農家の嫁の実情。 農家の嫁で現在同居中のものです。もう辛いです。

【農業の補助金】農家の嫁の初めて補助金。上手に活用してやりたいことを実現させるコツ!

農家の嫁の実情

しかし、農家は違います。 未だに長男が家業を継ぐことが当然であり、結果、「長男の嫁」という古い考えを持つことが当たり前なまま時代が進んでいるのです。 扱いは「農家の嫁」で居場所がない 農家の嫁になることを心から喜んで結婚したけれど、実は現実は全く違っていた・・・という方は多くいます。 実際に結婚する時は、 夫から「農家は大変だ」などと聞かされていたものの、どんな「大変さ」であるかは検討つかず結婚に踏み切ったという方も少なくありません。 とは言え、農家に対し、「家族がみんなあたたかくて良い」「農家の仕事は素晴らしい」といった思いから結婚を決め、農家の嫁になることを覚悟した方もいますよね。 でも、本当に農家の嫁になってしまうと、自分が想像していた生活とは全く違っていてギャップを感じる方は多いのです。 特に目立つことと言えば、完全なる男尊女卑です。 農家の手伝いはもちろん、家事や育児もすべて嫁がこなさなければなりません。 それに、その年の気候に左右され、農作物が育たないなどといったことになると、収入も不安定になりがちです。 中には借金をしなければならない・・・といったこともあるのです。 日本の社会の中では、圧倒的にサラリーマン家庭が多い中で、農家に嫁ぎ、農家の嫁になるというのはほんの一握りの人しか経験することはできません。 それなのに、 自分の思い描いていた農家の嫁ではなかったことに対し、「離婚したい」と思うようになるのです。 離婚したいのはなぜ? 他人同士が夫婦となり、結婚生活を送るも、実際は自分自身の想像の結婚生活の通りに進むことはほとんどないと言ってもよいでしょう。 しかし、農家の嫁となり、その後離婚したいと思ってしまうのは、経験した方でないと分からないことも多いです。 それでもどうしても離婚に踏み切れない理由のひとつとして、夫の信念を尊敬できるところがあったり、子供を持つ親であることから離婚は避けるといったことが考えられます。 生まれ育ってきた環境が農家であり、ずっと農家だけで生活を送ってきた方にとっては、会社や企業などの組織で働いていないことから、社会の一般常識を知らない為、普通の方と考え方が違っているのです。 また、法事などの行事が行われる度に、親族が集まり、下座の嫁の立場としては、座っている時間すらないでしょう。 料理を運んだりお酌をする、片付けなど・・・1日の終わりが見えません。 翌日は早朝から農作業も待っています。 こんな生活は思い描いていたものとかけ離れているのは言うまでもありません。 ここで救世主となるのが「夫の対応」です。 夫がどこまで嫁を妻と思い、愛しているかがあからさまに分かると言います。 夫の対応がカギがある 農家の嫁であることに終止符を打ちたいと感じ、自分だけではもうどうにもならないという場合は、夫に相談すべきでしょう。 そこであなた自身の心の中の思いを夫にぶつけてみます。 農家の嫁を続けていくことは不可能であり、我慢の限界であると・・・。 ここで気を付けなければならないことは、男性という生き物は、あまりにオブラートに包んで物事を伝えてしまうと、悪いことでも良いことに捉えてしまうこともあります。 その為、あなたがずっと心の中に思っているストレスや思いは、ストレートにぶつけてしまうことが効果的です。 どんな内容をぶつけるのかを整理してみると、以下のようになります。 男尊女卑が卑劣であること• 両親との同居に対するストレス• 不安定な収入• 家事や育児のみならず、農作業も全て妻が行う 夫にこのようなことについて相談した際、夫がどのような対応を見せるかが今後を決める大きなカギとなるのです。 例えば、夫の両親に対し、妻は農家の嫁ではないということをハッキリと主張するかどうか、また、同居解消なるか、などについてです。 しかし、 田舎は世間体を気にする傾向にあります。 特に近所の方とは昔ながらの付き合いをしていることから、別居や離婚が知られてしまうと恥ずかしいなどといったようなことです。 最後の最後に夫への助けを求めても、上記のことが改善される傾向になければ、やはり離婚を決意する方向へ進む方が良いでしょう。 夫が何らかの手立てをしてくれない場合は、どうしても農家という閉鎖的社会で幼少期から育ってきたことで、それが当たり前の社会であったことから、自身が結婚しても同じことを行います。 だからこそ、妻の味方になれない、そして、今後も変わる可能性はないと言えるからです。 農家の人が「離婚する」となれば大事です。 裁判沙汰にまでなる可能性もあることを踏まえ、離婚を決意しましょう。 また、離婚となった場合は、家の財産などの財産分与についてもきっちりと話し合う必要があります。 当事者同士ではなかなかうまく話し合いも進まない場合もあります。 そのような場合は お互いが弁護士を立て、離婚に向けた話し合いを行わなければならないという可能性も出てくるでしょう。 農家の嫁が離婚するのは、サラリーマン家庭と比較するとかなり困難を極める傾向にあると言えます。 まとめ.

次の

元 農家の嫁の実情 第二章

農家の嫁の実情

昨日はたくさんのコメントをいただき本当にありがとうございました。 みなさんからいただいた応援で胸が暖かくなり、元気とやる気いっぱいです! 「アメブロから来たよ~」の一言がどれほど心強いのか、言葉でお伝えするのが難しいです。 遠いところに嫁いだわたしに、遠路はるばる会いにきてくれた旧友のような。 どうもありがとうございます。 ワードプレスに慣れていなくて、ブログの書き方や絵文字の使い方、画像挿入等々これから勉強しながらいまの気持ちを文字や写真でお伝えできる場所になるよう、作り上げていけたらと思っています。 夫と相談して義両親の部屋で寝る息子たちを引き取ることにしました。 なかなかに言い出しにくいことなんだけど、義両親にも相談したかったので義母さんに声をかけました。 すると、義母さんが涙ぐみながら 「突然の別れになると〇〇ちゃん(息子)たちも困惑するだろうから、ゆみちゃんたちと寝させて方がいいね。 〇〇ちゃんたちと毎晩一緒に眠りにつくことができた幸せを母さんは一生忘れないよ。 幸せな思い出をありがとね」 と。 義母さんの言葉を聞いてるだけで胸がいっぱいになる。 夫の就職が決まってからは、胸がいっぱいのことが多すぎて涙腺も弱い。 次の言葉が見つからなくて黙ってしまうと、こんな話をきかせてくれました。 寝入ると父さんが布団に戻すんだけど、夜中に目覚めるとまたお腹の上に登ってくるんですって。 父さん、それが嬉しくて仕方ないみたい」 義母さーん。 涙が止まりませんよ。 義父さんのお腹の上が安心するのか、次男は義父さんの心臓の音を聞きながら眠りについてるそうです。 卒乳するまでは添い乳が眠りのトリガーだったんだけど、義両親が次男を預かってくれてからは義父さんのぬくもりがトリガーだったのね。 それってある意味・・・・添い乳の卒業よりハードル高い。 わたしの心臓の音やぬくもりで大丈夫だろうか? 代替役としての夫は・・・・寝相悪すぎて踏まれそうやな。 義父さんによじ登っていく次男を想像すると、どうしてこんなに胸が痛くなるんだろう。 離れて眠る義父さんの気持ちを考えても同じような気持ちになる。 でも、読者様からいただいた言葉に 【帰る家があるんだから大丈夫】 という言葉があって、それがとても心強くて>< 義父さん、義母さん わたし帰ってくるからね。 本当に辛かったら帰ってくる。 わたしよりも息子たちの気持ちと体を最優先して、義両親不足やなー、補充が必要やなーって思ったら帰ってくるから。 そしたらまた、子供たちをお腹の上にのせて愛情チャージしてあげてね。 気軽に行き来できるようにするためにも、わたし稼がせていただきます。 目標金額・・・月3万円 義両親へ会うための往復切符・・・プライスレス ご主人の就職が決まったと聞いて、おめでとう、って言って良いのか分からなくて、コメントが出来ずにいました。 気の利いた言葉をかけることができずごめんなさい。 でも、本当、帰る場所があるんですよ。 失敗したらその時にその先のことを考えればいいし、由美さんの堅実さがあれば、家計をマイナスにしてしまうことはないと思います。 それより何より義両親と離れてしまうことが寂しいですね… でも、度々帰ってお子さんたちの成長を見てもらって下さい。 私は離れて暮らす親族たちのために、家族アルバムアプリの「みてね」を活用しています。 無料版で十分と感じています。 ゆみさんのブログを見つけたのは今年の春ぐらいでした。 それから毎日覗いて一緒に「うんうん。 」とか意地悪おばさんには ムカッーとなったり可愛い子供さんたちには本当に癒されています。 素晴らしい義両親様には頭が下がります。 ゆみさんも本当に心の綺麗な人だと思います。 旦那様もほんわかしていて良いですね(笑) 引っ越しをされるときっと田舎の良さを実感すると思います。 帰りたくなる気持ちもきっと沸き起こってくると思います。 それでも、旦那様が決めたお仕事。 前を向いて頑張ってくださいね。 応援しています! ゆみさん、こんばんは。 最初の写真、お義母さまと坊やかな? この手を離れてって思うの、切ないですね。 今日の言葉を読むだけで、他人でも胸が篤くなります。 まして、ゆみさん……。 でもね、振り返ってみるならば、トイレ・トレーニングも、卒乳の助けとなってくれた義両親様との眠りの時も。 皆、この後の四人家族になった時の、大変さを和らげてくれる力になっています。 だから、きっと、今は辛いけど、新しい何かに進むための力が働いているのかもしれない。 そう思って見てください。 URLのチェックをする大手の1つ、McAfee 主にPC対応 に、今朝、こちらのファイルの安全証明がない?と出ました。 Phishing カテゴリの可能性があると。 WordPressのhelpに、対応がでているのではないかしら? その問題をクリアしてから、Google ADに申請するほうが、よかろうと思います。 お母さん本当に優しい。 お父さんも本当に優しい。 素晴らしいご両親です。 お母さんの手好きだなぁ。 ゆみさん最初聞いた時は、ゆみさんからご両親のお話しが聞けなくなると思い、すごく寂しく感じて…ゆみさんにはきつい事言ってしまいごめんなさい。 お父さんとお母さんの事を思うと辛くて。 ゆみさんが一番辛いですよね。。 それほどご両親のお人柄が素敵すぎて。 もちろんゆみさんの人柄も大好きです。 人付き合いが苦手なとこも私も同じなので。 私はそれでパニック症になり長い間苦しんでいます。 ゆみさん。 ブログの移動とかに疎くてよく分からなくてごめんなさい。

次の

農家の嫁です、離婚を考えてます

農家の嫁の実情

昨日はたくさんのコメントをいただき本当にありがとうございました。 みなさんからいただいた応援で胸が暖かくなり、元気とやる気いっぱいです! 「アメブロから来たよ~」の一言がどれほど心強いのか、言葉でお伝えするのが難しいです。 遠いところに嫁いだわたしに、遠路はるばる会いにきてくれた旧友のような。 どうもありがとうございます。 ワードプレスに慣れていなくて、ブログの書き方や絵文字の使い方、画像挿入等々これから勉強しながらいまの気持ちを文字や写真でお伝えできる場所になるよう、作り上げていけたらと思っています。 夫と相談して義両親の部屋で寝る息子たちを引き取ることにしました。 なかなかに言い出しにくいことなんだけど、義両親にも相談したかったので義母さんに声をかけました。 すると、義母さんが涙ぐみながら 「突然の別れになると〇〇ちゃん(息子)たちも困惑するだろうから、ゆみちゃんたちと寝させて方がいいね。 〇〇ちゃんたちと毎晩一緒に眠りにつくことができた幸せを母さんは一生忘れないよ。 幸せな思い出をありがとね」 と。 義母さんの言葉を聞いてるだけで胸がいっぱいになる。 夫の就職が決まってからは、胸がいっぱいのことが多すぎて涙腺も弱い。 次の言葉が見つからなくて黙ってしまうと、こんな話をきかせてくれました。 寝入ると父さんが布団に戻すんだけど、夜中に目覚めるとまたお腹の上に登ってくるんですって。 父さん、それが嬉しくて仕方ないみたい」 義母さーん。 涙が止まりませんよ。 義父さんのお腹の上が安心するのか、次男は義父さんの心臓の音を聞きながら眠りについてるそうです。 卒乳するまでは添い乳が眠りのトリガーだったんだけど、義両親が次男を預かってくれてからは義父さんのぬくもりがトリガーだったのね。 それってある意味・・・・添い乳の卒業よりハードル高い。 わたしの心臓の音やぬくもりで大丈夫だろうか? 代替役としての夫は・・・・寝相悪すぎて踏まれそうやな。 義父さんによじ登っていく次男を想像すると、どうしてこんなに胸が痛くなるんだろう。 離れて眠る義父さんの気持ちを考えても同じような気持ちになる。 でも、読者様からいただいた言葉に 【帰る家があるんだから大丈夫】 という言葉があって、それがとても心強くて>< 義父さん、義母さん わたし帰ってくるからね。 本当に辛かったら帰ってくる。 わたしよりも息子たちの気持ちと体を最優先して、義両親不足やなー、補充が必要やなーって思ったら帰ってくるから。 そしたらまた、子供たちをお腹の上にのせて愛情チャージしてあげてね。 気軽に行き来できるようにするためにも、わたし稼がせていただきます。 目標金額・・・月3万円 義両親へ会うための往復切符・・・プライスレス ご主人の就職が決まったと聞いて、おめでとう、って言って良いのか分からなくて、コメントが出来ずにいました。 気の利いた言葉をかけることができずごめんなさい。 でも、本当、帰る場所があるんですよ。 失敗したらその時にその先のことを考えればいいし、由美さんの堅実さがあれば、家計をマイナスにしてしまうことはないと思います。 それより何より義両親と離れてしまうことが寂しいですね… でも、度々帰ってお子さんたちの成長を見てもらって下さい。 私は離れて暮らす親族たちのために、家族アルバムアプリの「みてね」を活用しています。 無料版で十分と感じています。 ゆみさんのブログを見つけたのは今年の春ぐらいでした。 それから毎日覗いて一緒に「うんうん。 」とか意地悪おばさんには ムカッーとなったり可愛い子供さんたちには本当に癒されています。 素晴らしい義両親様には頭が下がります。 ゆみさんも本当に心の綺麗な人だと思います。 旦那様もほんわかしていて良いですね(笑) 引っ越しをされるときっと田舎の良さを実感すると思います。 帰りたくなる気持ちもきっと沸き起こってくると思います。 それでも、旦那様が決めたお仕事。 前を向いて頑張ってくださいね。 応援しています! ゆみさん、こんばんは。 最初の写真、お義母さまと坊やかな? この手を離れてって思うの、切ないですね。 今日の言葉を読むだけで、他人でも胸が篤くなります。 まして、ゆみさん……。 でもね、振り返ってみるならば、トイレ・トレーニングも、卒乳の助けとなってくれた義両親様との眠りの時も。 皆、この後の四人家族になった時の、大変さを和らげてくれる力になっています。 だから、きっと、今は辛いけど、新しい何かに進むための力が働いているのかもしれない。 そう思って見てください。 URLのチェックをする大手の1つ、McAfee 主にPC対応 に、今朝、こちらのファイルの安全証明がない?と出ました。 Phishing カテゴリの可能性があると。 WordPressのhelpに、対応がでているのではないかしら? その問題をクリアしてから、Google ADに申請するほうが、よかろうと思います。 お母さん本当に優しい。 お父さんも本当に優しい。 素晴らしいご両親です。 お母さんの手好きだなぁ。 ゆみさん最初聞いた時は、ゆみさんからご両親のお話しが聞けなくなると思い、すごく寂しく感じて…ゆみさんにはきつい事言ってしまいごめんなさい。 お父さんとお母さんの事を思うと辛くて。 ゆみさんが一番辛いですよね。。 それほどご両親のお人柄が素敵すぎて。 もちろんゆみさんの人柄も大好きです。 人付き合いが苦手なとこも私も同じなので。 私はそれでパニック症になり長い間苦しんでいます。 ゆみさん。 ブログの移動とかに疎くてよく分からなくてごめんなさい。

次の