ガスト博士。 宝条 (ほうじょう)とは【ピクシブ百科事典】

セフィロス

ガスト博士

ややこしいところ FF7が超大作と言われる所以として、その設定の深さがあると思います。 人類とセトラ、そしてジェノバという3つの種族が入り乱れており、さらに登場人物がすこいずつ勘違いをしているために、超絶わかりづらい設定になっているのです。 本作でセフィロスさんがぶち切れてしまい、人類を滅ぼそうと思った直接のきっかけがわかるまで説明していこうと思います。 セトラとは 約2000年ほど前に地球に存在した種族であり、人類とは微妙に異なった種族なのです。 この種族は 星読みと呼ばれる特殊能力があり、星の声を聞き、ライフストリームの豊富な場所、すなわち星に傷のある場所を見つけることができる能力を兼ね備えています。 ちなみにエアリスも未だにこの星読みができるようですが、子供の頃には良く聞こえたとのことでしたが、 年をとるにつれてだんだん聞こえる頻度が減ってきたようです。 さらにミッドガルのスラムではほとんど聞こえないとのことでしたね。 ある程度澄んだ場所というか、毒されていない場所でしか聞こえないような能力なのかもしれませんね。 この話はエアリスが神羅ビルで少し話していましたね。 あとはコスモキャニオンで長老の話を聞いて補完できる情報です。 現代ではエアリスと、エアリスの母であるイファルナしかセトラの末裔はいなかったのですが、母イファルナはなくなってしまいました。 そのため本作ではエアリスしかセトラの生き残りはいません。 ここ重要なので覚えておいてください! ジェノバとは ジェノバとは、セトラが地球で繁栄していた頃に空から訪れた厄災のこと。 約2000年前のこととされています。 セトラでも人類でもない、いうなれば宇宙人です。 隕石とともに地球に降ってきた生命体であり、ジェノバは当時のセトラ・人類連合軍と戦うことになりました。 その時はセトラのファインプレーでジェノバを倒すことができましたが、その時のダメージが大きくセトラの種族数はかなり少数になってしまいました。 空から降ってきた時にできた痕跡が北の大空洞(原作FF7のラストダンジョン)なのです。 そしてジェノバの持つ最大の特殊能力こそが 相手の思考を読み取り、その思考の通りに自らを変化させることのできる能力のことです。 これが元で様々な人物の意識が破壊されてしまい、この物語の分かりづらさが一層増しているのです。 エアリスはセトラ? そして先ほども書いたように、エアリスはセトラの唯一の生き残りであり、かなり貴重な存在なのです。 そのため幼少期からタークスに狙われたり、様々な危険なことに巻き込まれていたようです。 とはいえ、神羅にとってもエアリスは貴重な存在なので手荒なことはなかったようですが。 エアリスの母イファルナももともとは家族でアイシクルロッジに住んでいました。 夫であるガスト博士を殺害した宝条博士によって神羅ビルに連行され、そこから逃げる最中、エルミナに出会い、エアリスを託して力尽きてしまいました。 この結果、エアリスは地球最後のセトラになってしまったというわけです。 しかしここからわかることは、 イファルナが人間であるガスト博士と結婚して子供を作っているように、異種間での交配も可能なようです。 そして姿形はまったく人間と同じセトラであるエアリスには白マテリアという特殊なマテリアを持っており、これが後天的なものなか、それとも先天的に体内にあるものなのかは知りませんが、セトラにしか扱えない代物のようです。 セフィロスはセトラ? そしてセフィロスがよく言ってますね。 「母さん・・・もうすぐだよ」的なことをよく言っています。 ここでいう母さんというのはジェノバのことですが、ようく考えてください。 ジェノバというのは2000年前後昔に地球に降ってきた生命体です。 ですので20代半ばくらいのセフィロスさんの母な訳ないのです。 ここがまたFF7の設定がわかりづらくなってしまっている原因なのです。 要するに、 セフィロスはジェノバの子供ではないので、セトラではありません。 セフィロスの両親は普通に人間です。 神羅カンパニーの宝条博士とその助手ルクレツィアです。 ルクレツィアがセフィロスをお腹に宿し、そして出産をしたのです。 セフィロスは生まれてすぐにルクレツィアから隔離されたようで、ルクレツィアは一度もセフィロスにはあったことがないようです。 そして魔晄キャノンにて、宝条博士も言ってましたね。 宝条「セフィロスのやつ、私が父親だと知ったらどうするかな?」 ということで、セフィロスは宝条が父だと知らないようですね。 このことはクラウドがカームの街で語った過去の記憶でもわかります。 ニブル山のなかで、初めて天然のマテリアを見たクラウドに対して宝条の話をしている時、 「ガスト博士の後を継いだ未熟な男だ」とか 「コンプレックスの塊のような男だ」など、かなり他人行儀というか、少なくとも肉親に対しての態度ではないですね。 ですのでセフィロスはジェノバが自分の母だと勘違いしているわけですね。 いろんな人の勘違い ここからはFF7の設定を極限まで複雑にしている理由である、様々なキャラの様々な勘違いを説明します。 正直いうと、私もここで勘違いをしていた部分がありますので、この記事は確実に正確な情報を記載して、日に一度見るようにします。 反省します(泣) 宝条博士の勘違い 完璧に見える宝条博士ですが、実は彼とガスト博士の勘違いのせいでこのカオスのような難しい設定が編み出されています。 彼が何を勘違いしているのかというと、 ジェノバをセトラだと勘違いしたことです。 ただこれは宝条が勘違いしたこともありますが、もともとはガスト博士がジェノバをセトラではないかと仮説を立てて研究をしていたことがきっかけなのです。 そしてジェノバを知った宝条はジェノバ研究を横取りするためにガスト博士を殺害、そして母と娘のセトラを手中に収めつつジェノバの研究をしていたのです。 その時にジェノバの細胞から特殊な能力を発見したのです。 ・相手の思考を読み取るコピー能力 ・自分の身体を相手にあわせて変化させる能力 ・体がバラバラになっても、一か所にまた戻ってくる能力(リユニオン) ・有害なウイルスをまきちらす能力 これに加えて、強靭な肉体を手に入れられるという特典もあります。 ということで、この細胞を様々な生物に埋め込んだことで、それがモンスター化しまいました。 それが過去のニブルヘイム魔晄炉で見た、カプセルに入れられていた生き物なのです。 あれは宝条によってジェノバ細胞を埋め込まれ、さらに魔晄を浴びせられた人間です。 ジェノバ細胞と魔晄の力によって過度に肉体が変化してしまったために、世間的にもうモンスターと呼ばれてしまう生き物になってしまったのです。 ですので 宝条博士がモンスターを作っているというのは事実です。 そして宝条博士はこのジェノバ細胞を使ってさらにおいたをしていきます。 まず人間に埋め込み魔晄を浴びせるとモンスターになってしまうことがわかりました。 こうしてモンスターを作る、すなわち生物兵器を作ることを目的としたものがいわゆるジェノバプロジェクトです。 そして その魔晄の量を調節することで強靭な肉体を手にしたまま人間の姿形を保てる兵士を作ることができることにも気づいたのです。 これがソルジャーです。 しかしジェノバ細胞を埋め込まれた全員がソルジャーになれるわけではなく、適性がないとそもそもジェノバ細胞の注入すらしてもらえないのです。 クラウドは適性がなかったために、通常兵士になったのです。 そして宝条博士はさらにジェノバ細胞を、ルクレツィアの胎内にいた頃のセフィロスにも注入してしまいました。 それがきっかけで、生まれた頃からセフィロスはジェノバ細胞の効能により強靭な肉体を持ち、英雄と呼ばれるほどの伝説的なソルジャーになりました。 モンスターを作ることを目的としたジェノバプロジェクトの一環により生み出されたために、ソルジャーはモンスターを作るのと同じ手順で作られているわけですね。 魔晄の量が違うだけで方法は同じなのです。 それにしても宝条博士、自分の子供にジェノバ細胞って・・・マッドサイエンティストですね。 セフィロスの勘違い もうご存知の通り、セフィロスの母はジェノバではないのですが、ジェノバを母だと勘違いしています。 それはかつての神羅屋敷にて、地下の図書館にあった書類に記載されていた内容に誤りがありました。 ジェノバプロジェクトにてセフィロス誕生に関するページに、母の名前にジェノバと記載されていたことで、セフィロスがそのように勘違いしていたのです。 実際の母ルクレツィアです。 美しい女性ですよ! 管理人クジャタの勘違い そして最後に、私が何を勘違いしていたのかというと・・・ 今更恥ずかしいのですが、ジェノバがセトラであると勘違いしていました。 実際にはジェノバはジェノバ、セトラではなく、地球外生命体ですので、確実に地球人の敵です。 当時のセトラと人類が共同でやっつけて、地下深くに封印したはずなのに、神羅カンパニーのせいで世に出てきてしまったのですね。 もう私、完璧です。 間違いはありません! まとめ かなり長い記事になりましたが、ここでまとめておいてよかったと思ってます。 ようやく長い間勘違いしていたことを解消できたので、ついに一皮向けたような気がしています。 ですのでストーリーがわからなくなったらこの記事を見ていただければと思います。 私はこれから全記事を見直して、誤りを修正する作業を行ってきます!リメイク版が販売されるまでにこの内容はわかっておいたほうがいいですよ!.

次の

【ガスト・ファレミスを巡る議論】

ガスト博士

FF7のストーリー、およびキャラクター考察になります。 考察対象は親子、父親の宝条博士と、元英雄セフィロスです。 個人的にセフィロスはFFシリーズのキャラクターの中でもかなり好きで、思い入れのあるラスボスですが 宝条博士の印象はホントに最悪ですw 例えばジェノバは他の星の命を食い尽くすという性質を持っており、さらには擬態やリユニオンといった特殊な能力を備えている厄災とも言える生物ですが、それは進化の過程でそういうふうになったと考えれば色々と納得出来る部分はあります。 実際にソルジャーという超人能力にはジェノバ細胞が有効だった訳ですし、生命体として考えれば 「そういう生き物だからしょうがない」 という結論になってしまいます。 ホオジロサメに他の魚や人間を襲うなと言っても無理だし、ライオンに草食動物を狩るなと言ってもそれは無理な話です。 いわば自然災害に近い存在なので、、。 しかし、宝条博士はれっきとした人間です。 人間でありながら、狂気を通り越した行動を多数行なってます。 スポンサーリンク すべての元凶は宝条博士 その生き様はまさにマッドサイエンティストの名がふさわしい神羅カンパニーの宝条博士。 彼の性格設定では研究者としてはジェノバを発見したガスト博士に大きく劣っており、いわばそれがコンプレックスになっています。 さらにセフィロスからもその本質を見抜かれており、結果的に宝条博士はセフィロスの父親として行動したことは只の1度もありません。 それどころか• 胎児のセフィロスを実験台にしてジェノバ細胞を植える• 父親とも名乗らず、母親をジェノバとだけ告げる• 古代種ではなかった事を知ったあともソルジャーを量産する• 陰でディープグラウンドソルジャーなる組織を作っており、自らの手駒にしていた• 自分自身の欲望だけでオメガと一体になり、星から逃げる計画まであった っと、経歴を見れば一目瞭然の極悪人っぷりです。 しかも何度も言いますが彼は人間です。 例えばFF6にはケフカという狂気の魔道士がいますが、彼は魔道士です。 同じくFF5ではエクスデスという暗黒魔道士がラスボスですが、これも同じく魔道士であり、人間ではありません。 スポンサーリンク そんな中、すべての元凶として生きてきた宝条博士は狂気などという言葉ではもはや片付けられない存在になりました。 (特にDCFF7が発売されたせいでその地位は不動のモノに…) いくら神羅カンパニーが極悪な会社だったとは言えど、タークスやルーファウスのように自らの行動に疑問を持つ者も何人かは存在してます。 それこそ、シドだったり、ヴィンセントやケット・シーはそもそも神羅の人間ですが、善悪をきっちりと判断した結果セフィロスのメテオを食い止めるという明確な目的をもってクラウドを手伝います。 セフィロスの暴走も宝条博士が原因 セフィロスがニブルヘイムで狂気に狩られたのは宝条博士が残した研究資料が原因です。 しかも肝心の解釈が違っており、セフィロスに自分自身を古代種だと思い込ませるような報告書を残していたり、ルクレツィアには一切触れずにジェノバだけが肉親のように感じさせているわけです。 もちろん、それ以外にも… クラウドとザックスを人体実験したのも宝条博士。 CCFF7でソルジャーが疑念を持ったのも宝条博士。 ジェノバが蔓延したのも宝条博士。 宝条博士。 宝条博士。 しかし、それらすべての関わった人物に憎悪を残しただけの宝条は諸悪の根源と言っても過言ではないと思います。 ついでに言うと、最後は悪あがきも悪あがきで、自分自身をジェノバ化したり、脳だけコンピュータに転送などやることなすこと典型的な悪人です。 ちなみに余談ですが、FF7のアルティマニアでは宝条博士は真の黒幕という解釈がなされていたりします…。 これだけ材料が豊富だと、燃料投下も必要ないくらいでしょう。

次の

キャラクター/【ルクレツィア・クレシェント】

ガスト博士

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 が不足しています。 の記事は特に、を満たしている必要があります。 ( 2016年7月)• によるの参照が不十分です。 ください。 ( 2016年7月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2016年7月) ガストン・ネサン(Gaston Naessens、 - )は、の者。 フランス北部生まれ。 ・在住。 銀行家の末っ子で経済的に恵まれた家庭だった。 銀行家の父はネサンが11歳の時に他界。 幼少時代から発明の才能を発揮し、5歳で時計のぜんまいを利用した自動車に似た乗り物を作り、その数年後には手作りのオートバイ、さらには小型の飛行機まで作ったとされている。 分解能に優れた顕微鏡を開発したいと思い、本格的に開発に着手したのは21歳の頃で、その開発に側面から手を貸してくれたのはドイツの有名な光学機械メーカーである「ライツ社」で腕を鳴らしたことのある熟練工だった。 マルサン・バロウル校を卒業後、フランスのリール大学で、、生物学を学んだ後、フランス国民科学協会で医学の集中的な教育を受けた。 フランスがナチス占領下に置かれていた時代で、戦後の混乱の中で手続きを怠り、卒業証書と医師免許を得ることができなかった。 ネサンには医師の資格はなかったものの、医学に関する知識や見識、また医師としての実質的な力は十分にあったとされる。 しかしネサンは、医師としてよりも生物学者として生きることに魅力を感じ、ひたすら研究に没頭した。 ソマチッド [ ] ソマチッドとはネサンが植物の樹液の中から細胞よりもはるかに小さな生殖する有機体を発見。 それをソマチッドと名付け、そこから始まって全ての生命体、さらに石や土の中にもソマチッドの存在を確認している。 そしての中にも極微小な生命体が存在することを確認した。 ソマチッドは自ずからが置かれた環境に応じて全部で16の異なる形態を持つ。 人体内のソマチッドは、赤血球を介してゼラチン状の物質が飛び出し、固まってソマチッドに変わっていき次々と生まれる。 ネサンは「ソマチッドはエネルギーの具現」であるという結論に達した。 しかしソマチッドは生物学・医学的に存在を認められておらず、科学的研究の対象ではないとされている。 ソマチッド理論 [ ] ネサンのソマチッド理論は、「免疫システムが正常化すればソマチッドサイクルも正常化する」としている。 ソマチッドは赤血球を介して出現し、それが体内に広がっていき、様々な生命の営みに深く関与していくと話している。 人体内の環境が悪くなると体外に逃げ出すということはなく、人体内の環境が悪くなって免疫システムが損傷した場合には、突如バクテリア形態に16の形態に変貌していくとしている。 マイナスイオン水や尿療法でソマチッドが活性化することとはソマチッド理論とは無関係で異なる事実であることも述べている。 ネサン裁判 [ ] ソマチッドを発見してその形態を研究したネサンは、まずガンの特効薬「GN-24」を作り出し、さらにパワフルな効果を持つ血清「アナブラスト」を開発した。 そしてついに「714-X」を開発。 714Xは、その分子の科学構成がカナダの特許庁に正式に認められ、医療機関専用の輸出用製剤として正式に許可された。 714Xを使用するのは主に医師であり、あるいは患者自身が自らの責任で自己注射し何百人ものがん患者の命を救っていた。 ネサンは決して違法なことをしたわけではないが、病院での治療を拒み自らの意思で714Xを選んだ末期がん患者であったラングレ夫人が亡くなった。 医師会は彼女の夫を煽動して供述書を書かせ、それに署名させてネサンを告訴させた経緯がある。 1984年12月、ネサンの自宅と研究室に捜査が入るものの、供述書を裏付ける資料を見つけ出すことはできず有罪にできるものは一つも発見できなかった。 しかし翌年85年にネサンはいくつかの訴因で起訴される。 もしも裁判で有罪となれば終身刑の運命だったが、1989年に始まった裁判で「ガストン・ネサンを守る会」が結成され、ネサンに命を救われたがん患者が世界中から集まりデモや記者会見を展開。 ファーブル医師やケベックの名士ゴダンの証言、さらには重症のホジキン病で余命2年と宣告されていたアメリカの実業家ゲーリー・ダイヤモンドが714X治療で見事に完治したことを医師による「患者病状報告書」である公式文書を法廷に提出した。 さらにはオーストラリアの専門医が、あらゆる検査を何度も繰り返した果てに「完治」を認めた分厚い報告書を証言席に積み加えた。 その他にもフランス駐在大使やケベック州裁判官などが証人として証言台に立ち、ネサンの無罪を強く主張した。 1990年12月2日、ネサンは全ての訴因で「無罪」とされた。 ソマトスコープ [ ] ソマトスコープ(: Somatoscope)は、ネサンが独自に発明したと主張する。 倍率は最大3万倍、0. 次に彼はや他の難病患者の血液から発見したソマチッドが健康な人から採取したもの異なった形態をもつことを発見し、それを健康な人の物と同じ状態に戻す薬剤の開発を始めた。 その方法はやではなく、ソマチッドを観察しながらその形態が回復するを見つけ出すというものであった。 また、ネサンはこの仮説に基づいた治療によって、多数の患者を治癒せしめたと主張した。 ただし、ネサンはを持たないため、法的に医療行為をできない。 そのため、カナダの厚生省から告訴されたが、 その裁判で完全な勝利を得て無罪となった [ ]。 ソマチッドサイクル [ ] ソマチッドサイクルは、ソマチッドが胞子、バクテリア、細菌状など16段階のパターン変容を1サイクルとして繰り返すことから、ネサンが命名したもの [ ]。 ネサンによる癌の原因およびメカニズムについての理論は、現在の科学的意見と明らかに一致していない。 日本におけるソマチット [ ] 日本における「ソマチット」研究の中心はであるが、「ソマチッド」の研究とは異なるものであり、ガストン・ネサンの理論とは全く異なることはネサン本人も語っている。 ソマチッドは、しばしばと関連付けられる。 また、あるの中に 古代ソマチットを発見したとして、これがの治癒に有効であると主張する者もいる。 714-X [ ] 「」も参照 観察の末、彼はの樹液に注目し、それを製剤化。 免疫強化剤「」と命名した。 「714-X」の名前は、ガストン・ネサンのイニシャル(GとN:アルファベットの第7と第14の文字)、および彼の出生年である1924年の24からアルファベットの第24の文字「X」をとって命名された。 人に対する安全性及び治癒効果についての論文は一例も報告がなく、またごく小さな規模で実施された動物実験でも有益な治癒効果は見られず、米国癌学会 The American Cancer Society は、「714-Xがガンあるいは他のいかなる病気に対しても治癒的効果を持つという科学的な証拠は一切ない。 」との声明を出した。 この「714-X」が薬品として正式に認可されていない時期、ガストンは違反で摘発された。 カナダに移住した後は、「714-X」投与によって末期癌患者が死亡したという嫌疑での訴訟が起こり、最も重ければでもあり得たが、X-714使用者たちによって結成された「ガストン・ネサンを守る会」の活動もあり、無罪となった。 その後カナダにおいて714-Xは末期の癌患者への使用が認可された(この認可を受けたものには、「通常療法に見放された末期の癌患者に限って、使用を許可する」として、カウンセリングや食事療法など患者の心理的な安心を図るための幅広い治療法が含まれる)。 脚注 [ ].

次の