塗った部分お肌にダメージが加わり、アレルギーを引き起こしてしまう場合もあります。 基本的には粘膜部分には使用できないので、粘膜近くであるデリケートゾーンに塗る際には細心の注意が必要です。 ヒートカッター ヒートカッターでの処理は、櫛型タイプが主流のカッター熱線によりカットします。 簡単に処理ができて、切断面が丸くなる為にチクチク感が少なく、お肌への負担も少ないのが特徴です。 ヒートカッターは色んなメーカーから発売されていますが、使用する際には、説明書をよく読んで、長さを決めてから少しずつカットするようにしましょう。 しかし切るだけになるので、毛がまたすぐに生えてきてしまうというデメリットもあります。 レーザー脱毛 レーザー脱毛での処理は、主にエステサロンや美容皮膚科クリニック等で行われる方法です。 半永久的に生えてこない 個人差があります とされ、肌へのダメージが少なく、自己処理では難しい部分の処理も可能です。 しかし、アンダーヘアのように太い毛の場合、レーザー照射時の痛みが強く、コストがかかります。 また2~3ヶ月程度毎に、計3~6回程通って施術を行わなければなりません。 アンダーヘアに使える脱毛クリーム ブラジリアンワックス ブラジリアンとはアンダーヘアを全て処理してしまう脱毛スタイルの事を言います。 元々、リオのカーニバル等の際に、きわどい衣装を身に着ける女性がワックスでアンダーヘアをすべて処理してしまう事から、ブラジリアンという名前が付いたとされています。 ワックスでの脱毛は、レーザーや光脱毛のような永久脱毛とは違い、半永久的な効果はありませんが、安価でキレイに脱毛ができるとして、海外ではエステ等で施術する人も多く、人気のある方法です。 また、肌に害のない自然素材で作られたワックスを使用する為、デリケートゾーンの粘膜部分の脱毛が可能で安全性が高く、仕上がりが美しい事も人気の秘密です。 最近では、日本でもブラジリアンワックスを使用して施術を行うエステも増えてきており、レーザーや光脱毛より、安価で施術を受けられます(1回約6,000~8,000円程度) 痛みは伴いますが、手作りワックスで手軽に処理してみるのも良さそうですね。 パイナップル豆乳除毛クリーム パイナップル豆乳除毛クリームは、雑誌等でも取り上げられて人気となったクリームです。 ムダ毛を軽く拭き取るだけでキレイに取り除いてくれて、脱毛クリーム特有のイヤな臭いもなく、使いやすさと優しい肌触りが人気の秘密です。 また、脱毛後の肌もしっかりケアしてくれるというのも特徴で、口コミも多い商品です。 価格は、2,808円(税込)で公式サイトやネットショップで購入できます。 プレミアムリムーバ ミルク プレミアムリムーバミルクは、男女兼用のクリームで、アロエエキスやサクラ葉エキス等の美容成分を配合したクリームです。 リムーバミルクを塗って、約5分後にテッシュ等でふき取るだけでのOKで、その後シャワーに入って洗い流す必要がないのも特徴です。 また、男女兼用のクリームなので、太い毛や剛毛にも使えるとして、アンダーヘアに使用する人が増えています。 価格は、3,218円(税込)で公式サイトやネットショップ等で購入できます。 レジーナ エピ プレミアム D. レジーナ エピ プレミアムは、全身に使えて約3年毎に改良されており、パッケージがお洒落な事から人気のある女性専用のクリームです。 他のクリームは塗布した後にヘラ等で落とすタイプが多いですが、D. レジーナ エピ プレミアムは洗い流すだけのタイプになり、約10分でスベスベ肌にしてくれるというクリームです。 ピンクグレープフルーツの香りで、イヤな匂いもカットしてくれます。 価格は、3,060円(税込)で公式サイトやネットショップ等で購入できます。 パイナップル豆乳ローション パイナップル豆乳ローションは、先に紹介したパイナップル豆乳除毛クリームの姉妹商品で、単品使用もできますが、できるなら併用して使用する事をお勧めします。 ムダ毛処理後のお手入れや楽に処理を行えるようになるとして、今注目を集めている化粧水です。 パイナップル豆乳ローションは、全身だけでなく顔にも使用できて、植物性のエストロゲン2種類を配合しており、それらの成分がムダ毛に働きかけ抑毛効果を促してくれるというものです。 脱毛や除毛を行わない日でも、毎日使用する事で抑毛効果が期待でき、処理がしやすくなります。 ブツブツが黒ずんで気になる方や処理後の肌荒れが気になる方に、特にお勧めの化粧水です。 まとめ 海外では一般的とされているアンダーヘアの処理ですが、なかなか人には相談しにくく、セルフケアをやってみたいけれど、やり方がわからなかたり、脱毛クリームは使えるのか?または、どんなクリームを選んでいいのかわからないという方も、多いかと思いますので、今回はアンダーヘアの脱毛クリームについてまとめてみました。 アンダーヘアのケアを行っている人は、最近では増えてきていて、エステや美容皮膚科クリニック等で、VIO脱毛と呼ばれる施術も行っています。 手軽に簡単にできるセルフケアとしては、カミソリやシェーバーに毛抜きやヒートカッターで行う方法もあります。 勿論、脱毛クリームを使用して行う事も可能ですし、専用のものや全身に使用できるもの等、多くのクリームが販売されています。 脱毛クリームのメリットは、そのスピードとコストパフォーマンスに優れている事です。 更に最近では、肌に優しく特有のイヤな匂いがしない(カット)ものや、アンダーヘアのように太く固い毛でも除毛できるもの等もあって、注目されています。 処理後のお手入れも手軽にできるローション等もあるので更に安心ですね! アンダーヘアのケア法の一つとして、脱毛クリームで時短ケアを行ってみるのはいかがでしょうか。 投稿ナビゲーション.

次の

脱毛後のチクチクが気になる!チクチクしないアンダーヘアの脱毛方法とは

アンダー ヘア 脱毛 セルフ

さっと読める目次• VIOのセルフケア方法とは? 夏場に露出度の高いファッションを楽しむために、「VIOラインのムダ毛を自己処理したい!」と思う方は多いと思います。 でも、VIOラインって自分では見えにくい部分なので処理が難しそうですよね。 そんな、VIOラインのセルフケアの方法を知りたいと思っていらっしゃる方のために、以下に Vライン Iライン Oライン の順にそれぞれの セルフケアの方法をご紹介させて頂きますね。 Vラインのセルフケア方法 VラインはVIOラインの中でも自分で見えやすい位置にありますので、T字カミソリでシェービングしたり、ワックスで脱毛したり、脱毛クリームを使用して自己処理しやすい部分であると言えます。 この Vラインを自己処理する方法は以下の通りです。 ですから、自分で Iラインの自己処理を行う場合は、 粘膜の部分まで処理するのは控えるようにしましょう。 Iラインは繊細な部分なので自己処理を行うと肌トラブルの心配があるのですが、Iラインを処理すると、露出度の高いTバックのランジェリーや水着を楽しめる上に、 生理の時の蒸れやかぶれなどのトラブルを防げるという メリットがあるので、露出度の高いおしゃれを楽しみたい方や、生理中の蒸れやかぶれが気になる方はIラインの処理をおすすめします。 除毛クリームを使用して自己処理を行う場合は、 デリケートゾーンにクリームがつかないように気をつけて自己処理しましょう。 また、Iラインをワックスで除毛する場合は、 剥がすときの刺激が強いので、お肌がデリケートな方はワックスを使用して除毛しないようにしましょうね。 Oラインのセルフケア方法 Oラインは直接見ながらケアすることが難しい部分ですが、ここをきれいに処理すると、露出度の高いランジェリーや水着を、ムダ毛を気にすることなく着用することができます。 Oラインのムダ毛のシェーバーによる自己処理方法は、以下の通りです。 以上がVIOラインのセルフケアによる脱毛方法でした。 VIOラインは腕や足のように自分で脱毛処理することはできますが、 やり方や脱毛後のケアを間違ったりサボったりすると、肌荒れや黒ずみの原因になります。 次にVIOラインのセルフケアのデメリットを説明します。 VIOラインのセルフケアのデメリット 上記でご紹介しましたように、 VIOラインのムダ毛のセルフケアは可能なのですが、 自己処理することによるデメリットもあります! そんな、VIOラインをセルフケアした場合に生じるデメリットを以下にいくつかご紹介させて頂きますね。 毛が皮膚の下に埋まってしまう埋没毛になる可能性がある VIOラインのVラインは自分で目視して処理できる部分ですが、毛抜きなどを使用して無理に毛を引き抜いたり、カミソリによる処理を誤ったりすると、毛穴がふさがり、ムダ毛が皮膚の下に埋まってしまう 埋没毛になってしまう場合があります。 他の部分も処理を誤ると埋没毛になる場合があります。 皮膚の乾燥による肌荒れを引き起こす場合がある VIOラインは、とてもデリケートな部分なので、自己処理の仕方によっては お肌の角質にダメージを与えることとなります。 それが原因でお肌のバリア機能が低下し、VIOラインの皮膚が 乾燥することにより肌荒れを引き起こす場合があります。 毛嚢炎になる場合がある VIOラインの自己処理の際に使用するT字カミソリやシェーバーなどは常に 清潔な状態にキープ しておく必要があります。 もし、不衛生な環境や不正性な器具を使用してVIOラインの自己処理を行った場合は、 皮膚や毛穴から雑菌が入り、毛嚢炎を引き起こす場合があります。 脱毛サロンに依頼した際、効果が薄くなる 実は、自己処理を繰り返し行って、色素沈着してしまったVIOラインをサロンで脱毛してもらう場合、脱毛機器がムダ毛だけでなくお肌にも反応してしまうため、 脱毛効果が出にくくなります。 VIOラインの黒ずみが進行してしまう サロンでVIOラインの永久脱毛をしてもらった場合は繰り返し処理をする必要がないので、VIOラインの肌が黒ずむことはありません。 しかし 自分で処理をする場合は、何度も繰り返し処理をしなくてはいけないため、お肌のメラニン細胞が活性化され、デリケートゾーンであるVIOラインの 黒ずみが進行してしまう場合があります。 一度お肌が黒ずんでしまうと綺麗な状態に戻るまでかなり時間を要するので、VIOラインを自己処理する際は、注意が必要です。 そのためVIOラインの自己処理後は以下のようなデリケートゾーン専用の美白クリームでケアすることをおすすめします。 以上5つがVIOライン脱毛の自己処理によるデメリットです。 VIOラインに限らず脱毛の自己処理は後のケアをきっちりしないと 肌荒れしたり 黒ずんだり など皮膚トラブルを起こしがちです。 そのため脱毛後綺麗な仕上がりを求めるなら、脱毛サロンに行くことをおすすめします。 VIOラインを脱毛するなら脱毛サロン安全でおすすめ! VIOラインは、脇や腕、足などと異なり、デリケートな部分なので、最大の注意を払って自己処理を行った場合であっても、お肌に雑菌が入り炎症をおこしたり、化膿したりするなどの 肌トラブルを引き起こしてしまう 場合があります。 さらに、上記でもご紹介しましたが自己処理の場合、ムダ毛が生えてくるたびに繰り返し脱毛しなくてはいけなくなりますので、 デリケートゾーンが黒ずんでしまうというデメリットもあります。 でも、脱毛サロンで施術をしてもらえば、安全に脱毛できるうえに、生えてくるたびに繰り返し自己処理する必要がありませんので、脱毛後のVIOラインの美肌をキープすることができます。 自己処理によるお肌のトラブルや黒ずみを防ぐためにも、生えてくるたびに処理をしなければいけない手間を省くためにも、 VIOラインは脱毛サロンか専門のクリニックでお手入れすること をおすすめします。 脱毛サロンが初めて、という方にはミュゼがおすすめ。 なんといっても初回100円が嬉しいですね。 このキャンペーンもいつまで続くかわかりませんので、検討中の方はお早めに! 今いちばん注目の医療脱毛クリニック まとめ いかがでしたか? VIOラインは上記でもご紹介しましたように 自己処理することは可能なのですが、デリケートな部分なので、気をつけて処理を行っても埋没毛になったり、毛嚢炎を引き起こしたり、お肌が荒れたり、お肌が黒ずんだりするなどの 肌トラブルを引き起こす 場合があります。 そんなトラブルを回避しつつ、露出度の高いファッションを楽しみたいのであれば、 VIOラインは自己処理せず、安全・確実に施術してもらえる 脱毛サロンで施術 してもらいましょうね。 美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。 時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。

次の

アンダーヘア(VIO)の処理はセルフでも大丈夫! おすすめのお手入れ方法や理想の形についてご紹介

アンダー ヘア 脱毛 セルフ

ざっくり言うと• アンダーヘアを自宅で処理するための事前準備 長い毛をハサミで切る アンダーへアをお手入れする際、 事前準備として長い毛をハサミで切りましょう。 ワックスの場合は5mm~1cm程度、それ以外の方法では1cm程度の長さが最適です。 この事前処理をおこたると、電気シェーバーやカミソリでうまく剃れず、毛を引っぱってしまい痛い思いをすることになります。 使用するハサミは先端が尖っていると皮膚を傷付ける可能性があるので、先端が丸いものがよいでしょう。 ここで注意したいのは、ハサミはあくまで事前処理に使うということです。 何故ならハサミで切った毛は毛先が尖って、肌にあたるとチクチクしてしまい不快な思いをすることになるからです。 ヒートカッターを用意する 毛を短く整えるには、毛先が丸くなりチクチクしないヒートカッターを使用しましょう。 目的別・Vラインの処理方法と道具 最終的にVラインをどうしたいかで、処理の方法が異なります。 今回は以下の2パターンについて、最適な処理方法と具体的な手順をまとめていきます。 形を整えたい• 形を整えたい カミソリは肌を傷めるので、電気シェーバーを使いましょう。 一番簡単で日頃から取り入れやすいのは、電気シェーバーとヒートカッターを組み合わせて使う方法です。 不要な毛を確認し、ハサミで短くする• 電気シェーバーで剃る• 残した毛の長さをヒートカッターで調整する どこが不要な毛か分からない場合には、一番面積の小さいショーツまたは水着を履いて、はみ出る部分を処理するとよいでしょう。 また小さめの逆三角形など好きな形に整えたい時には、Vラインの型紙である「アンダースタイルガイド」を利用するのもオススメです。 ただ、この方法では形を整えられるものの、Vラインの毛は1本1本が太く濃いため、肌に黒い点々が残ってキレイには仕上がりません。 日々の処理としては十分かと思いますが、水着を着る時など人目につく際には、次の方法をオススメします。 一時的に毛をなくしたい ハイジニーナ 毛のないパイパン状態 にする際にもキレイに仕上がるのが、脱毛ワックスと除毛クリームです。 電気シェーバーに比べるとコストがかかるので、日頃は電気シェーバーで処理し、旅行など特別な時のケアには脱毛ワックスというように、使い分けるといいですね。 脱毛ワックス 毛を毛根から抜き取ることができ、2~3週間ツルツルの状態を保つことができます。 モデルなどの間では、下着や水着の撮影時だけ、脱毛ワックスでパイパンにする人もいるんですよ。 ただし 毛を引き抜くため、痛みを伴う方法と覚えておきましょう。 毛を5mm~1cmに切る• 毛の流れに合わせてワックスを塗る• 付属のシートを密着させる• 毛の流れと逆方向に、いっきに引き剥がす 除毛クリーム 肌表面に出ている毛を溶かします。 肌表面に出ている部分だけにしか効果がないので、毛根から引き抜ける脱毛ワックスに比べるとツルツルの期間は短いです。 しかし溶かされた毛は、シェーバーで剃った毛のように尖っていないので、生えてきてもチクチクせずキレイに仕上がります。 処理したい場所にクリームを塗る• 約10分放置する• シャワーで洗い流す 脱毛ワックスと除毛クリームは、どちらも肌に薬剤を塗ることになるので、 必ずパッチテストを行ってから使用してくださいね。 シェーバーで剃る• 脱毛ワックスで毛根から抜く• ヒートカッターで極限まで短くする 方法は「剃る・抜く・短くする」の3つ 1. シェーバーで剃る方法は、1番手軽な方法ですが、あまりオススメできません。 理由はこの後、私の失敗談でお話しますね。 脱毛ワックスで毛根から抜く方法は、毛のないツルツル状態にできるという点では、1番よい処理方法です。 ただ Iラインの皮膚はVラインの皮膚よりも弱いので、さらに強い痛みを伴います。 そこで私の1番のオススメは3. ヒートカッターで極限まで短くすることです。 Iライン脱毛のメリットや、より詳しい処理方法を知りたい人は「」を参考にしてみてくださいね。 ヒートカッターでの処理の手順 ヒートカッターを使用する場合には、ハサミでの事前処理は必要ありません。 不要な部分の毛を5~6本持つ• ヒートカッターの電熱線部分に毛をあてて焼き切る 手順は非常に簡単ですが、1度に5~6本しか処理できないため、時間がかかる処理方法です。 しかし毛先がチクチクすることもなく、生理中のムレなども防止することができるので、処理をするメリットは大きいと思います。 Iラインは女性器近くの粘膜部分であるため、傷つけないよう細心の注意を払って処理する必要があります。 そのためツルツルの状態を目指すなら、自分で脱毛ワックスするよりも、プロに任せて脱毛サロンで処理するのが安心だと思います。 基本的には彼と会う前日に毛の処理をしていたのですが、うっかり毛の処理を忘れてしまった日に事件は起きました。 パートナーの肌が荒れてしまった セックスの後に「なんか…かゆい」と彼が言うのです! よく見ると、彼の肌が軽い擦り傷のように赤くなっているではありませんか! なんとIラインの伸びかけチクチクの毛が、セックス中にこすれて、彼の肌を傷つけてしまっていたのです。 その後はヒートカッターで出来るだけ短くするようにしていたのですが、面倒くさくなったので脱毛サロンに行くようになりました。 サロンで光脱毛すると自己処理の回数を減らせるのはもちろん、毛が細くなっていくので仕上がりもきれいです。 ただしOラインは自分から見えない部分なので、処理が非常に難しいです。 また粘膜部分でもあるため、傷をつけないように慎重に手入れする必要があります。 そのため安全面を考えるとプロに任せた方がよいでしょう。 Oラインの処理のコツ• Oライン部分が見えるよう鏡をおく• 片方のお尻を外側に引っ張るように抑えて、外側から内側にシェーバーを動かす 和式トイレを使用するように、鏡の上にしゃがむと見やすいです。 パイパンにするおすすめの方法 私は脱毛サロンに通うようになった時に、初めてパイパンを体験しました。 1度体験するとあまりにも快適で感動! 常にパイパンをキープして過ごすようになりました。 1番手軽なのは電気シェーバー 1番手軽にパイパンにするには、電気シェーバーで剃ってしまうのが早いです。 ただし少しでも伸びてくるとチクチクするため、頻繁に剃らなければいけませんでした。 手触り重視なら除毛クリーム パイパンにする時に重要なことは生える途中の毛がチクチクしないことだと思います。 いろいろ試して、手軽で肌触りがよかったのは除毛クリームでした。 毛先を溶かすので、多少伸びてきてもチクチクしません。 また1・2日ですぐ毛も生えてきてしまうので、自己処理で常にツルツルは難しいです。 見た目まで赤ちゃんのようにキレイな肌にしたいのであれば、医療脱毛してしまうしかないと思います。 その上なかなか納得するような出来栄えにはならないと悩んでいる人も多いです。 筆者もいろいろな自己処理を試しましたが、最終的に脱毛サロンに通うようになりました。 脱毛サロンに通うようになった理由は、次の3つです。 こまめに処理するのが、面倒くさくなった• 処理した後の肌がキレイじゃないのが嫌だった• 調べてみたら意外と安かった 自己処理を繰り返すと、色素沈着などの肌トラブルを引き起こしやすくなります。 脱毛サロンなら美肌効果も得られるというところが決め手でした。 プロに任せれば安全・安心 I・Oラインは粘膜部分であるため、自分で処理するのが少し怖いとも思っていました。 そのため、安全面も考慮し脱毛サロンに行く決心をしました。 自分でアンダーヘアの処理をするのは不安という人へ、おすすめの脱毛サロンをご紹介しますので参考にしてみてください。 まとめ アンダーヘアの自己処理を行う時には、道具の使い分けが必要です。 形を整えるだけなら電気シェーバーやヒートカッターでよいですが、一時的に毛をなくしたい時には脱毛ワックスまたは除毛クリームを使うようにしましょう。 ただし、自己処理を繰り返すと肌トラブルを引き起こしやすくなります。 またI・Oラインは粘膜部分でもあるため、傷をつけないよう慎重に処理しなければなりません。 もし自宅でのお手入れが上手くいかずに困っている人は、部分脱毛がお得なミュゼや、全身脱毛が安い脱毛ラボなどでお手入れしてみるのもいいかもしれませんね。 全身脱毛(顔からVIOまで)して本当によかったと思っています! 毎日のムダ毛の処理は、時間がかかり、精神的ストレスが大きいですよね。 脱毛したことで可愛い下着や、背中の空いた服など、オシャレがより楽しめるようになりました。 また子育て中はムダ毛の処理する時間なんて取れません!でも子どもを産んでも綺麗でいたいと思うのが女心。 私は出産前に脱毛をしておいたことで、産後のムダ毛処理が必要無くとても楽でした! 脱毛は一生の快適さを買うということ! いくつになっても綺麗でいるため、自分への投資だと考えれば決して高くないと思います。 当サイトでは、ムダ毛の処理に困っている女性に向けて、有益な情報を届けれるよう脱毛の情報を発信していきます。

次の